海難情報 2016

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題 ◆AIS:船舶自動識別装置
◆ISMコード ◆ISPS(国際保安)コード


★HOME
◆海運関連業界
◆座礁船 ◆放置船
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆PSCとは? ◆PSCはもっと勉強を!
◆PSCによる検査の現状
◆日本(海保)のチェックは甘い!
◆船舶油濁損害賠償保障法

UNDER-PERFORMING SHIPS (1年間に3回以上出港停止を受けた船舶) TOKYO MOUのHP

Flag of convenience(便宜置籍船)(Wikipedia) 悪質な造船所
★無国籍船&幽霊船情報 ◆海難情報! ◆海難2 ◆海難3 ◆海難4 ◆海難5 ◆海難6 ◆カンボジア籍船の海難
★鹿児島でまた、大型船が座礁 ★七管内における放置外国船 ★船員免状の偽造及び問題 ★パナマ船籍の「マリナ アイリス」が沈没!
★ソーラー1(Solar 1)フィリピンで沈没! 全国各地で発生した海の事件・事故一覧(海上保安庁のHPより)
★カンボジア籍船 ★モンゴル籍船 ★シエラレオネ籍船 ★ツバル船籍船 ★グルジア籍船 ★キリバス籍船 ★トーゴ籍船 ★パラオ籍船
★ベリーズ籍船

★サブスタンダード船排除 (社団法人日本船主協会のホームページより)
★油濁発生情報(財団法人 漁場油濁被害救済基金のHPより) ★最近の海難事故(銚子海上保安部のHPより)
★Casualty Investigation Code(海難調査コード)2010年1月1日から適用 (IMOのホームページより)
第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議の結果について (国土交通省のHPより)
(岩崎忠夫大臣政務官が代表として参加し、サブスタンダード船の排除に向けた我が国の決意を表明)

海難分析集 No.6 台風と海難~台風大接近!そのときあなたは~(運輸安全委員会)
海難分析集 No.7 霧中海難~繰り返される霧中での左転~(運輸安全委員会)
海難分析集 No.8 狭水道の海難~安心・安全な海上輸送をめざして~(運輸安全委員会)
海上災害の予防対策(総務省のHPより) PSCの検査について批判的な事実を書いている。
★イージス艦「あたご」及び 漁船「清徳丸」の衝突事故 ★頻発する外国船海難(日本海難防止協会) ★「外国船の海難」(国土交通省)
★多発する外国船海難 (国土交通省) ★アクセスできない人はここをクリック
★海上交通事故(地図屋の日々の出来事のHPより) ★WK Webster : Casualties
Condemned to a watery grave: Dramatic moment U.S. Navy ship is sunk by torpedo from Australian submarine
during target practice 07/24/12(Mail Online)

Bulk Carrier and Tanker Fatal Collision – Investigation Report 03/11/13(Officer of the Watch)
KARLA C Allision on 13 April 2014 SUMMARY REPORT December 2014 Danish Maritime Accident Investigation Board

★開けない人はここをクリック

平成22年度 東アジア地域における海上安全と事故調査のためのセミナー 報告書

船舶事故調査をめぐっては、2008 年5 月、国際海事機関(IMO)第84 回 海上安全委員会(MSC84)において、「海上事故又はインシデントの安全調 査のための国際基準及び勧告される方式に関するコード」(事故調査コード) が採択されるとともに、SOLAS 条約第XI-1章第6 規則が追加され、昨年の 2010 年1 月1 日に発効したことによって、事故要因やその他の安全上のリス クを明らかにし、海事業界における安全上の問題への取り組みに資するなど の原因究明機能が国際的に求められるようになった。 事故調査コードの主な義務規定は、①すべての「非常に重大な海上事故」 は、このコードによって調査されなければならない(第6 章)。②海上事故 が領海内で発生した場合は、旗国及び沿岸国はいずれの国が調査を行うか、 あるいは両国がそれぞれの調査を行うかを合意するために協議をしなければ ならない(第7 章)。③すべての実質的な利害関係国は、海上安全調査国に 実行可能な範囲で協力をしなければならない。海上安全調査国は、実質的な 利害関係国に実行可能な範囲で参加の機会を提供しなければならない(第10 章)。④海上安全調査国は、非常に重大な海上事故に対して行った海上安全 調査について、海上安全調査報告書の最終版をIMO に提出しなければならな い(第14 章)などとしている。 また、IMO義務要件実施のためのコードでは、旗国の行う海上事故調査は、 適した資格を有し、船舶事故に関連する事項に堪能な調査官により行うべき である、旗国は海上事故又は海上インシデントの場所に関わらず、この目的 のために資格ある調査官を準備すべきであるとしている。開けない人はここをクリック


面白い動画を見つけた。

RIB Rescue Operation of M/V Silva 03/16/07 (YouTube)

貨物船が海底ケーブル敷設船に接触 関門港岸壁 04/13/17(西日本新聞)

 13日午前、北九州市門司区の関門港田野浦7号岸壁で、係留中の海底ケーブル敷設船(7960トン)に、貨物船(199トン)が接触。貨物船の船尾マストが折れた。門司海上保安部が調査しているが、けが人はいないもよう。また、両船の船内への浸水や、船外への油の流出などはない。

船が検査に通っているのであれば、韓国政府が介入する理由はないと思う。規則改正に関する行動を起こすしかないと思う。
それが現状だし、現実だ。しかも船は韓国籍ではない。なおさら韓国政府が立入る理由はない。
可能性がある手段としてはIMO(国際海事機関)の 事務総長(Secretary-General)が韓国人のMr. Kitack Limであるので何かを 迅速に出来るかもしれない。

Polaris Shipping inspecting entire fleet in wake of Stellar Daisy sinking 04/11/17 (Splash 247 | )

Polaris Shipping, the world’s largest VLOC owner, is now carrying out inspections on all its fleet in the wake of the likely sinking of the Stellar Daisy and a crack appearing on another 1993-built vessel, Stellar Unicorn. Eleven days since the Stellar Daisy was first reported missing, a multinational coalition of naval and merchant vessels continue to scour the South Atlantic for the giant 266,000 dwt converted VLCC. Just two of the 24-crew have been found alive so far.

Meanwhile, repairs are ongoing off Cape Town on the Stellar Unicorn after a 15 cm crack was discovered on the outer hull of a starboard tank. Due to inclement weather the repairs are expected to take until Thursday to complete at which point the ship will continue with its cargo of Brazilian iron ore bound for China.

Last week a Korean seafarers union questioned whether Polaris Shipping’s fleet is fit for purpose and suggested tankers that have been converted into bulkers are dangerous.

The Federation of Korean Seafarer’s Unions (FKSU) has issued a statement blasting the owner, Polaris, as well as urging the Korean government to take steps to ensure the disaster does not happen again.

The federation noted that of Polaris’s 32 bulkers, 19 were tanker conversions.

“We can’t help but think that it is possible for similar accidents to happen in future,” the statement read.

「凱旋3号」(482トン)はトン数で言うと結構大きい船だと思う。

嘉義沖でフェリー座礁 346人全員救助される/台湾 04/08/17(中央社フォーカス台湾)

(嘉義 8日 中央社)7日午後5時過ぎ、南部・嘉義県布袋港沖でフェリーが座礁した。船には乗客・乗員計346人がいたが、通報を受けて駆け付けた行政院(内閣)海岸巡防署布袋海巡隊などにより全員救助された。

海巡隊によれば、座礁した「凱旋3号」(482トン)は同日午後4時に離島・澎湖の馬公港を出発し、布袋港に向けて航行していた。だが、布袋港沖約14.8キロの地点で船倉に水が入り込んだために座礁し、海巡隊に救援を求めたという。

海巡隊は巡視艇3隻を現場に出動させ、船にいた148人を救出。また、凱旋3号は別のフェリー「満天星号」に救援を要請し、乗客・乗員全員が午後7時45分過ぎ、布袋港に送り届けられた。

(江俊亮/編集:名切千絵)

中国から韓国へ向かっていたキリバス船籍の貨物船「Xiang Zhou 」 (IMO: 8747147)が 衝突して沈没したそうである。船員14名中、2人が近くを航行していた船に救助されたそうである。
衝突なら相手の船がいるはずであるが情報がない。衝突を目撃した船は相手の船を見たのだろうか?衝突は船ではなく、岩か何か?
単純に船がバランスを崩して沈没しただけ???

この船去年の終わりに日本に来てます。日本で沈没しなくて良かった。残酷なようですが、もし日本で似たような事故が起きて油による被害が出ても かなり高い確率で保険は下りないでしょう。沈没したのでもう日本に来て海難を起こす可能性はゼロです。




XIANG ZHOU 船籍 タラワ(キリバス共和国)12/24/2016 (わがまま きまま きのみ きのまま)

Twelve sailors missing after sinking of Chinese freighter Xiang Zhou off Nantong 04/06/17 (Maritime Herald)

Posted by Svilen Petrov

Twelve sailors are missing after Chinese general cargo ship Xiang Zhou sank at Yangtze River estuary off Nantong. According to the Shanghai Maritime Rescue Center the vessel capsized in collision accident on 13 nautical miles off Chinese coast during a voyage from Nantong to Busan (South Korea). The nearby ships saw the accident and succeeded to rescue two seamen, but another twelve were reported as missing, probably being trapped inside the wreck. The accident was reported to local authorities and was initiated large scale-search and rescue operations for the missing sailors. The nearby ships were also informed to be cautious around the wreck site.

Shanghai Maritime Search and Rescue Center arranged five professional rescue ships, 10 past merchant ships and two emergency sweepers to be deployed at the scene of the accident and to participate in search and rescue operations.

The cause of the accident remains unclear and investigations are underway, but according to preliminary information the ship was engaged in collision and suffers large water flow, which capsized her in a few minutes. The evidence seamen from nearby vessels confirmed such scenario, but the second participants is not revealed.

The general cargo ship Xiang Zhou (IMO: 8747147) has overall length of 96.90 m, moulded beam of 16.00 m and maximum draft of 6.50 m. The deadweight of the vessel is 6,033 DWT and the gross tonnage is 2,971 GRT. The freighter was built in 2009 by Hang Chang Shipbuilding in Linhai, China. The general cargo ship Xiang Zhou is operating under the flag of Kiribati, owned by Ningbo-based Guo FX and managed by Ningbo Shanglun Shipmanagement.

IMO Calls for Inquiry Into the Loss of Stellar Daisy 04/06/17 (The Maritime Executive)

By MarEx

As hopes dim in the search for 22 missing crewmembers of the ore carrier Stellar Daisy, which broke up and sank on March 31, the IMO and Intercargo have called for a thorough investigation so that future casualties can be prevented.

"It is expected that there will be a full investigation into this accident and that the results and findings will be brought to IMO so that we can do whatever may be necessary to reduce the chances of such an incident happening again," said IMO secretary general Kitack Lim in a statement. "Thankfully these occurrences are rare; but when they do happen, they serve to remind everyone that the seafarers, on whom we all depend, do a difficult and sometimes dangerous job; and that those of us responsible for making the industry safer can never stop striving for improvements.”​

The missing crew include eight South Korean nationals and 14 Philippine seafarers. First responders found evidence of the Daisy's sinking, including fuel, debris and lifeboats, and they rescued two survivors from the scene.

The International Association of Dry Cargo Shipowners (INTERCARGO) issued a statement Thursday calling for the timely completion of an investigation, "as a means to identify the causes of the incident and enable corrective actions to be taken." It called on the vessel's flag state, class society and P&I club to work together to produce a report as quickly as possible.

As the Daisy went down in deep water some 2000 nm from shore, the full story of her loss may never be established. Possible factors could include cargo liquefaction – iron ore fines are a Group A cargo – and repeated stresses on the vessel's hull. A few facts are known: first, the shipowner received a message from the crew shortly before the Daisy sank reporting that she was taking on water and listing rapidly. Second, the survivors told authorities that the hull cracked before the ship went down. Investigators may also be able to learn more about the Daisy from comparable vessels: Splash24/7 reports that the Stellar Unicorn (exname Musashi Spirit), another converted tanker belonging to the same owner, has recently taken refuge at Cape Town for unspecified repairs.

The 1993-built Daisy started life as the single-hulled crude tanker Sunrise III. In the late 2000s, single-hulled tankers were being phased out in favor of double-hull designs, and a Korean bulker firm bought the Sunrise and several other VLCCs for conversion to ore carriers. The demand for Capesize bulkers was high at the time, and the conversions were common enough that Steamship Mutual published a guide to the process.

Typically, converted VLCCs like the Daisy were fitted to utilize the center tanks as cargo holds, with the side tanks left empty or used for ballast. A heavy-duty double bottom would be built into the center tanks to take the high loads imposed by the iron ore cargo, and the hull framing would be reinforced and modified. On deck, hatch covers and coamings would be added to each tank. All in all, the net change would increase the vessel's lightship displacement by about 4,500 tonnes.

海難事故 貨物船と衝突、漁船転覆1人死亡…横浜・本牧 04/05/17(中央社フォーカス台湾)

 5日午前7時15分ごろ、横浜市中区の南本牧埠頭(ほんもくふとう)近くの海上で、「貨物船と漁船が衝突した」と港を管理する会社から横浜海上保安部に通報があった。

 横浜海上保安部によると、底引き網漁船「勝丸」(6.6トン)と貨物船「春日丸」(499トン)が衝突し、勝丸が転覆。1人で乗っていた小山宗輔さん(69)が海中に転落し、付近を航行中の漁船に救助されたが、約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。春日丸は横浜市から千葉県木更津市へ航行中。原因を調べている。【杉山雄飛】

ブラジルで鉄鉱石を積んで中国へ向かっていた鉄鉱石運搬船「Stellar Daisy 」が二つに折れて沈没したそうだ。
この船は1993年三菱重工長崎で原油タンカー(VLCC)として建造され、2009年に中国のCosco (Zhoushan) Shipyardにて 鉄鉱石運搬船に改造されたそうだ。
ある保険関係者は船級の検査を合格しているので改造が問題ではないと言っているそうである。この保険関係者が技術的な知識を持ち、 現場を知っているとは思えないので、そのような推測が出来るのであろう。
船は海底の深い所で沈んでいるので、原因究明は出来ないと思う。後は、推測ごっごの世界だ!保険が下りる、下りないの問題があるので、 事実を知っている人がいても公表することはないであろう。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: STELLAR DAISY
IMO: 9038725
Type of ship: ORE CARRIER
Flag: MARSHALL ISLANDS
Gross tonnage: 148431 tons
Year of Built: 1993
Builder: MHI NAGASAKI SHIPYARD & ENGINE WORKS - NAGASAKI, JAPAN
Class Society: KOREAN SHIPPING REGISTER
Manager & Owner: POLARIS SHIPPING - SEOUL, SOUTH KOREA
Former names SUNRISE until 2008 Jan
SUNRISE III until 2006 May

Stellar Daisy: What went wrong? 04/05/17 (Lloyd's List)

Inderpreet Walia

Six serious deficiencies were found in the vessel this February but it was allowed to sail without any detention

WITH 22 of the 24 crew members of the very large ore carrier Stellar Daisy still missing, many in the shipping industry have been asking why the vessel reportedly split and sank after taking on water following a hull crack 2,000 miles off Uruguay.

The investigation is expected to take a long time and is likely to be inconclusive, with the 1993-built vessel apparently lost in high seas on March 31 along with the 260,000 tonnes of iron ore it was carrying from Brazil to China.

Shipowner and operator Polaris Shipping declined to comment on possible causes at this stage. Vale, the reported cargo owner, has not replied to emails from Lloyd’s List.

However, even as the actual reason why this incident took place remained unclear, some insurance officials pointed out that the speed of sinking and the high loss of life mirrored casualties related to liquefaction of cargoes such as iron ore and nickel ore.

With a high moisture content, iron ore has a propensity to liquefy during a voyage, which causes serious stability problems with a high possibility of capsizing.

“Incidents due to liquefied cargoes can lead to serious perils, as the liquefied slush mounts quickly, brought on by vibrations and motions of the vessel, and the ships sink fast,” said a P&I club official.

“The wet cargoes change their state from ore fines or mineral concentrate to a viscous fluid that can undermine the balance of the ship.”

London P&I club says in its new guide on managing the risk of cargo liquefaction that the liquefied cargo can flow to one side in a roll in heavy seas, and that it would not return with the roll the other way, which progressively leads to the vessel capsizing.

Consignments that are prone to liquefying have to undergo proper testing of moisture content before being loaded, a measure described under the International Maritime Solid Bulk Cargoes Code.

The code as it stands would possibly prevent many incidents due to liquefaction if it is followed strictly, as it sets out a maximum moisture content of the cargo which is considered safe for carriage in ships, known as total moisture limit.

The onus for these lab tests lies with the charterer, as it must provide the master of the vessel with written evidence that the moisture content does not exceed the TML.

Upon the failure to provide such a certificate, the master should not load the cargo, said a Singapore-based vessel owner and operator.

“But unfortunately, the results from these tests are sometimes modified and false figures for the moisture content are presented, which leads to emergencies,” he said.

“However, the lab centres have an obligation to keep the sample of the cargo inspected by them for a period of two months,” he conceded, adding that in the case of Stellar Daisy this could provide essential evidence for an investigation.

Other theories

Stellar Daisy was originally built as a single-hull very large crude oil carrier at the Nagasaki Shipyard owned by Mitsubishi Heavy industries and was converted to a VLOC at the Cosco (Zhoushan) Shipyard in China in 2009. However, some insurance officials said conversion might not have caused the incident, as such a process would be carried out under class inspections.

According to Korean Register, the ship had undergone an annual survey on August 12 last year.

Asked by Lloyd’s List whether the vessel had undergone a condition survey by a surveyor in the last three years, the Korean P&I Club, which has provided protection and indemnity cover to the VLOC, declined to comment.

In February, the China Port State Control authorities identified six serious deficiencies related to watertight and weathertight doors, indicating potentially leaking hatches or doors. Yet the vessel was allowed to sail without any detentions.

Some market participants also suggested there were other possible causes of the vessel sinking, such as its age, loading stress, or uneven loading that can have structural effects on vessels which can cause damage to the frames and cause a hull failure.

Weird reason missing cargo ship Stellar Daisy may have sunk 04/04/17 (news.ocm.au)

Marnie O’Neill,


THE giant freighter that mysteriously vanished in the South Atlantic may have capsized without warning because of a physical change in its cargo.

The 266,000 tonne South Korean bulk carrier Stellar Daisy disappeared off the coast of Uruguay en route from Brazil to China, hours after issuing a distress signal on Friday.

The ship was carrying 24 people, including 14 Filipinos and eight South Koreans. Two Filipino crew members found floating on life rafts were rescued on Saturday and the search continues for the other 22.

An oil slick detected 3700km off the coast indicated that the 322 metre vessel had probably sunk, according to a statement issued by the Uruguayan Navy.

The Stellar Daisy was reportedly transporting a cargo of iron ore from the Ilha Guaba terminal in Rio de Janeiro to China, where the demand for ore has exploded as the economy grows.

The Marshall Islands-flagged ship is thought to gone down some 2000 nautical miles off the port city of Montevideo.

On March 31, a crew member sent a text message to the shipping company’s Seoul stating the vessel was taking on water and was sinking. When the company tried to contact the vessel, but all attempts failed.

Uruguayan Navy and Brazilian authorities were alerted when an emergency satellite signal had been received from the Stellar Daisy, the Shipping Herald reported.

A search and rescue operation was launched in the area of the signal. Four nearby commercial vessels were asked to assist in search effort and the Brazilian Air Force dispatched a plane from Rio de Janeiro.

On April 1, the Uruguayan Navy reported finding an oil sheen and flotsam along with a “strong smell of fuel”. A short time later two life rafts from the Stellar Daisy were located by one of the commercial vessels.

DID A PHYSICAL CHANGE IN THE ORE CARGO LEAD TO DISASTER?

Early reports suggest that the Stellar Daisy, which is classified as a Very Large Ore Carrier, lost stability and quickly sank.

But why?

One theory being floated, published in the Shipwreck Log today, is that the ore shifted, causing the vessel to lose balance and capsize.

There have been several documented cases of ships suddenly sinking due to the liquefaction of iron ore and nickel ore during prolonged movement, such as bumping and shaking that occurs in bad weather.

In 2010, three ships loaded with nickel ore sunk in South East Asia, claiming the lives of 44 crewmen.

The deadly spate prompted internationally renowned maritime accident investigator Dr Ken Grant to issue a warning about the chemically volatile cargo.

“Although a cargo may appear to be dry, its core structure may contain sufficient moisture to cause liquefaction,” Dr Grant told The Australian Journal of Mining at the Company of Masters Mariners forum in Melbourne in 2011.

“It does not take much force to produce or induce liquefaction.”

Dr Grant said the both mariners and law makers were dangerously ill-informed about the properties and behaviour of iron ore and nickel ore.

“It’s not helping make decisions on the ground and liquefaction is very poorly understood and often just totally disregarded,” he said. “People just don’t accept that their cargo is going to liquefy. We need to better understand the properties of nickel ore.”

In 2012, Vietnamese cargo ship Vinalines Queen carrying 23 crew men and 54,000 tonnes of ore vanished without a trace in bad weather off the Philippines.

One crew member was rescued and told investigators the vessel had sunk.

Investigators later concluded that that the ore cargo could have been liquefied in the shaking that the ship was subjected to by strong waves and winds, the Thanh Nien News reported.

When it tilted to one side, the liquefied ore could have also gathered on that side and tipped the balance irrevocably, the investigators said.

Investigators said conditions would have been even more perilous in the event crew had failed to close the ship’s hold properly, allowing water brought by high waves to enter and liquefy the ore.

However, the sole survivor of the tragedy, 31-year-old Dau Ngoc Hung, told inspectors that he was in charge of securing the hold and insisted conditions were “normal” before the ship sunk.

Meanwhile, the search for the Stellar Daisy and its 22 missing crew members continues.

韓国人8人が乗る貨物船が南大西洋で遭難…会社の通報遅れで韓国政府は12時間後に認知 04/03/17(中央日報日本語版)

先月31日午後1時20分(韓国時間午後11時20分)、ブラジルのサントス南東2495キロメートルの南大西洋で発生したマーシャル諸島船籍の貨物船「ステラデイジー号」失踪事件を国民安全処が認知するのに実に12時間ほどかかったことが明らかになった。

外交部と国民安全処が2日に明らかにしたところによると、安全処傘下の海洋警備安全本部(海洋警察)がステラデイジー号の所有者である海運会社のポラリスシッピングから事故の知らせを受けたのは1日午前11時6分(韓国時間)だ。韓国人船員8人が乗った船だが事故発生から12時間過ぎてようやく韓国政府の対応が始まった格好だ。

事故発生5分後の午後11時25分にステラデイジー号から遭難信号(EPIRB)が送信された。午後11時52分に事故海域に近いマーシャル諸島から「遭難信号を受信した」という通知を受けた海運会社は事故と結論を出した。だが、海運会社はこうした事実をすぐに海洋警察に通報しなかった。

海運会社側は2日午後に釜山(プサン)オフィスで開いた会見で「31日午後11時20分ごろにカカオトークを通じて船員から『船体が左に傾いている』という知らせを受けた。その後何度も連絡を試みたが届かなかった」と釈明した。海洋警察に通報したのは1日午前9時ごろと海洋警察と異なる主張をした。

1日午前11時6分に通報を受けた海洋警察は11時29分に外交部と海洋水産部などに関連事実を通知した。ステラデイジー号が沈没した可能性が大きいと判断し、午前11時44分に外交部を通じ事故海域周辺国であるブラジルとアルゼンチン、ウルグアイなどに捜索救助を要請した。

2日午後6時現在ステラデイジー号に乗っていた船員24人のうちフィリピン人船員2人だけが救助された。韓国人船員8人など残り22人の安否は確認できていない。

韓国人船員8人の中には韓進(ハンジン)海運で勤め会社の経営悪化で昨年8月にポラリスシッピングに転職したイ・ファンヨン1等機関士(46)が含まれている。会社を移って昨年8月に初めての航海に出て今回の事故に遭った。

行方不明の船員の家族は「海運会社側の遅い通報でゴールデンタイムを逃した」と主張した。

南大西洋で失踪した韓国船、またしても韓国政府らの対応が問題に=韓国ネット「安全不感症の韓国」「3年前と変わってない」 04/03/17(Record China)

2017年4月2日、ウルグアイ近くの南大西洋海域で浸水し連絡が途絶えた韓国の貨物船「ステラデイジー号」の事故で、船社の韓国政府への報告の遅れや、韓国政府の不十分な対策が波紋を呼んでいる。韓国・釜山日報社などが伝えた。

3月31日の午後11時20分、鉄鉱石26万トンと船員24人を乗せて南大西洋の西南海域を航海していたステラデイジー号は、所有船社・ポラリスシッピングに向け無料通信アプリで「船が傾いている」という内容のメッセージを送ったという。その5分後、船社は非常用位置指示無線標識(EPIRB)も受信したとのこと。EPIRBは航海中のすべての船舶に受信され、翌4月1日午後11時22分に、救命ボートに乗ったフィリピン国籍の船員2人が救助された。

船社側は事故発生から12時間後の1日午前11時になって韓国外交部に報告。外交部はウルグアイとブラジルに飛行機での捜索を要請したが、領空問題などにより承認許可が遅れ、韓国時間の2日午後4時30分になってようやく現地での捜索活動が始まったという。これに対し、行方不明者家族らは「船社の中途半端な取り組みにより『捜索のゴールデンタイム』を逃がした」と怒りをあらわにしている。

船社側は2日午後1時、行方不明者の家族を対象に開いた状況報告会で、EPIRBを受信した3月31日午後11時25分に韓国海洋警察が最初に事故を認知したと発表した。しかし釜山日報社によると、海洋警察は朝鮮半島から離れた南大西洋から送られた遭難信号は基本的に受信できないと答えたという。これに対し海洋警察は、1日午前11時6分にマーシャル諸島と船社から事故の知らせを受け、外国捜索救助機関に協力を要請したと明らかにした。

このような船社と韓国海洋警察による責任転嫁は、約3年前に韓国で起きたセウォル号沈没事故とそっくりだという指摘が出ている。海外にいる韓国人船員らの保護責務がある海洋水産部と外交部、海洋警察は2日の時点で総合対策チームを作ることすらしておらず、行方不明者の家族に状況報告もできていない。なお、2日午後8時にポラリスシッピング釜山非常対策チームを訪問した釜山地方海洋水産庁のチョ・スンファン庁長は、「海洋水産部と協力し、できるだけのことをしたい」と発表している。

海運業界の関係者らは「ステラデイジー号はもともと、鉄鉱石を運搬する船ではなく大型油槽船(VLCC)。油槽船の規制強化を受けて改造したため、船自体に負担がかかった」と主張しているが、船社は「韓国船級の審査をすべてパスしており、問題はなかった」と応えている。

これを受け、ネットユーザーからは「結局、3年前にしろ今にしろ変わったことはないということか…」「今後も変わることはないだろう」「安全不感症の大韓民国。どれだけの船を失えば気付くかな」「なんでも『パリパリ(=早く早く)』の韓国なのに、なんで事故にはこんな調子なんだろう」と一連の対応の遅れを非難するコメントや、「船社の社長を逮捕しろ」「長官や国会議員が変わらない限り無理」と国や会社を非難するコメントが相次いで寄せられている。

その他、「家族はどんなに心配していることだろう」「どうか無事でありますように」と家族や船員を心配するコメント、「これなら朝鮮時代の方がまだマシ」と嘆くコメント、「災難対応システムがなってない。法制導入にむけて国会議員をしっかり働かせないと」と法の制定を求めるコメントもみられた。(翻訳・編集/松村)

南大西洋で沈没した韓国の貨物船 乗組員の安否に懸念 04/03/17(BBCニュース)


韓国の大型鉱石運搬船(VLOC)が南大西洋で沈没した事故で、行方不明となっている22人の乗組員の捜索が3日にも続けられた。乗組員を無事救助できるのかどうか、懸念が高まっている。

マーシャル諸島船籍の貨物船「ステラデイジー」は先月31日、船体が2つに折れて沈没したとみられている。船からはこれまでに2人の乗組員が救助された。貨物船には韓国人8人、フィリピン人16人が乗っていた。

韓国政府筋が聯合通信に語ったところによると、捜索活動では、燃料や船の残骸、無人の救命ボートなどが見つかっている。

捜索に参加しているウルグアイ海軍のガストン・ファウンソロ広報官はロイター通信に対し、「時間の経過と共に、乗組員発見の可能性も低くなっている」と語った。

貨物船は、ウルグアイ沿岸から3700キロほど外海に出た場所で沈没したとみられている。

乗組員たちとは、貨物船を運営する「ポラリスシッピング」に31日に送られてきたメールを最後に、連絡が取れなくなっている。

船はブラジルから中国まで、26万トンの鉄鉱石を運んでいた。

ファウンソロ広報官は記者らに対し、船は船体が2つに折れた後、沈没したと語った

1日には、救命いかだに乗っていた2人のフィリピン人乗組員が救助された。2人はウルグアイ当局に対し、船に「水が入ってきて」おり、船体が壊れ始めていると船長が警告したと語った。

ステラデイジー号が遭難した理由は依然として分かっていない。ファウンソロ氏はAFP通信に対し、「航海が難しい天候ではなかった」と語った。

捜索活動にはブラジル、アルゼンチン両当局と、現場近くを航行中だったポラリスシッピング所有の商業船が加わっている。

韓国人8人乗せた大型貨物船が沈没 04/03/17(KBS WORLD Radio)

韓国人の乗組員8人など24人の乗組員を乗せ、南大西洋を航海していた大型貨物船と、3月31日から連絡が取れなくなり、現在、フィリピン人乗組員2人が救助されましたが、残る22人の行方はわかっておらず、捜索が行われています。
この大型貨物船は、韓国人の乗組員8人を含む24人が乗り組み、ブラジルから鉄鉱石26万トンを積んで中国に向かっていたマーシャル諸島船籍の貨物船「ステラ・デイジー(Stella Daisy)号」で、外交部によりますと、貨物船から韓国の船会社への連絡が、3日31日から途絶えているということです。
「ステラ・デイジー号」は、全長311.89メートル、幅58メートル、最大積載量26万6141トンの大型鉱石運搬船です。
ブラジル政府は、韓国政府の捜索要請を受けて、4月1日、軍の航空機や救助用のヘリコプターを載せた駆逐艦1隻などを現場に向かわせました。
しかし、陸地から事故現場まではおよそ3000キロメートル離れているほか、波の高さが最大4メートルになっているため、駆逐艦が到着するのは4月4日頃になるものと予想されており、捜索が難航しているということです。

ジョホール海峡で貨物船衝突 油300トンが流出 04/03/17(Mtown)

ジョホール州パシール・グダン港沖合で3日午後11時50分ごろ、貨物船2隻が衝突し、燃料油約300トンが流出した。

衝突現場はシンガポールのウビン島西側で、シンガポール船籍の貨物船「ワンハイ」とジブラルタル船籍の貨物船「APLデンバー」が衝突。「APLデンバー」の燃料油タンクが壊れ、油が流出したという。ジョホール州港湾局(JPA)が事故を発見し、シンガポール海事港湾庁(MPA)に通報した。両当局は即座に油の回収作業に入った。

油はシンガポール側のビーチにも到達。チャンギ・ビーチには大量の油が打ち寄せ、同国政府はこのビーチを閉鎖した。このほかパシール・リス・ビーチやプンゴル・ビーチにも油が到達したが、翌日には清掃が完了した。

現場一帯の油を完全に除去するには一週間はかかるとみられている。

Nine missing after collision sinks vessel off southern Vietnam 03/29/17 (Lloyd's List)

by Cichen Shen

Rescued master reported as saying he rushed to jump off cargo carrier without warning his sleeping crew

NINE Vietnamese seafarers are listed as missing following a collision off Vietnam’s southern coast on Tuesday morning,

The 3,075 dwt Hai Thanh 26-BLC, a 2010-built general cargo carrier, sank about 44 nautical miles to the east of Vung Tau City in Ba Ria-Vung Tau province, according to local media, citing the Vietnam Maritime Search and Rescue Centre.

Two crew members were saved by a passing oil tanker.

The cargo carrier’s master, one of the rescued, was reported by local media as saying that the ship sank very quickly while the crew were still asleep, and that he rushed to jump off the ship without sounding the alarm.

Vietnamese maritime authorities suspect that the missing crew members might be still trapped inside the sunken vessel. Rescue teams were said to have been sent to the site.

Lloyd’s List is seeking comments from Vietnam Maritime Administration and VMSRC.

The other ship involved in the collision has yet to be identified.

Hai Thanh 26-BLC had been carrying a cargo of clinker from Hai Phong to Can Tho.

The vessel’s beneficial owner and commercial operator is BIDV Financial Leasing, a wholly owned subsidiary of state-owned Bank for Investment and Development of Vietnam, according to Lloyd’s List Intelligence.

