セント キッツ籍船

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題 ◆AIS:船舶自動識別装置
◆ISMコード ◆ISPS(国際保安)コード


★HOME
◆海運関連業界
◆座礁船 ◆放置船 ◆自治体の嘆き
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆PSCとは? ◆PSCはもっと勉強を!
◆PSCによる検査の現状
◆日本(海保)のチェックは甘い!
◆船舶油濁損害賠償保障法

★HOME

UNDER-PERFORMING SHIPS (1年間に3回以上出港停止を受けた船舶) TOKYO MOUのHPより


◆検査会社の問題 ◆海運関連業界 ★PSCの活動 ★PSCによる検査の現状 悪質な造船所 船舶保険 ★自治体の嘆き
★カンボジア船籍船 ★モンゴル籍船 ★シエラレオネ籍船 ★ツバル船籍船 セント キッツ籍船 グルジア籍船
★タグボート沈没 ◆海難情報! ◆海難2 ◆海難3 ◆リンク集:座礁船&放置船 ★座礁船、オンボロ船 処分船リスト 日本 香港 TOKYO MOU
★中国から違法船続々! 問題船は週末や夜に入港する ★無国籍船&幽霊船情報 ★ISMコード ★ISPS(国際保安)コード 処分船リスト
サブスタンダード船排除 (社団法人日本船主協会のホームページより)

第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議の結果について (国土交通省のHPより)
(岩崎忠夫大臣政務官が代表として参加し、サブスタンダード船の排除に向けた我が国の決意を表明)

海上災害の予防対策(総務省のHPより) PSCの検査について批判的な事実を書いている。

最近では、モンゴル籍船やカンボジア籍船と同様に出港停止命令を受ける頻度が増えた。 ブラック リストのランキングに乗るのも時間の問題。

安保理北朝鮮制裁リスト9隻の内パラオ船籍は3隻 10/12/17 (やしの実通信)

「北朝鮮籍の船舶など4隻を制裁対象に追加 国連安保理」 10/10 2017 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00372957.html 上記の記事によると「国連安保理は、北朝鮮に対する制裁決議で禁止されている物品を運んでいたとして、5日付で、北朝鮮籍などの4隻の船舶に対して、国連加盟国の港に入港することを禁止する措置をとった。」とある。

北朝鮮に便宜置籍船で加担しているのはどれも小国である。

セントキッツ・ネイビス連邦(人口5万)
カンボジア(1600万)
コモロ連合(67万)
ベリーズ(32万)
パラオ(1万2千)
パナマ(4百万)

下記のThe Marine Executiveの記事が詳しい。

"U.N. Blacklists Four More North Korean Freighters"
http://maritime-executive.com/article/un-blacklists-four-more-north-korean-freighters


今回りストに上がったが、制裁対象とならなかった5隻の内3隻がパラオの旗。
- Jia Feng (ex name Cheng Hong), a Palau-flagged bulker
- Kai Xiang, a Panama-flagged bulker
- East Glory (or East Glory 7), a Palau-flagged freighter
- Xin Sheng Hai, a Belize-flagged freighter
- Toyo Maru, a Palau-flagged freighter (formerly flagged in Fiji)


今回制裁対象になったのは下記の4隻 - Jie Shun, a Cambodian-flagged freighter
- Tong San 2, a North Korean-flagged freighter
- Hao Fan 6, a St. Kitts and Nevis-flagged bulker
- Petrel 8, a Comoros-flagged bulker


下記のロイターの記事も参考になる。
OCTOBER 11, 2017 /
"U.N. bans four ships over North Korea coal, U.S. delays four more"
Michelle Nichols
https://www.reuters.com/article/us-northkorea-missiles-un/u-n-bans-four-ships-over-north-korea-coal-u-s-delays-four-more-idUSKBN1CF2MV

水産大学校 練習船 耕洋丸が売船され、セント・キッツ籍の船名「NORTHERN QUEEN」されたが 下関で出港停止を受けたようだ。「水産大学校 練習船 耕洋丸」と「NORTHERN QUEEN」が 同一船である根拠は、IMO番号7709253が同じであること。

下記の資料を参考にしてください。

★東京MOUのサイトからのPDF資料(2003) ★出港停止命令処分(2003):東京MOUのサイトから

海難事故:カンボジア籍船の海難事故も多い。

興味深いHPをたまたま見つけた。上記のような船を売船したら、魚の乱獲に拍車をかけるようなもの。 水産大学校はそのような考えは思いつかなかったのか。それなら、それで良い。水産大学校もこのような 程度の考えしかないと言うことだろう。水産学校も必要なくなる時代。魚の乱獲を促進し、研究する時代 になったのかもしれない。

日本のマグロが値上がりしない理由。寿司屋からマグロが消えない理由。(マグロは食卓から消えたかのHPより)

FOC(便宜置籍船)が違法行為に使われていることについてである。 「便宜置籍船は冷凍船に安く買いたたかれるためにコストダウンにつとめ、犯罪的行為に及ぶこともある。 例えば、船員の長時間労働と低賃金、老朽船の使用と整備不良、傷病対策の不備など。」 と書いてある。少し誤解をしているようである。

犯罪行為が見逃されるから便宜置籍船にするのだと思う。違法行為が見逃されるから、 老朽船でも問題なく登録され、整備不良でも検査に合格した証明として証書を保持している、船員の ことなど関係ないし、船員を守る規則もない。だから、全て許されるのである。

