サブスタンダード船を含むパナマ籍船

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題 ◆AIS:船舶自動識別装置
◆ISMコード ◆ISPS(国際保安)コード


★HOME
◆海運関連業界
◆座礁船 ◆放置船 ◆自治体の嘆き
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆PSCとは? ◆PSCはもっと勉強を!
◆PSCによる検査の現状
◆日本(海保)のチェックは甘い!
◆船舶油濁損害賠償保障法

◆カンボジア籍船の海難 ◆海難情報! ◆海難2 ◆海難3 ◆海難4 ◆海難5 ◆海難6 処分船リスト 日本 香港 TOKYO MOU
船舶保険 ★BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故 ★鹿児島でまた、大型船が座礁 ★悪質な造船所 ★船員免状の偽造及び問題
★中国から違法船続々! 問題船は週末や夜に入港する ★無国籍船&幽霊船情報 ★元日本籍内航船サブスタンダード船 ◆違法漁船
★タグボート沈没 ★カンボジア籍船 ★コモロ連合籍船 ★シエラレオネ籍船 ★モンゴル籍船 ★ツバル籍船 ★グルジア籍船 ★キリバス籍船 ★トーゴ籍船 ★パラオ籍船 ★ベリーズ籍船
★船舶検査不正&問題情報
サブスタンダード船排除 (社団法人日本船主協会のホームページより)
第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議の結果について (国土交通省のHPより)
(岩崎忠夫大臣政務官が代表として参加し、サブスタンダード船の排除に向けた我が国の決意を表明)

船について知らなくても「便宜置籍船」は聞いたことがあるだろう。そして「便宜置籍船」と言えば「パナマ」を思いつく人が多いだろう。 多くの外国船がパナマ籍に登録されている。下記のデータからわかるように登録されたトン数でみるとパナマ籍が世界で一位である。

ARTICLE: The World's Top Ship Registries (Flag States)*(The Shipping Law Blog)

From the below table it is interesting to note that the world's top five ship registries account for over half of the world's registered deadweight tonnage.

------------------------------------------------------ RANK - REGISTRY - PERCENTAGE SHARE OF WORLD'S REGISTERED TONNAGE
1. PANAMA - 22.63 %
2. LIBERIA - 11.14 %
3. MARSHALL ISLANDS - 6.10 %
4. HONG KONG - 5.84 %
5. GREECE - 5.30 %
6. BAHAMAS - 5.02 %
7. SINGAPORE - 4.83 %
8. MALTA - 4.40 %
9. CHINA - 3.54 %
10. CYPRUS - 2.45 %
11. SOUTH KOREA - 1.63 %
12. NORWAY - 1.46 %
13. UNITED KINGDOM - 1.39 %
14. JAPAN - 1.39 %
15. GERMANY - 1.38 %
16. ITALY - 1.35 %
17. ISLE OF MAN - 1.31 %
18. INDIA - 1.17 %
19. DENMARK - 1.06 %
20. ANTIGUA AND BARBUDA - 1.02 %
21. UNITED STATES - 1.0 %
------------------------------------------------------
All other ship registries have less than 1 % of the total worldwide registered deadweight tonnage.

* As at January 2010, statistics compiled by UNCTAD Secretariat, with the assistance of IHS Fairplay. Reported in the UNCTAD Review of Maritime Transport Publication.

パナマ船籍がトップ10の船籍と明らかに違うのはサブ・スタンダード船 も多いと言う事だろう。特に総トン数1万トン未満の船舶に関してはサブ・スタンダード船 の割合が高くなり、総トン数5千トン未満となると割合がさらに高くなる。これは問題のある検査会社 が検査し、証書を発給する割合が高くなるからである。パナマ船籍サブ・スタンダード船 の質は、カンボジア籍船シエラレオネ籍船、そして モンゴル籍船とあまり変わりない。

例としては下記の死亡事故であろう。

2015年7月6日、神戸港でM/V "CJK OSAKA" (Panama Flag, IMO: 9016430)が入港するのを見かけた。写真で確認できるようにフリーボードマークのペイントが錆びている、または、 取れている。この後、PSC(外国船舶監督官)の検査を受けているがフリーボードマークの不備は指摘されていない。 船体を見れば簡単に確認できるのに??あと、DEADWEIGHTの数値が記入されていないのはなぜ?