「オ氏の手紙の中心内容は『2階貨物室の壁が布製シートになっており、相当な水が流入したと見ている』という内容だった。2階貨物室の壁は設計図上では鉄製になっていたが、実際には海水の流入を防止できない布製シートになっていたということだ。そのため、セウォル号が予想よりはるかに早く海の中に沈んだ可能性が提起されている。」
「2階貨物室の壁」がFreeboard Markよりも上なのか、下なのか、損傷時復元性計算(Damage Stability Calculation)で隔壁とみなされていたのかで 大きな問題となるであろう。隔壁は浸水した時に、海水の流入と止める、又は、遅らせるために要求される。海水が流入しない、又は、流入が遅ければ、 浮力があるので簡単には沈没しないと考えられる。
設計図では鋼鉄になっていたと言う事は隔壁は鋼鉄製でなければならなかったと言う可能性が高い。検査を受けた時には鋼鉄だったのか、それとも 図面上だけで鋼鉄になっていたのか?鋼鉄製であったが布製シートに変更されたのなら、造船所か、どこかの企業が関与しないと簡単には撤去できない。
事故前に中間検査を受けて合格していたそうだが、どんな検査だったのだろうか?
隔壁があると貨物を移動が出来ない、又は、貨物の移動が不便な場合、コストは掛かるが、スライドする可動隔壁を設ける船も多い。可動隔壁は 緊急の場合、自動及び手動で閉鎖できるようになっている。これにより海水が流入してもある区画(スペース)が可動隔壁により区切られるため 海水の流入が食い止められ、浮力を急激に失わないと考えらえる。
セウォル号事件や大統領逮捕はドラマではなく現実。その意味ではドラマに現実味があって面白いかもしれない。

<セウォル号引き揚げ>操舵手の告白「貨物室の壁、鉄製でない布製シートだった」 03/29/17(中央日報日本語版)

セウォル号事件当時、操舵手だった故オ・ヨンソク氏の良心告白の手紙が2年4カ月ぶりに公開され、セウォル号沈没の原因が明らかになるかどうかに注目が集まっている。

29日、光州(クァンジュ)NCC(光州キリスト教連合)の代表であるチャン・ホングォン牧師はセウォル号の操舵手だったオ氏から送ってきた手紙を公開した。オ氏は事件当時、セウォル号の方向舵の操作を担当していた操舵手で、水難救助法違反で服役中だった2014年11月、船体の問題点を暴露した良心告白の手紙をある教会の牧師に送った。チャン・ホングォン牧師はこの日、メディアを通じてオ氏の手紙を初めて公開した。

オ氏の手紙の中心内容は「2階貨物室の壁が布製シートになっており、相当な水が流入したと見ている」という内容だった。2階貨物室の壁は設計図上では鉄製になっていたが、実際には海水の流入を防止できない布製シートになっていたということだ。そのため、セウォル号が予想よりはるかに早く海の中に沈んだ可能性が提起されている。

オ氏は「船が初めて傾いたのも問題だが、海水がどこから流入したのかを詳細に調べる部分があると思い、後ろに図面を添付する」とし、実際の断面図を描いて問題の部分を表示した。また、「図面上、どこに穴が開いているかを模型で示したので検察は知っているだろう」と付け加えた。一方、2年刑を言い渡されて服役していたオ氏は、肺がんの診断を受けて仮釈放された後、昨年4月に亡くなったことが分かった。

(朝鮮日報日本語版) 「潜水艦と衝突」はデマ、セウォル号船体に衝突痕なし 03/26/17(朝鮮日報日本語版)

 2014年4月に韓国南西部の珍島沖で沈没した旅客船セウォル号が、事故から1075日ぶりに水面上に完全に姿を現した。船体の至るところがさび付いているが、ほかの物体と衝突した痕は見当たらなかった。

 海洋水産部(省に相当)によると、半潜水艇「ホワイトマリン」号に載せられたセウォル号は25日午後9時15分、水面上に完全に姿を見せた。船体の一部には傷があるものの、衝突の痕跡は肉眼では見えなかった。水に浸かっている部分にも特にへこみや穴などの痕は見当たらなかった。2機のスクリューも船体の後部に完全な形で残っていた。そのため、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでささやかれていた「潜水艦の衝突による沈没説」や「暗礁にぶつかった説」は説得力を失った。木浦海洋大のシン・ホシク教授は「肉眼で見る限り船底には特にへこんだ痕が見当たらないため、事故当時、潜水艦などの物体がぶつかったという見方はできない」と述べた。

 船体後方の下部に付いている方向舵は右側に曲がっていた。この状況は、検察・警察の合同捜査本部が発表した沈没の原因を裏付けるものだ。合同捜査本部は、セウォル号が右に旋回し、遠心力によって復原力を失って左側に急に傾いて沈没したとしていたが、方向舵が右に曲がった状態で発見されたということは右に旋回していたことを意味する。左側の船首部分には幅40-50センチ、長さ6-7メートルの傷が2か所あるが、海洋水産部と引き揚げ作業担当企業の上海サルベージによると、これは昨年、船体引き揚げの予備作業の段階で、ワイヤーで船体を持ち上げる際にできた傷だという。

郭来乾(クァク・レゴン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

呼子沖の浅瀬でタンカー座礁 03/27/17(佐賀新聞)


 26日午後1時半ごろ、唐津市呼子町の呼子港北約1・4キロの浅瀬で、セメントタンカー「第八祇園丸」(368トン、長さ46・5メートル)が座礁した。乗組員5人にけがはなく、積み荷のセメント約550トンや燃料油の流出はなかった。

 唐津海上保安部によると、現場は臼島の東側で、船首の底が浅瀬に乗り上げて浸水したが、転覆などはなかった。タンカーは大分県の会社「隆永汽船」が所有し、北九州市の戸畑港を出港して長崎県上五島町へ向かっていた。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: BAO XIANG
IMO: 8889878
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: BELIZE
Gross tonnage: 5404 tons
Year of Built: 1995
Builder: MATEGATA SHIPBUILDING - IMABARI, JAPAN
Class Society: INTERMARITIME CERTIFICATION SERVICE
Manager & Owner: BAO XIANG SHIPPING - MARSHALL ISLANDS
Former names YONG PENG until 2013 Mar
BISHO MARU until 2010 Jun

広島)貨物船、カキ養殖いかだに乗り上げ 03/17/17(朝日新聞)

泉田洋平



 16日午前4時35分ごろ、広島市南区の金輪島から北約200メートルの海上で、中国人船長ら9人乗りのベリーズ船籍の貨物船「BAO XIANG(バオシャン)」(1463トン)がカキ養殖いかだに乗り上げた。広島海上保安部によると、  いかだのロープなどがプロペラに絡まって航行不能になったが、同午前9時過ぎに取り外され、広島港に係留された。船は海田町を出港後、中国に向かう途中だったという。

中国向けの貨物船がカキいかだに乗揚げ 03/16/17(広島テレビ 日本海テレビ)

(広島県)

午前4時半頃、広島湾の金輪島沖で中国へ向け出港した貨物船バオ・シャン号が、かき筏に乗り揚げた。ケガ人はいなかった。スクラップを積んで安芸郡海田町の港を出港直後の事故で、広島海上保安部は、船長らから見張りが十分だったか事情を聴いている。

中国に向かう貨物船がカキ筏に乗り揚げ 03/16/17(RCC 中国放送)

「午前4時35分ごろ、南区の広島港内、=金輪島の北側200メートルほどの海上で中国ヘ向かうベリーズ船籍の貨物船がカキ筏に乗り上げました。 ・・・貨物船は広島港を出て10分ほどで乗り上げたということで海上保安部は、船長に話を聞くなどして事故の原因を調べています。」
広島港を出て10分ほどで乗り上げた(午前4時35分ごろ)となっているが、何時に離岸したのか?午前4時ごろに離岸したのか? なぜ午前4時ごろに離岸するのか?もう少し待てば明るくなって視界も良くなる。離岸すると言う事は誰かが綱取りをしなければならない。 午前4時ごろに仕事を受ける会社があるのか?
カキ筏はレーダーに映るはずである。レーダーは問題なく動いていたのか?ウォッチでブリッジにいた船員はレーダーの扱いに精通していたのか? レーダーの取り扱いに不慣れであれば、レーダーのマニュアルは本船にあったのか?もしマニュアルがあったとすればマニュアルは日本語、英語それとも中国語? もし英語のマニュアルであれば、船員は英語が読める程度の能力はあったのか?
元内航船である外航船はISMコードに関して多くの不備がある船がほとんど。 ISMコードを理解しているPSC(外国船舶監督官) が検査すれば問題をたくさん見つけるであろう。まあ、それが出来る監督官は少ないのが問題。

貨物船がカキ筏に乗り上げ 03/16/17(広島ホームテレビ)

16日未明、広島港でカキ筏に貨物船が乗り上げる事故がありました。午前4時35分ごろ、南区の広島港内、=金輪島の北側200メートルほどの海上で中国ヘ向かうベリーズ船籍の貨物船がカキ筏に乗り上げました。 海上保安部によりますと、貨物船には中国人やベトナム人など9人が乗っていましたがケガ人はいないということです。貨物船は広島港を出て10分ほどで乗り上げたということで海上保安部は、船長に話を聞くなどして事故の原因を調べています。

「14年11月に響灘南1号岸壁(若松区)にカンボジア船籍の貨物船がぶつかり、積み下ろしスペースに直径20メートルの陥没が生じた事故について、市は昨年12月、中国の船主や保険会社などを相手取り、損害賠償額約1億円を請求する訴訟を地裁小倉支部で起こしている。」

カンボジア船籍の貨物船のケースは諦めた方が良い。損害賠償が1億円なら会社と船を放棄する方が安上がり。
問題が起きて自分に被害が出るまで カンボジア籍船問題を放置するからこうなる。自業自得!
北九州市は カンボジア籍船問題を理解さえしていないかもしれない。だからこうなると 言うことかもしれない。

北九州・太刀浦のクレーン衝突損傷 台湾の船会社と和解 /福岡 03/14/17(毎日新聞)

 台湾船籍のコンテナ船が2014年10月に北九州港太刀浦第1コンテナターミナル(門司区)のクレーンに衝突し、損傷させた事故について、北九州市は13日、市議会常任委員会で、台湾の船会社に損害賠償を求めた訴訟の和解が地裁小倉支部で成立したと報告した。和解金4000万円は既に支払われ、市は復旧工事費や訴訟費用などの損失を全額回収した。

 一方、14年11月に響灘南1号岸壁(若松区)にカンボジア船籍の貨物船がぶつかり、積み下ろしスペースに直径20メートルの陥没が生じた事故について、市は昨年12月、中国の船主や保険会社などを相手取り、損害賠償額約1億円を請求する訴訟を地裁小倉支部で起こしている。【比嘉洋】

〔北九州版〕

タンカーと貨物船衝突 高松沖、流出物なし 03/09/17(IZA!)

 9日午前0時ごろ、高松市の男木島の東約5・8キロの瀬戸内海で、パナマ船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG DREAM 1」(2823トン、13人乗り組み)と、広島県呉市の貨物船「広栄丸(こうえいまる)」(199トン、4人乗り組み)が衝突した。けが人はなく、化学物質や油などの流出もなかった。

 高松海上保安部によると、タンカーの右舷側前方部分と貨物船の左舷側中央部分が衝突。タンカーは中国・南京から神戸港へ向け航行中で、貨物船は愛媛県西条市壬生川から堺市へ向かっていた。タンカーには引火性の液体など計約1700トンが積載されていた。

 同保安部は、両船の見張りが不十分だったことが衝突の原因とみて、業務上過失往来危険の疑いで調べている。


From the website of 本瓦造船


From(Maritime Connector.com)
Ship Name: AIWA MARU
IMO: 9495741
Type of ship: OIL/CHEMICAL TANKER
Flag: JAPAN
Gross tonnage: 491 tons
Year of Built: 2008
Builder: HONGAWARA SHIPBUILDING - FUKUYAMA, JAPAN
Manager & Owner: TAIHO SHIPPING - OSAKA, JAPAN

鳥羽沖で座礁 沈没タンカーから油 漁業への影響なし 03/03/17(伊勢新聞)

【鳥羽】鳥羽市国崎町の鎧崎灯台の東四百メートル沖で座礁した大豊運輸(大阪市淀川区)のケミカルタンカー「愛和丸」(四百九十一トン)は一日午後九時五十分ごろ、志摩市阿児町安乗の沖合九キロをえい航中に沈没した。 鳥羽海上保安部は二日午前七時前、沈没したタンカーの周囲に油が流出しているのを確認し、気化させるための拡散作業にあたった。生態系や漁業への影響はないとしている。  海保によると、愛和丸は一日午前零時五分ごろ、 岩礁に乗り上げ、海保のタグボートで現場から離脱させたが、えい航中に船が傾き、午後九時五十分ごろ、沈没した。乗組員五人にけが人はなく、積んでいたカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の流出も二日現在、確認されていない。  油の流出は、二日午前六時五十分ごろ、ヘリで上空から確認。船の周囲に最大幅約五十メートルの油が浮いていた。放水や船を航行させるなどして、拡散させているという。  この日、沈没事故を受け、同社の役員が地元の漁協を訪問し、  「漁業関係者や地元の人たちに多大なご迷惑と心配をおかけし申し訳ありませんでした。今後、責任ある対応に努めたい」と謝罪。事故原因について「詳しくは判明していない」とした上で「二等航海士が鎧崎灯台とブイを見間違えたとの報告があった」と説明した。   同社と海保は三日以降、船の損傷状況を考慮した上で、船の引き揚げや油の抜き取りなどの対応するとしている。

座礁のタンカー、えい航中に沈没 三重・鳥羽沖 03/02/17(中日新聞)

 一日午前零時五分ごろ、三重県鳥羽市国崎町の鎧埼(よろいざき)灯台の東四百メートル沖で、大豊運輸(大阪市淀川区)所有のケミカルタンカー「愛和(あいわ)丸」=四九一トン、全長六十一メートル=から、岩礁に乗り上げたと第四管区海上保安本部に通報があった。鳥羽海上保安部によると、タンカーはタグボートでえい航されたが、沖合九キロで船尾が沈み始め、午後九時五十分ごろ、沈没が確認された。一帯の水深は約五十メートル。

事故タンカー沈没 油流出確認 鳥羽沖 03/03/17(読売新聞)

 鳥羽市国崎くざき町の鎧埼よろいざき灯台沖で座礁したケミカルタンカー「愛和丸」(491トン)は1日夜、えい航中に約9キロ沖合で沈没した。鳥羽海上保安部の発表によると、2日朝、同船から燃料油が流出し長さ約200メートル、幅約50メートルの帯状に広がっているのを確認。油の拡散作業を行った。積み荷のカセイソーダの流出は確認されていない。

 鈴木英敬知事は同日、記者会見で「現場付近の漁業への影響が懸念される。所有者には船体の引き揚げを求めたい」と述べた。

 愛和丸を所有する「大豊運輸」(大阪市淀川区)の担当者は取材に対し、「灯台の明かりをブイの明かりと見間違え、陸地に近づきすぎたようだと船長から聞いている」と話した。

 座礁現場近くでイセエビ漁の網を張る鳥羽磯部漁協国崎支所の奥田文吉理事(67)は、「沖合にえい航され、流出した油の量も少なく、漁業には影響はないはず」と胸をなでおろしていた。座礁地点は暗礁が多く、潮流も速い。沈没した漁船もあり、海女漁はほとんど行われないという。

 現場近くでは2006年、禁漁区の海岸付近で小型タンカーが沈没し重油が流出。漁師や海女らはほぼ1か月休漁し、吸着マットで重油の除去作業にあたったという。

鳥羽沖でケミカルタンカー座礁 けが人、流出なし 03/03/17(中日新聞)

 1日午前0時5分ごろ、三重県鳥羽市国崎町の鎧埼灯台の東400メートル沖で、大豊運輸(大阪市淀川区)所有のケミカルタンカー「愛和丸」=491トン、全長61メートル=から、岩礁に乗り上げたと第四管区海上保安本部に通報があった。鳥羽海上保安部によると、けが人はなく、油や積み荷のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の流出はないという。

 機関室で浸水が確認されたため、鳥羽海保が乗組員5人を救出。機関室の区画を閉鎖して浸水を止めており船体は安定している。カセイソーダ740立方メートルを積載し、山口県から名古屋市に向け航行していた。

 事故当時は風速6メートル、波高0・5メートルと荒天ではなく、事故原因を調べている。カセイソーダは人体に触れるとやけどを起こす。

(中日新聞)

カセイソーダ積載のタンカー座礁 流出確認されず 三重 03/01/17(NHK)


三重県鳥羽市の海で、化学物質の「カセイソーダ」を積んだタンカーが座礁しましたが、乗組員は全員救出されて無事でした。今のところ、カセイソーダや油の流出は確認されていないということですが、海上保安部は、近くを航行する船に注意を呼びかけています。

1日午前0時ごろ、三重県鳥羽市の鎧崎灯台からおよそ400メートルの海で、大阪の海運会社が所有するタンカー「愛和丸」491トンが座礁しました。

鳥羽海上保安部によりますと、タンカーは化学物質のカセイソーダを積んで山口県から名古屋市に向かう途中で、乗組員5人がいましたが、全員救助されて無事だということです。

カセイソーダは、石油の精製などに使われる強いアルカリ性の物質で、水に溶かすと激しく反応して大量の熱を発生し、濃度が高いものは法律で劇物に指定されています。今のところ、直ちに船が沈むおそれはなく、カセイソーダや油の流出も確認されていないということです。

海上保安部は、近くを航行する船に注意するよう呼びかけるとともに、タンカーを安全に移動する方法を検討しています。

作業船転覆、1人救助2人不明 千葉・九十九里沖 02/19/17(朝日新聞デジタル)


 19日午後0時5分ごろ、千葉県九十九里沖を航行していた作業船・第11光運丸(3人乗船)と連絡がとれないと、船を所有する海運会社「二光商運」(東京都)から118番通報があった。午後2時過ぎに海上保安庁のヘリコプターが転覆した船につかまっていた1人を救助、残る2人の捜索を続けている。

 銚子海上保安部によると、救助されたのは甲板員の鈴木淳一さん(48)=横浜市鶴見区。千葉県内の病院に搬送された。衰弱しているが会話はできるという。船長の桜井肇さん(65)=静岡市清水区=、甲板員の及川三男さん(58)=宮城県南三陸町=の行方が分かっていない。

 船は台船を引航し、18日午後2時ごろに福島県いわき市の小名浜港を出発し、東京湾に向かっていた。19日午前9時半ごろ「かじの調子が悪い」と会社に伝えた後、連絡がとれなくなった。転覆船が見つかったのは千葉県銚子市の犬吠埼灯台から南に約30キロメートルの海上。19日の日没後も、海上保安庁の航空機と銚子海保の巡視船艇3隻が捜索を続けた。

「機関室や貨物室などに海水が流入」と書かれているし、右舷のデッキが部分的に海水面より沈んでいるように見える。
もうスクラップではないのか?一か月近くも機関室に海水が入っていれば、ポンプや主機は使えないであろう。発電機は機関室の上にあるはずだから使えると思う。 TONG DA (EX-DONG KUN 6) (IMO: 8649993)は中国で建造されまともな検査会社が検査していない。たぶん、作りが雑なので水密にも問題があるかもしれない。 腐食や腐食の広がりも早いだろうから元に近い状態にするのは難しいし、コストがかかるのではないのか?中国建造だから、日本の業者は中国製機器には不慣れなので、 修理に時間がかかり高くつくのではないのか?
今後のニュースを待つしかない。

座礁船、港にえい航 02/16/17(NHK)

1月、芦屋町の沖合で荷崩れを起こして浅瀬に座礁したままになっていたフィジー船籍の貨物船が、1か月あまりたった16日未明、作業船に曳航され北九州市の港に入港しました。
海上保安部は船体の状況などを調べることにしています。
1月11日、芦屋町の沖合を航行していたフィジー船籍の貨物船「TONGDA」、2994トンは4100トンあまりの塩を積んで中国から青森県八戸港に向かっていましたが、荷崩れを起こしてそのまま浅瀬に乗り上げて座礁しました。
外国人の乗組員にけがはありませんでした。
事故のあと、貨物船が加入する保険代理店が撤去業者を決めるのに時間がかかったことなどから貨物船はおよそ1か月たっても現場に取り残されたままになっていましたが、先月末、業者が決まり15日撤去作業が始まりました。
貨物船は船内に海水が流入してたため、海水が抜かれたあと作業船に曳航され16日午前0時半ごろ北九州市若松区の港に入校しました。
海上保安部によりますと船体は1か月あまり海水や砂に入っていたため、一部汚れのようなものが付着し、変色しているということです。
船内に海水が流入するなど船体に損傷が見られるということで海上保安部は船体の状況などを調べることにしています。

芦屋町沖で座礁 貨物船撤去開始 02/15/17(NHK)



先月、芦屋町の沖合でフィジー船籍の貨物船が荷崩れを起こして浅瀬に座礁した海難事故から1か月あまりたち、貨物船を撤去する作業が始まりました。
先月11日、芦屋町の沖合を航行していたフィジー船籍の貨物船、「TONG DA」(2994トン)は、4100トンあまりの塩を積んで中国から青森県八戸港に向かっていましたが、荷崩れを起こして、そのまま浅瀬に乗り上げて座礁しました。
貨物船には中国人とミャンマー人などいずれも外国人の乗組員、14人が乗っていましたがいずれもけがありませんでした。
事故のあと、貨物船が加入していた保険の代理店が撤去業者を決めるのに時間がかかったことや気象や海が安定する見通しが立たなかったことから貨物船は、およそ1か月たっても現場に取り残されたままになっていましたが、先月末、撤去の業者が決まり、撤去の作業が始まりました。
若松海上保安部によりますと貨物船は1か月あまり沖合に座礁していたことから機関室や貨物室などに海水が流入していているほか船体が砂に沈み込んでいるということです。 貨物船は海水が抜かれたあと近くの港に曳航されることなっています。

韓国海洋警察、中国不法操業船の集団行為に機関銃で900発射撃 02/17/17(中央日報日本語版)

海洋警察が今年に入って初めて機関銃を使って韓国の海域で不法操業していた中国漁船を退去措置した。

国民安全処の木浦(モクポ)海洋警備安全処は16日午後9時5分ごろ、全羅南道(チョンラナムド)木浦市の可居島(カゴド)南西74キロメートル(漁業協定線の内側25キロメートル)海上で不法操業を行っていた中国の漁船約30隻を検問したと17日、明らかにした。

海洋警察によると、中国漁船は船体の両側に鉄格子や金網を設置して検問を妨害した。午後10時17分ごろ、西海(ソヘ、黄海)業管理団所属の漁業指導船が漁船1隻を拿捕すると、周辺の中国漁船約40隻が合流して海洋警察警備艦に突き進むなど猛烈に抵抗した。

警備艦は数回の警告放送をした後、午後11時15分ごろ可居島南西56キロメートルの海上でM-60機関銃で900発を射撃した。海洋警察が機関銃を撃つと、中国漁船は抵抗を止めて漁業協定線の外に逃走した。海洋警察は中国海上警察局に集団暴力や抵抗の事実を通知して再発防止などの措置を求めた。

海洋警察の関係者は「韓国の海域で不法操業して取り締まりに抵抗する中国漁船は、機関銃を撃って強硬に取り締まる方針」とし、「海洋水産部、海軍など関連機関とも緊密な協力関係を維持していく」と伝えた。

一方、海洋警察は昨年11月、機関銃のマニュアルを発表してから、20回にわたって3000発を射撃し、暴力行為など抵抗する中国の不法総漁船に対応した。

玉野市の井島で貨物船が座礁 02/14/17(NHK)

14日、玉野市の井島で神戸市の海運会社が所有する貨物船が座礁して船体の一部が浸水しました。
けが人はなくオイル漏れなどはありませんが海上保安部は船長から事情を聴くなどして座礁の原因を調べています。
14日午前10時30分ごろ玉野市の井島に船が乗り上げているようだと香川県にある第6管区海上保安本部の管制センターから玉野海上保安部に連絡がありました。
海上保安部によりますと神戸市の海運会社「明和海運」が所有する貨物船「昭洋丸」199トンが井島近くの浅瀬に座礁し沈没を避けるため井島の砂浜に乗り上げたということです。
昭洋丸の船首には亀裂が入り、船内の一部も浸水しましたが、けが人はなく、オイル漏れもないということです。
貨物船には船長1人と3人の乗組員のあわせて4人が乗っていてサルベージ船にえい航してもらう予定だということです海上保安部によりますと、貨物船は兵庫県姫路市の広畑港を出港し福岡県北九州市の小倉港で積み荷の鉄製コイルを降ろす予定だったということです。
事故当時、玉野市の沿岸部には注意報などは出されておらず、海上は穏やかだったということで海上保安部は、船長から事情を聴くなどして、座礁の原因を調べています。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: SAGAN
IMO: 9184043
Type of ship: OIL/CHEMICAL TANKER
Flag: PANAMA
Gross tonnage: 5404 tons
Year of Built: 1999
Builder: TACHIBANA SHIPBUILDING & ENGINEERING - ANAN, JAPAN
Class Society: NIPPON KAIJI KYOKAI
Manager & Owner: OCEAN GROW INTERNATIONAL SHIPMANAGEMENT - KAOHSIUNG, TAIWAN
Former names JEMBAWATI until 2012 Oct

「第10管区海上保安本部によりますと、タンカーは台湾から韓国へ向かっていた今月2日からエンジンに故障が頻発し、6日以降は航行不能になったということです。  そして、船会社に救援要請を行ったものの、6日間に渡って漂流を続け、諏訪之瀬島に座礁したということです。」
船を所有する会社は財政的に困っているのか?エンジントラブルが解決しなければ、座礁、船の損傷そして油漏れは想定できること。しかし、救援要請を無視したと言う事は 諏訪之瀬島に船は放置されるのだろうか?




タンカー座礁 全員を救助、鹿児島・トカラ列島沖 02/11/17(News i - TBS)

タンカー座礁事故 エンジン故障で6日間漂流 02/14/17(KTS 鹿児島テレビ)

諏訪之瀬島の沿岸にタンカーが乗り上げた事故で、このタンカーはエンジンの故障で6日間に渡って漂流したあとで座礁したことが14日、わかりました。

 パナマ船籍のタンカー「SAGAN」は今月11日、十島村・諏訪之瀬島の沿岸に座礁し、乗組員のミャンマー人ら18人が救助されました。

 第10管区海上保安本部によりますと、タンカーは台湾から韓国へ向かっていた今月2日からエンジンに故障が頻発し、6日以降は航行不能になったということです。

 そして、船会社に救援要請を行ったものの、6日間に渡って漂流を続け、諏訪之瀬島に座礁したということです。

 なお、タンカーから流出する油の量は、13日よりも少なくなっているということです。

鹿児島のタンカー座礁、エンジン故障が原因か 02/14/17(産経新聞 WEST)


 第10管区海上保安本部は14日、鹿児島県・諏訪之瀬島で11日にパナマ船籍のタンカー「サガン」(5404トン)が座礁したのは、エンジンが故障したため波で陸地に打ち寄せられたのが原因とみられると発表した。

 海保が乗組員に行った事情聴取などによると、タンカーは1日に台湾を出港し韓国へ向かっていたが、2日からエンジンに不具合が生じるようになった。乗組員はエンジンを修理しながら航行し続けたが、6日には諏訪之瀬島の北西約370キロで完全に停止。タンカーはその後、漂流した。

 タンカーは11日早朝、同島の南西部に座礁。乗っていたミャンマー人17人と台湾人1人は、全員救助され無事だった。タンカーは燃料油など計約258キロリットルを積んで出港しており、同島付近の海上に油が流出した。

パナマ船籍のタンカー座礁、5人救助…鹿児島 02/11/17(読売新聞)

 11日午前6時半頃、鹿児島県十島村・諏訪之瀬島沖で、パナマ船籍のタンカー「SAGAN」(約5400トン、乗組員18人)の遭難信号を海上保安庁が受信した。

 第10管区海上保安本部(鹿児島市)の巡視船などが現場に急行し、乗組員5人を救助した。乗組員にけがはない。

 10管によると、タンカーは島の南西側沿岸に座礁している。積み荷はなく、燃料が漏れているとみられるという。

タンカー座礁 エンジン止まり漂流中に座礁か 鹿児島 02/12/17(NHK)

11日、鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沿岸で座礁したタンカーは浅瀬に乗り上げる直前、横方向に流されていたことがわかりました。第10管区海上保安本部は、何らかの原因でエンジンが止まり漂流中に座礁したとみて調べることにしています。

11日、鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沿岸で、パナマ船籍のタンカー「SAGAN」、5404トンが浅瀬に乗り上げて座礁し、外国人の乗組員18人は全員、救助されました。

第10管区海上保安本部が事故直前のタンカーの動きを詳しく調べた結果、船は横方向に流されるように東寄りに進みながら、浅瀬に近づいていたことがわかったということです。

海上保安本部は、何らかの原因でエンジンが止まったまま漂流したことが座礁につながったとみて、今後、船体を調査するとともに、乗組員からも話を聞いて当時の状況を調べることにしています。

Oil leaked after product tanker Sagan stuck at rocks of Suwanosejima island in Japan 02/12/17(MARITIME HERALD)

Svilen Petrov

The product tanker Sagan ran aground in East China Sea on the western coast of Suwanosejima island in rough weather. The vessel was carrying fuel from Taiwan to Japan, but during passage of Nakanoshima Channel the strong winds and heavy seas caused drifting outside the fairway and grounding into the rocky shallow of western Japanese waters. The vessel hardly stuck the rocks, suffering breaches of the cargo tanks and water ingress. The accident was reported to the local authorities and was requested immediate evacuation of the 18 crew because of the danger from capsizing. All the seamen on board of the product tanker Sagan were airlifted by Coast Guard helicopter and transported to the shore, as some of them had injuries. The oil leaked from the troubled vessel, but rough sea and bad weather make the salvage operations complicated and dangerous.

The local authorities are monitoring the ship’s wreck and oil spot very carefully. According to preliminary information, the leak is growing and strong winds and current worsen the situation. The investigation for the root cause of the accident is under way.

The product tanker Sagan (IMO: 9184043) has overall length of 107.90 m, moulded beam of 19.22 m and maximum draft of 5.20 m. The deadweight of the vessel is 6,685 DWT and the gross tonnage is 5,404 GRT. The ship was built in 1999 by Tachibana Shipbuilding and Engineering in Anan, Japan. The owner and manager of the product tanker Sagan is the Taiwanese company Ocean Grow International Shipmanagement.

タンカーが浅瀬に乗り上げ座礁 鹿児島 トカラ列島 02/11/17(NHK)

11日午前、鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沿岸で、タンカーが浅瀬に乗り上げて座礁しました。タンカーには乗組員18人が乗っているということで海上保安本部が救助にあたるとともに、船体からの油漏れの状況を詳しく調べています。

第10管区海上保安本部によりますと、きょう午前6時半ごろ鹿児島県トカラ列島の諏訪之瀬島の沖で、パナマ船籍のタンカー「SAGAN」5404トンから遭難信号を受信しました。

海上保安本部が航空機を向かわせた結果、諏訪之瀬島の南西側の沿岸で座礁しているタンカーを確認したということです。

タンカーには18人の乗組員が乗っていて今のところけが人などの情報は入っていないということです。海上保安本部がヘリコプターで乗組員の救助にあたっています。

また、タンカーからは油が流出しているということで、海上保安本部が詳しい状況を調べています。

住民「海保のヘリが乗組員救助中」

諏訪之瀬島で民宿を営んでいる山木保さんは「タンカーは島の西側の浅瀬に乗り上げていて、周りには油が漏れています。海上保安本部のヘリコプターが乗組員を救助しています。現場は大きな混乱はありませんが、北西の風が強く海は荒れています」と話していました。

不明のイカ釣り漁船か 青森県沖で転覆船を発見 02/10/17(NHK)

青森県の漁協に所属する4人が乗ったイカ釣り漁船と9日から連絡が取れなくなり、海上保安部が捜索したところ、10日午後、青森県の沖合で船が転覆しているのが見つかりました。海上保安部は、連絡がとれなくなっている漁船かどうか調べることにしています。

第2管区海上保安本部によりますと、青森県八戸市の八戸みなと漁業協同組合に所属するイカ釣り漁船「第七十八正栄丸」(19トン)が、9日午後4時ごろ、秋田県男鹿市の沖合を航行中に、連絡を取ったのを最後に連絡が取れなくなりました。

海上保安部が、航空機で捜索したところ、10日午後2時前、青森県大間町の沖合およそ7キロの海上で、船が転覆しているのが見つかりました。海上保安部は、現場の海域に巡視船を向かわせて、連絡が取れなくなっている漁船かどうか調べることにしています。

八戸みなと漁業協同組合によりますと、第七十八正栄丸は、9日午前9時に山形県の酒田港を出港し、八戸港に向かっていたということです。

第七十八正栄丸には、いずれも青森県八戸市に住む榊俊宏さん(53)と河村憲之さん(45)、それに、いずれもインドネシア国籍で石川県輪島市に住むハリス・クリスティアントさん(24)と、ムハマド・レストゥ・ディオ・インタン・スヘルランさん(21)の合わせて4人が乗っているということです。

4人乗り漁船が行方不明 秋田沖で連絡絶つ 02/10/17(東京新聞)


 第2管区海上保安本部(塩釜)によると、10日午前8時半ごろ、青森県八戸市の八戸みなと漁協から、所属する漁船「第78正栄丸」(19トン、4人乗り組み)と連絡が取れなくなったと通報があった。9日午後4時ごろ秋田県男鹿市沖で連絡を取ったのが最後で、海保が巡視船や航空機などで捜索を始めた。

 海保によると、漁船には榊俊宏船長ら日本人2人とインドネシア人2人が乗っている。10日昼ごろ八戸港に戻る予定だったという。

 秋田地方気象台によると、秋田県沖では風が強まる恐れがあるとして、9日午後5時40分に海上強風警報が出ていた。

(共同)

釜石のマグロ船が迅速救助 ペルー沖の漁船火災 02/07/17(岩手日報)

 釜石市浜町の浜幸水産(浜川幸雄社長)の遠洋マグロ漁船第18欣栄丸(畠山幸男漁労長、409トン)は、操業中のペルー沖で火災を起こした漁船の乗組員22人を無事救助した。普段漁を競うライバルも、いざというときは助け合うのが漁師。畠山漁労長(59)は6日、衛星船舶電話による岩手日報社の取材に対し「またSOSが来たら、もちろん助けに行く」と断言した。

 同社などによると、操業中の欣栄丸は3日午前3時(日本時間同午後7時)ごろ、富山県入善町の博洋漁業の遠洋マグロ漁船第8博洋丸(及川悦穂漁労長、379トン)から「出火し消火活動中」と無線連絡を受けた。

 全速力で約8キロ離れた現場に到着。最初は煙が出ている程度だったが、しばらくすると艦橋の後方から一気に炎が上がった。火の回りは早かったが乗組員は素早く救命ボートで逃げ、欣栄丸は連絡の約1時間後に日本人4人を含む乗組員22人全員を救助。けがや衰弱した様子はなく、飲み物などを与えた。

 畠山漁労長は「救命ボートと火災船の距離が近く、炎に勢いがあったので危険を感じた。全員が無事だったことが何よりだ」と胸をなで下ろした。

Officials: Navy cruiser ran aground near Japan 01/31/17(World Maritime News)

By: David B. Larter

The forward-deployed cruiser Antietam ran aground Tuesday off the coast of Japan near its home port of Yokosuka, according to two Navy officials familiar with the incident.

The ship grounded after anchoring out in high winds, officials said. When the crew noticed the ship was dragging its anchor, Antietam got back underway. Shortly after, the crew felt the ship shudder and lose all pitch control in both propellers. The grounding caused the ship to dump about 1,100 gallons of oil into the water. Nobody was injured in the incident.

The Navy notified Japanese government of the oil spill and is taking steps to clean up, officials said.

The ship was towed back into port after the grounding, officials said. The ship is commanded by Capt. Joseph Carrigan, according to the ship's website.

This is a breaking news story.

電気推進式の「みやじま丸」とは違うと言う事は運航及び維持管理を考えると電気推進式船はそれほどメリットがないと言う事の証明でしょうか?
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製プロペラ以外は変わったフェリーではないようだが、なぜ、エンジントラブルが発生したのか? 新設計のエンジンを搭載していたのか?