マグロは食卓から消えたか のHPを見て何とかしなければならないと思った人は、 国土交通省 に外国船に対して厳しい検査を行うように要求してほしい。そして、FOC(便宜置籍船)が 国際条約に満足するように検査する行為に非協力的な日本企業を批判してほしい。 ある企業は国際貢献になるのかわからないので、協力できないと言う。ある日本企業は無視する。 PSC(外国船舶監督官) が厳しく検査すれば、 サブスタンダード船 は減少する。船舶をFOC船(便宜置籍船)に変えようが出港停止命令を受ける。 あまりにもひどい船の場合、1ヶ月でも1年でも出港停止にすることができる。 これで問題のあるFOC船(便宜置籍船)は日本に簡単に入国しなくなる。 日本企業が運賃の安い サブスタンダード船 を使いたくとも、使えないことになる。 FOC魚船(便宜置籍船)にも同じ事が言える。日本に問題のある FOC魚船(便宜置籍船)が入港すれば、検査して問題を見つければ出港停止命令を出せばよい。 FOC魚船(便宜置籍船)にするために日本から売船され出向する船舶を検査し、 問題があれば出港停止命令を出せばよい。これを本当に実行するだけで、 マグロは食卓から消えたか で述べられている問題は減少する。違反は許さない。違反を見つける。そして適切な処分を出す。 当然のこと。問題は、 国土交通省 が実行していないこと。

しかも 国土交通省 の海事局、総務課の外国船舶監督業務部でも サブスタンダード船 の撲滅に非協力的なのである。これが日本の現実。 FOC(便宜置籍船)が悪いだけでなく、日本及び日本企業にも問題がある。 第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議の結果について (国土交通省のHPより) (岩崎忠夫大臣政務官が代表として参加し、サブスタンダード船の排除に向けた我が国の決意を表明) はリップサービスで、本気で取組んでいない。 真実を知りたい人は、国土交通省 海事局、総務課の外国船舶監督業務部に連絡を取ってほしい。

国土交通省 だけ責めるのはかわいそうなので言うが、水産庁も問題に真剣に取組んでいない。少なくとも 個人的な経験を通して感じたことだ。ある業者やある団体がマグロ問題を叫ぶので仕方がなしに やっている。そんな感じがする。日本の水産業者だって違反をしてきた。今は、国際的な違法行為が 自分達の首をしめる状態になっている。だから困る。そして、まじめにやっているもの達が被害者。 一度、関係者は真剣に考える必要があると思う。

Black-listed "Fort Azov" sank off Sinop at Black Sea, crew safe 02/20/15 (SeaNews Turkey )

The "Fort Azov" sank during the night of Feb 19 short past midnight at its anchor position one mile off Sinop after having developed a list to port in a storm near Ayancik before.

Black listed cargo vessel sank after cargo shift - satisfaction about loss in Ukraine

The "Fort Azov" sank during the night of Feb 19 short past midnight at its anchor position one mile off Sinop after having developed a list to port in a storm near Ayancik before. The ship had sailed from the Fatsa Port in Varna on Feb 17 at 6 p.m. with a cargo of wood which shifted in adverse weather conditions.

At 9 p.m. the captain requested help of the the Coast Guard, an an SAR operation was launched by the TCSG-72 which was launched at 11 p.m. and reached the ship at 11.40 p.m. The weather conditions made the transfer of the crew unsafe, but later in the morning the captain declared the ship could sink at any moment, and the rescue efforts of the Coast Guard were resumed.

On Feb 18 at 10 a.m. the crew of 12 was recovered from the liferafts and taken to Çaylıoğlu at 10.50 a.m. where the castaways underwent health inspections and customs clearance by the District Gendarmerie Command.

The ship had already three times sailed to the "annexed" Kerch and was included in the Crimean "black list". Ukrainian people have already expressed satisfaction with the loss of the vessel.

Fort Azov - IMO 8230053 (ShipSpotting.com)

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: FORT AZOV
Type of Ship: GENERAL CARGO
Flag: SAINT KITTS & NEVIS
IMO: 8230053
Gross Tonnage (ITC): 2457 tons
Year of Built: 1970
Builder: ZAVODY TAZKEHO STROJARSTVA - KOMARNO, SLOVAKIA
Class Society: INTERNATIONAL REGISTER OF SHIPPING
Manager & owner: OSTMET - RIGA, LATVIA
Former name: NOVAYA LADOGA until 2009 Sep
LENINSKAYA ISKRA until 1992 Apr
VOLGO BALT 125 until 1994 Mar

下記の問題も 欠陥船(サブスタンダード船) の排除のためには解決されなければならない。

パナマ・ビューロー:現在はマーシャル諸島の登録とIsthmus Bureau of Shippingの 仕事をやっているようだ。
確認は書類でのみ確認:
船籍国と船級協会 合田 浩之 (一般財団法人 山縣記念財団)
掃除をしていてThe Asahi Shinbun Globe January 15 - February4, 2012を見つけ、「日本海運支える『愛媛船主』生き残りかけた正念場に」を読んだ。

★ベリーズ籍船 以前はかなり悪くなったが、カンボジア籍船にかなりひどい サブスタンダード船が移り改善していた。しかし、カンボジア籍船がマーケットから隠れ蓑として消えたので、サブスタンダード船の 隠れ蓑としてランクアップ中。

★カンボジア籍船 :以前はホンジュラスやベリーズが有名でした。現在は、質の悪い船/登録されている隻数 では世界で一番だと思います。

★モンゴル籍船 :カンボジアの後に出来ました。以前、カンボジア船を登録した会社が登録業をしている。

★ツバル籍船 :日本で問題と見られている国籍では、一番新しい。以前、カンボジア船を登録した会社が 登録業をしている。

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題

★HOME
◆海運関連業界
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆座礁船及び放置船
◆PSCによる検査の現状
◆船舶油濁損害賠償保障法

リンク先の情報については一切責任を負いかねますことを申し添えます。
リンク先の中には繋がらないものもあると思いますが、ご容赦ください。