TOKYO MOUのサイト

From(Maritime Connector.com)
Ship Name: CJK OSAKA
IMO: 9016430
Flag: PANAMA
MMSI: 353308000
Call Sign: 355823000
Gross tonnage: 2576 tons
Year of Built: 1991
Builder: MIURA SHIPBUILDING - SAIKI, JAPAN
Class Society: INTERNATIONAL REGISTER OF SHIPPING
Manager & Owner: YUHAI SHIPPING - HONG KONG, CHINA
Former names: JINYA MARU NO.8 until 2004 Dec

2009年建造なのにIMO番号はIMO 8743579。こんな事はありえるのか?リビルトでない限り、とても胡散臭い?

MAO FENG 8 IMO 8743579, Built 2009 by Anhui Chaohu Shipyard Chaohu, China (ShipSpotting.com)


MAO FENG 8 IMO 8743579, Built 2009 by Anhui Chaohu Shipyard Chaohu, China, Classification: Panama Maritime Documentation Services, Manager: Xiamen Jingfeng Shipping Co. Ltd TOKYO MOUのサイト

Gross tonnage: 81,135 tons、Summer DWT: 163,038 tonsそして検査会社が三流の検査会社のタンカーが PSC(外国船舶監督官)により出港停止命令を受けた。理由は 「14119 - POLLUTION PREVENTION - MARPOL ANNEX I - Oil and oily mixtures from machinery spaces (no responsibility of RO) 14108 - POLLUTION PREVENTION - MARPOL ANNEX I - 15 PPM Alarm arrangmts. (no responsibility of RO) 07113 - FIRE SAFETY - Fire pumps and its pipes (no responsibility of RO) 11101 - LIFE SAVING APPLIANCES - Lifeboats (no responsibility of RO)」

こんなタンカーが日本で油汚染を起こせば、何十億から何百億の被害は出るであろう。規則は厳しくなるのに、こんな抜け道が存在する。 個人的な経験では、検査会社(Overseas Marine Certification Services)にこのような大型タンカーを検査出来る能力や検査会は存在しないと思う。 タンカーの船齢は25年。手入れが悪ければ何があっても不思議ではない。

しかし、でたらめな検査を行ったとの理由で検査が出来なくなった検査会社は少ない。例え、検査できなくなってもまともな検査を行わないぐらいの会社で あるので何でもやる。名前を変えて、再出発するだけ。この事を知っているPSC(外国船舶監督官)は何人いるのだろうか?

税金で外国船が引き起こす海難の尻拭いだけはやめてほしい。問題がある外国船が入港出来ないようにPSC(外国船舶監督官) はしっかりと検査するべき。甘い検査をしているから、三流の検査会社が調子に乗って何でもやるのである。

SEA LANDSORT (EX-KAMARI I)IMO8919154 Flag: Panama built: 1990 Vessel type: Crude Oil Tanker, Gross tonnage: 81,135 tons, Summer DWT: 163,038 tons (ShipSpotting.com)


SEA LANDSORT (EX-KAMARI I)IMO8919154, Classification: Overseas Marine Certification Services, Manager: WAVES SHIPPING LINE FZE TOKYO MOUのサイト

三流の検査会社が検査し、証書を発給するパナマ船籍船が最近大型化している。 昔は、小型船ばかりであった。小型船が海難を起こしても、大型船と比べれば油汚染を含む被害など小さい。日本で 三流の検査会社が検査し、証書を発給するパナマ船籍船でこれほど大きい船が海難を起こしたことは無い。 起こしていないと言うよりは存在しなかった。もしこのような大型船が油汚染を起こせば保険会社が対応するのか、保険が下りない状態で運航されることにより、 保険が対応しないリスクがある。