宮島航路に3代目「ななうら丸」就航 11/19/16(ちょっと港へ行ってきます!)
『スーパーエコシップ』と呼ばれる「みやじま丸」のような電気推進式ではありませんが、
1.両頭型フェリーでの可変ピッチプロペラを採用
2.旅客船でのCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製プロペラを採用
3.フェリーで金属材でのエンジン台座を採用
といった3つの「日本初」な技術を採用しているそうです。
ちなみに、建造は内海造船 瀬戸田工場です。

宮島沖でフェリー停止 01/31/17(読売新聞)

 ◇エンジン故障 乗客89人 別船で搬送

 30日午後4時10分頃、廿日市市の宮島沖を航行中だった宮島発宮島口行きのJR西日本宮島フェリーの「ななうら丸」(全長37・5メートル、275トン)のエンジンにトラブルがあったと、同社から、広島海上保安部に通報があった。

 同保安部などによると、接岸時などに微妙な操作ができない状態になったといい、安全のため、宮島の北東沖約1・6キロまで移動させ、アンカーを下ろして停船。フェリーには乗客89人がおり、同社が手配した別の船に乗り換えて宮島口まで搬送。午後5時50分頃までに搬送を終えた。けが人はなかった。

 このフェリーは昨年11月から運航を始めたばかりで定員は800人。30日夜、記者会見した同社の今津時宏社長は「新造船でトラブルは想定できず、誠に申し訳ない。(同様の事案が)二度と起きないようにしたい」と謝罪した。31日は別のフェリー1隻のみで30分間隔で運航する。

宮島発フェリー、エンジン故障 運航途中に海上で止まる 01/30/17(朝日新聞)

 30日午後4時10分ごろ、JR西日本宮島フェリー(広島県廿日市市)から「エンジンの調子が悪く、運転できなくなった」と118番通報があった。広島海上保安部によると、宮島発宮島口行きのフェリー「ななうら丸」(268トン)のエンジンが運航途中に動かなくなった。フェリーは海流に流され、宮島の北東沖約1・6キロに停泊。船内には当時、乗客約90人がおり、同社はチャーターした船で午後6時ごろまでに宮島口に乗客を送った。けが人はいなかった。

 同社によると、ななうら丸は昨年11月に就航したばかりだった。

苫小牧港で作業船転覆1人死亡 スクリューにロープ絡まったか 01/30/17(苫小牧民報社)

 30日午前7時30分ごろ、苫小牧港・西港中央南埠頭(ふとう)1号岸壁=苫小牧市真砂町=で、えい船会社苫港サービス(本社苫小牧)が所有する作業船「ふじ丸」(13トン)が転覆、沈没した。

 乗員2人のうち、苫小牧市、船長(74)は苫小牧海上保安署などが捜索、救助したが搬送先の病院で死亡が確認された。同市、乗組員(74)は近くにいた別の船に救い出され無事だった。

 苫港サービスによると、ふじ丸は、飼料を積んで入港した貨物船「SWIFTNES」(2万2468トン)のロープを岸壁に係留する作業中、ロープが船のスクリューに絡まり、引きずり込まれるように沈んだという。

 同海保や市消防本部などは民間のダイバーを投入し、一時行方不明となった船長の捜索に当たり、約2時間後、海面から10メートル下に沈む船に取り残されているのを発見した。同海保が詳しい事故原因を調べている。

苫小牧港で作業船転覆 船長死亡 01/30/17(NHK NEWS WEB)


30日朝、苫小牧港で大型貨物船を係留するための作業にあたっていた小型船が転覆し、乗っていた男性2人が海に投げ出され、救助されましたが、このうち74歳の男性が死亡しました。
30日午前7時半すぎ、苫小牧港で作業船「ふじ丸」13トンが転覆したと苫小牧海上保安署に通報がありました。
苫小牧海上保安署によりますと、「ふじ丸」には男性2人が乗って、大型貨物船を港に係留させるためにロープを貨物船から岸壁まで運ぶ作業にあたっていましたが、2人とも海に投げ出されたということです。
このうち74歳の乗組員は近くにいた別の作業船に救助され、けがもなく無事でしたが、船長の田中正治さん(74歳)の行方がわからなくなったため、警察のダイバーなどが捜索にあたりました。
その結果、田中さんが海底に沈んでいるのが見つかり、病院に搬送されて手当てを受けましたが死亡が確認されました。
近くの岸壁で釣りをしていて作業船が転覆するのを見たという60代の男性は、「大型貨物船が港に係留されたあとに貨物船から離れる際に船尾が何かに引っかかっていたのか、船首が上がって、15秒ほどで転覆してしまった。厳しい寒さの中なのでこれは大変なことだと思った」と話していました。
海上保安署などで事故の原因を詳しく調べています。

作業船で火災1人けが 岡山 笠岡 01/30/17(毎日新聞)


 30日午後2時40分ごろ、岡山県笠岡市港町の沖合約50メートルの福山港内で、埋め立て工事をしていた作業船「新洋」(全長50メートル、幅30メートル)から出火し、同日夜まで消火活動が続いた。福山海上保安署によると、船には乗員9人と現場監督官2人の計11人がおり、別の小型作業船で避難したが、乗員の福岡市の男性(68)が顔にやけどを負った。

 同署によると、同日午後2時50分ごろ、現場監督官の1人から「煙が出ている」と通報があった。乗員らが消火を試みたが火の勢いが衰えず、同署の巡視艇や西隣の広島県・福山地区消防組合の消防艇など計4艇が出動。海上から放水して消火にあたったが、燃料の重油に引火するなどして消火活動が長引き、約6時間後にほぼ消し止めた。

 同署によると、現場で「新洋」は砂を海中に投入する作業をしていたといい、出火原因を調べる。【真下信幸】

作業船で火災1人けが 岡山 笠岡 01/30/17(NHK)

30日午後、岡山県笠岡市の港で、埋め立て作業をしていた船で火事があり、火は6時間近くたった午後8時半すぎに消し止められました。海上保安署によりますと、乗組員など11人のうち、1人が軽いやけどをしました。

30日午後3時前、岡山県笠岡市の福山港で、「作業船から黒煙が出ている」と乗組員から福山海上保安署に通報がありました。

海上保安署によりますと、火事が起きたのは埋め立て用の土砂を海に投入するための船「新洋」で、乗組員など11人は全員避難し、このうち68歳の乗組員の男性1人が、顔に軽いやけどをしました。

船は全長が50メートル、幅が30メートルあり、6時間近くにわたって燃え続けましたが、消防艇が海上から放水するなど消火活動を続けた結果、午後8時半すぎに消し止められました。

現場は製鉄所などがある港の埋め立て工事が行われているところで、消防などが火事の原因を調べています。

むつ市沖の故障貨物船、現場海域離れる 01/25/17(Web東奥)

 青森県むつ市などによると、同市関根の沖合で、エンジン故障とみられるトラブルで底建網漁の操業海域に侵入した香港船籍の貨物船「AMP Crystal」(6981トン)は25日正午ごろ、航行を再開し現場海域を離れた。長時間の航行は難しい状態のため、その後第1管区海上保安本部の巡視船が函館方面にえい航した。

One Dead, Six Missing After Two Cargo Ships Sink off Philippines 01/18/17(World Maritime News)

One crewman died and six have been reported as missing following the sinking of two cargo vessels off the Philippines on Tuesday, January 17, the Philippine Coast Guard (PCG) reports.

The first vessel, M/V Virgina 1, was en route to Roxas, Palawan from Delpan Pier, Binondo, Manila with eleven crew onboard, when it sank after catching fire in the waters southwest of Caballo Island, approximately eight nautical miles from Fortune Island, Nasugbu, Batangas on January 17, 2017.

Investigation to the survivors including the master of the vessel revealed that on January 17 at 1 AM local time, one of the crew suddenly noticed a fire coming from the purser’s cabin which is adjacent to the smoke stack of the vessel. All the crew tried to combat the fire but were unsuccessful. It continuously spread on the main deck and reached the mid-ship of the vessel where combustible cargoes were stored, PCG said.

The master ordered the crew to abandon ship at 2 AM local time. Six crew boarded a life raft while five others were able to board a life boat.

At 3 AM, the lifeboat with 5 survivors capsized due to strong winds and big waves. They managed to cling to the boat, however, one of them, identified as Sonny Ruado, died due to severe exhaustion at 6 AM, PCG said. At 7 AM, the survivors decided to leave the dead body of Ruado with an empty plastic container tied around his body to serve as floater at vicinity waters 12 nm away from Corregidor Island.

At 9:15 AM, they were rescued by a passing fisherman in waters between La monja and Fortune Island.

At 2:30 PM, CGSS Nasugbu informed CGS BATAAN that one of the crew, Angelo Gambol, a Quarter Master, was rescued by a fisherman at Bogiw Island, near Brgy Papaya, Nasugbu Batangas.

According to Gambol, immediately after the skipper ordered the ship to be abandoned, the crew were divided into two groups. Gambol together with five other crew proceeded to the forecastle deck and lowered the life raft. He was accidentally left behind as he slipped out when it was his turn to board the raft. The remaining five men on the life raft are still missing.

The second cargo vessel, M/V Meridian Tres, was reported sinking at the vicinity of Sto Niño Dive Site, Bohol around 9:25 PM local time, January 17.

M/V Lorcon Iloilo reported the incident to Coast Guard Sub Sub-station Hilongos.

As of 9:45 pm, a total of twenty-eight crew were rescued and one was still missing. The missing person was later identified as Benjamen Orola, the Chief Operator 2 of the vessel.

Investigation revealed M/V Meridian Tres departed Cebu City port enroute to Tacloban City with 29 crew onboard including the captain of the vessel while navigating at Sto Niño Dive Site, Bohol, the vessel was battered by strong winds and big waves prevailing in the area causing the stock pile of one hundred twenty six units of twenty footer container vans and five units of ten footer container vans of assorted goods to collapse and the port side of the said vessel listed 40 degrees.

Around 10 PM local time, the vessel submerged at the vicinity near Sto Niño Dive Site, Bohol.

Coast Guard team advised all vessels transiting in the area to be on look-out of the missing man and render necessary assistance and report to the nearest Coast Guard Station if sighted.

M/V Meridian Tres is a cargo vessel skippered by Capt Napoleon Emphasis, owned and operated by Meridian Cargoes Forwarder Incorporation.

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: FLUVIUS TAMAR (EX-ABIS ALBUFEIRA)
IMO: 9501708
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: NETHERLANDS
Gross tonnage: 6558 tons
Year of Built: 2009
Builder: SHIPKITS - GRONINGEN, NETHERLANDS
Class Society: LLOYD´S SHIPPING REGISTER
Manager & Owner: ABIS SHIPPING - HARLINGEN, NETHERLANDS

Seven Crew Rescued After Cargo Ship ‘Fluvius Tamar’ Sinks in North Sea 01/14/17(gCaptain)


M/V Fluvius Tamar (ex-Abis Albufeira). Photo: MarineTraffic.com/Arno Brugmann
The UK Coastguard coordinated an extensive search and rescue effort overnight after a 90-meter cargo ship sank in the North Sea approximately 35 nautical miles northeast of Ramsgate, England.

All seven crew members were rescued safely after abandoning ship in the dark.

France’s Préfet Maritime reported that the Barbados-flagged M/V Fluvius Tamar sank at about 1 a.m. in British waters north of Dunkirk. The vessel lies at a depth of about 40 meters.

Steve Carson, UK Coastguard Duty Commander, provided some more details on the incident: “Following a MAYDAY broadcast from the sinking vessel, we sent multiple assets to the scene to rescue the crew who abandoned ship. The weather on scene has been challenging but we are pleased to report that all the crew have been rescued and are on their way to hospital.”

The ship was carrying 3,800 tonnes of Magnesium oxide and 80 cubic meters of diesel fuel, the Préfet Maritime reported.

A reconnaissance flight early Saturday morning observed no pollution.

According to AIS data the vessel was sailing from the Netherlands to Spain.

The Coastguard said search and rescue helicopters from Lydd and Lee-on-Solent, a RNLI all-weather lifeboat from Ramsgate, a Dutch search and rescue helicopter, and multiple merchant vessels assisted in the search and rescue effort.

北朝鮮籍の貨物船「CHONG GEN」(6558トン)は珍しく中古売船の船でなく、北朝鮮で建造された船らしい。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: CHONG GEN
IMO: 8862155
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: NORTH KOREA
Gross tonnage: 6558 tons
Year of Built: 1991
Builder: HAMBOOK SHIPYARD - PYONGYANG, NORTH KOREA
Class Society: KOREA CLASSIFICATION SOCIETY
Manager & Owner: KOREA RYONHWAN SHIPPING - PYONGYANG, NORTH KOREA

北朝鮮貨物船が沈没 乗組員は全員脱出 巡視船に収容 01/12/17(NHK)


11日、長崎県の五島列島の沖合で浸水した北朝鮮船籍の貨物船は、乗組員全員が救命ボートで脱出し、海上保安本部は12日未明、全員を無事、巡視船に収容しました。

11日夕方、長崎県の福江島の南西およそ60キロの海で、北朝鮮船籍の貨物船「CHONG GEN」号(6558トン)から救難信号が発信されました。

第7管区海上保安本部によりますと、この船はコメを積み込み、北朝鮮西部のナンポ(南浦)から東部のウォンサン(元山)に向けて航行していたところ、何らかの原因で浸水したということです。
乗組員は北朝鮮の26人で、けが人はいませんが、全員が救命ボートで脱出して救助を求めたことから、海上保安本部は12日午前3時半ごろ、全員を無事、巡視船に収容しました。

一方、貨物船はその後、浸水が進み、12日午前5時45分ごろ、福江島の南東およそ27キロの海域で沈没したということです。

海上保安本部は、福江港の沖合に停泊している巡視船の中で乗組員から話を聞くなどして、浸水したいきさつや詳しい状況を調べることにしています。

北貨物船、浸水し沈没…脱出の乗組員26人救助 01/12/17(読売新聞)


 11日午後4時55分頃、長崎県五島市・福江島の南西約60キロ沖の東シナ海で、北朝鮮籍の貨物船「CHONG GEN」(6558トン)が無線で救助を求めていると、近くを航行中のタンカーから第7管区海上保安本部(北九州市)に通報があった。

 北朝鮮人の乗組員26人は全員救助され、貨物船は12日午前5時45分頃に沈没した。

 7管の発表によると、貨物船はコメ約5720トンを積んで、同国西部の南浦ナムポから東部の元山ウォンサンに向かっていた。甲板下の倉庫室から浸水したとみられ、乗組員らは救命ボートで脱出後、長崎海上保安部などの巡視船に救助された。大規模な油の流出は確認されていないという。

北朝鮮貨物船が浸水状態で停泊 長崎 五島列島沖 01/12/17(NHK)


11日夕方、長崎県の五島列島の沖合で、北朝鮮船籍の貨物船が浸水した状態で停泊し、海上保安本部は、巡視船などを出して詳しい状況を確認しています。

第7管区海上保安本部によりますと、11日午後5時前、長崎県の福江島の南西およそ60キロの海で、北朝鮮船籍の貨物船「CHONG GEN」号(6558トン)から救難信号が発信されました。

巡視船などを出して確認したところ、無線に応えた乗組員が、船が浸水した状態で停泊していると話したということです。 また、乗っているのは全員北朝鮮の26人で、けが人はいないということです。

海上保安部が外から船体の状況を確認したところ、大きく傾いたりはしておらず、直ちに沈没するおそれもないと見られるということです。
海上保安本部は、浸水したいきさつや詳しい状況を調べるとともに、救助が必要かどうか引き続き無線でやり取りして確認することにしています。

貨物船「TONG DA」(IMO:8649993)(2994トン)はフィジに登録される前はカンボジア籍で北朝鮮の会社が管理していたようである。 足が付いたから国籍を変えたダミー船、それとも本当に船主や管理者が変わったのか?
2005年に中国で建造されたけれど、IMO番号が8649993。この番号は普通、1986年ごろに建造された船に与えられる。多少の誤差はあるが、2005年建造であればIMO 番号は9で始まるのが普通。誰が理由と教えてください。
貨物船「TONG DA」(IMO:8649993)(2994トン)は2016年5月27日に水島でPSC(外国船舶監督官) の検査を受けて出港停止命令を受けている。その時の検査会社は「Union Bureau of Shipping」、管理会社は「UNI-WORLD SHIPPING LIMITED」、 船籍は「TOGO(トーゴ)」であった。
この船、足が付かないように船籍や管理会社を変えているのか、偶然なのか興味深い船である。

国土交通省
(平成28年5月)CONTACT INFORMATION & DETENTION LIST (May 2016) OF PSC IN JAPAN 開けない人はここをクリック

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: TONG DA (EX-DONG KUN 6)
IMO: 8649993
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: FIJI (EX-CAMBODIA)
Gross tonnage: 2994 tons
Year of Built: 2005
Builder: ZHEJIANG DONGHONG SHIPYARD - XIANGSHAN, CHINA
Class Society: KOREA CLASSIFICATION SOCIETY
Manager: TAE DONG GANG SHIPPING - NAMP'O, NORTH KOREA
Owner: EAST BRIGHT INTERNATIONAL SHIPPING - HONG KONG, CHINA
Former names: PAEK SONG 5 until 2014 Jul
SONG I 1 until 2013 Jan
AN YUAN 2 until 2011 Nov

芦屋海岸で座礁の貨物船 今後どうなる(福岡県) 01/12/17(NNNニュース)

こちらは、11日に福岡県の芦屋海岸で座礁した貨物船です。全長94メートルの巨大な船は、いまも浅瀬に乗り上げたままです。いつ沖合へ移動させるのかなど、今後の対応について現在、話し合いが行われています。座礁したのは、フィジー船籍の貨物船「TONG DA」で、大量の塩を積んで中国から青森に向かい、航行中でした。荷崩れで船が傾き、座礁したとみられています。乗組員14人は、11日夜、全員救助されましたが、船は角度20度ほど横に傾いた状態で、いまも水深5メートルの浅瀬に乗り上げたままです。若松海上保安部によりますと、これまでに目立った油漏れはないということです。今後、船は沖合に移動される予定で、現在、船会社と専門の業者との間で調整のための話し合いが行われています。

芦屋沖で外国船籍の貨物船座礁 01/11/17(NHK)


芦屋町の沖合で、フィジー船籍の貨物船が荷崩れを起こして浅瀬に乗り上げました。海上保安部によりますと、乗組員にけがはないということです。
11日午後3時ごろ、芦屋町の沖合を航行していたフィジー船籍の貨物船「TONGDA」(2994トン)から「船が傾いている」と、第7管区海上保安本部に無線で連絡がありました。
巡視艇などが救助に向かいましたが、貨物船は芦屋町の沖合の浅瀬に乗り上げて座礁しました。
貨物船には中国人とミャンマー人など、いずれも外国人の乗組員14人が乗っていましたが、けが人はいないということです。
海上保安部の調べによりますと、貨物船は4150トンの塩を積んで、中国から青森県の八戸港に向かっていたということです。
貨物船の40代の中国人の船長は「荷崩れを起こし左舷側に傾いた」と話しているということです。
海上保安部は、荷崩れが原因でかじがとれなくなり座礁したとみて、油の流出の有無や当時の状況を詳しく調べています。

コンテナ船が防波堤に衝突 けが人なし 清水港 12/30/16(静岡新聞アットエス)

 29日午前8時15分ごろ、静岡市清水区三保の清水灯台(通称・三保灯台)から北北西約1・5キロの三保防波堤に、シンガポール国籍のコンテナ船(全長199・9メートル、2万6681トン)が衝突した。乗組員22人にけがはなかった。

 清水海上保安部によると、衝突で縦横約2メートルのへこみと、直径約80センチの穴が船首部分に生じた。油の流出はなかった。船は同日朝に清水港を出港し、四日市港(三重県四日市市)に向かう途中だったという。同保安部が事故の原因を調べている。

One dead and eight missing after ferry Starlite Atlantic sank in Batangsa Bay 12/26/16(MARITIME HERALD)

The ferry Starlite Atlantic sank in Batangsa Bay near Tingloy island in Philippines. The vessel was caught by typhoon Nock-Ten (Nina) and heavy storm, which pushed her into the rocks of the island. The ferry stuck into the shallow and suffered under water breaches. Starlite Atlantic started getting water ingress and capsized in several minutes. Following the accident one passenger died and another eight went missing. The accident was reported to the local authorities and Coast Guard. The large-scale rescue operation was initiated and were rescued fourteen people, which were transferred to the local hospital for medical treatment and examination.

The search and rescue operation is seriously hampered by the strong winds and bad weather. The Coast Guard called off the search and rescue operations until Dec 27 morning as it was already dark and the current was still strong.

There are no further details about water pollution and what is the condition of the ferry, but probably remained partially above the water.

The ferry Starlite Atlantic (IMO: 7501534) has overall length of 71.50 m, moulded beam of 13.60 m and maximum draft of 5.00 m. The deadweight of the vessel is 634 DWT and the gross tonnage is 1,497 GRT. The ferry Starlite Atlantic was built in 1975 by Wakamatsu Shipbuilding in Kitakyushu, Japan. The owner and manager of the vessel is local operator Starlite Ferries.

船員が乗っていない状態の船は木の葉と同じ。天候が悪くなればどうしようもない。
規則で2隻以上の船を曳いてはならないとなっていれば問題であるが、規則がないのならどうしようも出来ないと思う。判断基準は規則があるのか、 規則があっても過失を証明できるのか次第であろう。

Two Maersk offshore supply vessels sank in Celtic Sea en route to scrapyard 12/23/16(MARITIME HERALD)

Viliyana Filipova

The offshore supply vessels Maersk Searcher and Maersk Shipper sank in Celtic Sea on 80 nautical miles west off Brest, France. The vessels were under tow by supply tug Maersk Battler en route to Turkish scrapyard for recycling. The bad weather, heavy seas and storm caused water ingress in the ships, which capsized and later sank. The both supply vessels were unmanned and free of fuel and oils. There were no injured people and no reported water pollution. The crew of supply tug Maersk Battler succeeded to release the towing line, keeping their vessel afloat and without suffering any damages.

The accident was reported to the local authorities, who started investigation for the root cause of the sinking and will make inspection for following of safety rules during towing. The local authorities confirmed that sinking did not carry any environmental risks.

The offshore supply vessels Maersk Searcher (IMO: 9191369) and Maersk Shipper (IMO: 9169483) are sisterships with overall length of 82.00 m, beam of 18.85 m and maximum draft of 7.50 m. The deadweight of the ships is 3,903 DWT and the gross tonnage is 4,013 GRT. The vessels were built in 1999 by Keppel Singmarine shipyard in Singapore. The offshore supply vessels Maersk Searcher and Maersk Shipper were equipped with two MaK 6M32 and two MaK 8M32 engines, having total output power of 18,000 hp.

Container ship Hong Yuan 02 stuck on reef in East China Sea 12/19/16(MARITIME HERALD)

The container ship Hong Yuan 02 stuck on reef in East China Sea west off Small Huanglong Island, China. The vessel was en route from Jingtang to Humen, carrying 864 TEU and 68 FEU, but was adrifted to rocky shallow by bad weather and strong winds. After grounding, the container carrier was breached in the bow area with ensuing water ingress. The vessel developed fore tilt and starboard list, risking from cargo shift and containers felling overboard. The accident was reported to the local authorities and at the scene were dispatched barges to offload some of the containers. The water ingress was taken under control, but salvage will be started after patching the holes and ensure stability of the container carrier.

During the grounding there were no injured people and no reported water pollution. The root cause and circumstances around grounding are under investigation. The traffic at the area was not affected.

The container ship Hong Yuan 02 (IMO: 9137703) has overall length of 188.00 m, moulded beam of 30.00 m and maximum draft of 8.10 m. The deadweight of the ship is 30,637 DWT and the gross tonnage is 23,734 GRT. The vessel was built in 1997 in Gdynia Shipyard in Poland. The vessel is operated by the Chinese shipping company

「『燃料タンクに海水が入ってエンジンが止まった』と連絡。約30分後に無線で『駄目だ』と再び連絡が入った。大福丸は1986年に操業を始め、同漁協では最も古い船だった。昨年も浸水被害があったという。」
燃料に海水が混じればエンジンは故障すると思う。ただ、簡単に燃料タンクに海水は入らない構造になっているはず。燃料のエアパイプに穴が開いていたのか? しかし、昨年も浸水被害と言う事は、別の場所から海水が流入したのか?構造的に簡単に直せない問題があったのか?もし問題があれば年次の検査に通らないのでは??
深い場所で沈没していないので、船を引き上げたら原因ははっきりすると思う。

<松江沖転覆>燃料タンクに海水入り航行不能 8人不明 12/14/16(毎日新聞)

 松江市の沖合で14日早朝、鳥取県岩美町の田後(たじり)漁協に所属する底引き網漁船「大福丸」(76トン)が転覆した事故で、操業中の船内の燃料タンクに海水が入りエンジンが止まり、航行不能になったことが漁協などへの取材で分かった。また、境海上保安部(同県境港市)は救助後に死亡が確認された男性は同県琴浦町の甲板員、坂本孝裕(よしひろ)さん(54)と発表。同日午後10時現在、残る男性乗組員8人の行方が分かっておらず、捜索を続けている。

 田後漁協などによると、大福丸は14日午前3~4時ごろ、近くでカニ漁をしていた同漁協所属の第2共福丸に携帯電話で「燃料タンクに海水が入ってエンジンが止まった」と連絡。約30分後に無線で「駄目だ」と再び連絡が入った。大福丸は1986年に操業を始め、同漁協では最も古い船だった。昨年も浸水被害があったという。

 ズワイガニの需要が高まる年末年始を控え、山陰沖では漁が最盛期を迎えており、鳥取県内では三つの漁協・支所に所属する計25隻が隠岐諸島周辺などで操業していた。

 事故を受け、国の運輸安全委員会の事故調査官3人が同日、漁協関係者から話を聞いた。

 亡くなった坂本さんの親族の女性(68)は「まさかと思った。やさしくて本当に明るい人だったのに」と嘆いた。坂本さんと小中学校の同級生だった町内の漁師、寺田勇幸さん(54)は1カ月前、年末に会うことを電話で約束していたといい、「面倒見が良く、後輩にも慕われていた。残念でならない」と声を詰まらせた。【李英浩、宮川佐知子、林田奈々、高橋一隆】

NHKのニュースだと船に海水打ち込んできた情報がある。海水が船に打込んで、エンジンが止まったとすれば、船は傾斜していた可能性もある。 傾斜した状態で高波を受ければ転覆はし易い。また、発電機まで停止すれば電源はない状態になる。水の排出も無理になる。
打込んだ海水でエンジンがストップしたとすれば、似たような事故の再発防止の為にどうして海水が打込んだのか原因を調査する必要はあると思う。

荒れる海、阻む捜索 「無事でいて」… (1/2) (2/2) 12/14/16(産経新聞)


 松江市沖の日本海で14日午前、田後漁協(鳥取県岩美町)所属の底引き網漁船「大福丸」が転覆し、乗組員が行方不明となった事故。現場の灰色の海面は激しく波立ち、捜索活動を阻んだ。漁協事務所では、関係者が慌ただしく情報収集に追われ、海上保安本部の関係者は焦りをにじませた。

 「一緒に漁をしたこともある人が乗っているので心配だ」。漁協の山根正平専務理事(66)は疲れた表情を見せた。

 大福丸は、先月解禁されたズワイガニ漁のために8日夜に出港した。漁協によると、漁協所属の9隻の底引き網船のうち最も古いという。浸水するなどしたエンジントラブルで僚船の第二共福丸に曳航(えいこう)され、港に戻る途中だった。

 転覆した現場は港まであとわずか。「大福丸がひっくり返って全員が行方不明になった」。船主は、慌てた様子で漁協に連絡してきたという。

 漁協によると、第二共福丸と漁協所属の宝生丸が付近を捜索しているが、現場は雨がたたきつけて白波が立つなどし、それ以上は捜索船の数を増やせない状況が続いているという。

 関係者は「海の荒れ具合を見守るしかない」と焦りの色を浮かべる。

 漁協の事務所では、役員らが集まり、安否を心配する関係者らからの電話対応などに追われた。ただ、頼みの海保側からの情報も乏しく、重苦しい雰囲気も漂う。

 午前11時半すぎには、救助された1人の死亡が確認されたという報がもたらされた。「(他の乗組員は)とにかく無事でいてくれることを願うし、情報がほしい」。漁協関係者は祈るように語った。

 親族という男性によると、不明となっている大福丸の船長、沖島保司さん(53)は高校を出て漁師になり、数年前に船長になったという。山根専務理事は「乗組員全員が行方不明になったのは私が子供の頃以来」とした上で、「(沖島さんは)非常にまじめで夏はサザエの素潜りで生計を立てていた。小型船では漁獲で一番になることもあった」と語った。

 また、沖島さんの知人の男性(62)も「カニ漁は稼ぎ時。昔より船が大きく丈夫になり、多少のしけでも無理はするかもしれないが、沖島さんは何十年も船に乗っていて危険かどうかは判断できるベテランのはず。無事を信じている」と話した。

漁船転覆1人死亡8人不明 松江沖、船体見つからず12/14/16(産経新聞)


 14日午前5時20分ごろ、松江市沖約1・6キロの日本海で、鳥取県岩美町の田後漁業協同組合所属の底引き網漁船「大福丸」(76トン)が転覆したと118番があった。境海上保安部などによると、現場付近の海域では船体が確認できず、沖島保司船長ら男性乗組員9人が行方不明となった。うち1人が海上で発見され、救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 船体は沈没したり流されたりした可能性がある。当時はエンジントラブルのため、長さ約100メートルのロープを使って別の漁船にえい航されていた。第8管区海上保安本部(舞鶴)は対策本部を設置し、管内の巡視船や巡視艇、ヘリコプターなどを派遣。船体や行方不明者の発見を急いでいる。担当者は「海上の状況が悪く、なかなか調べられない」と説明した。現場周辺では大福丸の船名が入った救命胴衣や浮輪などが見つかった。

 当時、現場海域は雨で17メートルの強風が吹き、波の高さは3~4メートル。視界は5~10キロほどだった。

NHKのニュースだと船に海水打ち込んできた情報がある。海水が船に打込んで、エンジンが止まったとすれば、船は傾斜していた可能性もある。 傾斜した状態で高波を受ければ転覆はし易い。また、発電機まで停止すれば電源はない状態になる。水の排出も無理になる。
打込んだ海水でエンジンがストップしたとすれば、似たような事故の再発防止の為にどうして海水が打込んだのか原因を調査する必要はあると思う。

えい航中の漁船が転覆 9人行方不明 島根 松江沖 12/14/16(NHKニュース)


14日朝早く、島根県の沖合の日本海でエンジントラブルのため、えい航されていた9人が乗った漁船が転覆しました。海上保安本部によりますと、9人全員の行方がわからなくなっているということで、巡視船やヘリコプターなどを出して捜索に当たっています。

14日午前5時20分ごろ、島根県松江市の沖合およそ2キロの日本海で、鳥取県岩美町の田後漁協に所属する底引き網漁船の「大福丸」(76トン)が転覆したと第八管区海上保安本部に通報がありました。

海上保安本部によりますと、乗組員9人の行方がわからなくなっているということで、現在、巡視船4艇とヘリコプター2機を出して捜索に当たっています。

海上保安本部や漁協などによりますと、大福丸は鳥取県境港市の漁港を拠点に島根県の沖合の日本海で先月からズワイガニ漁を行っていたということですが、エンジントラブルのため、別の漁船にえい航されている途中で転覆したということです。

当時、現場付近の天気は雨で17メートルの強い風が吹いていて、島根県東部の沖合には波浪注意報が出ていたということです。

所属する漁協「非常に心配」

転覆した大福丸が所属する鳥取県岩美町の田後漁協の山根正平専務理事は「船内に水が入ってエンジントラブルになり、近くにいた船にえい航してもらっている時に転覆したと聞いている。情報収集を続けているが、いまだに乗組員の安否の確認はできていない。きょうは波が高かったうえ、無人の救命ボートが見つかったという情報もあるので非常に心配している」と話していました。

関門海峡で外国船2隻が衝突 けが人なし 12/09/16(朝日新聞)

佐々木康之

 9日午前1時25分ごろ、山口県下関市沖の関門海峡・早鞆瀬戸(はやとものせと)で、トーゴ船籍の貨物船ウェン・チェン(2423トン、中国人船長ら11人乗り組み)と、韓国船籍の貨物船ジャンホー・ウィン(1119トン、韓国人船長ら10人乗り組み)が衝突した。双方にけが人はなく、船体への浸水や油の流出もないという。

 門司海上保安部(北九州市)によると、トーゴ船は西へ、韓国船は東へ向けて航行していた。トーゴ船は右舷船首部が直径3メートルほどの幅でへこみ、韓国船は左舷船首部が5メートルほどの幅でへこんだうえ、長さ約10メートルにわたってこすれたように損傷した。衝突直前、海峡北側の下関市寄りを航行していたトーゴ船が左へ、南側の北九州市寄りを航行していた韓国船が右へかじを切ったとみられ、業務上過失往来危険の疑いで操船の経緯を捜査している。現場は同海峡で最も幅が狭く、潮流が複雑な事故多発海域。(佐々木康之)

Former tug Smit New York grounded 12/07/16(Towingline.com)

by Hans

The “Salvage Titan” (Imo 7522136) which was en route to Malaysia from Oieka, ran aground at Barangay Marzan in Sanchez Mira, Cagayan, in the morning of Nov 28, 2016, with 16 Filipino crew members on board.


The ship as towing a barge loaded with a crane. Due to strong waves and inclement weather, it drifted in the sea off Sanchez Mira and eventually ran aground off the coast of Sitio Calingkingan in Brgy. Barzan, Sanchez Mira. The tug was manned by Capt. Christopher Guebalangen; six of his crew members received medical assistance after they were rescued by the Philippine Coastguard.

Note: The Salvage Titan is the former 1977 built Smit New York. Built by Verolme Shipyard – Heusen; Netherlands under number 934 for Smit International Rotterdam. In In 1998 she was brought in the new joint venture between Smit and Wijsmuller and renamed SmitWijs New York. In 2000 she was sold to China Ocean Engineering Services – Shanghai (COESS) and managed by Shanghai Salvage Co. and renamed Hua An. In 2015 sold to Taiwan.

She has a length of 67.54 mtrs a beam of 14.53 mtrs and a draft of 6.89 mtrs. The two Werkspoor TM410 diesel engines develops a total output of 16,000 hp. She has a grt of 2,057 tons and a dwt of 1,568 tons. Compiler of this newsletter had sailed on her as Chief Engineer in 1989 together with Captain Piet de Boer. She was a good and fine strong ship to sail on. It is a pitty to see her on the groundings. Hopefully she will de pulled off and contine her towing live.

(Source: Vesseltracker; Photo: ABS-CBN)

海上の状態はどうだったのか?高波だったのか?単にエンジントラブルで転覆はないと思う。例え、救命胴衣を着用していても、この寒さでは イマージョンスーツを着用していない限り、長くは持たないだろう。

<漁船転覆>トラブルでえい航中、9人行方不明 松江沖 11/30/16(八重山毎日新聞)

 14日午前5時20分ごろ、松江市にある美保関灯台の北約2キロの日本海で、エンジントラブルで僚船にえい航されていた田後漁協所属の底引き網漁船「大福丸」(長さ27メートル、76トン)が転覆し、乗組員9人全員が行方不明となっている。境海上保安部の巡視船などが救助に当たっている。

 乗っていたのは21~59歳の男性らで、インドネシア人1人が含まれている。【山下貴史】

 行方が分からなくなっている乗組員は次のみなさん。

 【船長】沖島保司さん(53)=鳥取県岩美町【機関長】吉田靖さん(59)=同【甲板員】坂本孝裕さん(54)=鳥取県琴浦町▽吉本憲治さん(59)=同県岩美町▽杉浦正樹さん(28)=鳥取市▽ウィ・ヤントさん(21)=インドネシア国籍▽檜木賢一さん(45)=島根県出雲市【機関員】木下浩さん(39)=鳥取県岩美町▽阪本誠さん(36)=兵庫県新温泉町

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: MYRIAD
IMO: 9344186
Type of ship: CONTAINER SHIP
Flag: BAHAMAS
Gross tonnage: 5403 tons
Year of Built: 2006
Builder: MURAKAMI HIDE SHIPBUILDING - IMABARI, JAPAN
Class Society: NIPPON KAIJI KYOKAI
Manager & owner: KOTOKU KAIUN - IMABARI, JAPAN

福岡)岸壁に衝突のコンテナ船、事故前に舵が故障 11/30/16(八重山毎日新聞)


 北九州市門司区の北九州港・太刀浦コンテナターミナルで24日、コンテナ船が岸壁と防波堤に衝突した事故について、コンテナ船の舵(かじ)が故障していたことが分かった。門司海上保安部が27日、発表した。北九州港では昨秋も、船が岸壁やクレーンにぶつかり損壊させる事故が相次いでおり、今回の事故についても原因を詳しく調べている。

 門司海保などによると、コンテナ船はバハマ船籍のMYRIAD(5403トン)。フィリピン人船長(63)ら18人が乗り組んでいた。24日午前11時半ごろ、岸壁を離れてすぐに舵が利かなくなったという。錨(いかり)を下ろしたが止まらず、300メートルほど東に流されて岸壁に衝突。そこから岸壁を100メートルほどこすって縁に取り付けられた金具を壊し、さらに約100メートル先の防波堤に衝突して止まった。

 市港湾空港局などによると、太刀浦コンテナターミナルでは昨年10月も、台湾船籍のコンテナ船が岸壁のクレーンに船首をぶつける事故が起き、クレーンを使用不能にした。同年11月には、若松区の北九州港・響灘東地区でカンボジア船籍の貨物船が岸壁に激突。岸壁の路面が陥没し、今も復旧していない。

Bulk carrier FREE NEPTUNE abandoned 11/23/16(FleetMon)
by Mikhail Voytenko

Bulk carrier Liberia FREE NEPTUNE Bulk carrier with 23 Ukrainians on board seems to be abandoned by owner, FREE BULKERS SA, at Sohar. Vessel is anchored on Sohar Anchorage, Oman, since July 26, according to relatives information, crew weren’t paid wages for some 6 months. According to PAN (Pan-European Organisation of personal injury lawyers) lawyer, who’s defending crew’s rights, vessel has enough supplies, but there are no communications. Owner promised to ITF and PAN to repatriate crew and pay them wage debt, starting Nov 28.

SAGA SKY Nov 22 Update: salvage completed, vessel safe 11/22/16(FleetMon) by Mikhail Voytenko
Nov 22:
Hong Kong SAR of China SAGA SKY General cargo vessel was anchored off Dover at around 1900 UTC Nov 20, French emergency team, which boarded the vessel, found her seaworthy, though starboard hull breach was substantial. UK MRCC allowed Hong Kong SAR of China SAGA SKY General cargo vessel to remain anchored until morning Nov 21. Owner signed salvage contract with Les Abeilles, early in the morning Nov 21 vessel was taken on tow by salvage tug Abeille Languedoc, to be towed to Dunkerque. Vessel arrived at Dunkerque in the afternoon same day, and docked.

General cargo vessel Hong Kong SAR of China SAGA SKY General cargo vessel issued distress signal at 0720 UTC Nov 20, reporting collision with unmanned barge, loaded with stones, hull breach and water ingress, south of Dover, English Canal. It was decided to evacuate part of the crew not required by salvage works, reportedly 11 people out of total 23. As of 1330 UTC, 5 crew said to be airlifted.French salvage tug ABEILLE LANGUEDOC and RNLI Lifeboat approached troubled freighter. Freighter was said to be drifting after suffering power loss and steering, but according to available AIS track, vessel seems to be moving under own power, escorted by RNLI lifeboat and ABEILLE LANGUEDOC, in southeast direction, destination unclear. It is not clear what happened to barge, she looked like she interlocked with Hong Kong SAR of China SAGA SKY General cargo vessel in a collision. Hong Kong SAR of China SAGA SKY General cargo vessel was en route from Germany to Uruguay.