Hw Global IMO 8914037 Flag: Panama built: 1990(ShipSpotting.com)


TOKYO MOUのサイト

Lucky Future IMO 8822260 Flag: Panama built: 1989(ShipSpotting.com)


TOKYO MOUのサイト

係留作業の中国男性死亡 千葉・船橋港 01/14/12(産経新聞)

 11日午前8時ごろ、千葉県船橋市の船橋港の岸壁で、パナマ船籍の貨物船グアンダ(2460トン、12人乗り組み)の乗組員の中国人男性(58)が、係留作業中に負傷したと船舶代理店から通報があった。男性は救急搬送されたが、腰付近を強く打っており、約2時間後に死亡した。 千葉海上保安部によると、係留ロープをつなぐ船首の柱が折れており、破片やロープが甲板にいた男性に当たった可能性がある。海保は安全管理の状況などを調べる。 貨物船は金属スクラップを積み込むため入港。事故は午前6時半ごろに起きたとみられる。

貨物船GUANG DA乗組員死亡 01/11/12(運輸安全委員会)

日本総トン数(G/T:495T)のガット船が国際総トン数2460トンとなる大改造が行われている。 F'cleも新設され、ウィンドラスも移設されている はずである。日本籍内航ガット船はエンジン馬力をごまかしているケースが多いので、売船後、外国籍に登録されて 引き伸ばしの改造が行われることが多い。ウィンドラスが移設されているのでホースパイプの位置も変わっているはずである。 上記の写真では確認できないが、 貨物船GUANG DA乗組員死亡 01/11/12(運輸安全委員会) で運輸安全委員会が調査中となっているが、担当者にしかわからないが、多分ウィンドラス移設とホースパイプの位置が変わっていることに 気づくだろう。元内航船なので運輸安全委員会の担当者は改造前と改造後の違いが頭が痛くなるほどよくわかると思う。

From(船好きくまの船図鑑) & From(Maritime Connector.com)
Ship Name: GUANG DA
EX NAME: 二十三号晃和丸 (KOWA MARU NO.23 until 2008 May)
IMO: 8859029
Flag: PANAMA
MMSI: 355823000
Call Sign: 355823000
Gross tonnage: 2460 tons (Japan G/T: 495T)
Year of Built: 1991
Builder: 長島造船
Class Society: ISTHMUS BUREAU OF SHIPPING
Manager: HK LIWEIDA SHIPPING MANAGEMENT - HONG KONG, CHINA
Owner: JINYUN SHIPPING CO.,LTD

便宜置籍船(「キャプテンカタヨセの肩ふり談話室」片寄 洋一)

Flag of convenience (便宜置籍船)(Wikipedia)

What are Flags of Convenience? (便宜置籍船)(ITF)

Flags of Convenience: Avoiding Taxes, Safety & Labor Regulations, and Justice (便宜置籍船)(Cruise Law News)

Posted on April 25, 2011 by Jim Walker

A reader of Cruise Law News (CLN) brought an excellent opinion piece from the New York Times regarding the shipping industry's use of "flags of convenience" to my attention. Entitled "Flying the Flag, Fleeing the State" and written by Rose George, the article explains how unscrupulous ship owners evade responsibility for environmental damage, exploitative labor and unsafe work conditions, and criminal behavior.

The article reveals that ships used to fly the flags of their nation which protected the seafarers and passengers and punished the shipping companies when they broke the law. But this changed when American flagged ships began flying the flags of foreign countries in order in order to avoid U.S. laws and government oversight. The "foreign registries" were in countries with no government oversight and no real connection to the vessel or its owners in the first place, like Panama (flag above left), Liberia, North Korea and even landlocked Mongolia. The registries often fail to monitor the safety and working conditions on ships or investigate accidents.

What are the real consequences to employees working on foreign flagged ships?