Desperate scramble to save 23 crew from a sinking ship from the English Channel after a 650ft long cargo carrier hit a bank of rocks 11/20/16(Mail Online) By Gareth Davies For Mailonline
A huge rescue operation was launched off the English Channel as the coastguard scrambled to evacuate crew from a sinking ship.
The 650ft long cargo ship ran into trouble off the coast of Dover.
A coastguard spokeswoman told MailOnline the 30,000-ton cargo ship collided with a bank of rocks after extreme weather conditions blew it off course.


The 650ft long cargo ship is understood to have run into trouble off the coast of Dover

A huge rescue operation has been launched off the English Channel as the coastguard
scrambles to evacuate crew from a sinking ship


A coastguard spokeswoman said: 'The call from the vessel came into the UK Coastguard at around 7.20am reporting it had lost power and steering.
'Bad weather conditions have meant the cargo vessel has drifted onto the Varne Bank and is taking on water.
'It’s understood there are 23 people on board.
'The situation remains under close monitoring by the UK Coastguard and all crew are currently being evacuated.
'Dover and Dungeness lifeboats have also been sent and are standing by the vessel.'
Deal and Dover Coastguard Rescue Teams have been put on standby to help receive crew members rescued from the vessel.
Earlier, the port of Dover said ferry movements had been temporarily suspended because of the 'very high winds', which the Met Office said could reach 70-80 miles per hour in exposed coastal locations.
Duty commander Steve Carson said: ‘The weather conditions this morning are particularly challenging and we have declared this a major incident.
'We are now planning to evacuate the crew from the cargo vessel and our HM Coastguard helicopters from Lydd and Lee-on-Solent are on the scene.'

漁船「SEPEHR」はモンゴル籍船なので船の国籍証書が有効期限内であれば、国籍証書を発給した事務所に 連絡するべきであろう。「旗国としての責任を果たすべきだ。」と旗国による撤去を要求してみるべきだ。たぶん、残念ながら離礁費用は出せいないとの回答、または、 無視するかもしれない。その事実を国土交通省に提出して、モンゴル籍船に対する厳しい検査を要求するべきだろう。 時間と努力の無駄だと言うかもしれないが、一歩でも前進しないと、2013年に座礁し放置されたモンゴル籍船の小型タンカーTJ88(99トン) のような問題が形を変えて繰り返される。国土交通省に事実を報告して、甘い検査で出港させると、 座礁のリスクがあり、座礁した後の被害で座礁したエリアの地方自治体が困る事を訴えるべきだ。

「市議からは『市が(離礁作業を)やらざるを得ないのではないか。国、県に一括交付金などの費用を求めてはどうか』などの提案があった。」
安易な対応は、日本は金持ちだから日本が自腹で撤去してくれると勘違いさせる。これまでも多くの自治体が安易な道を選んでいる。
まあ、船主が本当に支払う意思があるのなら、サルベージ会社又は、代理店と船主の共同名義の口座を開いて担保として入金させる方法もある。提案を拒否する、又は、 他の方法を提案しないようであれば、このままスクラップになるまで待つ。または、沖までタグボートで引っ張って沈める許可を船主から得る。海洋環境に影響があるとの 理由で法律があるのなら、それを理由に撤去するとの事前通告を船主に伝えるのも良いかもしれない。
いつも座礁が発生した後に座礁した場所の地方自治体が苦労しているが、なぜ、事前に対応を国交省なり、他の省に要請しないのだろうか?これが日本病なのか? 未来の子供達には自主性や考える力を求めるが、大人達は受け身なのである。

☆☆座礁船☆☆ ☆☆放置船☆☆

台風座礁船 撤去遅れ 11/03/16(八重山毎日新聞)


船主、費用未払い 作業目途立たず

 台風17号の影響で、9月27日に川平の沖合で座礁した漁船「SEPEHR」(モンゴル船籍、船主イラン合同会社、119㌧)は、1カ月以上たった今も離礁作業の目途が立っておらず、リーフに乗り上げたままとなっている。同船の座礁海域は景勝地。放置された状態がこのまま続いた場合、景観や海洋環境に影響を与えるおそれがある。

 石垣市防災危機管理室(大濵武室長)が2日、市議会の会派「自由民主石垣」(砥板芳行代表、6人)に役所内で行った説明によると、同船からは10月15日に油が流出したため、抜き取り作業で総量2万550㍑を回収。急を要したため、作業にかかった費用360万は市が一時的に立て替えた。

 しかし、船主から費用は支払われていないため、代理店を通し催促している。船主は離礁を希望しているが、同船には保険が適用されておらず、費用の未払いもあることから、専門のサルベージ業者が船主の信用性の問題から対応を見合わせているのが実情。船主は代理店を通じて「離礁作業の終了を確認してからでないと支払いはできない」と話している。

 大濵室長は「北風や波の影響で時間が立てば離礁は難しくなる。市の税金で作業するのはおかしい。船主が費用を早急に支払う意思があれば作業できるが、支払いの目途は立っていない」と頭を抱えている。

 市議からは「市が(離礁作業を)やらざるを得ないのではないか。国、県に一括交付金などの費用を求めてはどうか」などの提案があった。

「市は「船主の責任で撤去すべき」と主張しているが、船の航行が規定に違反し、重油の抜き取りや撤去の費用に保険が適用されないことが判明。」
モンゴル船籍の漁船「SEPEHR」は保険に加入していたのか、いなかったのか?加入していたが保険が適用されないのかはっきりさせた方が良い。

座礁船 撤去見通し立たず 規定違反で保険適用されず 川平湾周辺 11/03/16(八重山日報)


 石垣市川平湾入口周辺でモンゴル船籍の漁船「SEPEHR」が座礁して1ヵ月余が経過したが、船の撤去に向けた見通しは立っておらず、関係者から「水産業や観光業に悪影響が出かねない」と懸念の声が強まっている。市は「船主の責任で撤去すべき」と主張しているが、船の航行が規定に違反し、重油の抜き取りや撤去の費用に保険が適用されないことが判明。船主であるイランの法人からは撤去に向けた具体的な方針が示されていないという。

10 killed, over 50 injured in explosions at Gadani ship-breaking yard 11/01/16(FleetMon)

DUNYA NEWS Agency, Pakistan 01 November KARACHI (Dunya News) - At least ten workers have been killed and more than 50 injured in a series of explosions triggered by a blaze at the Gadani ship-breaking yard in the southwestern province of Balochistan, about 50 kilometres northwest of Karachi. Some 200 others are reportedly trapped inside the yard, with the fire still raging. A police official said the incident happened due to gas welding work. Eyewitness said that flames from the welding fall into the oil tank of the yard, causing fire and explosions. Hospital sources said that 10 people were killed, 50 others injured and around 40 saved their lives by jumping off the ship when fire erupted.

2人死亡貨物船事故 運輸安全委が調査 11/01/16(関西テレビ)

神戸港に停泊中の船に積みこみ作業中だった鉄パイプが崩れ3人の作業員が死傷した事故で、国の運輸安全委員会が調査を始めました。

10月30日、神戸市中央区小野浜町の神戸港で停泊中の船に鉄パイプの束を積み込んでいたところ、作業員3人がパイプと船の壁の間に挟まれました。

この事故で宮ノ原秀秋さん(57)と、元田直輝さん(19)が死亡、32歳の男性作業員が腰の骨を折る重傷を負いました。

神戸海上保安部によると、作業員は船の上で待機していたところ何らかの原因でパイプの束のバランスが崩れたと見られます。

事故を受けて、31日、運輸安全委員会の船舶事故調査官3人が現地に入り、調査を始めました。

今後、現場の責任者から聞き取りを行うなどし経緯を調べる方針です。

停泊中の貨物船で積み込み作業中に事故 3人死傷 10/31/16(テレ朝News)



神戸港に停泊中の貨物船で荷物の積み込みをしていた作業員が重さ17トンの鉄パイプに挟まれて2人が死亡、1人が重傷です。

 神戸海上保安部などによりますと、30日午前11時半ごろ、外国船籍の貨物船「BBC ASIA」の船内で積み込みをしていた作業員3人が重さ約17トンの鉄パイプと船内の壁に挟まれました。このうち宮ノ原秀秋さん(57)の死亡が現場で確認され、病院に運ばれた元田直輝さん(19)も死亡しました。もう1人の32歳の男性は腰と腕の骨を折る重傷です。3人は貨物の積み下ろしをする日本の業者の作業員で、鉄パイプをクレーンでつり下げて運んでいました。鉄パイプが何らかの理由で大きく揺れて作業員にぶつかったとみられています。

原因はローリングと言っている人もいるけど、下記の写真を見ればわかるが、クレーン左舷にある。クレーンが中央にあるタイプの船よりもローリングし易い事は 船の形を見ればわかる事。また、荷物の移動距離もクレーンが中央にある船よりも長いので、同じ荷物を積んでもローリングが大きくなる事もすぐにわかる。 それらを考慮してワイヤーの位置やパイプの本数を決めていたのか、吊り上げる前にしっかりと確認したのか次第。吊り上げる前に弛みがないのか、少しだけ吊り上げてバランスを に問題がないかを確認して移動させる業者もいるし、そのようなチェックをしない業者もいる。効率や時間を考えれば、どちらが早く終わるのかわかること。
下の写真をみればわかるが、いろいろな荷物を運ぶ一般貨物船。しかも、陸上のクレーンを使って陸上から積込む方法ではなく、横付けしたバージからの積み込み。 ローリングのリスクが高くなるのはわかると思う。仕事の中には危険な仕事がある。それは仕方のない事。嫌なら学校で嫌でも勉強をする事を小学校で教え、安全な 仕事で良い給料を目指する選択があることを周知するべき。後は強運の運命であるのか次第。普通に生活しても事故に巻き込まれることもある。
まあ、神戸辺りでは横付けしたバージから一般貨物船に積込む事は普通。
下記のようなコメントを見つけた。「BBC ASIA (IMO:9266310)」は中国で建造されているが、デザインはヨーロッパ風。日本で建造された一般貨物船はこのような防舷の半丸は はないが、ヨーロッパ風の貨物船は普通。船員は一般的に、マンニング会社(船員専門の人材派遣会社)から派遣されている。そのような船員に過度の期待する方が無理。 船員と言っても、大きな船と小さな船の船員は教育レベルでも違いある。大きな船でも会社の体質によってレベルが違ってくる。
どうしても事故のリスクが嫌だったら、転職するしかないと思う。船員の国籍は発展途上国にシフトしている。この傾向は加速する事はあっても、逆向する事はない。 日本だって外国人労働者の受け入れを加速している。コストや利益を考えれば、安い労働力が行き着く結果。綺麗ごとでは人命は地球より重いかもしれないが、 現実には軽く扱われている命もある。自分の人生を考えよう。自分の命は自分で守ろう。がんばっても良い結果となるかは、やはり努力と運次第。

神戸港貨物船「BBC ASIA」鉄パイプ事故の原因は何?国籍は?ローリング?船の構造と緩衝材の相性? 10/3/16(巷のアレ)

頻繁に乗る船だけどこの船は貨物を吊るとローリングして危険な事は関係者は知ってたはず。
今回の事故も貨物を吊った事による船のローリングが原因。
岸壁に設置されているゴムの緩衝材が横長で船の構造とも相性が悪かった。
船のサイドの出っ張りが緩衝材の下に引っかかりそれが外れて急激に船体の傾きが戻った事で起きた事故。
前にも引っかかる事例はあって乗組員も把握してるはずなのに何故あの岸壁を使うんだ。 事故は起きてからじゃ遅い。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: BBC ASIA
IMO: 9266310
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: ANTIGUA & BARBUDA
Gross tonnage: 7014 tons
Year of Built: 2003
Builder: XINGANG SHIPBUILDING HEAVY INDUSTRY - TIANJIN, CHINA
Class Society: GERMANISCHER LLOYD

Sudden Jolt Kills two on board a Cargo Ship 10/31/16(Mfame)


By Mfame Team

On October 30th, tragic struck aboard a general cargo vessel BBC ASIA while uploading a cargo of pipes from barge moored alongside her portside using vessel’s cranes.

Three dockers were smashed to the hull plating in a hold by a bunch of pipes which suddenly moved while lowering. Two workers died on the spot and one other was reported to be in serious condition in the hospital.

Preliminary reports suggest that a sudden movement of the bunch of pipes may be the root cause for the ship’s movement or jolt, more investigation is underway.

神戸港で積み込み作業中に事故 2人死亡1人けが 10/30/16(NHK)


30日昼前、神戸市の港に停泊中の貨物船で、クレーンを使って鉄製のパイプを積み込んでいた男性作業員3人がパイプと船の壁の間に挟まれ、2人が死亡、1人が大けがをしました。海上保安部が詳しい原因を調べています。

30日午前11時半すぎ、神戸市中央区の神戸港に停泊していた外国船籍の貨物船「BBCASIA」号で、クレーンを使って鉄製のパイプを積み込む作業中に、男性作業員3人がパイプと船の内側の壁の間に挟まれました。

神戸海上保安部や消防によりますと、この事故で挟まれた3人のうち、神戸市北区の宮ノ原秀秋さん(57)と神戸市長田区の元田直輝さん(19)が死亡したほか、32歳の男性が尻の骨を折る大けがをしました。

当時、長さ12メートルあるパイプを9本ずつ束ねて船に積み込む作業をしていたところ、つり下げられていたパイプのバランスが突然崩れたということです。海上保安部は、作業を担当していた会社の関係者から話を聞くなどして、事故の詳しい原因や安全管理に問題がなかったか調べています。

<神戸港>荷役作業で2人死亡、1人重傷 10/30/16(毎日新聞)

 30日午前11時半ごろ、神戸港の新港東埠頭(ふとう)(神戸市中央区小野浜町)に停泊中の貨物船の船倉で、クレーンでつり下げた鉄製パイプ36本の束(長さ約12メートル、計約17トン)と内壁に男性作業員3人が挟まれた。神戸海上保安部によると、港湾荷役会社「上津港運」(神戸市中央区)の従業員、宮ノ原秀秋さん(57)と元田直輝さん(19)が死亡、別会社の32歳の男性が腰付近の骨を折る重傷を負った。

 同保安部によると、貨物船は、港湾運送大手の上組(神戸市)が代理店を務める外国船籍の「BBC ASIA」(7014トン)。

 事故当時は、貨物船に横付けしたはしけ(運搬用の小型船)から、貨物船備え付けのクレーンでパイプをつり上げ、船倉に移していた。クレーンの操作や積み込みは上津港運が担当していたといい、同保安部はクレーンの操作や安全確保などに問題がなかったか調べている。【神足俊輔、五十嵐朋子】

鉄パイプ積み込み中、挟まれ2人死亡1人けが 神戸港 10/30/16(産経新聞)

 30日午前11時半ごろ、神戸市中央区小野浜町の神戸港に停泊中の外国籍貨物船「BBC ASIA」(7014トン)で、鉄製パイプを船内に積み込む作業をしていた作業員3人がパイプと船内の壁の間に挟まれた。海運会社の作業員、宮ノ原秀秋さん(57)=神戸市北区=と同、元田直輝さん(19)=同市長田区=が体を強く打ち死亡、別の海運会社作業員、森公児さん(32)=同市西区=が腰の骨を折るなどの重傷を負った。神戸海上保安部が事故原因を調べている。

 同保安部によると、3人は貨物船のクレーンを使って、貨物船に横付けしたはしけから、直径約20センチ、長さ約11・5メートルの鉄パイプ36本の束(約17トン)を、船内の貨物室に積み込む作業に従事していた。クレーンにつり下げられたパイプの束のバランスが崩れ、束と貨物室内側の壁の間に挟まれたとみられる。

 当時、風はほとんどない状態だったが、船が揺れたという情報もあるという。

強風?それとも、吊り上げる前にパイプを吊る位置やしっかりと固縛/固定しているかのチェックに問題があったのか?

貨物船でパイプ積み込み中、挟まれ2人死亡 10/30/16(読売新聞)

 30日午前11時30分頃、神戸市中央区の神戸港・新港東ふ頭に停泊中の貨物船「BBC ASIA(ビービーシー アジア)」(7014トン)の船上で、荷役会社の男性作業員3人が、クレーンでつり下げたパイプの束(36本、計約17トン)と貨物船の内側の壁に挟まれ、2人が死亡し、1人が重傷を負った。

 神戸海上保安部の発表では、亡くなったのは、神戸市北区の宮ノ原秀秋さん(57)と、同市長田区の元田直輝さん(19)。同市西区の男性(32)が腰の骨を折った。

 事故は、パイプの束を別の船から積み込む作業中に発生。3人は、パイプが降ろされた後に束の荷ほどきをするため、待機していたところ、つり下げられたパイプが大きく揺れ、壁との間に挟まれたという。同保安部が原因を調べている。

「調べによりますと、台湾漁船がほかの船と衝突した事実はなく、船は自力で航行できる状態だということで、海上保安本部は、航空機で行方が分からなくなっている乗組員を捜索しています。」
航空機を要請するための嘘?これって許される事なの?航空機の燃料とか、その他の費用は日本持ち?

岩手沖で台湾漁船が火災 乗組員1人転落 10/26/16(NHK)

26日午前、岩手県の東の太平洋を航行中の台湾漁船で火災が起き、漁船の乗組員1人が海に転落して行方がわからなくなっていて、海上保安本部が捜索しています。

第2管区海上保安本部によりますと、26日午前9時すぎ、岩手県宮古市の東およそ510キロの太平洋を航行していた台湾漁船から、別の船と衝突して火災が起きているとして、台湾の関係機関を通じて救助要請がありました。
火はこれまでに収まり、漁船の53人の乗組員のうち、インドネシア人1人が海に転落して行方がわからなくなっているということです。
調べによりますと、台湾漁船がほかの船と衝突した事実はなく、船は自力で航行できる状態だということで、海上保安本部は、航空機で行方が分からなくなっている乗組員を捜索しています。

行方不明の邦人船員か=マレーシア沖 10/31/16(時事通信)

【クアラルンプール時事】マレーシア海上保安当局は31日、マラッカ州沖で行方不明となっていた日本郵船の液化天然ガス(LNG)船「ドーハ」の日本人船員とみられる遺体がジョホール州沖で30日に発見されたことを明らかにした。当局者は「着衣などから日本人船員とみている」と話しており、コダマ・アツヒロさん(56)の可能性がある。

 遺体は検視のためにジョホール州の病院に搬送。家族が11月1日に身元確認に訪れるという。船員は23日に行方が分からなくなり、船から転落した可能性があるとして海保当局が捜索していた。

マラッカ海峡で日本人が行方不明に 船から転落の可能性 10/31/16(朝日新聞)

ニューデリー=都留悦史

 マレーシア海上法令執行庁(MMEA)によると、マラッカ海峡に面する同国の港町バトゥ・パハッの沖合で10月30日午後、日本人船員とみられる男性の遺体が見つかった。日本郵船が運航するLNG船「MTドーハ」に乗船していた機関長コダマ・アツヒロさん(56)の可能性が高いとみて身元確認を進めている。

 遺体で見つかった男性は緑がかった船員服を着ていて、服には日本郵船を意味する「NYK」の文字が書かれているという。MTドーハは10月16日に横浜からカタールに向けて出港。コダマさんは、同船がマラッカ海峡を航行中の10月23日早朝、行方不明になった。

マラッカ海峡で日本人が行方不明に 船から転落の可能性 10/25/16(朝日新聞)

ニューデリー=都留悦史

 日本郵船が運航するLNG船「MTドーハ」に乗船していた日本人機関長の男性(56)が、23日早朝にマラッカ海峡を航行中に行方不明になったことが25日、わかった。海域を管轄するマレーシア当局は船から転落した可能性もあるとして捜索にあたっている。

 マレーシア海上法令執行庁(MMEA)によると、この男性はコダマ・アツヒロさんとみられる。船は日本からカタールの首都ドーハに向かっていた。現地報道によると、23日午前4時に船員がコダマさんを最後に見かけて以降行方がわからなくなり、同日午前7時ごろに当局に通報があったという。日本郵船の広報担当者は「調査中でコメントできない」としている。

Freighter sank in East China Sea, crew rescued 10/25/16(FleetMon)

Cargo vessel China JIN LONG DA 98 Cargo ship issued distress signal on Oct 8 in East China Sea southeast of Shanghai, reporting heavy list portside, danger of sinking, and requesting assistance. Passing nearby tanker China DONGCHENGYOU11 Oil tanker came to rescue. Weather was stormy, with heavy swell, fishing vessel, which also happened to be nearby, took vital part in 13 crew rescue, closing distressed freighter and taking crew on board, and after that, transferring them to a tanker. China JIN LONG DA 98 Cargo ship understood to sink later, at night. On photos listed China JIN LONG DA 98 Cargo ship and rescue operation.

今回は船主が船を放置しないと言う事か?
「石垣市から委託を受けた市内の業者が17日、同船の船内から燃料油等の回収に当たり、総量2万550㍑、ドラム缶112本分をポンプを使い回収した。」
上記の表現が微妙。普通は船主が代理店を指名する、又は、船舶の保険会社の代理人が対応するのでは??
もしかして後で船主に請求するとか安易で間抜けな事は考えていないとは思うが、記事の表現が???

外国漁船から油を回収 流出確認ドラム缶112本分 10/18/16(八重山毎日新聞社)


座礁した「SEPEHR」(写真左)からポンプで燃料油等を回収する台船(右)=17日午前、川平浄化センター地先海岸

川平沖、台風17号で座礁

 台風17号の影響で石垣市川平の沖合で座礁した漁船「SEPEHR」(船籍・モンゴル、総㌧数119㌧)からの油の流出が15日に確認されたのを受け石垣市から委託を受けた市内の業者が17日、同船の船内から燃料油等の回収に当たり、総量2万550㍑、ドラム缶112本分をポンプを使い回収した。

 回収した燃料油はA重油1万190㍑、海水混じりの油8000㍑、潤滑油2360㍑。

 作業に当たった、船舶代理店㈲三桂の糸数修一代表取締役によると、第3管区海上保安本部機動防除隊らと調査し、船底に数カ所穴が開いているのを確認。そこからA重油が漏れ、付近の海岸に漂着したという。

 今後は、えい航で離礁させ、船底の修理を行う予定。

 川平でダイビング業を営む柳沢光太郎さんは「15日から油の臭いがひどかった。風向きによって岸に漂着する。リーフへの影響も心配なので、早く離れてほしい」と心配そうに話した。

東京湾上で貨物船とタンカー衝突 けが人なし 10/07/16(朝日新聞)

 7日午前11時40分ごろ、川崎市沖の東京湾上で、貨物船(685トン)とタンカー(368トン)が衝突した。けが人や油の流出はなかった。

 川崎海上保安署によると、東京湾上にとまっていたタンカー左舷に貨物船の船首がぶつかったという。視界は良好だったといい、同保安署が事故原因を調べている。

油流出なら放置される可能が高いのでは?

2013年に座礁したモンゴル船籍の小型タンカーTJ88(99トン)は沖縄で放置された。
船員達が帰国したら音信不通になるだろう。海保が連絡を取るつもりなら帰国前にいろいろな情報を得ておくべきだと思う。

座礁船周辺で油流出 吉原沖、連日確認 10/06/16(産経新聞)


 石垣市吉原沖で9月に発生したモンゴル漁船の座礁事故で、第11管区海上保安本部は5日、船の周辺で油が浮いているのを確認した。巡視船搭載艇の拡散作業で浮いていた油は消滅した。

 海保職員が船内を調査したところ、油の流出箇所は確認できなかった。

 油の流出は4日にも確認されたが、油は自然に消滅していた。海保は船舶所有者に対し、船長を通じて防除作業を実施するよう申し入れるとともに、県、石垣市などに対しても防除措置の実施を要請した。

浸水タンカー、岸に移動 沈没の恐れなくなる 山口・徳山下松港沖 10/01/16(産経新聞)


 山口県の徳山下松港沖で水酸化ナトリウムを積んだタンカー「洋和丸」が浸水した事故で、輸送を依頼した東ソー物流(同県周南市)は1日朝、タンカーを岸付近の桟橋に移動させる作業が終わり、沈没の恐れはなくなったと明らかにした。

 運航会社が船体の状況を確認し、同日午後、積載している約450トンの水酸化ナトリウムの抜き取り作業を開始する。

 9月30日午前10時20分ごろ、広島県江田島市に向けて出港したタンカーが浸水、岸壁から約350メートルの沖合で傾いて停泊した状態になった。乗組員4人は避難してけがはなく、油や水酸化ナトリウムの流出も確認されていない。

タンカー浸水 海水排出で船が水平に戻る 10/01/16(NHK)


30日、山口県周南市の沖合で劇物のカセイソーダを積んだタンカーが浸水して大きく傾いた事故で、船底のタンクに海水が入っているのが見つかり、排出した結果、船は水平に戻りました。船長は「タンクを空にして出港した」という趣旨の説明をしているということで、海上保安部は1日朝からタンカーを岸壁に移動して事故の原因を調べることにしています。

30日午前、山口県周南市の徳山下松港の沖合で、大阪に本社がある大豊運輸が運航するタンカー「洋和丸」(199トン)が、総合化学メーカーの東ソーの事業所を出港した直後に浸水し、大きく傾きました。

タンカーには劇物のカセイソーダ450トンが積まれていましたが、流出は確認さていないということです。徳山海上保安部は、船体に目立った傷がないことから、船のバランスを保つために海水を出し入れする船底のタンクを調べたところ、およそ33トンの海水が入っているのが見つかり、排出作業を進めた結果、船は30日午後11時すぎに水平に戻りました。

船長は「船を安定させるためタンクを空にして出港した」という趣旨の説明をしているということで、徳山海上保安部は1日朝からタンカーを岸壁に移動して事故の原因を調べることにしています。

ケミカルタンカー「洋和丸」 (199G/T)は本瓦造船でH9年に建造されている。座礁による船底損傷でなければ、腐食により穴が開いたのであろう。船齢は19年。 手入れが良ければ船齢20年でも問題ないが、用船を考えればそろそろ新造か、廃船かもしれない時期かも?


苛性ソーダ積載のタンカー「洋和丸」積荷の劇物は他の船に移す準備=東ソーはカセイソーダは密閉して積載と説明(more-news)


From(Maritime Connector.com)
Ship Name: YOWA MARU
IMO: 8934116
Type of ship: CHEMICAL TANKER
Flag: JAPAN
Gross tonnage: 199 tons
Year of Built: 1997
Builder: HONGAWARA SHIPBUILDING - FUKUYAMA, JAPAN

タンカー浸水は出港5分で発生 山口沖 潜水士が船底調査 船体は傾いたまま 09/30/16(産経新聞)

山口県の徳山下松港沖で水酸化ナトリウムを積んだタンカー「洋和丸」が浸水した事故で、徳山海上保安部は30日、浸水が発生したのは広島県江田島市に向けて出港した約5分後の同日午前10時20分ごろだったと明らかにした。

 同保安部は30日午後、船底の状態を確認するために潜水士を派遣し、詳しい原因を調べている。タンカーは岸から約350メートルの沖合で傾いた状態。午後4時半現在、油や積載物の流出は確認されていない。周辺に油流出防止ネットを張り、水酸化ナトリウムは業者による抜き取り作業をして別の船に移す予定。

 無事が確認されていた乗組員の4人は退船した。同保安部は当初、事故の通報をしたのは船主だったと発表していたが、運航している大阪市の運輸会社だったと訂正した。

カセイソーダ積んだタンカー浸水、乗組員避難 09/30/16(TBS News i)


 30日午前、山口県周南市の港でカセイソーダを積んだタンカーが浸水し、海上保安部で状況を調べています。
 午前10時45分ごろ、周南市の徳山下松港で、タンカー「洋和丸」の船主から「浸水している」と通報がありました。洋和丸は全長およそ50メートル、総重量199トンで、カセイソーダ450トンを積んでいます。カセイソーダは水酸化ナトリウムの別名で、強いアルカリ性の化学物質です。化学繊維や紙、パルプなどに使われていて、濃度の高いものが目に入った場合は失明するおそれもあります。
 洋和丸の4人の乗組員は避難して無事だということです。
 現場は総合化学メーカーの敷地内の港で、徳山海上保安部では沈没のおそれがあるとして状況を調べています。

カセイソーダ積んだタンカー浸水 船体に傷なく劇物は別の船に 09/30/16(NHK)


30日午前、山口県周南市の徳山下松港の沖合で劇物のカセイソーダを積んだタンカーが浸水している事故で、船体には目立った傷がないことがわかり、海上保安部と運航会社は、カセイソーダを抜き取って別の船に移す準備を進めています。

30日午前10時45分すぎ、山口県周南市の徳山下松港の沖合を航行していたタンカー「洋和丸」の運航会社から「船が浸水している」と連絡がありました。

現場は総合化学メーカー「東ソー」の事業所からおよそ350メートルの沖合で、船体は22度傾き、デッキの一部が浸水しています。

乗組員4人は避難して無事だということです。洋和丸は全長およそ50メートルで、大阪に本社がある「大豊運輸」が運航し、劇物のカセイソーダ450トンを積んでいますが、これまでに流出は確認されていないということです。

徳山海上保安部が潜水調査などを行った結果、船体には目立った傷がないことがわかり、海上保安部は船内のトラブルでタンカーがバランスを失った可能性もあると見て事故の原因を調べています。

海上保安部は、沈没のおそれがあることから巡視艇を出して現在も監視を続けています。

海上保安部と運航会社は、タンカーからカセイソーダを抜き取って別の船に移す準備を進めています。

東ソーの劇薬カセイソーダタンカー浸水・沈没の危機 09/30/16(JC-NET)


海上保安部は30日午前11時前、山口県周南市の徳山下松港の沖合でカセイソーダを積んだタンカーが浸水し、沈没のおそれがあるとして、巡視艇を出し詳しい状況を調べている。
徳山海上保安部によると、30日午前10時45分すぎ、山口県周南市の徳山下松港の沖合を航行していたタンカー「洋和丸」の船主から「船が浸水している」と連絡があった。

現場は、周南市に事業所がある総合化学メーカー「東ソー」の岸壁から約350メートルの沖合で、船体は45度傾き、デッキの一部が浸水しているという。乗組員4人は避難し無事だという。
洋和丸は、全長が約50メートルで、「東ソー物流」が運航しカセイソーダ400トンを積んでいるという。
東ソーによると、カセイソーダは周南市にある東ソーの事業所で製造されたもので、タンカーは徳山下松港から広島県の江田島市に向かう途中だったという。

徳山海上保安部は沈没のおそれがあるとして、巡視艇を出して詳しい状況を調べている。 東ソーは、東京・港区に本社がある総合化学メーカーで、紙やパルプの漂白に使われるカセイソーダや、塩化ビニールの原材料などを製造している。
山口県周南市の徳山下松港にある南陽事業所では、カセイソーダを年間112万トン製造し、国内のメーカーに出荷している。

カセイソーダは、水酸化ナトリウムの別名で、紙やパルプの製造、石油の精製などに幅広く使われている強いアルカリ性の化学物質。
通常は半透明の固体で、水に溶かすと激しく反応して大量の熱を発生するほか、濃度の高いものが皮膚に触れると、やけどをしたり、目に入った場合は失明したりするおそれもある。
このため濃度が5%以上のものは法律で劇物に指定されている。
以上、NHK参照
 船会社は東ソーの子会社であり、過載する可能性は低く、沖合い350メートルで座礁もあまり考えられず、鯨や大型サメに激突したか、薬品積載による劣化の船体の整備不良だろう。

モンゴル船籍の漁船「SEPEHR号」(総トン数119トン)だから簡単に離礁出来なければ放置は間違いないだろう。

川平沖で外国漁船座礁 09/28/16(八重山毎日)


台風避難 乗組員7人を救助

 27日午前8時47分ごろ、石垣市川平の沖合約800㍍付近でイラン国籍の男性乗組員7人が乗船した漁船「SEPEHR」(船籍・モンゴル、総㌧数119㌧)から「船が乗り上げた」と石垣海上保安部に通報があり、同日午後2時47分ごろ、市消防本部の水上バイク2台と八重山漁協所属の琉球水難救済会八重山救難所の漁船1隻によって全員救助された。乗組員にけがはなく、命に別条はない。海保が漁船の油流出と事故原因について調べを進めている。

 第11管区海上保安本部によると、座礁した漁船は韓国からアラブ首長国連邦のドバイに向けて航行中、台風17号の影響を避けるため同沖合にいかりをおろして停泊していたが、何らかの原因で浅瀬に乗り上げたとみられる。

 通報を受けた石垣海保は巡視船「かびら」と「なぐら」を現場に向かわせたが、浅瀬に乗り上げた漁船に近づくことができず、市消防本部の職員4人が水上バイク2台を使って、乗組員を事故漁船近くに待機していた同会八重山救難所の漁船に運んで救助した。

 リゾ・エブラヒム船長(55)は八重山毎日新聞の取材に対し、「台風で航行できなくて停泊していたら座礁した。乗組員は大丈夫。ありがとう」と答えた。

 巡視船到着時の現場海域は南東の風約35㍍で強い雨が降っており、視界は500㍍、石垣島地方に暴風警報が発令されていた。

吉原沖で外国船が座礁 船員は全員救 09/27/16(八重山日報)


 27日午前8時47分ごろ、韓国からドバイに向け航行していたモンゴル船籍の漁船「SEPEHR号」(総トン数119㌧、乗組員7人)が吉原沖の川平湾付近で座礁した。同船は台風17号の影響を避けるため吉原沖にて錨泊中で、風に流され浅瀬に乗り上げたものとみられる。同船の乗組員は全員イラン国籍で、通報によりかけつけた石垣市消防本部の水上バイク、ならびに琉球水難救済会八重山救難所の小型漁船により、午後2時47分ごろ全員が救助された。乗組員にケガはない。

石垣島沖でモンゴル船籍の漁船が座礁 全員救助 09/28/16(NHK)

27日午前、台風17号によるしけを避けるため、沖縄県の石垣島の沖合で停泊していたモンゴル船籍の漁船が浅瀬に乗り上げ座礁しましたが、乗組員のイラン人は全員救助され、いずれもけがはないということです。

第11管区海上保安本部によりますと、27日午前9時前、石垣市川平からおよそ800メートルの沖合に停泊していたモンゴル船籍の漁船「SEPEHR」(119トン)から「浅瀬に乗りあげた」と石垣海上保安部に無線で連絡が入りました。
海上保安部の巡視船などが救助に向かったところ漁船は浅瀬に乗り上げて座礁し、その後、午後3時前、消防の水上バイクなどが乗組員のイラン人7人を全員救助しました。 いずれもけがはないということです。

漁船は、韓国からUAE=アラブ首長国連邦のドバイに向けて航行中、台風17号によるしけを避けるため停泊していたということです。
気象台によりますと当時、石垣市には暴風と波浪の警報が出ていたということです。
石垣海上保安部によりますと当時、波の高さは2メートル50センチほどあったということです。

Oil Spills Pose Environmental Threat After Typhoon 09/20/16(Taiwan English News)


Ships cast adrift after cables snapped during Typhoon Meranti’s onslaught in southern Taiwan and Kinmen, now pose an environmental threat as oil spills from the stranded vessels.

Authorities are struggling to contain oil spills in Kaohsiung’s Xiziwan (West Bay), and on the island of Kinmen (Golden Gate).

Four Seine-Net fishing vessels whose cables snapped during the typhoon ran aground in Xiziwan, and oil spilling from the boats is threatening a nearby coral ecosystem. After viewing the site on September 15, the Environmental Bureau set a target of ten days to eliminate the threat.

Two of the ships were towed back to port, while the remaining two have listed onto their sides and remain aground. The remaining oil and fuel has been removed from one of the vessels, while it is expected to take from 3 to 7 days to remove the fuel from the second boat. In the meantime, an oil boom has been deployed to prevent oil spreading, and workers are using absorbent cotton to soak up oil from the shore.


Oil is seen spilling from vessels that ran aground in Kaohsiung when Typhoon Meranti swept through the port city September 14, 2016


In Kinmen County, a large freighter originally moored in China’s Xiamen Province drifted and grounded on the Taiwan-administered island of Kinmen. Heavy oil is leaking out of the breached hull. The deputy head of the Environmental Bureau visited the island on September 18 and promised ‘unlimited’ funds and equipment to deal with the spill


A freighter run aground on the main island in Kinmen County is seen leaking oil into the water. Photo: Senpo Tung

Oil is seen washed up on a beach in Kinmen after a freighter ran aground in strong winds generated by Typhoon Meranti September 15, 2016. Photo: LTN


座礁したクレーン船、保険に加入していたのか知らないが、写真を見る限り座礁してから進展なし!

豪グレートバリアリーフで座礁の中国船、30億円賠償で和解 09/19/16(AFP=時事)

【AFP=時事】オーストラリア沖合にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)で2010年に座礁した中国船の所有企業が19日、賠償金として3930万豪ドル(約30億円)を支払うことで豪政府と合意に達した。

 2010年4月、貨物を満載した中国の石炭運搬船「深能1号(Shen Neng 1)」が浅瀬で座礁した事故では、大量の重油が漏出し、生態学的な大災害の脅威を招いた。大惨事は免れたものの、巨大な船体は全長3キロにわたってサンゴ礁を傷つけ、9日後にようやく引き揚げられた。

 「深能1号」を所有する深セン能源運輸(Shenzhen Energy Transport)とその保険会社は、事故以来過去6年にわたって賠償責任を負うことを拒否してきたが、19日に法廷外で和解にこぎつけた。

 オーストラリアのジョシュ・フライデンバーグ(Josh Frydenberg)環境・エネルギー担当相は「汚染を除去するための資金を求めるわが国の活動が、世界遺産(World Heritage)に指定されたグレートバリアリーフを傷つけることは容認しないという明確なメッセージを送った」と評価した。

 しかし、環境保護団体のグリーンピース・オーストラリア(Greenpeace Australia)はこの賠償について「著しく不十分」だと批判し、和解を一蹴した。同団体で太平洋地域のサンゴ礁を担当するシャニ・テイガー(Shani Tager)氏によれば、完全な汚染除去に必要として政府が挙げていた額は、1億4000万豪ドル(約108億円)以上だと指摘した。

 同事故については、豪当局による2011年の捜査で、疲労していた一等航海士の責任が認められている。また、電子海図を含む航路計画の適切な使用に関する手順やガイダンスが、安全管理システムに含まれていなかった点も明らかになっていた。

貨物船同士が衝突、船首付近浸水も油流出なし 明石海峡 09/19/16(産経新聞)

 16日午前4時55分ごろ、神戸市垂水区沖の明石海峡で、愛媛県今治市の海運会社所有の貨物船「8かんのん」(418トン)と広島県呉市の海運会社所有の貨物船「第38勝丸」(499トン)が衝突したのを、海峡の監視に当たっていた大阪湾海上交通センターが確認した。

 神戸海上保安部によると、いずれも船首付近が浸水したが、自力航行が可能。けが人はなく、油の流出もない。両船は同じ方向に進んでおり、どちらかが接近しすぎたのが原因とみて、詳しい状況を調べている。

 8かんのんは山口県の徳山港から名古屋港、第38勝丸は兵庫県の相生港から静岡県の沼津港へ向かう途中だった。

コンテナ船が大きすぎるので、スクラップだろう。

Gang Tai Tai Zhou 09/15/16(Shipwreck Log)


The 241 meter long, 44,585 dwt container ship Gang Tai Tai Zhou ran ashore on the southern end of Kinmen Island, Taiwan. The Gang Tai Tai Zhou had been at anchor attempting to ride out typhoon Meranti, but the strong winds and heavy seas caused the anchor to drag. Unable to stop the drifting, the boxship was blown hard aground onto the rocks off Kinmen Island. The Gang Tai Tai Zhou sustained severe hull damage with multiple breaches below the waterline including several fuel tanks. No reports of injuries. Authorities placed boom around the container ship, but some heavy fuel oil had already washed ashore.


2 dead after powerful typhoon sweeps through China, Taiwan 09/15/16(mySA)



Fishing vessel SHUN TIEN NO.606 after being battered against quay capsized and partially sank in Kaohsiung port on Sep 14, during typhoon MERANTI pass. One crew died, some 22 crew from SHUN TIEN NO.606 and nearby fishing vessels, also severely damaged, said to be rescued.

台湾の漁船が台風14号で沈没したそうだ。写真の船は台湾籍のマグロ船「SHUN TIEN NO.606 」

FISHING VESSEL LICENCE LIST 2016(NATIONAL FISHERIES AUTHORITY Papua New Guinea) 開けない人はここをクリック

Fishing vessel capsized, one crew dead, MERANTI raging in Kaohsiung 09/15/16(FleetMon)

Fishing vessel SHUN TIEN NO.606 after being battered against quay capsized and partially sank in Kaohsiung port on Sep 14, during typhoon MERANTI pass. One crew died, some 22 crew from SHUN TIEN NO.606 and nearby fishing vessels, also severely damaged, said to be rescued.

Newbuild giant YM WIND victim to MERANTI 09/15/16(SFleetMon)

A newbuild YM WIND broke off her moorings at CSBC Corp. Shipbuilding Yard and drifted across the bay, landing at Sixth Container Center operated by Yang Ming Marine Transport Corp. Giant vessel contacted two gantry cranes, crushing them down. Vessel was put under control by several tugs. 153,500 ton YM WIND of 14,000 TEU capacity is to be delivered to 10-year charterer, Canadian Seaspan, in March-April next year, probably delivery will be postponed. Vessel is insured, scale of damages unknown, but definitely there were no major damages. Container terminal said to suffer serious damages, which will hamper scheduled cargo operations. On photos YM WIND at Container Terminal. One photo by SAM YEH/AFP/Getty Images.

YM Wind 09/14/16(Shipwreck Log)


The unfinished 368 meter long, 153500 gt container ship YM Wind allided with the quay at Kaohsiung, Taiwan. The YM Wind broke its mooring and went adrift as the super typhoon Meranti struck the area. With winds reaching 230 miles per hour, the YM Wind was swept across the harbour and struck the quay damaging its hull. The quay sustained damage with two cranes damaged and another two cranes toppled by the YM Wind’s superstructure. No reports of injuries as no one was on board the boxship at the time. Three tugs were dispatched to secure the YM Wind against the quay before it ran aground or caused more damage. No reports of pollution released. Reports state estimates to repair the container terminal may take up to a year to repair.

過去にも2012年に韓国船籍のタンカー(「ドゥラ3号」(4191トン、16人乗り組み))がタンククリーニング中に爆発し、5人が死亡している。
2014年に兵庫県姫路市の姫路港沖で聖朋(しょうほう)海運(広島県大崎上島町)所有のタンカー聖幸丸が爆発炎上した。
なぜ同じことが繰り返されるのか?それは自分の船は爆発しないとの思い込み、又は、船員の教育が十分でないからだろう。


韓国籍の小型タンカー「EIWA MARU3」は日本の本田造船建造なので運輸安全委員会の船舶事故調査官は調査しやすいだろう。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: EIWA MARU 3
IMO: 9073323
Type of ship: CHEMICAL TANKER
Flag: SOUTH KOREA
Gross tonnage: 740 tons
Year of Built: 1993
Builder: HONDA HEAVY INDUSTRIES - SAIKI, JAPAN
Class Society: KOREAN SHIPPING REGISTER
Manager & owner: KEOYOUNG SHIPPING - PUSAN, SOUTH KOREA
Former names: KEOYOUNG SKY until 2014 Jul
GENKI until 2006 Feb
NISSHIN MARU until 2002 Jul

タンカーの甲板で爆発 3人死傷 和歌山 09/10/16(NHK)


9日夜、和歌山県御坊市の沖の海上を航行していた韓国籍の小型タンカーの甲板で、乗組員たちが溶接の作業をしていたところ、突然、爆発が起き、韓国人の機関長1人が死亡したほか、インドネシア人の乗組員2人がけがをしました。

昨夜7時すぎ、和歌山県御坊市の沖およそ12キロの海上を航行していた韓国船籍の小型タンカーで、全長およそ64メートルの「EIWAMARU3」(740トン)から「乗組員がやけどをした」という通報が、海南海上保安署にありました。海上保安署によりますと、当時、小型タンカーの甲板では、乗組員たちが数人で溶接の作業をしていましたが、突然、爆発が起き、韓国人で機関長の60歳の男性がやけどを負って、搬送された病院で死亡しました。また、インドネシア人の乗組員の男性2人がけがをしました。
海上保安署によりますと、小型タンカーは、和歌山県有田市で積み荷の潤滑油を降ろした後、三重県四日市市に向かう途中だったということです。海上保安署は、爆発が起きた原因を調べています。
この事故で、国の運輸安全委員会は原因を調べるため、調査官2人を現地に派遣しました。

和歌山県沖で韓国籍小型タンカー爆発、3人死傷 09/10/16(読売新聞)

 9日午後7時15分頃、和歌山県御坊市沖の海上を航行中の韓国籍の小型タンカー「EIWA MARU3」(740トン)から「乗組員がやけどを負った。港に戻る」と、海運会社を通じて海南海上保安署に通報があった。

 韓国人の男性機関長(60)がやけどなどで搬送先の病院で死亡が確認され、インドネシア人の男性船員2人が膝の骨を折るなどの重軽傷を負った。

 同保安署によると、タンカーは10人が乗船。和歌山県海南市で潤滑油を降ろし、三重県四日市市に向かう途中で、同日午後6時40分頃、船上で爆発が起きたという。当時、空のタンクの清掃と甲板上の溶接作業を同時に行っていたといい、同保安署が原因を調べている。

日高港沖で小型タンカーの爆発事故 船長が死亡 09/10/16(WBS和歌山放送ニュース)

きのう(9日)夕方、御坊市の沖合を航行していた韓国船籍のタンカーで爆発事故があり、機関長の韓国人男性が死亡、インドネシア人の男性乗組員2人が膝を折るなどのケガをしました。

きのう(9日)午後6時40分頃、御坊市の日高港沖およそ12・5キロを航行していた韓国船籍の小型タンカー「EIWA MARU3(エイワ・マル・スリー)」740トンで爆発が起き、「乗組員がヤケドを負っているので、和歌山下津港に引き返している」と、船舶代理店から海南海上保安署に通報がありました。

この事故で、韓国人の男性機関長が搬送先の和歌山市内の病院で死亡が確認されたほか、インドネシア人の男性乗組員2人が膝の骨を折るなどのケガをしました。

海南海上保安署の調べによりますと、「EIWA MARU3(エイワ・マル・スリー)」は乗組員10人で、積み荷の潤滑油を有田市の東燃ゼネラル石油に降ろした後、三重県の四日市港に向かっていました。事故当時タンカーでは、空になったタンクのクリーニング作業と、甲板上での溶接作業を同時にしていたということで、溶接の火がガス化した潤滑油に引火したと見て、海南海上保安署が詳しい事故の原因を調べています。また国土交通省の運輸安全委員会は、船舶事故調査官2人を現地に派遣することを決めました。

Explosion in cargo tank of chemical tanker Eiwa Maru 3 off Japan 09/10/16(MARITIME HERALD)


Explosion in cargo tank of chemical tanker Eiwa Maru 3 killed one and injured two seamen off Japan. The vessel was making en route from Shimotsu to Yokkaichi in Japan under ballast, passing through Kiisuido Strait and making tank cleaning. At the same time the engineers party was performing wielding works on a cargo deck, which inflamed the chemical gasses and caused explosion into the cargo tank. The blast was strong, causing serious injuries and burns of three crew members. The incident was reported to the local authorities and coast guard dispatched a helicopter to medevac the injured people. One of the, the Chief Engineer of Korean nationality, died in the hospital. The another two Indonesian crew are in stable condition, but with heavy burns.

The chemical tanker Eiwa Maru 3 returned to Wakayama port, where was docked for further inspection and investigation. The other crew did not suffered injuries. The local authorities ordered full inspection of the tanker and started investigation for the root cause of the explosion.

The chemical tanker Eiwa Maru 3 (IMO: 9073323) has overall length of 64.00 m, moulded beam of 10.00 m and maximum draft of 4.00 m. The deadweight of the vessel is 1,116 DWT and the gross tonnage is 740 GRT. The ship was built in 1993 by Honda Heavy Industries in their shipyard in Saiki, Japan. The owner and operator of the chemical tanker Eiwa Maru 3 is South Korean company Keoyoung Shipping.

どうせ、日本の中古内航船を購入して、韓国籍に登録して内航船の装備のまま、日本と韓国を主に行き来してた船だろう。
国際航海船であっても、日本と韓国の航海においては内航船の装備で運航できるマジックがある。

タンククリーニング中に溶接をしたのでは?どうせ、タンククリーニングのマニュアルの手順なんか守っていないのであろう。

運輸安全委員会は事故調査を行うのだろうか?

韓国籍小型タンカーで爆発か 和歌山沖、3人死傷 09/10/16(朝日新聞)

 9日午後7時ごろ、和歌山県御坊市日高港沖を航行していた韓国籍の小型タンカー「EIWA MARU3」(740トン、10人乗り組み)から「乗組員がやけどを負い、和歌山下津港に戻っている」とタンカーの代理店を通じて海南海上保安署に通報があった。機関長を務める韓国人男性の死亡が病院で確認され、インドネシア人の乗組員2人が重軽傷を負ったという。

 同保安署によると、船長は「午後6時40分ごろ、甲板上で溶接作業をしていたところ爆発した」と説明。同署が当時の状況を調べている。

座礁したクレーン船、保険に加入していたのか知らないが、写真を見る限り座礁してから進展なし!


初☆アワイチ 5月に座礁してそのままの船。 09/04/16(ぐーたらOL、ロードバイクはじめてみます!)


From(Maritime Connector.com)
Ship Name: EX-LONG GANG 9
IMO: 8911035
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: EX-CAMBODIA
Gross tonnage: 2510 tons
Year of Built: 1990
Builder: SANUKI SHIPBUILDING & IRON WORKS - TAKUMA, JAPAN
Class Society: INTERNATIONAL SHIP CLASSIFICATION
Manager & owner: EAST GRAND SHIPPING - HONG KONG, CHINA
Former names: PROK until 2014 Jan
RICHNESS EXPRESS until 2008 Sep
LONG RICHNESS until 2008 Mar
TENJIN MARU NO.26 until 2004 May

中国の貨物船が福岡で出火 日本側が救援 09/07/16(チャイナネット)


日本メディアの報道によると、6日午前3時半ごろ、日本の福岡県警察は船で巡回中、福岡市東区箱崎埠頭4の岸壁に停泊中のトーゴ船籍の貨物船「TIAN FENG3」号から炎や黒煙が上がっているのを発見した。日本側は消防車18台と消防艇1隻、ヘリコプター1機を派遣し、約4時間半かけて火を消した。

地元の消防局などによると、貨物船には中国人とバングラデシュ人の乗組員11人が乗っていたが、全員逃げてけが人はいなかった。船の前部に積まれていた金属のスクラップなど、面積約500立方メートルが燃えた。

海上パトロールをしていた警察の船がのトーゴ船籍の貨物船「TIAN FENG3」(IMO:9811035)の火災を見つけるまで、誰も通報しなかったのか? もしそうだったらバーベキューでもやっていたのじゃないのかな?燃えすぎて船まで燃えちゃったとかね!

船員が火災に気付かなかったのなら、確実にセキュリティーパトロールなどは行っていない証拠。まあ、トーゴ船籍の貨物船でまともに規則なんか 守っていないのが普通だから仕方のない事。

船舶火災 福岡・箱崎ふ頭で貨物船 4時間半後鎮火 09/06/16(毎日新聞)


 6日午前3時半ごろ、福岡市東区箱崎ふ頭4の岸壁で停泊中のトーゴ船籍の貨物船「TIAN FENG3」号(2510トン)から炎や黒煙が上がっているのを巡回中の福岡県警の警察用船舶が見つけた。消防車18台と消防艇1隻、ヘリコプター1機が消火に当たり、約4時間半後に消えた。

 県警博多臨港署と市消防局などによると、貨物船には中国人とバングラデシュ人の乗組員11人が乗っていたが、全員が逃げてけがはなかった。船の前方に積んでいた金属のスクラップなど約500立方メートルが燃えており、出火原因などを調べている。【川上珠実】


激しく黒煙を上げる貨物船=福岡市東区の箱崎ふ頭で、須賀川理撮影


貨物船から出火 スクラップ積載 福岡市・箱崎ふ頭 09/06/16(西日本新聞夕刊)


積み荷が燃え、黒煙が上がった貨物船=6日午前4時16分、福岡市東区の箱崎ふ頭


 6日午前3時半すぎ、福岡市東区箱崎ふ頭4丁目の岸壁で、係留中のトーゴ船籍貨物船「ティアンフェン3」(2510トン、乗組員11人)から炎が上がっているのをパトロール中の博多臨港署の船舶乗務員が発見。福岡市消防局や福岡海上保安部が消火に当たり、約4時間半後に鎮火した。けが人はなかった。

 臨港署によると、貨物船には日本から中国に運ぶ予定のバッテリーやキャビネットなどの金属スクラップが積まれていた。乗組員は中国人9人とバングラデシュ人2人で、3日に入港。5日は午後6時ごろまで積み込みをしていたという。

埠頭で停泊中の貨物船、積み荷が炎上 福岡 09/06/16(日本テレビ系(NNN))


 6日未明、福岡市東区の岸壁で停泊中の貨物船が積んでいたスクラップが燃える火事があった。

 6日午前3時半ごろ福岡市東区箱崎ふ頭で、海上パトロールをしていた警察の船が、停泊中のトーゴ船籍の貨物船から炎が上がっているのを見つけた。

 火は、船に積まれていた金属やプラスチックなどの廃材約500立方メートルを焼き、約4時間半後に消し止められた。船には中国人9人とバングラデシュ人2人の計11人がいたが、ケガ人はいなかった。船は福岡で廃材を積み込み、6日午後、中国へ出港する予定だった。

 警察と消防は中国人船長から話を聞くなどし、出火原因を調べている。

自動車兼家畜運搬船が沈没した。自動車兼家畜の両方を運搬できるとはすごい船だ!
積み過ぎが原因との疑惑もある。もし積み過ぎであれば教訓を学んだと思う。

11 Indians rescued from sinking ship in Omani watersE 08/27/16(Times Of Oman)

by Rejimon K


Muscat: Eleven Indian sailors were rescued from a sinking cargo ship, thanks to the Omani fishermen who saved their lives on Saturday.

“At least for four hours, we were in danger. We thought that we all will drown. However, Omani fishermen came to our rescue,” Abdullah Juma, boat captain, told Times of Oman.

The cargo ship, which had 69 used cars, cooking oil and tyres on board, capsized 15 nautical miles from Al Suwaiyeh in Jalan Bu Ali on Saturday early morning. There were 11 Indians on board.

“At around 2am, our cargo vessel was hit by something while sailing. As it was dark, we couldn’t check what it was. Waited until early morning. At around 5am, two of our crew took a dive into water to check what has happened. But by then, the situation went out of control. The water was entering the vessel,” the captain told Times of Oman over phone. After they found that they can’t fix the vessel, they took safety boats and waited for the rescue.

“By morning, Omani fishermen on 25 boats found us. They came to our rescue. We all tried to salvage the cargo, but nothing could be done. We waited until 11am and then came to the shore,” the captain added.

Meanwhile, members of Pravasi Jalan, an Indian social organisation coordinating the local authorities, said that accommodation for the rescued crew has been arranged.

“We have booked hotel rooms for them. They have their passports and all. But they have lost their dress and other things. In coordination with local authorities and Indian embassy, paper works will be done for their repatriation,” the organisation members said.

The sailors have called their home and informed that they were safe.

They were in danger from 2am until 6am when the fishermen came for the rescue.

According to the crew, the vessel was heading to Yemen from Sharjah.

On July 22 also, a vessel carrying plastic items was sunk off Masirah Island, with thousands of plastic items washing ashore near the beach where turtles were nesting on the island.

The 800-tonne cargo vessel had 17 sailors on board and they were transporting livestock to Sharjah, United Arab Emirates, from Gujarat, India.

Their next planned voyage involved loading food from Sharjah and sailing to a port in Somalia. But harsh weather in the Indian Ocean caused damage to the ship, causing it to take in water. The crew attempted bailing out their ship, but were unable to keep up with the fast flowing seawater.

Indian ship sinks; Omani fishermen save crew 08/27/16(TOman Tribune)


MUSCAT

An Indian cargo ship carrying vehicles, foodstuff and engine oils sunk off the Oman coast near Jalan Bani Bu Ali province on Saturday morning.

All the 10 Indian crew on board the vessel was rescued by Omani fishermen with the support of police forces.

According to officials, the vessel developed a technical fault 15 nautical miles off Jalan Bani Bu Ali.

It is suspected that the sinking was owing to overloading.

The vessel was on its way from Sharjah to Al Mukalla port in Yemen when the disaster happened.

Officials said that all the rescued members were in fine health.

「青森県鯵ケ沢町の沖合で2014年12月、カンボジア船籍の貨物船「MING GUANG」(1915トン)が沈没した事故で、運輸安全委員会は25日、定期点検をしなかったために船体の腐食や不備を見逃して船内への浸水を防げず、波や風で横転したとする調査報告書を公表した。カンボジア当局には、船舶管理会社などに国際条約順守や安全管理の徹底を指導するよう勧告した。」

実際の話、カンボジア籍船でまともに定期点検する船は存在するの??そんな船はカンボジア籍 に船を登録しない。

「報告書によると、いずれもバングラデシュ人の船長と機関長は海技免状がなく、船長は事故の2カ月前に初めて船員の仕事をした。安全管理マニュアルの存在も知らなかった。」

ISMコードを管理会社が理解していれば、安全管理マニュアルについてブリーフィングや船長の交代 (take over procedure)で問題が発覚している。船長交代時に引継ぎを行っていない、又は、引継ぎなど普通行わないレベルの管理でISMコード の要求事項を満足している証拠として、発給される安全管理証書(SMC)が問題のある検査会社より 発行されている可能性が非常に高い。

「安全委は、船主である中国の船舶管理会社が乗組員への教育や安全管理を適切にしていれば、浸水などを防げた可能性があると結論付けた。」

ここで重大な問題がある事に気付く。船主である中国の船舶管理会社が乗組員への教育や安全管理を適切にしていなければ、安全管理証書(SMC) は発給されない。発給されなければ船は運航できない。国際条約のシステムではそのようになっている。どのようにして穴をすり抜けるのか? それは、カンボジア籍船に登録し、承認されているが検査を不正に通す問題のある検査会社 を選んで、国際条約で要求される船を運航するための証書を発給してもらうことである。このような抜け道が存在する。だから、PSC(外国船舶監督官) の検査が寄港国の権利として行えるのである。PSC(外国船舶監督官)が国際条約を満足していない 重大な証拠や事実を見つければ、出港停止命令を出す制裁措置が行える。

「青森県によると、船主は『保険会社に対応を任せる』として船の引き揚げに応じていない。」

問題が起きた時のシナリオも出来上がっている。保険会社に対応を投げ任せる。

運輸安全委員会と国交省:PSC(外国船舶監督官)がコミュニケーションを取っているのか知らないが、 同じ繰り返される。今後も形や船の船籍は変わるかもしれないが、同じ事は繰り返される。愚かな事だと思うが行政がこのような対応しかとらないので、 中国に舐められ続けるしかない。見て見ぬふりをする海上保安庁、防衛省や外務省と同じ。

<青森沖沈没>貨物船、定期点検なし 08/26/16(河北新報)

 青森県鯵ケ沢町の沖合で2014年12月、カンボジア船籍の貨物船「MING GUANG」(1915トン)が沈没した事故で、運輸安全委員会は25日、定期点検をしなかったために船体の腐食や不備を見逃して船内への浸水を防げず、波や風で横転したとする調査報告書を公表した。カンボジア当局には、船舶管理会社などに国際条約順守や安全管理の徹底を指導するよう勧告した。

 報告書によると、いずれもバングラデシュ人の船長と機関長は海技免状がなく、船長は事故の2カ月前に初めて船員の仕事をした。安全管理マニュアルの存在も知らなかった。一部のハッチカバーは腐食で穴が開き、扉の密閉性などにも問題があったとみられる。国際条約に基づく満載喫水線も超過していた。

 安全委は、船主である中国の船舶管理会社が乗組員への教育や安全管理を適切にしていれば、浸水などを防げた可能性があると結論付けた。

 沈没事故で、貨物船の乗組員10人中、中国人2人とミャンマー人1人が死亡した。青森県によると、船主は「保険会社に対応を任せる」として船の引き揚げに応じていない。

ウェザータイトの扉やハッチが腐食して穴が開いている船はサブスタンダード船に多い。 穴が開いていても検査は通る。検査を通す、又は、まともな検査を行わない検査会社を検査を 代行する検査会社として認める旗国サブスタンダード船 が登録される確率が高い。

「(国の運輸安全委員会の)報告書では、乗組員が出入り口の扉などの検査を頻繁に行うことや、カンボジア政府に対して船会社が安全対策をきちんと実施するよう指導することを求めています。」

指導を要求するだけ無駄。PSC(外国船舶監督官)が厳しい検査を行い、出港停止命令を どんどん出すしか解決方法はない。

サブスタンダード船の写真を見てほしい。このような状態でも、PSC(外国船舶監督官) の検査で指摘は受けないし、簡単には沈没しないのである。

2014年12月に沈没した貨物船「MING (ミン) GUANG (クアン)(IMO:8513546)」 は国際総トン数が1915 tonsなのでISMコードが適用される。ISMコード が適用されていれば、チェックリスト、担当者、記録簿、頻度が会社のマニュアルで明記される。
「出港前に乗組員がすべての出入り口の扉が閉まっているかどうかの確認を怠っていたということです。」が常態化していれば、PSC(外国船舶監督官) が検査中に指摘してISMコードの不備として出港停止命令を出すことが可能だ。

現状や事実を知らない人はここまで書いても理解できないかもしれない。カンボジア籍船サブスタンダード船 と思っても間違いでない可能性が非常に高い。これが現実。

最後に「(国の運輸安全委員会の)報告書では、乗組員が出入り口の扉などの検査を頻繁に行うことや、カンボジア政府に対して船会社が安全対策をきちんと実施するよう指導することを求めています。」 は完全に無駄。なぜなら、カンボジア船籍であっても、カンボジア政府は管理を一切していない。韓国(プサン)にある民間会社に全ての権限を売っている。カンボジア海運局と しての機能と権限は韓国(プサン)の民間会社が持っている。よって、カンボジア政府とInternational Ship Registry of Cambodia (ISROC) の両方に要求しないと意味がない。運輸安全委員会はよく勉強してください。まあ、形だけの報告書かもしれないから、どうでも良いのかもしれない。

船舶事故調査報告書 船種船名 貨物船 MING GUANG IMO番号 8513546 総トン数 1,915トン (運輸安全委員会)

青森県沖の貨物船沈没 腐食した扉の穴から海水流入か 08/25/16(NHK)

おととし、青森県沖の日本海で中国人など10人が乗った貨物船が沈没して3人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、甲板にある出入り口の扉が腐食して穴が開き、そこから海水が船内に入り込んだことなどで沈没した可能性が高いとする報告書をまとめました。

おととし12月、北海道の函館港から韓国に向かって日本海を航行していたカンボジア船籍の貨物船が青森県沖で沈没し、外国人乗組員10人のうち中国人2人とミャンマー人の合わせて3人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は25日、報告書を公表しました。
それによりますと、甲板にある鋼鉄製の出入り口の扉が腐食して穴が開いていたほか、出港前に乗組員がすべての出入り口の扉が閉まっているかどうかの確認を怠っていたということです。このため、3メートルの波を受けた際に海水が船内に入り込んで船体が傾き、さらに多くの海水が流れ込んだことなどで沈没した可能性が高いとしています。
そのうえで報告書では、乗組員が出入り口の扉などの検査を頻繁に行うことや、カンボジア政府に対して船会社が安全対策をきちんと実施するよう指導することを求めています。

掃海艇けん引の作業船沈没、けが人なし 広島・尾道 08/24/16(産経新聞)

 24日午前8時ごろ、広島県尾道市因島土生町の造船所「ジャパンマリンユナイテッド因島工場」の沖合で、海上自衛隊呉基地所属の掃海艇「みやじま」をけん引していた同社の作業船が転覆、沈没した。船に乗っていた社員2人に、けがはなかった。

 尾道海上保安部によると、同社のドックに入っていた掃海艇をロープで沖合にけん引中、岸壁から約25メートルの場所で沈没した。 海保が状況や原因を調べている。

波があって船が揺れている、または、どちらかに傾いている場合、スムーズに救命ボートは降ろせない。 現在の規則、及び、救命ボートでは仕方のない事。まだ、タイタニック号の時代のようにオープンタイプの救命ボートでないだけまし。

カリブ海フェリー火災 救出の乗客に日本人2人 08/19/16(NHK)

カリブ海のプエルトリコ沖を航行中だった大型フェリーで起きた火災で、救出されたおよそ500人の中に日本人2人が含まれていたことがわかりました。2人にけがはありませんでしたが、NHKの取材に対し「救命ボートから落ちたら死ぬと思った」などと当時の緊迫した状況を振り返りました。

カリブ海のドミニカ共和国からアメリカの自治領プエルトリコに向かって航行していた大型の定期フェリーで17日、エンジンルームから火が出て、その後燃え広がりました。乗員・乗客合わせて511人は全員救助されましたが、このうち30人が骨を折るなどのけがをしました。
現地を管轄するニューヨークの日本総領事館によりますと、乗客には、大阪府出身の生田裕士さん(28)と東京都出身の中村茜さん(27)の2人の日本人が含まれていましたが、救命ボートで救助され、けがはないということです。
このうち、生田さんはNHKの電話取材に対し、救助された際の状況について「波のせいで救命ボートが何度もフェリーの船体に衝突し、転覆するのではないかと不安だった。衝突のたびに悲鳴が上がり、振り落とされないようにしがみついていた。フェリーの下に巻き込まれないかと不安で、落ちたら死ぬと思った」と話し、当時の緊迫した状況を振り返りました。
その後、船は沖合で座礁したままとなっていて、アメリカ沿岸警備隊が火災の原因を調べることにしています。

「船は、運航する中国の船会社などと船舶代理店が折衝し、九州のスクラップ業者に引き渡して解体される。」

海難を頻繁に起し、サブスタンダード船が多いカンボジア籍船 の仕事を取る船舶代理店の自業自得。
問題が起きれば、放置などの問題が起きることは予測できる事。 それでも船舶代理店の仕事を受ける判断をした。

「船舶代理店は「手続きを行っただけ。船会社は『火災の責任はない』と移送を拒否している」といい、放置状態が続いていた。」

悪質な、または、小さい船舶代理店がよく言うことだ。仕事を選ばない、問題が起きる可能性がわかっていても仕事を取る船舶代理店の代表例。
日本の行政(港湾局?国交省?)は状況を理解して規則を改正するべきだ。
船舶代理店がサブスタンダード船の仕事を受けない、または、PSCサブスタンダード船に対して厳しい検査を行えば、カンボジア籍船 M/V"HONG YAN"(IMO8511225)のようなサブスタンダード船は日本に入港できない、または、 仕事がなくなる。現実は違うので、サブスタンダード船は日本に入港し、海難を起こす。
スクラップを積込むA HREF="sub_ship.htm" target="_blank">サブスタンダード船の火災は多い。同じような火災は繰り返し起きている。 同じようなケースで放置されるケースがあっても不思議ではない。

桟橋に係留中の貨物船で火災 川崎の埠頭、乗組員10人は無事 11/12/15(産経新聞)

放置の火災船、9カ月ぶり撤去 川崎港 08/19/16(カナロコ by 神奈川新聞)

 川崎港の市営埠頭(ふとう)(川崎区千鳥町)で昨年11月に火災で焼けたまま放置されていた貨物船(カンボジア船籍、1514トン)が12日、9カ月ぶりに撤去された。

 船は、運航する中国の船会社などと船舶代理店が折衝し、九州のスクラップ業者に引き渡して解体される。船内の水を抜き、積み荷を下ろした上で、タグボートで北九州市に向かった。

 火災は11月12日未明、同埠頭3号係船桟橋に停泊中の貨物船の積み荷のくず鉄付近から出火した。自力航行できず、同桟橋が使えない状況だった。船舶代理店の社長は「中国側などとの折衝に時間がかかったが、官庁や中国大使館など多方面の協力で、この日を迎えられた。台風が多発する前に出港できてよかった」と話していた。

コンテナ船と言うよりは中途半端なフェリーのような形の船だ!

Container carrier Sirena grounded at rocky shallow in Caribbean Sea 08/15/16(MARITIME HERALD)

The container carrier Sirena grounded at a rocky shallow on the northern coast of St Eustatius Island in Caribbean Sea. The vessel was en route from from Port of Galisbay, French St Martin to Martinique with cargo of 20-30 containers and 2 vehicles, but after failure of the steering gear hit a rocky reef near the Caribbean Dutch island. The ship did not suffered serious damages, but some ballast compartments were breached and floooded. There is no report about water pollution or danger for seaworthiness of the container ship. The crew reported about the accident to the local authorities and contracted salvage tug to assist with refloating.

The container ship Sirena will be refloated after underwater inspection for the strength of the hull and estimation of the seaworthiness. Fortunately there were no injured people during the grounding.

The container carrier Sirena (IMO: 9491824) has length of 55.00 m, beam of 13.00 m and maximum summer draft of 3.00 m. The vessel is from type cargo landing craft, but operating as container carrier. The ship was built in 2009 by Jasa Marine Indah in their shipyard in Semarang, Indonesia. The owner and manager of the container vessel Sirena is Guadeloupe company Manutention and operate

放置されていた火災船撤去へ 川崎港の市営埠頭 06/17/16(カナロコ:神奈川新聞)


 川崎港の市営埠頭(ふとう)(川崎区千鳥町)で昨年11月に火災で焼けた貨物船(カンボジア船籍、1514トン)が半年以上、放置されていたが、近く撤去される見込みとなった。

 火災は11月12日未明、同埠頭3号係船桟橋に停泊中の貨物船の積み荷のくず鉄付近から出火した。船は中国の船会社が運航していたが、自力航行できず、同桟橋が使えない状況。市港湾局は船舶代理店(川崎区)に船の移動を求めていたが、船舶代理店は「手続きを行っただけ。船会社は『火災の責任はない』と移送を拒否している」といい、放置状態が続いていた。

 しかし、最近になって船舶代理店が「移動のための手続きなど準備を進めている。手配ができ次第、移動、処分していきたい」と話し、近く撤去される見通しとなった。

火災船放置 桟橋使えず…川崎港 06/16/16(読売新聞)

昨年11月に川崎港で起きたカンボジア船籍の貨物船の火災で、焼けた船が半年以上、川崎市川崎区千鳥町の市営 埠頭 ( ふとう ) に放置されたままとなっている。移送の責任をめぐり、市と入港手続きを行う船舶代理店の意見が対立しているのが一因で、ほかの船が使用できない状態が続いている。 火災は、昨年11月12日未明に市営埠頭の千鳥町3号係船桟橋で発生。停泊中の貨物船(1514トン)から出火し、消防などが約12時間かけて消し止めた。乗組員の中国人ら10人は、逃げ出して無事だった。市などによると、船には約600トンの...