The New York Times article points out that there is a "human cost" which includes long hours, punishing work, and little rest; some international regulations permit 98-hour work weeks. Cruise line employees are a good example. Stateroom attendants and cleaners work a minimum of 12 hours a day and often are pushed to 14 to 16 hours when required to handle luggage on embarkation days, ending up with a 90 plus hour work week and no days off. Cruise ship cleaners earn a maximum of $545 a month working a minimum of 360 hours a month. Repetitive injuries to these crew members frequently occur, and just as frequently the cruise lines abandon them in countries like Nicaragua or India with inadequate medical care.

No foreign registry in Liberia, which often rages in civil war itself, gives a damn about the working conditions which men and women from Nicaragua or India face daily on Liberian flagged cruise ships.

Because most ship employees are non U.S. citizens, the U.S. public has been indifferent to their plight. But the problem inherent in flags of convenience came home to the U.S. last year when the offshore Deepwater Horizon oil rig exploded and 11 American oil and gas workers perished.

The U.S. Coast Guard just released a preliminary report about the Deepwater Horizon oil rig. The Coast Guard criticized not only rig owner, Transocean, but the foreign registry in the Marshall Islands (flag below) where Transocean registered the rig. Just like a cruise ship, the Deepwater Horizon oil rig was considered to be a vessel which had to be registered.

Why did the rig owners decide to go all of the way to an island in the Pacific to register its oil rig, you may ask? For the same reason cruise lines like Carnival and Royal Caribbean went to South America and Africa to register their cruise ships in Panama and Liberia - to avoid U.S. taxes, U.S. safety regulations, and U.S. labor laws.

One of the the Coast Guard's initial conclusions is that the Marshall Islands "abdicated" its safety responsibilities. Transocean got just what it wanted - lax safety inspections and substandard safety requirements from the little spec of an island in the Pacific. The owners enjoyed lower operating costs in addition to the substantial tax benefits of flying a flag of convenience. But the financial benefits came at the expense of poor training, poorly maintained equipment, and even poorer safety procedures which resulted in inoperable alarms and failed shut-down systems.

The ultimate result of the Marshall Islands flag of convenience? 11 dead men. And 11 families consumed with grief and suffering.

韓国のPSCは2007年1月5日にパナマ籍船舶「RUI YANG」号を船員の免状 「Captain, chief engineer, 2nd officer & 1st engineer's licence not applicable for world wide trade. (valid only chinese greater coastal, coastal & near coastal vayage)」 に問題があるとの理由で出港停止命令を出した。

CCSのサイトより

下記の問題も 欠陥船(サブスタンダード船) の排除のためには解決されなければならない。

パナマ・ビューロー

★カンボジア籍船 :以前はホンジュラスやベリーズが有名でした。現在は、質の悪い船/登録されている隻数 では世界で一番だと思います。

★モンゴル籍船 :カンボジアの後に出来ました。以前、カンボジア船を登録した会社が登録業をしている。

★ツバル籍船 :日本で問題と見られている国籍では、一番新しい。以前、カンボジア船を登録した会社が 登録業をしている。

★グルジア籍船 :日本で出港停止命令を受けた船舶が増えた。ツバル籍船の次になるのか。
連絡先の情報については、 AMSA(オーストラリア)のHPを参考にしてください。

★シエラレオネ籍船: 北九州で大量の麻薬が見つかり、船主は行方不明になり船が放置された事件に認知度がアップ。また、東京・伊豆大島沖で2013年9月、丸仲海運が所有する貨物船「第18栄福丸」が中国企業所有のシエラレオネ籍船貨物船「JIA HUI」と衝突し、栄福丸の乗組員六人が死亡した事故でさらに注目を集める。

★トーゴ籍船:日本ではまだ少ない。

★パラオ籍船:日本でも見られるようになった。

不正はいろいろな組織で存在する!

リンク集

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題

★HOME
◆海運関連業界
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆座礁船及び放置船
◆PSCによる検査の現状
◆船舶油濁損害賠償保障法

リンク先の情報については一切責任を負いかねますことを申し添えます。
リンク先の中には繋がらないものもあると思いますが、ご容赦ください。