M/V"ANANGEL COURAGE" (IMO:9593218,Flag:GREECE)は中国のWAIGAOQIAO SHIPBUILDING、 SHANGHAIで建造されている。中国のお得意様だから 問題は起きないであろう。

海上保安庁の巡視船が何も出来ないと舐めていたのだろう。尖閣沖をうろつく中国漁船は一般商船も航行している事を理解するべきだ。 総トン数:106727トンの船は見逃さないぐらい大きいと思う。

尖閣沖で中国漁船と貨物船が衝突、海保6人救助 08/11/16(読売新聞)

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、11日午前5時半頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島の北西約67キロの公海上で、ギリシャ船籍の貨物船「ANANGEL COURAGE(アナンゲル カレッジ)」(10万6722トン)と中国漁船「ミンシンリョウ05891」が衝突した。

 海上保安庁の巡視船が現場付近で漂流していた6人を救助した。漁船の乗組員とみられる。

 同本部によると、貨物船から漁船との衝突を知らせる遭難通信があった。漁船は見当たらず、沈没した可能性が高いという。14人が乗っていたとの情報があり、同本部はほかにも海に投げ出された乗組員がいるとみて、捜索している。

 尖閣諸島の周辺では、中国公船と中国漁船による領海侵入や接続水域(領海の外側約22キロ)内の航行が相次いでおり、外務省は今月5日以降、中国側に抗議している。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: EASTERN PHOENIX
IMO: 9552692
Type of ship: CHEMICAL TANKER
Flag: PANAMA
Gross tonnage: 3380 tons
Year of Built: 2010
Builder: SHITANOE SHIPBUILDING - USUKI, JAPAN
Class Society: NIPPON KAIJI KYOKAI
Manager & owner: SANSHO KAIUN - TOKYO, JAPAN

タンカーどうしが衝突 けが人なし 軽油が流出 京浜港 08/07/16(NHK)

7日午前、川崎市川崎区にある京浜港で、タンカーどうしが衝突する事故があり、けが人はいませんでしたが、一方のタンカーから積み荷の軽油が流出していて、海上保安部は油の影響を抑える作業に当たるとともに事故の原因を調べています。

7日午前9時半ごろ、川崎市川崎区にある京浜港の東扇島からおよそ3.2キロ南東の沖合で、日本船籍のタンカー「第八けいひん丸」144トンと、パナマ船籍のタンカー「イースタンフェニックス」3380トンが衝突しました。
横浜海上保安部によりますと「第八けいひん丸」の乗員3人は全員救出され、けが人はいないということですが、浸水して積み荷の軽油が流出しているということです。このため横浜海上保安部は「第八けいひん丸」をタンカーなどの航路から離れた安全な場所に移動させたうえで、 消防とともに放水を行って油の影響を抑える作業を行っています。
横浜海上保安部によりますと、事故があった当時、海上は穏やかで視界も良好だったということで、海上保安部は事故の原因を詳しく調べています。

フェリーが貨物船と衝突 3人が軽いけが 08/01/16(NHK)

1日午前、広島県呉市の呉港で松山行きのフェリーが停泊中の貨物船に衝突し、乗客3人が軽いけがをしました。フェリーは港を出港した直後に電気系統にトラブルが起きてかじが利かなくなったということで、海上保安部が詳しい状況を調べています。

1日午前9時すぎ、呉市の呉港で松山に向かおうとしたフェリー「翔洋丸」(696トン)が港を出た直後、近くの岸壁に停泊していた貨物船に衝突しました。
呉海上保安部によりますと、フェリーには乗客乗員、合わせて49人が乗っていましたが、この事故で乗客3人が軽いけがをしたということです。
貨物船の側にけが人などはいませんでした。
フェリーを運航する松山市の石崎汽船によりますと、フェリーは広島港から呉経由で松山に向かう予定でしたが、呉港を出ておよそ10分後に、突然、電源が落ちるトラブルが起き、かじが利かなくなったということです。
呉海上保安部は、事故当時、操船していた船長から話を聞くなどして、詳しい状況を調べています。
この事故で、乗客の男性が撮影していた映像には、フェリーが貨物船に向かってゆっくりと近づきフェリーの左の前の部分が貨物船の側面に衝突する様子が映っています。
男性は、「港を出てしばらくはエンジン音がしていたが、そのあと突然、静かになり、かじも利いていないように感じた。乗客はみんなぶつかると思って身構えていたが、衝撃で前に投げ出されてしまった」と話していました。

フェリー運航会社「原因をきちんと突き止める」

フェリーを運航する松山市の石崎汽船の菊池浩二船員部長は、衝突事故の原因について「船のかじを取る部分に数分間、電気が送られなくなり操縦ができなくなったためと連絡を受けている」としたうえで、 「このようなトラブルは初めてなので電気が送られなくなった原因をきちんと突き止めるとともに、ほかの船も点検したい」と話しています。
石崎汽船によりますと、事故の影響で、1日運航を予定していた呉経由で広島と松山を結ぶ2往復4便は欠航する予定だということです。

フェリーが貨物船と衝突、広島 呉港内、3人軽傷 08/01/16(西日本新聞)

 1日午前9時10分ごろ、広島港を出発して松山観光港に向かっていた石崎汽船(松山市)の定期フェリー「翔洋丸」(696トン)が、経由地の呉港(広島県呉市)内で停泊中の貨物船に衝突、フェリーの乗客3人がけがを負った。第6管区海上保安本部(広島)によると、いずれも軽傷。

 6管によると、フェリーは呉港を出発して間もなく停電が発生して制御できなくなり、左前部が衝突したという。船長が呉海上保安部に「貨物船とぶつかった」と連絡した。

 フェリーには乗客・乗員計約50人が乗っており、当時は晴れて視界は良かった。6管が詳しい原因を調べている。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: UNILINK II
IMO: 8510312
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: PHILIPPINES
Gross tonnage: 222 tons
Year of Built: 1985
Builder: SANUKI SHIPBUILDING & IRON WORKS - TAKUMA, JAPAN
Former names: YUTOKU MARU NO.7 until 2002 Nov

Freighter sank in Lapu-Lapu port, Philippines: UPDATE 07/21/16(FleetMon)

July 21: UNILINK II didn’t sink, she was pushed aground on embankment by a strong storm, fore part of the vessel seems to be hard aground on rocks, see photo. General cargo vessel UNILINK II reportedly sank after colliding with concrete piles of a boardwalk construction in Lapu-Lapu city, Mactan, central Visayas, Philippines, in the afternoon July 18. Lapu-Lapu port was battered by strong wind and rough seas, UNLINK II understood to suffer bow hull breaches, and sank, with bow resting on bottom and stern remaining above water.
General cargo vessel UNILINK II, IMO 8510312, dwt 673, built 1985, flag Philippines, manager UNILINK SHIPPING CORP, Cebu.

General cargo ship Unilink II sank in Philippines 07/20/16(Maritime Herald)

The general cargo ship Unilink II sank after collision with concrete piles of a boardwalk construction in Lapu-Lapu city, Mactan. The vessel was proceeding to the port in bad weather, strong winds and heavy seas. Probably the bad weather conditions adrifted her to to the concrete piles and were the root cause of the accident. After collision the ship suffered breaches at bow and starboard and started getting water ingress. The crew members were unable to pump out the water and general cargo ship Unilink II sank with bow resting the bottom and stern remaining partially above the water. All the people from the vessel were evacuated without injuries. There is no report about water pollution.

The local authorities started investigation for the root cause of the accident. The salvage operation will be considered after weather improvement. On board of the cargo ship there are several tons of HFO, which must be pumped out before refloating.

The general cargo ship Unilink II (IMO: 8510312) is owned and operated by the Philippines company Unilink Shipping Corp. The vessel was built in 1985 by Sanuki Shipbuilding and Iron Works in Takuma, Japan. The cargo ship has deadweight of 673 DWT and gross tonnage of 222 GRT.

1967年建造の一般貨物船だが、アイスクラスなのか、船首が古いデザインなのか、船首以外は日本建造の一般貨物船に似ている。日本がまねたと思うが、このタイプの 船、現在でも運航されている。

FIONE (IMO 6802216) Panama (Schiffbilder.de)

FIONE - IMO 6802216 1967 Nobiskrug,Rendsburg/652 (ShipSpotting.com)

CAPTAIN UFUK sank in Manila Bay 07/17/16(FleetMon)

Abandoned and unmanned general cargo vessel Panama CAPTAIN UFUK General cargo vessel sank in Manila Bay in the morning July 17, due to lack of maintenance. Vessel was confiscated by Philippines Customs in 2009 for arms smuggling, and was abandoned. Hull started to leak, most probably in engine room area, and vessel sank, though Coast Guard tried to prevent sinking. On photos sinking Panama CAPTAIN UFUK General cargo vessel.

昔と違ってAIS:船舶自動識別装置の情報を参考にできるから、調査も楽であろう!

衝突の貨物船、船首下部球状部分に大きなへこみ 07/17/16(読売新聞)

 兵庫県姫路市沖の播磨灘で砂利運搬船「第八大和丸」と貨物船「豊昌丸」が衝突し、第八大和丸の3人が死傷した事故で、姫路海上保安部は16日、姫路港内で豊昌丸の実況見分を行い、船首下部が長さ約2メートル押しつぶされていることを確認したと発表した。

 17日以降も調査を続ける。

 同保安部はこの日午前9時頃から約3時間、豊昌丸の船長ら乗組員を立ち会わせて、同市飾磨区の飾磨岸壁に係留されている同船を調べた。船首下部の球状の部分に大きなへこみが確認された。国の運輸安全委員会の調査官も船長らから事情を聞くなどした。

 一方、現場で船首の一部を海面に出して沈没した第八大和丸は、サルベージ会社が調査を実施。引き揚げを行う予定だが、めどは立っていないという。また、油の抜き取りも終え、流出は確認されていないという。

 第八大和丸船長・喜多史彦さん(50)の司法解剖が行われ、死因は溺死と判明した。

AIS:船舶自動識別装置または、SPEED LOGの故障。または、海流でスピードが出ていたのか? 15ノットは貨物船としてはスピードが出すぎと思うが??スピードを出して、突っ切ろうとしたのか?

HOSHO MARU IMO:8742604(Marine Traffic)

豊 昌 丸 Hosho Maru(にらいかない)


船舶番号140881
信号符字JD2826
IMO番号8742630
船籍港今治
船主愛昌汽船(有)
運航者住鉱物流(株)
航路 
造船所波方造船所
建造番号227
起工年月2008年7月
竣工年月2008年9月
就航年月 
総トン数499トン
全長75.48m
型幅12.30m
型深さ6.90m
機関ディーゼル×1
機関出力(馬力)1,471kW(2,000PS)
航海速力11.50ノット
旅客等定員一般貨物船
備考 

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: YAMATO MARU NO.8
IMO: 8815372
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: JAPAN
Gross tonnage: 499 tons
Year of Built: 1989
Builder: IMURA SHIPBUILDING - KOMATSUSHIMA, JAPAN
Home port: IESHIMA
Manager & Owner: EIKI KAIUN - ITANO, JAPAN

第八大和丸 Yamato Maru No.8 (全国砂利船展示会)

船舶明細書2004版にて
船 名 第八大和丸
Yamato Maru No.8
採取組合
船 主 1 栄喜海運㈲ 許可番号 四R3318
住 所 板野郡藍住町矢上字原
船 主 2 事業団持分
住 所
運 航 者 大福海運㈱
鳴門市撫養町小桑島字前浜
許可番号 四B3019
船 質 総トン 499.00
造 船 所 井村造船㈱
小松島市南小松島町
重量トン 546.21
カナ Imura Zosen ベール
建造番号 231 荷役設備 ツカサ重機
船 型 サンドポンプ
起 工 1988.12.01 主機関製造者 赤阪鐵工所
進 水 1989.03 主機関型式 K26SR
竣 工 1989.03.24 馬力 800 PS (588KW)
航行区域 沿海 航海機器
船舶番号 130596 積荷 石材
信号符字 JL5777 燃料収容量 25.00
船籍港 兵庫家島 航海速力 10.00
最高速力
全長 54.80 職員数
登録長 51.77 部員数
垂線間長 次期定期検査 2006.03
型幅 10.60 引当重量 546.000 DW
型深 5.30 寸法容積
満載喫水 3.35 内航船種 28石材海陸船

豊昌丸のバルバスしか損傷していない。やはり記事のように豊昌丸は空船で、第8大和丸は満載だったのであろう。

兵庫・姫路沖で船衝突 運搬船が転覆し乗員2人死亡 07/16/16(朝日新聞)

 15日午前11時35分ごろ、兵庫県姫路市家島町の上島から西約3・7キロの海上で、愛昌汽船(愛媛県今治市)所有の貨物船・豊昌丸(富田庄二郎船長、499トン、乗員5人)と、神戸市の会社が所有し、栄喜海運(徳島県松茂町)が運航する運搬船・第8大和丸(喜多史彦船長、499トン、乗員3人)が衝突した。

 姫路海上保安部によると、近くを航行中の貨物船が転覆した第8大和丸の乗員2人を救助したが、船長で栄喜海運社長の喜多さん(50)=徳島県松茂町=はまもなく死亡し、1等航海士の男性(63)は左足首に軽いけが。その後、第8大和丸は沈没し、同日夕、海保は行方不明となっていた機関士の浜渕志行(むねゆき)さん(28)=同=を船内で見つけたが、死亡が確認された。

 事故当時、豊昌丸は兵庫県の高砂港で石炭を下ろして愛媛県の新居浜港へ航行中。第8大和丸は砂利などを運搬するガット船で、採石1300トンを積んで兵庫県の赤穂港から大阪北港へ向かっていたという。

海保が事故原因を調査 姫路沖貨物船衝突 07/15/16(日本テレビ系(NNN) )

 15日、兵庫県姫路市沖で貨物船が衝突し、乗組員の男性2人が死亡した事故で、海上保安部が16日朝から実況見分を行い、詳しく調べている。

 姫路海上保安部が16日午前9時、自力で姫路港に入った貨物船「豊昌丸」について、船体の損傷部分を詳しく調べている。15日正午前、「豊昌丸」と砂利運搬船「第八大和丸」が衝突し、乗組員2人が死亡した。「第八大和丸」は現在も転覆したままで、サルベージ会社が引き揚げが可能かどうか調査を行う予定。

 海上保安部が乗組員から聞き取りをしている他、国の運輸安全委員会が現地に入り、詳しい事故原因を調べる方針。

貨物船衝突し船員2人死亡 兵庫・姫路沖、1隻転覆 07/15/16(産経新聞)

 15日午前11時45分ごろ、兵庫県姫路市家島町の上島の西約4キロの瀬戸内海で、航行中の貨物船から「船が衝突して、1隻が転覆している」と118番があった。

 姫路海上保安部によると、神戸市東灘区の会社が所有する貨物船、第8大和丸(499トン)が転覆し、船長の男性(50)=徳島県松茂町=が病院に運ばれたが死亡、機関士の男性(28)=同町=が心肺停止状態で船内から見つかり、死亡が確認された。男性乗組員1人(63)=徳島県鳴門市=が軽傷を負った。

 もう1隻は、愛媛県今治市の海運業者が所有する貨物船豊昌丸(499トン)。5人が乗船していたが、けが人はなく、事故後に自力で姫路港に入った。当時、現場付近の海域は晴れ、波の高さは約50センチだった。.

砂利運搬船と貨物船衝突、2人死亡…姫路沖 07/15/16(読売新聞)

 15日午前11時35分頃、兵庫県姫路市沖の播磨灘で、砂利運搬船「第8大和丸」(499トン)と、貨物船「豊昌丸」(499トン)が衝突した。

 第8大和丸は転覆し、乗組員3人のうち2人が死亡、1人が軽傷を負った。豊昌丸の乗組員5人にけがはなかった。

 姫路海上保安部の発表では、死亡したのは第8大和丸船長の喜多史彦さん(50)(徳島県松茂町)と、機関士の浜渕志行むねゆきさん(28)(同)。喜多さんは海に投げ出され、近くを航行中の貨物船に救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。浜渕さんは転覆した船内で見つかった。

 第8大和丸は神戸市東灘区の会社所有で、豊昌丸は愛媛県今治市の海運会社が所有している。同保安部は双方の乗組員から事情を聞くなどして事故原因を調べている。

Cargo Ship Sinks After Collision, Shuts Down Shanghai’s Main Reservoir 07/15/16(MFAME)

By Mfame Team

On July 13, a 20,000-ton cargo ship ‘Chang Rong Men’ collided and sank the other cargo ship ‘Zhongheng 9’ in the Yangtze River, thereby forcing the closure of the dam of Shanghai’s main reservoir in order to avoid contamination.

Shanghai’s two major tap water sources, the Qingcaosha and Chenhang reservoirs, have stopped taking water from the Yangtze River where two cargo ships collided, the Shanghai Water Authority said yesterday.

The Zhongheng 9, which was carrying over 10,000 tons of steel beams around 1 a.m. on Wednesday on the river section near Changshu City in neighboring Jiangsu Province. Zhongheng sank immediately after the collision but no one was injured.

All 15-crew members were rescued by Changshu’s rescue teams. Changshu authorities also dispatched ships to clean up the oil.

However, the tap water supplies were not affected because the Qingcaosha Reservoir contains enough water to supply the city for 68 days, while Chenhang Reservoir can supply for 10 days.

The dams of both reservoirs have been closed until the oil contamination is fully cleared, the Shanghai Chengtou Group, the water supplier said.

The accident happened about 36 kilometers away from the Chenhang and 51 kilometers from the Qingcaosha. The contaminated water made its way into the city early yesterday.

The Shanghai Water Authority immediately enhanced monitoring of the water quality along the river sections near both reservoirs.

Oil absorbent sheets and ropes were placed around to protect the reservoirs, officials said.

Cargo ship Zhong Heng 9 sank after collision on Yangtze river 07/14/16(Vessel Finder)

By Mihail Mitev

The cargo ship Zhong Heng 9 sank after collision with another cargo vessel Chang Rong Men on Yangtze river in Baimaosha area.

Both vessels were proceeding in opposite directions without being on crossing routes, but collision was caused of last minute maneuver of Chang Rong Men probably after failure of the steering gear or mistake of the duty officer.

After the accident the cargo ship Zhong Heng 9 started getting water ingress and crew intentionally headed to a mud shallow. The vessel sank, but partially remained above the water. All 15 crew members from the troubled cargo vessel were rescued without serious injuries.

The accident happened on the halfway between Nantong and Shanghai. The sunk cargo ship Zhong Heng 9 was encircled by oil booms to prevent leaks and water pollution. The local authorities dispatched salvage teams at the scene of the accident to consider refloating of the vessel.

The other participant in the collision, cargo vessel Chang Rong Men, also suffered damages and got water ingress, but remained afloat and was anchored near the scene of the accident.

General cargo vessel Anna Desgagnesはカナダ国籍。あまりコーストガードは非難できない。自分達の管理監督が問われてしまう。

General cargo vessel Anna Desgagnes grounded in Saint Lawrence River 07/04/16(Maritime Herald)

The general cargo vessel Anna Desgagnes grounded in Saint Lawrence River, Canada. The vessel was en route from Montreal to Ile aux Coudres, but hit a rocky shallow after failure of a steering gear pump in Varennes area. The cargo ship Anna Desgagnes was refloated with with assistance of two tug and taken under tow to Montreal. The general cargo ship did not suffered damages during grounding, but was detained by local authorities and coast guard for inspection and survey. The cargo vessel Anna Desgagnes was fully inspected and cleared to sail again yesterday July 5, 2016. The ship will delay from the time schedule serious, as it was expected to arrive in Iqaluit until July 23. The cargo ship was loaded with personal supplies for people in Nunavut communities.

During the accident there were no injured people and no water pollution. The investigation for the root cause of the accident in under way.

The general cargo vessel Anna Desgagnes (IMO: 8600507) has overall length of 173.00 m, moulded beam of 23.00 m and maximum draft of 7.70 m. The deadweight of the vessel is 17,850 DWT and the gross tonnage is 15,893 GRT. The general cargo ship was built in 1986 by Nordic Yards Warnemunde in the shipyard in Rostock, Germany. The owner and operator of the vessel is Canadian company Groupe Desgagnes.

ANNA DESGAGNES grounding, bad news for Nunavut 07/04/16(FleetMon)

General cargo vessel Canada ANNA DESGAGNES RoRo ship ran aground on July 3 in Varennes area, Saint Lawrence River, down Montreal, while en route to Ile aux Coudres. Vessel suffered some damages, was refloated and taken on tow to be towed back to Montreal. As of 0100 UTC July 4 vessel was proceeding under tow of OCEAN ROSS GAUDRAULT tug, approaching Montreal Est. Vessel’s mishap is bad news for Nunavut community, vessel was supposed to arrive in Iqaluit by July 23. Many people in Nunavut communities are depending on the arrival of the Canada ANNA DESGAGNES RoRo ship for various items, said CBC News.

船齢37年の山陽造船建造のLPG船が爆発事故を起こしたらしい。使おうと思えば長く使える証拠だ!

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: PATCHARAWADEE 12(EX-XINDONGHE)
IMO: 7913854
Type of ship: LPG TANKER
Flag: THAILAND
Gross tonnage: 1626 tons
Year of Built: 1979
Builder: SANYO SHIPBUILDING - ONOMICHI, JAPAN
Class Society: NIPPON KAIJI KYOKAI
Manager & Owner: SIAM LUCKY MARINE - BANGKOK, THAILAND
Former names: PATCHARAWADEE 12 until 2014 Jul
ATHENA 1 until 2013 Jan
PARINDA NO.5 until 1997 Dec
KOSHIN MARU until 1996 Aug

LPG tanker explosion, 4 injured, 1 in coma, Gulf of Siam 06/29/16(FleetMon)

LPG tanker Thailand PATCHARAWADEE 12 Liquefied gas carrier suffered an explosion in a gas tank at 1030 LT June 29, vessel was docked in Bang Pakong river mouth, Chonburi Province Thailand, Gulf of Siam, undergoing tanks cleansing. Four crew were seriously injured, one said to be in coma. Condition of the vessel unknown.

アワイチに挑戦ヽ(´ー`)ノ 06/27/16(一夢庵釣流記)

途中でサルベージ船が座礁してました(;´Д`)

就航してから2週間も経っていないのに、操縦不能になるとは???

操縦不能とはブラックアウトで操縦不能?単純に舵が利かなくなったのか?エンジンの減速できなかったのか?

入港する時にはかなり速力を落して惰力で入港してアスターンすると思うのだが、アスターンが不能だったのか?

臼杵造船所と検査した国交省または検査組織は頭を抱えているかも??

新造船「遊なぎ」2016年6月就航(国道九四フェリー)

国道九四フェリー株式会社 新造船 遊なぎ 命名進水式(yi10yi10.exblog.jp )

本日、大分県臼杵市にある臼杵造船所にて、国道九四フェリー株式会社向け、九九九総トン型旅客船兼自動車渡船の進水式が挙行され『遊なぎ』と命名されました。

株式会社臼杵造船所 USUKI SHIPYARD CO., LTD. 第1756番船 九九九総トン型旅客船兼自動車渡船

国道九四フェリー株式会社 KOKUDO KYUSHI FERRY 新造船 遊なぎ YUNAGI

新造船が岸壁衝突 愛媛の港、一時操縦不能 06/25/16(大分合同新聞)

 25日午後2時15分ごろ、愛媛県伊方町の三崎港で、大分市の佐賀関港から出港した国道九四フェリーのフェリー「遊なぎ」(998トン)が岸壁に衝突した。乗客乗員計82人のうち、乗客の女性が左手に軽いけがをした。

 宇和島海上保安部によると、フェリーは入港中に一時操縦不能となり、船体右側の前後部が桟橋や防波堤に衝突。2カ所がへこむなどした。機関操縦装置に不具合が発生した可能性が高い。

 浸水や油の流出はなく、積載していた乗用車など車両35台に損傷はなかった。同保安部は不具合の原因を調べるとともに、業務上過失往来危険の疑いで関係者から事情を聴く。

 国道九四フェリー(大分市)によると、遊なぎは今月17日から就航したばかりの新造船。佐賀関―三崎間を1日5、6往復している。事故後、運航を中止した。別の船体の便は継続した。

 同社は26日から当分の間、1日の便数を16往復から11往復へと減らす。「このような事態が起き、お客さんに申し訳ない。原因究明と再発防止に取り組む」と話した。

フェリー操縦不能で岸壁衝突1人けが 愛媛・伊方町 06/25/16(日刊スポーツ)

 25日午後2時15分ごろ、愛媛県伊方町の三崎港で、佐賀関港(大分市)から来たフェリーが一時操縦不能となり、岸壁に衝突した。宇和島海上保安部によると、乗客乗員計82人のうち、乗客1人が手首などに軽いけが。

 海保によると、フェリーは国道九四フェリー(大分市)の「遊なぎ」(998トン)で、入港する際、防波堤と桟橋に衝突し、船首と船尾の右側がへこむなど損傷した。浸水や油の流出はなかったという。

 海保は操縦不能になった原因を調査するとともに、業務上過失往来危険の疑いがあるとみて調べる。(共同)

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: BELLE ROSE
IMO: 9410600
Type of ship: BULK CARRIER
Flag: PANAMA
Gross tonnage: 29104 tons
Year of Built: 2011
Builder: OSHIMA SHIPBUILDING - SAIKAI, JAPAN
Class Society: NIPPON KAIJI KYOKAI
Manager & Owner: SUNSHIPMANAGEMENT - IMABARI, JAPAN

Grounded Bulk Carrier Refloated from Famous Philippine Reef 06/21/16(GCaptain)

A Panamanian-flagged bulk carrier has been refloated after running aground on at a world-famous diving site off Cebu, Philippines last week.

The ship, MV Belle Rose, was refloated Saturday morning and moved to an anchorage off the coast San Fernand, Cebu under its own power. According to reports a salvage team from Malayan Towage and Salvaging Corp. used three tugs to pull the vessel into deeper water where they then tested the ships engines and further inspected the hull for damages. No oil spill has been reported.

The 183-meter Belle Rose ran aground June 13 on Monad Shoal, a famous dive site known as one of the only places on earth where you can consistently spot thresher sharks in the wild. The reef sits on the edge of a steep 200 meter drop off and ranges in depth from 20 to 27 meters.

The Philippine Coast Guard estimated previously that 483-meters of coral reef has been damaged as a result of the grounding.

The location of the grounding was approximately 4 nautical miles southeast of Malapascua Island in Daanbantayan, Cebu.

The 50,472 DWT Belle Rose was built in 2010. The ship was sailing from Nantong, China to Cebu when the incident occurred.

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: BENITA
IMO: 9172961
Type of ship: BULK CARRIER
Flag: LIBERIA
Gross tonnage: 24953 tons
Year of Built: 1998
Builder: IHI AICHI WORKS - CHITA, JAPAN
Class Society: BUREAU VERITAS
Manager & Owner: UNIT MARITIME - ATHENS, GREECE
Former names: NEW RAINBOW until 2014 Feb
STAR SEA RAINBOW until 2012 May

Update: Oil Spill from Grounded MV Benita Under Control 06/21/16(World Maritime News)

An oil spill from the recently grounded bulk carrier MV Benita on the southeast coast of Mauritius has reportedly been put under control, according to local media reports.

The coast guard authorities have installed buoys to contain the fuel spilled from the 1998-built vessel and the cleaning works are in progress.

Although it was not loaded with cargo when it grounded on the reef of Le Bouchon, the vessel was carrying some 150 tons of oil. Initial oil pumping operation have been hampered by inclement weather conditions at the site.

The Greek company Five Oceans Salvage was hired to pump out the vessel’s remaining fuel and undertake the salvage operations, however, reports suggest that the efforts to free the bulker could take over a month to complete.

Featuring 44,183 dwt, the bulker ran aground in the morning hours of June 17 as a result of a fight which broke out between the vessel’s crewmembers the night before.

At the time of the incident, the Liberian-flagged ship, crewed by 23 seafarers, was on its way from the Indian port of Paradip to the port of Durban, South Africa.

Crew grounded bulk carrier in a brawl 06/17/16(FleetMon)

Bulk carrier BENITA ran aground on southeast coast of Mauritius, Indian ocean, in the morning June 17, while en route from Paradip India to Durban SA. Grounding was caused by a brawl among crew, one of the crew, reportedly engineer, had to be medevaced. What happened exactly, yet unknown, it is said that the engine was turned off by one of brawl participants. Mauritius CG together with police boarded the vessel. Judging from photo, BENITA is hard aground.

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: Infinity 1 (EX-BOSSOIL 2)
IMO: 8960426
Type of ship: ASPHALT/BITUMEN TANKER
Flag: PANAMA (EX-KIRIBATI)
Gross tonnage: 1598 tons
Year of Built: 1993
Builder: JIANGZHOU UNION SHIPBUILDING - RUI CHANG, CHINA
Class Society: CHINA CLASSIFICATION SOCIETY
Manager & Owner: BOSSOIL MARINE - SINGAPORE
Former names: XIAN HE until 2012 Feb
HENG HUI until 2009 Mar

Cracked Asphalt Tanker Saved Off India 06/09/16(G Captain)

A Panamanian-flagged tanker averted potential disaster overnight after the vessel developed a crack in its hull in the Arabian Gulf off India.

The Indian Navy says it was called Wednesday night to provide assistance to the MT Infinity 1 which was taking on water and had developed a dangerous list approximately 20 miles from Goa.

The INS Trikand along with the Coast Guard cutter Amal arrived on scene and were able to transfer emergency dewatering equipment to the vessel. With the flooding under control, the Trikand escorted the ship to Karwar where was it was safely anchored.

The Navy reported that the vessel was carrying 1,794 metric tons of asphalt.

ベトナムへ引っ張っていくつもりだったのであれば、この台船は外国籍に違いない。台船であっても外国では船として扱われる。

保険に加入していなければならないはず。この状況から判断して保険に加入していなかったと考えられる。つまり、このクレーンの持ち主は音信不通となって このまま放置されるであろう。そして補償金は支払われないであろう。

デッカイ座礁船。  (05/31/16)(我がふるさと淡路島)


先日テレビで南あわじ市の灘海岸にベトナムのクレーン船が座礁したと伝えていた、ちょうどその頃はヘルパーさんが入っていてテレビ画面を見ずに音声だけを聞いていて乗組員は ヘリコプターで救助されて全員無事と聞きどんな船かは気になりませんでした、カンゾ君が先週に写真を送ってくれましたが右下写真のようにだいぶん離れた所からなのにそのデッカイことにビックリしました。 曳航していた船のワイヤーロープが切れ漂流して強風に押されて座礁したようです、このクレーン船の最終目的地はベトナムだそうで淡路島の灘海岸は太平洋に面しているもののベトナムまではまったくな外洋で 太平洋の真中で今回のようなことではすまされない、ここは沼島漁協のナワバリでここに座礁させておくだけで1日に何百万と補償金を取られるだろう、今はベトナムとの為替レートはいくらか知らないが日本の 何百万がベトナムの何千万となり重い負担となるだろう、そんな所でコケてていいのか。

カーフェリー浸水 老朽化か、船底に穴 泊港−高浜港 /愛媛 05/25/16(毎日新聞)

 23日午後5時50分ごろ、松山市・興居島(ごごしま)の泊港発高浜港行きカーフェリー「えひめ2」(188トン)の機関室床下で、浸水しているのが見つかった。船は高浜港到着直前で、乗員・乗客計34人にけがはなく、車5台にも浸水の影響はなかったほか、油の流出もなかった。松山海上保安部によると、船底の鉄板に直径約3センチの穴が開いていた。

 えひめ2は1987年に建造され、運航会社「ごごしま」(松山市由良町)が所有している。94年からほぼ毎日、泊港−高浜港を往復していた。海保によると、船底の鉄板が薄くなっていたといい、老朽化の可能性が高い。同社による日常点検などの実態を調べた上で、業務上過失往来危険容疑にあたる可能性があるか調べる。

 同社は、泊港−高浜港間を、興居島・由良港−高浜港を往復していた別のカーフェリーで代替する。由良港−高浜港間は小型船で代行する。【黒川優、木島諒子】

外国貨物船の衝突「互いに気づかず」 運輸安全委報告書 05/19/16(朝日新聞)

伊藤嘉孝

 神奈川県三浦市沖で2014年3月、外国の貨物船同士が衝突し9人が死亡・行方不明となった事故で、国の運輸安全委員会は19日、両船の当直の航海士が、相手の船の存在や動きに気づかなかったことが原因とみられるという調査報告書を公表した。

 報告書によると、事故は同月18日午前3時ごろ起きた。パナマ船籍のビーグルⅢ(約1万3千トン)では、当直の2等航海士(死亡)が韓国船籍のペガサスプライム(約7千トン)の前方からの接近に気づかなかったとみられる。ペガサス号の2等航海士は、見張りを適切に行っていなかったためビーグル号が右に曲がったことに衝突直前まで気づかず、事故を回避できなかった可能性が高いという。(伊藤嘉孝)

7人死亡の船衝突事故で報告書 05/19/16(NHK)

おととし、神奈川県の沖合いで貨物船とコンテナ船が衝突して中国人の乗組員7人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、コンテナ船の見張りが不適切だったことなどが事故につながったとする報告書を公表しました。

おととし3月18日の未明、神奈川県三浦市の沖合いでパナマ船籍の貨物船と韓国船籍のコンテナ船が衝突し、貨物船が沈没して中国人の乗組員7人が死亡2人が行方不明となった事故で、国の運輸安全委員会は報告書を公表しました。
それによりますと、コンテナ船は貨物船が正面方向から近づいてきたため左にかじを切って進路を避けました。
しかし、その後、コンテナ船は貨物船が右方向にかじを切り近づいていることに気付かずに直進を続けて衝突したということで、見張りが不適切だった可能性が高いとしています。
一方、貨物船は乗組員が死亡しているため見張りの状況が明らかにならなかったものの、船の動きから衝突直前までコンテナ船に気付いていなかった可能性があるとしています。
このため、コンテナ船が見張りを適切に行うとともに、お互いに汽笛や無線で意思疎通を図っていれば衝突を回避できた可能性があると指摘しています。

御前崎港に水深不足地点 海保、船舶へ地域航行警報 05/13/16(静岡新聞)

 静岡県は12日、御前崎港内の航路上に海図に示された水深より浅い場所があり、貨物船が座礁する事故が起きたと発表した。測量の結果、砂の堆積で1・5メートル浅くなっていたことが分かり、県は付近で喫水6メートル以上の船舶の航行を制限。第3管区海上保安部は地域航行警報を出し、船舶に注意を促している。近くには、浜岡原発(御前崎市佐倉)の使用済み核燃料の運搬時などに使う中部電力専用の岸壁もあるが、当面は使用予定がないという。
 県などによると、10日午後4時ごろ、中央埠頭(ふとう)1号岸壁に接岸しようとしていたパナマ船籍の貨物船「センチュリー シャイン」(4403トン、最大喫水6・9メートル)が、同岸壁の北東側約100メートルの付近で座礁した。船体に損傷はなく、約1時間後に自力で脱出し、別の埠頭に接岸した。乗組員にけがはなかったが、積み荷を扱う作業が遅れた。
 県が11日に付近の測量をしたところ、本来は7・5メートルあるはずの水深が、実際には約6メートルしかなかった。中央1号岸壁の供用を開始した1971年以降、浚渫(しゅんせつ)工事をしたことがなく、流れてきた砂が長期間にわたって堆積したとみられる。
 影響で、喫水6メートル以上の船舶は中央埠頭1、2号岸壁を使えなくなり、別の埠頭に回すことで対応する。県港湾整備課は「水深7・5メートルが確保されなければ海保の警報は解除されない。早期に規定の水深を確保したい」としている。

この事故って、コンテナクレーンの故障か、コンテナクレーンのオペレーターのミスじゃないのか?
コンテナを固定する金具(ツイストロック)の取り付け、又は、取り外しをしていたら、コンテナが降りて来たと言う事? オペレーターのミス、誤作動、又は、ブレーキの故障でコンテナが降りて来たと推測する。一般的にコンテナは、20フィートか40フィート。
4トンのコンテナは素人的な表現?

重さ4トンのコンテナの下敷きになり作業員1人死亡 05/04/16(TBS系(JNN))

 横浜市のふ頭で3日午後、コンテナを船に積み込むための準備作業をしていた29歳の男性作業員が重さおよそ4トンのコンテナの下敷きになり、死亡しました。

 3日午後2時すぎ、横浜市中区の本牧ふ頭で作業員の男性2人が特殊車両を使って持ち上げた状態のコンテナの下に入り込み作業をしていたところ、突然、コンテナが降りてきて29歳の男性が下敷きになりました。男性は東京・大田区の会社員、古屋昌孝さんで、病院に運ばれましたが間もなく死亡しました。

 コンテナは重さおよそ4トンで、現場では当時、コンテナを船に積み込むため底の部分に部品を取り付ける作業をしていたということです。

 警察は車両を操作していた男性らに事情を聴くとともに、業務上過失致死の疑いも視野に捜査をしています。

行き先はニュースで伝えられていなかったが、「タイ人とインドネシア人の乗組員3人」と言うことなので外国へ持って帰る途中に座礁と言う事なのか?

かなり昔の話だが、神戸からシンガポールへの航海中にタグボート MARINA IRIS(パナマ籍)が和歌山県日ノ御埼沖の海上で沈没した。船には保険が掛けられていたが、「復原性の問題があり、押船MARINA IRISは(UNSEAWORTHINESS)航海に適していなかった」 との理由で保険が支払われなかった。

動画や画像を見る限り復原性の問題がありそうだが、保険に加入しているのだろうか?そしてこの台船、どこの国籍???

この台船、起重機船ネプチューン号として大阪周辺で使われていたようです。

 (おじさんのチャリチャリつれづれ)

外国のクレーン船で強風にあおられ座礁したらしい (05/08/2016)
(おじさんのチャリチャリつれづれ)

(おじさんのチャリチャリつれづれ)

起重機船ネプチューン号  (10/27/2012)(Togetterまとめ)


大阪港を中心に活躍する可能なダブルリンク型水平引込式クレーンを備えた、起重機船ネプチューン号姉妹を追いかけてみました。
でっかいクレーン ネプチューンZ をタグボートがバックで曳航する

最大吊り荷重80トン、最大作業半径48メートルの特殊作業船  (09/12/2011)(イプロス製造業)

特殊作業船「ネプチューンZ号」は、大型でありながら海上移動が得意で、どこにでも行ける特殊作業船です。 圧倒的な存在感と作業性能を有するZ号は今なお健在です。 港湾荷役業の機械かと多様なニーズに応えるため建造された「ネプチューンZ号」。 まさに大都が誇るオンリーワンの存在です。 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

西日本で強風…特急運休など影響 05/04/15(読売新聞)

 西日本は3日、発達した低気圧の影響で各地で強風が吹き、電車の運行に影響が出るなどした。気象庁によると、最大風速は愛媛県伊方町で26・6メートル、福井県坂井市と鳥取県倉吉市で19・2メートルを記録。いずれも5月の観測史上、最大だった。

 JR西日本は大阪と北陸方面を結ぶ特急「サンダーバード」の上下22本を運休。神戸淡路鳴門自動車道では洲本―西淡三原間が夜間、通行止めになった。

 徳島海上保安部によると、同日午後0時50分頃、兵庫県南あわじ市沼島沖の紀伊水道で、えい航中のクレーン台船(長さ42メートル、幅27メートル)のロープが強風の影響で切れ、台船が漂流。北約8キロの同市の海岸に座礁し、乗組員3人が海上保安庁のヘリで救助された。

クレーン付き台船座礁 05/03/16(NHK 関西NEWS)


3日午後、兵庫県南あわじ市の海岸で悪天候のためクレーン付きの台船が座礁し、タイ人など外国人乗組員3人が海上保安部に救助されました。
徳島海上保安部によりますと、3日午後1時前、兵庫県南あわじ市の沼島沖で、クレーン付きの台船をえい航していた船の乗組員から、「悪天候でクレーン船を引くロープが切れて流されている」と通報がありました。
流された台船は長さ42メートル、幅27メートルでクレーンの高さは50メートルあり、タイ人とインドネシア人の乗組員3人が乗っていましたが、午後4時前に海上保安部のヘリコプターで無事救助されたということです。
台船はその後、南あわじ市の海岸に座礁し、天候の回復を待って沖合に戻す作業が行われるということです。
大阪管区気象台によりますと、当時、付近の海上には強風波浪注意報が出されていました。

新長崎漁港沖で作業船転覆 船長不明(㈱三基) 04/28/16(JC-NET)

新長崎漁港沖で作業船転覆 船長不明

新長崎漁港沖今月の4月25日朝、新長崎漁港の沖で作業船が転覆し60代の船長が行方不明となっている。

午前7時ごろ長崎市三京町の新長崎漁港の沖合約2キロの海上で クレーン台船を後ろから押していた㈱三基(長崎市大橋町22番14号・代表取締役・ 山口 雅二)が所有する作業船「第18興真丸」4.9トンが転覆した。



別の船の乗組員が気付きクレーンで興真丸を引き揚げたが船長で長崎市琴海大平町の田添保廣 さん61歳の行方が分からなくなっている。

その後、海上保安部などが空と海から捜索に当たったが今、現在も行方が分かっていない。田添さんは救命胴衣を着 けていなかったという。

興真丸はクレーン船のアンカーを運ぶ船で点検のため新長崎漁港から西海市大瀬戸町の造船所に向かっていたが、当時は風速10メート ルで海は時化てはなかったと関係者は語っている。

田添さんの安否が心配されている。

船体を21に輪切り、座礁船3か月かけて撤去へ 04/23/16(読売新聞)

 山形県酒田沖で今年1月にパナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)が座礁した事故で、船の撤去作業を担う業者が「日本サルヴェージ」(東京都大田区)に決定した。

 同社が22日、酒田市船場町の酒田港湾合同庁舎で、報道陣向けに作業工程とともに明らかにした。27日に作業を開始し、7月下旬~8月上旬に完了する見通しという。

 同社によると、撤去作業は、ダイバーが水中で船体を輪切りにして21ブロックに分割し、作業船が引き揚げて酒田北港に運搬する形で行われる。期間中、風速15メートル、波高1・5メートルに達した場合、作業を中止する。費用は、船主であるシンガポールの海運会社が負担する。日本サルヴェージの担当者は「船内に残存した油などを逐一確認し、流出しないように作業を進めたい」と話している。

座礁船 27日から撤去開始へ 04/23/15(NHK)

ことし1月、酒田市の港でパナマ船籍の貨物船が座礁し、その後、沈没した事故で、船の撤去作業が来週から始まることになりました。
この事故は、ことし1月、酒田市の酒田北港でパナマ船籍の貨物船「CITY」号が防波堤の波消しブロックに乗り上げ、その後、沈没したものです。 船主側が、21日、船の解体・撤去を行う国内の業者と契約を交わし現場での撤去作業を今月27日から始めることが決まりました。
作業は台船とクレーン船の2隻の船を使い、ダイバーが交代で潜りクレーン船で吊り上げられる大きさに切断しながら海から引き上げることにしています。
撤去作業が終わるのは、海の状況によって7月下旬から8月中旬までの間になるということです。
岸壁で釣りをしていた酒田市の30代の男性は、「油が浮いているわけではないですが、船があると気になるので早く撤去してもらいたいです」と話していました。
この事故をめぐっては貨物船のロシア人の船長が業務上過失往来危険の罪で罰金40万円の略式命令を受けすでに納付しています。

Car carrier OCEAN TANGO grounding, Busan 04/17/16(FleetMon)

Car carrier South Korea OCEAN TANGO Vehicle carrier was grounded by a storm which battered Busan, Korea, on Apr 17. Vessel was docked at Yeong-gu area, reportedly fuel tanks were damaged with ensuing fuel leak. Present condition of vessel unknown.

写真を見る限り、コンテナ船「スターパイオニア号」は大きな船ではない。船首のどこがコンテナクレーンに当たったのだろうか??

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: STAR PIONEER
IMO: 9545003
Type of ship: CONTAINER SHIP
Flag: MARSHALL ISLANDS
Gross tonnage: 9520 tons
Year of Built: 2010
Builder: DAE SUN SHIPBUILDING & ENGINEERING - PUSAN, SOUTH KOREA
Class Society: KOREAN SHIPPING REGISTER
Manager & Owner: NAMSUNG SHIPPING - SEOUL, SOUTH KOREA

苫小牧港で接触事故 影響懸念 04/13/15(NHK)

13日朝、苫小牧港で入港してきた貨物船が岸壁の大型クレーンに接触する事故がありました。
けがをした人はいませんでしたが、3基あるクレーンのうち1基が使用できなくなり、物流への影響が懸念されています。
13日午前8時すぎ、苫小牧港の国際コンテナターミナルで、韓国の船会社が所有する貨物船「スターパイオニア号」が入港しようとした際、船首近くが岸壁のクレーンに接触しました。
この事故でけがをした人はいませんでしたが、3基ある大型クレーンのうち1基が故障して使用できなくなったということです。
故障したのはコンテナの積み降ろしに使われる高さ30メートルあまりの「ガントリークレーン」で、港の管理組合によりますと復旧のめどは立っておらず、当面、ほかの2基で積み降ろし作業を行うということです。
苫小牧港の国際コンテナターミナルは北日本最大の物流拠点で、取扱量が増える大型連休を間近に控えているだけに、物流への影響が懸念されています。

「速度出し過ぎた」海保乗組員が供述 防波堤衝突事故 04/11/16(琉球新報)

 宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」が平良港沖合の防波堤に衝突し乗組員が負傷した事故で、捜査関係者によると乗組員が第11管区海上保安本部などの調べに対して「速度を出し過ぎた」などと供述していることが10日、分かった。

 同本部は事故時に誰が操船していたかなどについては「捜査が続いており明らかにできない」としている。
 11管は10日も事故原因の調査を続けた。巡視船乗船経験のある海上保安官は「港内や周辺では速度を落とすのが原則。速度さえ落としていれば、船首が大破するほどぶつかる前に何らかの対応ができたはずだ」と疑問を呈した。

巡視船は40キロ前後で衝突か 04/09/16(琉球新報)

8日夜、沖縄県宮古島市の港の沖合にある防波堤に、海上保安署の巡視船が衝突し、乗っていた海上保安官全員がけがをした事故で、巡視船は事故当時、時速40キロ前後の速度で衝突した可能性があることが関係者への取材でわかりました。
8日午後9時ごろ、宮古島海上保安署の巡視船「のばる」が、宮古島市の平良港の沖合にある防波堤に衝突して、乗っていた15人の海上保安官全員がけがをしました。
このうち1人は顔の骨を、別の1人はろっ骨を折る大けがをしました。
防波堤に乗り上げたまま動かなくなっていた巡視船は、9日午後、平良港に移されました。
船の前の部分は、防波堤に衝突した衝撃で内部が見えるほどめちゃくちゃに壊れ、へさきの部分は大きく上を向いていました。
こうした船の損傷の具合などから、巡視船は事故当時、時速40キロ前後の速度で衝突した可能性があることが関係者への取材で新たにわかりました。
船は港に入る前や防波堤の近くでは、他の船や岸壁との衝突を避けるため、速度をできるだけ落として航行するということで、40キロ前後の速度で港に進入することは、通常では考えにくいということです。
事故の直後には、救助活動をした海上保安官が、現場の視界は良かったと話しているということで、第11管区海上保安本部は事故が起きた原因を詳しく調べています。

かなり派手に衝突し、壊したものだ!

中国の船に体当たりをしても強度的に丈夫で沈没しない事を確認する衝突テストでも行っていたのか?

しかし、この衝突テストの付けは大きい!修理費用はかなりの額であろう。写真を見るとウォータージェット推進のようだ。 目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)を備えたJM61-RFS 20mm多銃身機銃が衝突により、故障や調整のために整備が必要となれば、 更なる出費。

乗組員達で修理費を分担してね!税金で修理しないようにお願いします。

宮古で海保船衝突、15人けが 船首大破、「入港進路誤り」 04/10/16(琉球新報)

 宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」が平良港沖合の防波堤に衝突し乗組員が負傷した事故で、乗組員15人のうち3人が顔面やあばら骨、左腕を骨折したほか、残り12人も打撲などのけがを負っていたことが分かった。第11管区海上保安本部が9日、発表した。全員命に別条はない。船首部分が大破していることから、かなりの速度で岸壁にぶつかったとみられる。11管によると、油もれは確認されていない。

 11管は「入港進路の誤りが事故原因の一つと考えられる」としており、乗組員に事故当時の状況を聞くなどして調査している。
 11管によると、衝突したのは港から北北西に約4キロの地点。8日午後9時ごろ、周辺海域の夜間パトロールを終えて帰港する際、何らかの原因で港の沖合にある防波堤に衝突した。出港時間や詳しい業務内容などについて「保安上答えられない」としている。


防波堤に衝突し、船首が大破した宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」=9日午後4時半ごろ、宮古島市の平良港

 11管は9日、他の船が入港する際の妨げになるなどの影響が出ることから、衝突し、大破した「のばる」の船体を防波堤付近から港内に移動する作業を行った。午後0時30分ごろに船体が防波堤から離れ、午後3時45分ごろ、自力航行が不可能な状態でタグボートにえい航され、平良港内に入港した。
 平良港には多数の市民が様子を見に訪れた。散歩中の男性は大破した船首を見て「海の安全を守る海上保安庁がこれでは」と首をかしげた。

巡視船「のばる」にはレーダーもGPSも搭載されているはずである。

2011年に就役している。航海設備が古い巡視船ではない。なぜ、防波堤に衝突したのか??

「事故当時、島ではもやが観測されており、視界が悪い状態だった。」

視界が悪い状態では操船できないような乗組員が乗っていたのか?まさか、1人だけで誰もブリッジあたりにいなかったはずもないと思うが?

海保の巡視船が防波堤に衝突、15人重軽傷 04/09/16(読売新聞)

 8日午後9時頃、沖縄県・宮古島(宮古島市)の平良ひらら港の防波堤に、宮古島海上保安署所属の巡視船「のばる」(坂田修船長)が衝突した。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、乗組員15人全員が重軽傷を負った。

 11管によると、15人のうち2人が顔や肋骨ろっこつなどの骨折、1人が骨折の疑い。残りの12人は打撲や捻挫など。全員、命に別条はないという。

 「のばる」は全長46メートル、幅7・5メートル、195トン。2011年4月に宮古島海上保安署に配属された。事故当時は夜間パトロールを終えて、平良港に帰港中だった。船首部分が損傷して浸水しているが、沈没の恐れはなく、油の流出も確認されていないという。

 防波堤は港の沖合にあり、衝突したのは港から北北西に約4キロの地点。現場から約100メートルの地点に灯台があるが、宮古島地方気象台によると、事故当時、島ではもやが観測されており、視界が悪い状態だった。11管が衝突の原因を調べている。

貨物船と漁船が衝突、1人行方不明 三重・熊野灘 04/09/16(朝日新聞)

 9日午後6時20分ごろ、三重県尾鷲市の三木崎灯台から南約32キロの熊野灘沖合で、芙蓉(ふよう)海運(鹿児島市)の貨物船(498トン)と、三重県紀北町の小型漁船が衝突した。尾鷲海上保安部によると、漁船には同町のカツオ漁師の男性(63)が乗り込んでいたが行方不明になっているという。同海保は付近の海域を捜索している。

貨物船と小型漁船衝突 尾鷲沖、1人不明 04/09/16(中日新聞)

 9日午後6時15分ごろ、三重県尾鷲市の三木埼灯台から南32キロの沖合で、同県紀北町矢口浦の漁業家崎敬吾さん(63)の小型一本釣り漁船「桂漁丸」と、鹿児島市の芙蓉海運の貨物船「三社丸」(498トン、5人乗り)が衝突。家崎さんが行方不明となり、尾鷲海上保安部などが捜索している。

 海保によると、宮城県の石巻港に向かっていた三社丸の船首部が桂漁丸の船首部右側に衝突。互いの船に大きな損傷はなかったという。

 ところが午後9時27分ごろ、海保の巡視艇「みえかぜ」が和歌山県新宮市の新宮港沖18キロ付近で、無人のまま航行する桂漁丸を発見した。

 家崎さんは1人で桂漁丸に乗り、午前5時ごろ矢口浦から出港。午後5時に和歌山県の串本港に入港する予定だった。

「同貨物船は、事故が発生したとき福州でその貨物を降ろした後、インドネシアに向かう途中であった。」

台湾で座礁した船の国籍はニウエ

国際航海の船なのにIMO番号が不明。犯罪の匂いがする船だ。この船、外観で判断すると日本で建造されているかもしれない。
調べてみると四国中央フェリーの「ロイヤルにいはま」又は「ロイヤルかわのえ」に似ているのでどちらかと言うことになります。 「ロイヤルかわのえ」はAIS:船舶自動識別装置で確認すると「Dionisios Solomos - IMO 8909886」 としてギリシャで運航されています。よって、「ロイヤルかわのえ」が選択肢から消える。AIS:船舶自動識別装置でIMO番8909874の船舶が見つかりません。消去法で行くと、「ロイヤルにいはま(IMO:8909874)」である可能性が高い。多少の改造した点は見られますが、概観がかなり似ています。同型船、又は、図面をコピーして建造しないとここまで似る事はないでしょう。

船の国籍はニウエなのに、AIS:船舶自動識別装置を発信していない。国際条約でAIS:船舶自動識別装置とIMO番号の表示は要求されています。何かを隠す、又は、船の存在を知られたくないために、AIS:船舶自動識別装置とIMO番号を満足していない事実はすごく怪しいです。IMO番号が判明すれば、かなりやばい事のために書類等を偽造しない限り、過去が追跡できるようになっています。

四国中央フェリーボ-ト「ロイヤルにいはま」(広島発 お船を眺めにでかけましょう)

<ロイヤルにいはま>
総トン数 3,981トン
全長  115m
最大速力 21.5ノット
車両積載数 トラック72台
旅客定員 600名
建造者 サノヤス水島

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: ROYAL NIIHAMA
IMO: 8909874
Type of ship: RO-RO/PASSENGER SHIP
Flag: CHINA
Gross tonnage: 3984 tons
Year of Built: 1990
Builder: SANOYAS MIZUSHIMA WORKS & SHIPYARD - KURASHIKI, JAPAN
Manager & Owner: CHINA GOVERNMENT - BEIJING, CHINA

四国中央フェリー ロイヤルにいはま/ロイヤルかわのえ(定期船ブログ)

船名 : ロイヤルかわのえ
   総トン数 : 3,981屯 
主要寸法 : 全長115.6m 型幅21.0m 型深6.0m
主機関 : ディーゼル 6,000PS×2基
航海速力 : 19.0ノット
旅客定員 : 600名
竣工 : 1990年(平成2年) 6月
建造所 : サノヤス 水島
航路 : 東神戸~川之江~新居浜  (青木のりば第1バース)
航路愛称 : バンパックフェリー

【台湾 4日】 澎湖諸島沖の貨物船のオイル漏れの危機 04/05/16(デイリーアジアニュース)

3日、澎湖県の環境保護局によると、澎湖諸島海域で立ち往生していた貨物船から燃料や油を除去する作業は、最後に油膜危機をもたらしたが、4日に完了した。4月初めからの安定した天候のおかげで、海洋工学の専門家やダイバーは過去3日間にわたって水没したエンジンや機械からオイル28トンをポンプする管理をしていると、事務局は述べている。「雲海」という名前のニウエ登録貨物船から削除されるディーゼルの110トンを含む燃料とオイル138トンは、2月25日に北部の澎湖海域で座礁した際に流れ出たもの。油除去の完了は4日まで厳戒態勢に関係当局と環境保護を考慮した油膜危機の終わりを意味していると、局の関係者は述べている。次のステップは、船を削除することであり、関係者は船舶の所有者が次の数日以内に運輸通信省傘下海事およびポート局(MPB)にサルベージ計画を提示することを指摘した。同貨物船は、事故が発生したとき福州でその貨物を降ろした後、インドネシアに向かう途中であった。

Oil leak crisis lifted for stranded freighter off Penghu Islands 04/03/16(FOCUS TAIWAN - CNA ENGLISH NEWS)

Taipei, April 3 (CNA) An operation to remove fuel and oil from a cargo ship stranded in waters off the Penghu Islands was completed Sunday, bringing to an end an oil slick crisis, according to the Environmental Protection Bureau of Penghu County.

Thanks to stable weather since the beginning of April, marine engineering experts and divers managed to pump 28 tons of lubricant from submerged engines and machinery over the past three days, the bureau said.

Including the 110 tons of diesel removed from the Niue-registered freighter, named "Yunhai," in the March 17-19 period, a total of 138 tons of fuel and oil were pumped out of the vessel, which ran aground in waters north of the Penghu archipelago off southwestern Taiwan on Feb. 25, the bureau said

The completion of the oil removal meant the end of a possible oil slick crisis that had put the relevant authorities and environmentalists on high alert until Sunday, bureau officials said.

The next step will be to remove the ship from where it is stranded, the officials said, noting that the vessel's owner will present his salvage plan to the Maritime and Port Bureau (MPB) under the Ministry of Transportation and Communications in the next few days.

It is possible that the 8,000-metric-ton ship will be dismantled at the site where it was stranded, or it could be towed to Fuzhou, China for repair, the officials said.

The MPB will decide what to do with the ship after the Tomb-Sweeping holiday, they added.

The cargo ship was on its way to Indonesia Feb. 25 after discharging its cargo in Fuzhou when the accident occurred.

(By Chen Chi-ching and Elizabeth Hsu) ENDITEM/J

Oil leak from a ship stranded off Penghu detected 03/09/16(Taipei Times)


The Yunhai cargo ship lies stranded just off the Penghu Archipelago yesterday.
Photo: Liu Yu-ching, Taipei Times

By Chen Wei-han / Staff reporter

An oil leak was discovered on Monday on water surrounding an islet of the Penghu Archipelago (澎湖群島) where a cargo ship from Niue was stranded, and authorities yesterday initiated emergency response measures to combat the pollution and remove fuel from the ship.

The ship, the Yunhai, ran aground in waters near Niao Yu (鳥嶼), an islet in the northern part of Penghu County, on Feb. 25, but no oil pollution was discovered until Monday, when members of the Penghu Ocean Citizen Alliance posted a video showing oil floating on water around the stranded ship.

Alliance director Weng Chen-sheng (翁珍聖) yesterday said the group hired a boat to patrol the sea surrounding the cargo ship because nothing had been done in the 11 days since the ship was grounded, and they discovered an oil belt on waters to the south of the vessel, but they could not estimate the volume of the spill. He said the spill was diesel fuel rather than heavy crude oil, which is difficult to remove and takes a long time to decompose in the sea.

The Penghu Environmental Protection Bureau yesterday said that the Coast Guard Administration dispatched two vessels to the scene on Monday, but did not find the spill. However, the bureau sent a small fishing boat and located the spill, which the boat crew soaked up with oil-absorbent sheets, it said.

The bureau said that the oil might have washed off the ship’s mechanical parts, instead of leaking from oil tanks, which Weng said was yet to be confirmed.

Following the discovery of oil pollution, the bureau yesterday convened an emergency meeting with the ship’s Indonesian owner, the Maritime and Port Bureau, the coast guard and the Environmental Protection Administration (EPA) to organize an oil removal program to remove the 145 tonnes of fuel in the ship’s tanks.

The program is to start on Friday after preparation finishes tomorrow and the oil tanks are expected to be emptied by Tuesday next week if weather conditions permit.

The situation is to be closely monitored by patrol officers of the coast guard and the EPA’s satellite monitoring system, the EPA said.

“The central and Penghu government felt the pressure after public opinion focused on the issue following the discovery of oil pollution, so they finally came up with an action plan to deal with the situation, which we are glad to see,” Weng said, calling on authorities to take action as soon as possible before the weather turns bad.

Passenger ro-ro ship YUN HAI aground, Taiwan Strait 02/25/16(FleetMon)

Passenger ro-ro ship YUN HAI ran aground at around 0100 Taipei time Feb 25 some 4.6 nm southeast of Penghu island, Taiwan, Taiwan Strait, in rough weather. 11 Indonesian crew rescued by Taiwanese CG helicopter. Vessel with 145 tons of fuel on board was on route from Fuzhou China to Indonesia, most probably recently sold by Chinese owner to Indonesian one. On a photo stranded YUN HAI.
Passenger ro-ro ship YUN HAI, MMSI 542213110, GT 8575, built ?, flag ?, owner ?.

Niue cargo ship aground in north off Penghu 02/25/16(FOCUS TAIWAN - CNA ENGLISH NEWS)

Taipei, Feb. 25 (CNA) A cargo ship from Niue, named "Yunhai," ran aground in waters about 1.3 nautical miles north of Niao Yu (Bird Island) of Penghu archipelago in the early hours of Thursday, said the National Search and Rescue Center.

Eleven Indonesian sailors on board were rescued by search and rescue personnel at about 2 a.m. and are being housed in the Penghu Labor Recreation Center.

Niao Yu is an islet with a land area of 0.265 square kilometers in Baisha Township in the northern part of offshore Penghu County.

The 8,000-metric-ton cargo ship was on its way to Indonesia Wednesday after it unloaded its freight in Fuzhou, China.

There is still about 145 metric tons of fuel oil in the cargo ship's tanks and the Coast Guard Administration and Penghu County officials are monitoring the situation.

(By Chen Chi-ching and Kuo Chung-han) Enditem/ke

最近、聞いた話だが 2016年1月10日の午前5時すぎ、酒田市の酒田北港でパナマ船籍の貨物船「CITY」号が、防波堤の波消しブロックに座礁した艱難では船長は英語がほとんど話せなかったそうである。海保に連絡するも「問題」を繰り返すだけで十分な説明が出来なかったそうである。

STCW条約(1978年の船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約)の要求によると船長や上級士官は少なくとも最低限の英語でコミュニケーションが出来る能力を要求される。(Under the STCW Convention, all officers in charge of a watch (navigational or engineering) must have a good command of spoken and written English. Senior officers with functions at a managerial level must also speak and write English, since this is a requirement at the previous level of responsibility. Ratings forming part of a navigational watch are required to be able to comply with helm orders issued in English.)

10日早朝、同船から第2管区海上保安本部に「酒田北港の防波堤に乗り上げた」と通報があり、第9管区海上保安本部と航空自衛隊のヘリが出動、ロシア人とバングラデシュ人の乗組員計18人を救助した。

一般的にバングラディッシュ人とロシア人が乗船しているから使用言語(Working Language)は英語のはずである。もし、英語でのコミュニケーションに問題があれば、英語とロシア語のマニュアルや指示書が要求される。これはISMコード 国際安全管理コードの要求に含まれている。

ISMコードの一部抜粋

6 経営資源及び要員配置

6.1 会社は、船長が次の要件を満たすことを確保しなければならない。

.1 船舶を指揮するための適切な資格を有すること
.2 会社の安全管理システムに十分精通していること
.3 職務を支障なく遂行できるように必要な支援を受けられること

6.2 会社は、各船舶に、旗国及び国際的要件に従った免状、資格を有し、か つ、身体適正な者を配乗することを確実にしなければならない。

6.3 会社は、新たな要員及び安全と環境保護に関する職務に新たに配置転換さ れた者が、その職務に習熟することを確実にする手順を確立しなければなら ない。また航海前に示されるべき重要な指示は、明確にし、文書化されて出 航前に乗組員に供与しなければならない。

6.4 会社は、会社の安全管理システムに関係する者全員が、関連する規定、規 則、コード及び指針について十分な理解を有することを確実にしなければな らない。

6.5 会社は、安全管理システムを擁護するために必要と思われる訓練を識別す る手順を確立し、維持しなければならない。また、関係者全員にそのような 訓練が行われれることを確実にしなければならない。

6.6 会社は、乗組員に、乗組員の使用言語又は理解できる言語で安全管理シス テムに関連する情報を提供する手順を確立しなければならない。

6.7 会社は、乗組員が安全管理システムに関連する職務を実行する場合に、効 果的に意思疎通ができることを確実にしなければならない。

国際安全管理規則解釈通達(CLASS NK)

PSC(外国船舶監督官)はISMコードに関して疑念を持つような根拠を見つければ、さらなる検査を行う事が出来る。なぜ、この船はPSC(外国船舶監督官)に指摘を受けていないのか?この船のような状態で日本に入港している船はたくさん存在する。疑問である。アメリカのPSC(アメリカ沿岸警備隊)は船長の英語の能力に問題があると判断した場合、船が出港する前に十分な英語の能力を有する船長への引継ぎを要求事がある。なぜPSC(外国船舶監督官)海保はおなじような対応を取らないのであろう。日本はお金があるからいろいろな問題に対して目を瞑ってやるのか?それとも単なる腰抜けか?

I M O STCW 条約第6 章に定める 基本訓練に関する調査報告書((一財)海技振興センター)

STCW A GUIDE FOR SEAFARERS Taking into account the 2010 Manila amendments (Maritime Professional Training)

「さらに衝突後、中国人の船長は、1時間半にわたって付近を捜索したものの船が見あたらなかったことからたいした衝突ではないと考え、海上保安庁に通報しなかったということで、報告書は、通報などを行っていれば漁船がより早く発見された可能性があるとしています。このため運輸安全委員会は、貨物船を管理する中国の会社に対し、乗組員への教育を徹底するよう安全勧告を行いました。」

個人的な意見ですが「船を管理する中国の会社に対し、安全勧告」は意味はないだろう。運輸安全委員会が現状についてどれほどの多くの情報を理解しているのか知らないが、「甘い」としか言えない。

衝突した貨物船「FUKUKAWA (IMO:8808135)」は頻繁に海難を起こす船が登録されているカンボジア籍船に登録されている。実際、乗組員への教育が徹底されているカンボジア籍船は存在するんですか?? 出来ない、又は、やる気が無いからカンボジア籍船を選択するのではないのですか?現状を知っていて、このような安全勧告を出すのですか??間抜けだと思いませんか?

船員として船に乗ることはないので、少なくとも自分が事故の被害者になることはないのですが、もし船員であれば、運輸安全委員会の対応には満足しないし、抗議したい。

下記のIMOの資料によると予測できる事であるが「貨物船FUKUKAWA漁船津の峯丸衝突」に関してカンボジア海運局からは事故調査報告書が提出されていないと記載されている。

ANALYSIS OF CASUALTY AND PSC DATA TO IDENTIFY TRENDS AND DEVELOP KNOWLEDGE AND RISK-BASED RECOMMENDATIONS 03/16/2015(AMSA)
開けない人はここをクリック

漁船貨物船衝突事故 安全勧告 03/31/16(NHK)

3年前、福岡市沖の玄界灘で、漁船が貨物船と衝突して転覆し、1人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、貨物船が、必要な対応をとらないまま漁船に衝突し、海上保安庁に通報しなかったとして、船を管理する中国の会社に対し、安全勧告を行いました。
平成25年6月、福岡市沖の玄界灘で、福岡市の漁船「津の峯丸」が、未明に外国船籍の貨物船と衝突して転覆し、船長の男性が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、31日、報告書を公表しました。
それによりますと、貨物船の中国人の乗組員は、霧で視界が悪化したのに衝突を避けるための汽笛を鳴らさず、レーダーで漁船を確認したものの、さらに接近してからでも避けられると思い、自動操縦のまま速度を落とさず航行を続けたとしています。
さらに衝突後、中国人の船長は、1時間半にわたって付近を捜索したものの船が見あたらなかったことからたいした衝突ではないと考え、海上保安庁に通報しなかったということで、報告書は、通報などを行っていれば漁船がより早く発見された可能性があるとしています。
このため運輸安全委員会は、貨物船を管理する中国の会社に対し、乗組員への教育を徹底するよう安全勧告を行いました。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: FUKUKAWA
IMO: 8808135
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: CAMBODIA
Gross tonnage: 1451 tons
Year of Built: 1988
Builder: IWAGI SHIPBUILDING - KAMIJIMA, JAPAN
Class Society: NIPPON KAIJI KYOKAI
Manager & Owner: TIAN CHEN INTERNATIONAL SHIPPING MANAGEMENT - HONG KONG, CHINA
Former names: SILVER ACE until 2007 Apr
CHUN AN until 2003 Jan
TOMOKAWA MARU until 1998

高知・柏島で貨物船が座礁 船から油膜を確認、重油流出の危機 03/17/16(ダイビングラボ)


出典:高知新聞(撮影 立田昌敬さん)

日本のマクロ天国・柏島で3月13日に貨物船が座礁し、重油流出の危機となっています。

高知新聞によると3月13日夜、高知県大月町柏島の西岸で、貨物船「第61龍丸」=船長約77m、重さ499トン= が座礁したということです。

座礁から既に丸3日以上が経過していますが、現場付近は波が高いこともあり、まだ離礁作業は進んでいません。船には石灰石1450トンが積まれており、千葉県へ向かう途中で座礁しました。

なお、3月15日午前には薄い筋状の油膜が広い範囲に広がっているのが見つかりましたが、その後同日夕方には油膜はほぼ見られなくなったということです。

柏島は西日本では非常に有名なダイビングスポットで、「マクロ天国」「マクロ王国」「マクロダイビングの聖地」と呼ばれるなど、特にマクロダイバーからは大人気。確認されている魚の種類は約1000種にも上ります。

その他にもタイやマグロの養殖が盛んで、ダイビング以外にも釣りや海水浴といったレジャー客が大勢訪れます。

もしも重油の流出などがあった場合、養殖や海のレジャーに対する悪影響が懸念されます。

なお、第61龍丸には5人の船員が乗っていたということですが、いずれも救助されており、幸い人的被害はなかったということです。

宿毛海上保安署は今後、船に残った重油の抜き取りなども予定しているとしています。

高知県の柏島で座礁した船から油膜 船尾付近の沈没確認 03/16/16(高知新聞)

 高知県幡多郡大月町柏島の西岸で座礁している貨物船「第61龍丸」=499トン、千葉県鴨川市、光潮物産所有=が船尾付近から沈み始めているのを15日、宿毛海上保安署が確認した。重油の流出などがあれば、養殖や海のレジャーへの影響が懸念される。

 宿毛海上保安署によると、第61龍丸は船長約77メートル。13日夜の座礁以降、付近は波が高く、離礁作業は進んでいない。15日朝になって船尾付近の浸水を確認。薄い筋状の油膜が船から北西方向へ幅約50メートル、長さ約700メートルにわたって広がっているのも見つかったが、油膜は夕方にはほぼ見られなくなったという。

 このままだと船が沈みかねないとし、15日午後5時すぎ、船の周囲にオイルフェンスを設置した。宿毛海上保安署は船に残った重油の抜き取りも予定しているという。船には石灰石1450トンが積まれている。

 高知県の柏島では、タイやマグロの養殖が盛んなほか、ダイビングや釣りなどのレジャーも人気がある。

 100余りのいけすでタイの種苗生産などを行っている山崎技研の福田謙治・水産事業部課長は「湾内に(油が)流れれば影響はゼロではない」と警戒。黒潮実感センターの神田優センター長は「石灰の影響は分からないが、油の流出は磯釣りやダイビングスポットを中心に被害が出かねない。海への影響が気掛かりだ」と話していた。

 第61龍丸は大分県から千葉県へ向かう途中で座礁した。船員5人は救助されている。

Cargo Ship KM BUNGA MELATI XV sank in Port Tagulandang, Indonesia 03/22/16(SHIPOFFER.COM)


The Panama-flagged general cargo ship KM BUNGA MELATI XV sank in Port Tagulandang, Tagulandang island, north of northern tip of Sulawesi Island, Indonesia, in the Celebes sea, at around 14:30 LT on Tuesday (Mar 22).

Vessel was loaded with 2400 tons of cement, when the incident occurred.

Reportedly the vessel collided with a reef and suffered breach or breaches. The 1477-gt cargo ship rests on bottom with bridge remaining above the water.

No casualties reported.

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: BUNGA MELATI XV
IMO: 8011110
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: INDONESIA
Gross tonnage: 1477 tons
Year of Built: 1980
Builder: SHIN KOCHI JYUKO - KOCHI, JAPAN
Class Society: BIRO KLASIFIKASI
Manager & Owner: SARI AMPENAN - SURABAJA, INDONESIA
Former names: C.E.STAR until 2009
TAIMEI until 2006 Oct
EIKOH until 1995 May
SHINRYU MARU until 1994 Apr

Cargo-laden vessel sinks in Sundarban's Shela River 03/20/16(The Asian Age)

A coal-laden cargo vessel sank in the Shela River in Harintana area of the Sundarbans in Mongla upazila on Saturday evening. According to forest officials and pilot of the coaster, Sea Horse-1, the incident happened in the river near Harintana on Saturday afternoon. A tanker, OT Southern Star 7, had sunk in the same river in December 2014 spilling 357,664 litres of furnace oil it had been carrying. The massive oil spill from the tanker had put the biodiversity and ecology of the Sundarbans, world's biggest mangrove forest and a world heritage site since 1997, at risk. Since then environmentalists and different socio-cultural organizations have been demanding a halt to plying of water vessels through the Sundarbans.Sea Horse-1 pilot Md Sirajul Islam Molla told media that the coaster had stated for Noaparha in Jessore from Chittagong on Mar 16. He said, "The bottom (of the vessel) suddenly ruptured when it reached Harintana area." A tanker, Noorjahan-1, rushed and rescued the coaster's crew members, he added.Sundarbans Divisional Forest Officer (South) Saidul Islam said the vessel had sunk 25 nautical miles off the Sundarbans' Chandpai range office. He said forest department people could not reach the spot on Saturday. "Steps will be taken to recover the coaster on Sunday after contacting its owner," he added.However, all the 14 crew members of 'Sea Horse' managed to swim ashore after the incident.Earlier on December 9, 2014, a tanker carrying some 3.58 lakh litres of furnace oil capsized in the Shela River which created a platform for a massive and prolonged impact on the coastal ecology of the Sundarbans.

The Maritime Executiveの記事に添付されている動画が凄い。これからはカメラマンや記者で「ドローン」を上手く操縦できる人達の方が、評価される時代が 来るかもしれない。

ヘリコプターだとコストが高い。現場の近くにいけない。かなり上の上空からの撮影になる。「ドローン」を車にいつも積んでいれば、直ぐに現場に行けるし、良い動画や画像が入手できる。「ドローン」は高い物ではない。

規則や局の対応次第では、大きな変化が起きるのではないかと今回の動画をみて思った。

日本はいつも時代遅れの対応だからあまり期待は出来ないだろう。

最後に、座礁したコンテナ船「TS TAIPEI」は2006年で中国で建造されている。座礁の理由はエンジンの故障による座礁。船の品質が悪かったのか、船の維持管理に問題があったのか、それとも両方が運悪く最悪の結果を引き起こしたのか?

TS TAIPEI 04/16/10(船好きくまの船図鑑)

IMO:9348481
国籍:PANAMA
船主:TS TAIPEI SHIPPING CORP.
運航:TS LINES
総トン数:15.487G/T
全長:158.25m
全幅: 25.30m
喫水: 13.50m
速力: 20.0kn
積載:1.578teu
建造:JIANGSU YANGZIJIANG SHIPBUILDING CO.,LTD 2006

Drone View of Container Ship Grounded off Taiwan 03/28/16(The Maritime Executive)

By MarEx

As the weather improved off the Taiwanese coast on Sunday, salvors were able to resume pumping out heavy oil and fuel from the container ship T.S. Taipei that ran aground on March 10. The vessel broke in two on March 24 and has been leaking fuel oil into the sea.

Removing nine containers from the grounded ship that contain toxic materials is a priority, and a 450-ton crane ship will arrive on scene by Thursday.

The T.S. Lines 15,487-ton ship ran aground in a storm about 300 meters from the shore while it was sailing from Hong Kong to Keelung Port in Taiwan. All 21 crew members were evacuated safely, but a helicopter crashed during the subsequent clean-up operation has killing two and seriously injured another.

Stormy weather has hampered efforts to remove fuel from the vessel which contains around 240 tons fuel oil and 35 tons of lube oil.

Some of the vessel’s 600 shipping containers have fallen overboard, and Taiwanese authorities report that some of the remaining containers contain 20 tons of potassium perchlorate, 18.2 tons of toluene, 19.5 tons of fats, 8.5 tons of corrosive liquids, six tons of flammable lubricants and 11 tons of paint.

The wreck is near a fishing port, and over 100 people are working to contain the spill. Heavy oil from the ship has already polluted a stretch of about two kilometers along the northeastern shore of the Shihmen area.

Oil slick stains Taiwan coast after cargo ship runs aground 03/25/16(The Star On Line)

TAIPEI: An oil slick from a stricken cargo ship off Taiwan’s north coast could cause “massive” devastation to the area’s sea life, environmentalists said Friday, as clean-up workers scrambled to contain the leak.

Bad weather is hampering more than 100 workers who are trying to contain the slick after the Taiwanese ship “T.S. Taipei” became stranded on a reef earlier this month off the shore of Shihmen in New Taipei City.

“Even if the oil stains can be removed swiftly, massive deaths of fish and other marine animals in the area are expected due to lack of oxygen in the water,” said Michael Lee, secretary-general of the non-profit Society of Wilderness (SOW).

“It could take at least three years for the local ecological system to recover to some extent,” he added.

Around 1.9 kilometres (1.18 miles) of coastline has already been polluted since the ship ran aground on March 10 and workers in protective gear were using buckets and solvents Friday to remove oil from the shore.

A salvage operation has been trying to drain the ship’s oil tank, but has been hampered by bad weather.

There are still over 200 tonnes of fuel and 614 cargo containers with machinery, furniture, textiles and other items on board, as well as nine containers containing lubricant and toxic chemicals, said the Environmental Protection Administration (EPA).

“The ship has fractured down the middle and could capsize anytime... if it capsizes, the remaining fuel could leak out and the cargo containers will fall into the sea, affecting the local coastline and ocean habitat,” it said in a statement.

The worst oil spill in Taiwan in recent years was when Greek-registered Amorgos, carrying 60,000 tonnes of iron ore, ran aground off the southern coast in 2001.

Nearly 1,000 tonnes of oil gushed out of the vessel, contaminating a coastal reserve and seriously damaging the area’s ecosystem. - AFP

座礁船救助中の救助ヘリが墜落、1人死亡 台湾・新北市 03/11/16(AFP)

【3月11日 AFP】台湾の新北市(New Taipei City)で11日、座礁した貨物船の救助活動にあたっていた救助ヘリコプター「S-70C」が墜落し、1人が死亡、4人が救助された。

貨物船どうしが接触けが人なし 03/09/16(NHK)

9日午後、釧路港内でパナマ船籍の貨物船どうしが接触する事故がありましたが、双方の乗組員にけがはありませんでした。
当時、10メートルの風が吹いていたということで、海上保安部が原因などを調べています。
9日午後2時前、釧路港の西港第2埠頭近くで、いずれもパナマ船籍の貨物船、ミマサカ9807トンと、クイーンアジア1万7027トンが接触しました。
釧路海上保安部によりますと、港に入ってきたミマサカが、すでに停泊していたクイーンアジアの船首付近に接触したということで、双方の船に乗っていた中国やフィリピンなどの外国人乗組員あわせて42人にけがはありませんでした。
また、燃料が流出したり、積み荷の飼料が海上に投げ出されたりすることもありませんでした。
当時、釧路港では10メートルの西寄りの風が吹いていたということで、海上保安部は乗組員から話を聞くなどして当時の状況や原因を調べています。

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: MIMASAKA
IMO: 9562831
Type of ship: GENERAL CARGO
Flag: PANAMA
MMSI: 354594000
Gross tonnage: 9807 tons
Year of Built: 1988
Builder: HIGAKI SHIPBUILDING - IMABARI, JAPAN
Class Society: BUREAU VERITAS
Manager & Owner: WISDOM MARINE LINES - TAIPEI, TAIWAN

漁船転覆、韓国人船員を逮捕 山口 02/23/16(産経新聞)

 徳山海上保安部は22日、前方を航行する漁船に衝突し、船長の阿部敏光さん(83)=山口県防府市=を水死させたとして、業務上過失往来危険などの疑いで、韓国船籍の貨物船「シノコー・インチョン」(3625トン)の2等航海士、高逢規容疑者(23)を逮捕した。高容疑者は当直責任者で見張りを担当していた。

伊万里で修理中の船から出火 2人搬送/佐賀 02/23/16(毎日新聞 地方版)

 22日午前8時20分ごろ、伊万里市瀬戸町の桟橋に係留してあった巻き網漁船「第十八喜代丸」(138トン)から出火、船室などを焼いた。男性作業員2人が煙を吸って病院に搬送されたが命に別条はない。

 伊万里消防署によると、造船所で修理中、溶接の火が燃え広がったらしい。【松尾雅也】

酒田の座礁船、7月までに撤去 住民向け説明会で報告 02/19/16(山形新聞)

 酒田市の酒田北港で先月、パナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)が座礁、沈没した事故で、市主催の住民向け説明会が18日、同市西荒瀬コミュニティ防災センターで開かれた。市側は今月16日までにドラム缶(200リットル)759本分の油を含んだごみを回収したことや、船体が7月末までに撤去される見通しとなっていることなどを報告した。

 住民ら約40人が参加。市の担当者が▽豊川や幸福川へのオイルフェンス設置▽吸着マットでの油防除―などの対応をしていることなどを説明。船体撤去は船舶所有者側が実施し、来月中の工事業者決定後、春以降に作業を始めるとの見通しを示した。住民からは「宮海海水浴場にも油が来ている。海水浴客に付かないか心配だ」「波や風への対策をしっかりし、酒田港の安全を高めてほしい」といった意見が出た。

 事故は先月10日未明に発生。酒田港外に停泊していた際、西寄りの強い風と波に流され、酒田北港西護岸に座礁した。

<酒田北港>座礁、沈没貨物船7月までに撤去 02/19/16(河北新報)

 山形県酒田市は18日、酒田北港で1月に座礁、沈没したパナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)に関し、船主側が7月までに撤去する意向を示していることを明らかにした。住民説明会で報告した。

 市によると、3月に入札で解体、撤去業者を決定、早ければ4月に作業に着手する計画という。説明会では、流出した油を除去した際、ドラム管759個分の廃棄物が発生したことも報告した。

自動車運搬船で木材が積めるのか?どのような積み付けだったのだろう?積み付けマニュアル(Cargo Securing Manual)は船級の承認を得ていたのか?

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: MODERN EXPRESS
IMO: 9231688
Type of ship: VEHICLES CARRIER
Flag: PANAMA
MMSI: 356187000
Gross tonnage: 33831 tons
Year of Built: 2001
Builder: SHINASB YARD - TONGYOUNG, SOUTH KOREA
Class Society: KOREAN SHIPPING REGISTER
Manager & owner: CIDO SHIPPING - HONG KONG, CHINA

Stricken 'moving mountain' ship towed into Spanish port 02/04/16(APF)

Bilbao (Spain) (AFP) - A stricken cargo ship carrying timber from west Africa was successfully towed into the northern Spanish port of Bilbao Wednesday after a days-long salvage operation prevented it from crashing into the neighbouring French coast.

A tugboat dragged the listing Panama-registered "Modern Express" into the port accompanied by other vessels, an AFP photographer said, after an unexplained breakdown in high seas last month forced the 22 crew to abandon ship in a dramatic helicopter rescue.

The 164-metre-long (538-foot) ship will now have to be moored and put upright again in the coming days in the biggest ever such operation organised by the port of Bilbao, one of the largest on Spain's Atlantic coast.

The Modern Express was carrying diggers and 3,600 tonnes of timber from Gabon in west Africa to the port of Le Havre in Normandy, France when it ran into difficulties in January.

It was also carrying 300 tonnes of fuel oil, although authorities said there was a limited risk of pollution in the event of a crash.

The ship's crew sent a distress signal on January 26 after the vessel listed strongly to one side, possibly due to its cargo coming loose in the hull.

Two Spanish helicopters were dispatched to airlift the crew to safety.

They had been left clinging to the deck of the ship after it tilted at 40 degrees while buffeted by large waves and high winds.

- 'Moving mountain' -

The abandoned ship then drifted in rough seas for several days before authorities launched a bid to attach a tow line and stop it from hitting the French coast.

Dutch salvage experts were lowered by helicopter onto the vessel to try and attach the line.

They failed three times, with the cable snapping on Saturday due to swells of up to five metres (16 feet).

"The difficulty is a combination of several things: the wind, the swell and the angle of the boat which is like climbing a mountain, but which is moving," a spokesperson for SMIT Salvage, the Dutch company working to attach the towline, told AFP over the weekend.

On Monday, as the ship was approaching dangerously close to the coast not far from the western French resort of La Rochelle, they launched a final attempt and succeeded in connecting a tugboat to the vessel.

The tugboat pivoted the ship, pointed it towards the open sea and started slowly dragging it away from France to Bilbao at the request of the vessel's owner, South Korean firm Cido Shipping.

By late Tuesday it was nearing Bilbao, according to Spanish authorities, who decided to delay the operation to bring it into port until daylight Wednesday.

If the towing operation had failed, the Modern Express would likely have crashed into France's coast, where it would have been dismantled or cut up.

Bid to tow stricken ship away from French coast a 'success' 02/01/16(APF)

Maritime experts on Monday successfully managed to tow a stricken South Korean cargo ship away from France and prevent it from crashing into the country's picturesque Atlantic coast.

Louis-Xavier Renaux, a spokesman for local maritime authorities, said a Spanish tugboat had successfully been connected to the ship, which is tilting heavily, "and managed to pivot it, point it towards the open sea and begin towing it."

Spanish maritime authorities confirmed they had accepted a request from the vessel's owner, South Korean firm Cido Shipping, to take it to the northern port of Bilbao, where it will be stabilised.

A French maritime official said weather conditions were "favourable" as the cargo ship was dragged slowly towards the Spanish coast, where it is due to arrive Wednesday morning.

"We are taking a great deal of care because the swell is still quite strong," the official said.

The Modern Express was carrying diggers and 3,600 tonnes of timber from Gabon in west Africa to the port of Le Havre in Normandy, France.

After seven days drifting in rough seas, the Panamanian-registered ship was only 44 kilometres (27 miles) from the French coast when authorities launched a final bid to attach a tow line and stop it from hitting the coast.

Experts from Dutch company SMIT Salvage, which specialises in helping ships in distress, were lowered by helicopter onto the vessel as it tilted at 40 to 50 degrees while buffeted by large waves.

The ship's crew sent a distress signal last Tuesday after the vessel listed strongly to one side, probably due to its cargo coming loose in the hull.

The 22 crew were evacuated by helicopter as they clung to the ship.

Three earlier efforts to attach the tow line failed, with the cable snapping on Saturday due to the movement of the vessels in the rough seas.

"The difficulty is a combination of several things: the wind, the swell and the angle of the boat which is like climbing a mountain, but which is moving," a spokesperson for SMIT Salvage told AFP over the weekend.

If the towing operation failed, the Modern Express would likely have crashed onto France's southwest coast at Arcachon Bay, where it would have been dismantled or cut up.

With around 300 tonnes of fuel in its tanks, French authorities said there was a limited risk of pollution in the event of such a crash.

A clean-up vessel was sent to the scene as a precautionary measure and coastal communities remained on alert.

仏沖で商船が遭難 座礁の恐れ 02/01/16(BBC)


仏沿岸を漂流するモダン・エクスプレス号(1月31日)

フランスの海事当局によると、同国南西部沖で遭難した商船が大西洋沿岸に向かって漂流している。傾いた船を立て直す作業が1日に再開される予定だが、失敗した場合には1日夜から2日朝にかけて大西洋沿岸で座礁する可能性がある。

海事当局者は、「商船をまっすぐに立たせるのは完全に不可能」だと述べた。

仏当局によると、船には約300トンの燃料も積まれている。現地紙のスドウエストによると、座礁した場合には燃料の拡散を防ぐ緊急措置が取られる予定だという。

2002年にはスペイン北部沖で石油タンカー、プレステージ号が沈没し、流出した5万トンの重油による環境汚染が沿岸で何千キロにも及ぶ問題となった。

モダン・エクスプレス号は、現地時間1月31日の午前11時(日本時間午後7時)時点で、フランス南西部のボルドーとビアリッツの中間地点から約100キロの沖合で漂流していた。

(英語記事 Stricken cargo ship Modern Express heading for French coast)

クレーン倒れ1人死亡(47NEWS)

尼崎港 大型クレーン転倒、1人不明…兵庫 02/01/15(毎日新聞)

 1日午前9時55分ごろ、兵庫県尼崎市東海岸町の尼崎港の岸壁で「船上のクレーンが倒れた」と、消防に通報があった。県警尼崎南署などによると、岸壁に接舷した台船の上で100トンの大型クレーンが岸壁側に倒れ、一部が海に落ちた。クレーンを誘導していた男性(72)の行方が分からなくなっている。また、クレーンを操作していた男性(36)が海中に落ち、打撲や低体温症などで病院に運ばれた。

 尼崎南署などは、行方不明の男性が海に落ちたとみて捜索している。

 現場は阪神高速湾岸線の尼崎東海岸出入り口近くの工場や倉庫などが建ち並ぶ地域。【柳楽未来】

三菱の損失は2000億円を超えるのか?

建造中の大型客船内で出火、今月3度目 長崎の三菱重工 01/31/15(朝日新聞)

 31日午前1時15分ごろ、長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船の7階部分で、フィリピン籍の男性作業員が段ボールが炎上しているのを見つけ、仲間の作業員を呼んで消火器で消火した。内装用の資材が入った段ボール数個が焼けたが、けが人はなかった。

 長崎県警大浦署によると、船体中央部のレストランになる予定の区画の外側にある通路から出火した。断熱材などの資材置き場だった。当時作業はしておらず、火の気はないという。

 客船はドイツのクルーズ会社向けに建造中の「アイーダ・プリマ」で、今月11日夜と13日夜にも、天井や資材が焼ける火災があった。県警は不審火とみて、関連をしらべる。

 聯合ニュースによると26日午後2時半ごろ(日本時間同)、韓国・ソウルの漢江(ハンガン)を航行中の遊覧船が浸水し、外国人観光客を含む乗客乗員計11人は全員救助された。負傷者はいなかった。在韓日本大使館によると日本人観光客は乗っていなかった。

 聯合ニュースによると、スクリュー部分の異常が原因とみて警察などが調べている。強い寒気で漢江の一部は凍っていた。(共同)

【愛媛】強風で貨物船が岸壁に衝突、けが人なし 01/24/15(NHK)

24日朝早く、愛媛県大洲市の港で、貨物船が強い風によって押し流され、岸壁に衝突しました。
けが人はいませんでした。
松山海上保安部によりますと、24日午前5時ごろ、愛媛県大洲市長浜の港に停泊していた、 長崎県壱岐市の会社が保有する491トンの小型の貨物船「第十一住吉丸」が、強い風や波で船が大きく 揺れたため、危険を感じて岸壁から離れようとしたところ、風に押し流され、岸壁に衝突しました。
当時、貨物船には操縦していた機関長1人がいましたが、けがはありませんでした。
また、船の船首にこすれたような傷がつきましたが、油の流出などはありませんでした。
この貨物船は、海砂を搭載して和歌山県田辺市に向かうため、23日夕方、山口県を出発し、 この港には23日午後10時ごろから停泊していました。
気象台によりますと、事故当時、大洲市内には風雪注意報と波浪注意報が出ていて、 海上保安部は、突風が吹いた可能性もあるとみて、事故の原因や船の状態などを調べています。

「海難残骸物除去費用等の請求者は、船舶所有者のみならず、保険会社に直接費用の請求をすることができる。 」
海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約は今回の座礁に適用されないのか?

ロシア人船長を書類送検 01/20/15(NHK)

酒田市の港で今月10日、パナマ船籍の貨物船が座礁した事故で、海上風警報が出ていたにも関わらず、安全な場所に避難するなどの適切な行動を取らなかったとして酒田海上保安部は20日、ロシア人の船長を書類送検しました。
この事故は今月10日の午前5時すぎ、酒田市の酒田北港でパナマ船籍の貨物船「CITY」号が、防波堤の波消しブロックに乗り上げたものです。
貨物船の乗組員は、ロシア人14人とバングラデシュ人4人のあわせて18人で、酒田海上保安部は、聞き取りを行うなどして事故の原因を調査してきました。
その結果、当時、海上風警報が出ていたにも関わらず、風や波の影響を受けにくい安全な場所に避難するなどの適切な行動を取らなかったとして業務上過失往来危険の疑いでロシア人の61歳の船長の書類を20日、山形地方検察庁酒田支部に送りました。
海上保安部によりますと、「CITY」号は酒田港の外にいかりをおろして停泊中、天候が悪化したため、避難しようとしましたが、強い風に押し流され、座礁したということです。
貨物船はその後、沈没し、船体を撤去するめどは今のところ立っていません。

雪・強風で交通乱れ、港内のタンカー座礁 01/20/15(読売新聞)

 荒天となった19日、九州・山口では雪や強風によるとみられる被害や交通機関の乱れが相次いだ。

 海上強風警報が出た鹿児島県では、垂水たるみず市の垂水港で午後2時半頃、「フェリー第八おおすみ」(1498トン)が岸壁に接触し、左舷の防舷材を破損。乗客60人と乗員にけがはなかった。鹿児島海上保安部は、推進器が故障して船体を制御できず、強風で押された可能性があるとみている。同県西之表市の西之表港内では午後6時半頃、停泊中のタンカー(199トン)が強風にあおられ、浅瀬に乗り上げた。乗組員4人にけがはなかった。

 福岡市中央区高砂2の老人ホーム(10階建て)では午前7時半頃、6階と8階のベランダのガラスフェンス(高さ約1メートル、幅約1・7メートル)計14枚が敷地内の乗用車の上に落下。ベランダでフェンスをおさえようとした施設長の男性(56)が左手を切るなどした。福岡県警は強風でフェンスが外れたとみている。

種子島で“強風” タンカーが浅瀬に乗り上げる 01/20/15(テレ朝news)

鹿児島県種子島で19日夜、強風を避けて港に停泊していたタンカーが浅瀬に乗り上げました。事故当時、種子島地方には強風波浪注意報が出されていました。

 鹿児島海上保安部によりますと、午後6時半ごろ、荒天を避けるため種子島の西之表港内に停泊していた広島県呉市の大光汽船所有のタンカー「誠徳」199トンが河口付近の浅瀬に乗り上げました。乗組員4人にけがはなく、油の流出や船の損傷もないということです。現場の海域では、約18メートルの強い風が吹いていたということです。鹿児島海上保安部が巡視船を派遣し、事故の原因を調べています。

強風でフェリーが対岸のクレーンと衝突 けが人なし 01/19/15(NHK)

19日午後、愛媛県八幡浜市の八幡浜港でフェリーが出港直後に強風に流され、数十メートル離れた対岸のクレーンと衝突しました。けが人はなく、油の流出などもないということで、海上保安部が詳しい状況を調べています。

19日午後1時前、愛媛県八幡浜市の八幡浜港で「九四オレンジフェリー」の「おれんじ四国」(2918トン)が出港した直後に強風に流され、数十メートル離れた対岸のドックのクレーンに船の右前方部分が衝突しました。
この事故でクレーンの先端部分がフェリーの一部に突きささった形になりました。フェリーには乗客23人、乗員10人が乗っていたほか、17台の自動車を載せていましたが、今のところけが人はなく、油の流出なども確認されていないということです。
タグボートを使って作業をした結果、午後2時半までにフェリーは対岸を離れ、現在、港の中で停泊しています。フェリーは八幡浜港を出港したあと、大分県の臼杵港に向かう予定でした。
フェリー会社によりますと、当時、八幡浜港は風速15メートル以下、波の高さ1.5メートル以下のフェリーを運航できる基準を満たしていたということで、海上保安部は、現地に職員を派遣し、詳しい状況を調べることにしています。

「酒田海上保安部によると、船主側は沈没状態になっている船体の撤去時期や方法を検討している段階だという。」

保険会社の情報が出てこない。時間だけ稼いで放置かも?

UK P&Iによれば海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約がパナマ籍船に2015年11月18日に適用される。今回の座礁に関して影響するのだろうか?
日本はこの条約を締結していないのでパナマ籍船次第。海保は海難残骸物の除去に関するナイロビ国際条約 に関してどれほど知っているのだろうか?体育会系なので体に自身はあるが、知識に関しては???では困るけど!

「海難残骸物除去費用等の請求者は、船舶所有者のみならず、保険会社に直接費用の請求をすることができる。 」
酒田海上保安部は、保険会社の連絡先を船長又は運航会社から聞いて、海難残骸物除去費用等に関して保険会社に直接費用の請求が出来る事を確認するべきだ。 座礁してから何日、経っているのか?海保には英語が話せる職員はいないのか?

The Nairobi International Convention on the Removal of Wrecks (UK P&I)

This page collates the latest information on The Nairobi International Convention on the Removal of Wrecks. Page last updated 03/09/2015

Members are reminded that it is a requirement to obtain a certificate from a WRC State Party attesting that insurance or other financial security is in force in accordance with the Convention.

The WRC provides that with respect to a ship registered in a State Party, such certificate shall be issued or certified by the appropriate authority of the State of the ship’s registry, providing that State is party to the Convention. Ships flagged in countries that are not parties will need to obtain a certificate from a relevant authority in a State Party.

The following WRC States’ maritime authorities have on the date of publication of this circular agreed to issue certificates to ships flagged in countries that are not party to the Convention, subject to any conditions the relevant authority may apply.

As at 18th August 2015, 24 Contracting States have signed the Convention.

酒田北港・貨物船座礁から1週間 漁業への影響を注視 01/17/15(山形新聞)

 今月10日に酒田市の酒田北港でパナマ船籍の貨物船「CITY」(全長106メートル、幅16.8メートル、4359トン)が座礁した事故から17日で1週間。16日現在、船から流出した重油などによる漁業被害は報告されていないが、県漁業協同組合(酒田市)の関係者は「まだ油断できない。油の流出状況などを今後も確認していきたい」と注視。酒田海上保安部によると、船主側は沈没状態になっている船体の撤去時期や方法を検討している段階だという。

 10日早朝、同船から第2管区海上保安本部に「酒田北港の防波堤に乗り上げた」と通報があり、第9管区海上保安本部と航空自衛隊のヘリが出動、ロシア人とバングラデシュ人の乗組員計18人を救助した。船内には重油など約100キロリットルがあり、酒田海上保安部は3日後の13日には現場付近から北西約500メートル、北に約1500メートルの範囲で油膜を確認。船主側は同日、酒田北港の通称「水路」内にオイルフェンスを敷設するなど対策を講じた。

 県漁協は当初から流出した油が漁業に与える影響を懸念。事故当日、五十嵐安哉組合長は山形新聞の取材に「油の流出量といった情報が正確に分からず、今後どのような影響がでるのか不安だ」と述べていた。漁協担当者は15日、「魚を取り扱う酒田本港では油の被害は確認されておらず、沿岸に薄く浮いている油が海中の魚介類に影響を及ぼすことは考えにくい」としつつ「風による流出範囲の変化や現場での作業工程を注視したい」と話した。

 国土交通省は12日、国際的な航海に関わる船舶が重大事故を起こしたとし、運輸安全委員会の船舶事故調査官を酒田に派遣。16日までに乗組員からの事情聴取などを実施し、船舶事故調査報告書に事故原因などをまとめる方針だ。

第一サンウェー丸 92トン(昭和日タン株式会社)


東京湾でタンカー衝突 油が流出 01/16/16(NHK)

16日正午ごろ東京湾でタンカーと砂利の運搬船が衝突し、沈みかけたタンカーから積み荷の油が流れ出しました。乗組員は逃げ出してけが人はありませんでした。

第3管区海上保安本部によりますと、16日午後0時10分ごろ、東京湾の川崎沖でタンカー「第一サンウェー丸」92トンと砂利の運搬船が衝突したとタンカーの乗組員から通報がありました。
海上保安部が確認したところ、タンカーは沈みかけて船首だけが水面上に出ている状態になっていますが、乗組員3人は全員が砂利の運搬船に避難したためけが人はいないということです。
現場は、川崎市と千葉県の木更津市を結ぶ東京湾アクアラインの風の塔と呼ばれる人工島の付近で、タンカーからは油が流出していて、海上保安部が作業に当たっています。
海上保安部では、近くを通る船舶に対し現場に近づかないよう注意を呼びかけています。

名古屋市の海運会社によりますと、衝突したのは「第一サンウェー丸」92トンで、全長がおよそ32メートルのタンカーで、大型船用の潤滑油を積んでいたということです。
会社によりますと、停泊中に別の船と衝突したものの、3人の乗組員は救助され、けがはないということです。

午後2時20分ごろのNHKのヘリコプターの映像によりますと、東京湾でタンカーとみられる船が転覆し、船体がまっすぐ縦になって船首部分しか見えない状態になっている様子が分かります。場所は羽田空港と東京湾アクアラインのパーキングエリア「海ほたる」のほぼ中間にあたる海域で、海上保安庁の船が集まっているのが確認できます。

ニュースによると船は北防波堤で座礁しているらしい。酒田港の航空写真と地図を見るとアンカーポイント(避泊地?)と防波堤の距離はかなり近い。 船長は気象ファクシミリ、又は、その他の方法で気象情報を確認していたのだろうか?天候悪化時の風波を考慮せず避泊地を選択したのであれば、 座礁しても不思議ではない。

ISMコードで要求されている会社の安全管理マニュアルには波浪注意報が出された場合についての指示も記載されているはず?
どのような指示が記載されているかは国土交通省の運輸安全委員会の船舶事故調査官や海保職員しか知らないだろう。もちろん、安全管理マニュアルの閲覧のために 国土交通省の運輸安全委員会の船舶事故調査官又は海保職員が船舶管理会社にマニュアルのコピーの提出を要求しているのかは不明。安全管理マニュアルを閲覧せずに 船長や船員にインタビューするのは怠慢と思うので目を通していると思う。しかし、事実は知らない?

酒田港ほか船舶台風・低気圧等対策要領 山形県船舶安全対策協議会 平成27 年 6 月15 日(一部改正)
(沿岸域情報提供システム(MICS)ミックス 海上保安庁)
◆ 開けない人はここをクリック



酒田港全体の航空写真(酒田北港を含む) (団子マンを目指す中年男「いけしゅ」のクロダイな日記(仮))

「国土交通省の運輸安全委員会の船舶事故調査官は同船のユーリ・ウシャコフ船長(60)をはじめ乗組員から事情を聴いており、14日以降も継続して事故原因を調べる。」

船長の過失があったら、たぶん、本当の事は言わないだろうね!船舶事故調査官が経験豊富なのか、そして、語学力があるのか等が事実を探るのに重要になってくるであろう。 船長の英語が十分なのかも???

酒田北港「水路」にオイルフェンス設置 貨物船座礁受け対応 01/14/16(山形新聞)

 酒田市の酒田北港で10日朝、パナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)が座礁した事故で、船主側は13日、流出した重油などの拡散を防ぐためのオイルフェンスを同港の通称「水路」に設置した。

 酒田海上保安部によると、事故発生時の船内には重油や潤滑油などが計約100キロリットルあったとみられる。現場付近では船体の北側や水路周辺に浮流油が確認されており、引き続き同海保の巡視船「つるぎ」などが流出状況の確認に当たる。また、国土交通省の運輸安全委員会の船舶事故調査官は同船のユーリ・ウシャコフ船長(60)をはじめ乗組員から事情を聴いており、14日以降も継続して事故原因を調べる。

 事故は10日午前5時20分ごろ発生。船体が防波堤付近の消波ブロックに乗り上げて座礁した。ロシア人とバングラデシュ人の乗組員計18人にけがはなかった。

本当に火災原因が「たばこ」だったらタバコを吸った人間は犯人として特定されない限り、名乗り出れないでしょうね!個人として、そして会社として 損害を補償できないと考えます。続報でどのような情報が出てくるのでしょうか?

「アイーダ・プリマ」火災原因「たばこ」の可能性も 01/13/16(NCC長崎文化放送)

11日、三菱重工長崎造船所で建造中の大型客船で起きた火災の原因が「たばこ」の可能性もあることが分かりました。火災は11日の午後8時15分ごろ三菱重工長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」(12万5000t)の右舷後方8階に相当する「7デッキ」のビアレストラン付近に煙が充満し、スプリンクラーが作動、 約3時間半後に鎮火したものです。当時、船内にいた作業員約200人と乗員約200人合わせて400人は避難し無事でした。警察と消防は12日、実況見分を行い、火元はビアレストランの隅にある広さ5平方メートルほどのロッカールームで、床や天井など約53平方メートルが焼けていたことを確認しました。ロッカールームは現在内装資材置き場となっていて検分の結果、 電気器具など火の気がなかったことから消防は「たばこ」の可能性も視野に、13日も関係者の聞き取りを続けています。造船所によりますと船内は禁煙で喫煙場所が4~5カ所あるということです。喫煙時間は午前10時から10時半までの30分間と午後3時から3時半までの30分間だけに限定しているとしています。 造船所では2002年10月1日、溶接の熱が原因で建造中の大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」が大炎上する火災が起き防火態勢を強めていました。「アイーダ・プリマ」はドイツの船会社から受注し、3年前(2013年6月30日)、建造を始めた客船で国内で建造する客船としては過去最大です。引き渡しは当初、 去年3月の予定でしたが設計や資材の変更などで3度延期され、三菱重工は累計1600億円を超える特別損失を計上していました。今回の火災について三菱重工は「24時間監視の安全体制と安全システムが稼働中で火災後スプリンクラーが正常に作動し、直ちに初期消火をしたあと消防の本格消火を経て鎮火した。 鎮火後、被害区画の保全を行い、そのほかの区画については安全を確認したあと速やかに引き渡し前の残工事を再開した」とするコメントを発表しました。「今後原因の究明と復旧対策を早急に具体化、推進し、再発防止に努める」としています。船の引き渡しについては「4月30日から予定されるクルーズへの影響はないと考えている」としています。

座礁貨物船、ほぼ沈没…油は最上川河口付近まで 01/13/15(読売新聞)

 山形県酒田市の酒田北港で10日にパナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)が座礁した事故で、同船がほぼ沈没に近い状態になっていることが、酒田海上保安部への取材で分かった。

 同部によると、事故当時、船内には燃料用の重油や潤滑油計約100キロ・リットルが残されており、一部が海に流出した。油は最上川河口付近まで達し、同部などはオイルフェンスを設置して拡大を防ぐ対策を取っている。

 一方、国の運輸安全委員会は12日、船舶事故調査官2人を現地に派遣し、「全損事故」として調査を開始した。

 今後、船は引き揚げられて撤去される方針だが、日程は決まっていないという。

パナマ船籍の貨物船が座礁(山形県) 01/13/15(NNNニュース)

山形県酒田北港でパナマ船籍の貨物船が座礁した事故で、船の近くに油の拡散を防ぐオイルフェンスが13日設置された。、一方、船の撤去時期のめどは依然として立っていない。酒田北港の防波堤に今月10日パナマ船籍の「CITY【シティ】号」4359トンが乗り上げ座礁した事故。事故から3日がたち、船から流出した油の拡散を防ぐオイルフェンスが船近くの防波堤内側の水路に設置された。一方、船の撤去の時期については高波などため実施できるめどが依然として立っていない。

運輸安全委が調査官派遣 酒田北港の座礁事故 01/12/15(山形新聞)

 酒田市の酒田北港防波堤で10日朝、パナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)が座礁した事故で、国土交通省は12日、国際航海に従事する船舶が重大事故を起こしたとし、運輸安全委員会の船舶事故調査官2人を酒田市内に派遣し、原因の調査を始めた。

 同委員会によると、調査官らは酒田海上保安部から状況を聞き、13日以降に乗組員から事情聴取し、現場の確認を行う。同海保が関係機関と協議したところ、船はほぼ沈没し、冬場は波の高い日が続くことから、撤去には時間がかかる見通しだという。船の破損と腐食が進む前に船内の燃料を抜き、重油などの大量の流出を防ぎたい考え。

 一方、同港に近い市内の河川でも油膜が確認されたことから、県庄内総合支庁河川砂防課は12日までに豊川と幸福川の3カ所にオイルフェンスを設置した。

 事故は10日午前5時20分ごろ発生。防波堤に船体が乗り上げ、大きく右に傾いた。ロシア人とバングラデシュ人の計18人が乗船していたが、けがはなかった。

「現場周辺の波が高く、船の所有者などによる話し合いがまとまっていないことから、船体は今も撤去されず、港の入り口に放置されたままとなっています。」
もしかしてこのまま放置かも?

「事故当時、船内には燃料の重油などおよそ100キロリットルが残っていて、酒田海上保安部によりますと一部が海に流れ出たということです。」

燃料の重油が約100キロリットル。

この船、さすが中国建造船で手入れが悪いようです。下記の情報を参考に!

CITY 03/02/13(コンテナ船・貨物船は大活躍!)


数年ぶりの岸壁からの撮影シリーズ、

雑貨船の"CITY"です。
アルミニウムインゴットを揚げる為名古屋に来ていますが、
本船クレーンが3基中2基故障したため急遽クレーン車を手配しての荷揚げとなりました。
クレーン車って荷役で使用した時間で料金を支払うのではなく、 車庫を出てから車庫に帰るまでの時間で支払うそうなんです。
この本船、"CITY"ていう感じしませんよね。
どちらかというと「村」って感じでしょうか。

2009年9月1日にベンガル湾で衝突した過去があります。
M/V "CITY"
SHIP TYPE:GENERAL CARGO SHIP
IMO NO:9281140
FLAG:PANAMA
BUILD:2004
LOA:106.62m
BEAM:16.83m
DEPTH:9.10m
DRAFT:7.00m
DWT:7001t
GWT:4359t
HANDLING CRANE:
1 x 20t, 2 x 15t
BUILDER:XINHE SHIPBUILDING HEAVY INDUSTRY TIANJIN - CHINA
OWNER:JESSY SHIPPING NAKHODKA - RUSSIA
MANAGEMENT:TRANS OCEAN SHIPPING SEYCHELLES
撮影日:2013年4月2日(火)

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題

★HOME
◆海運関連業界
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆座礁船及び放置船
◆PSCによる検査の現状
◆船舶油濁損害賠償保障法

リンク先の情報については一切責任を負いかねますことを申し添えます。
リンク先の中には繋がらないものもあると思いますが、ご容赦ください。