北朝鮮にもPSCが存在する!!

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題 ◆AIS:船舶自動識別装置
◆ISMコード ◆ISPS(国際保安)コード

★HOME
◆海運関連業界
◆座礁船 ◆放置船 ◆自治体の嘆き
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆PSCとは? ◆PSCはもっと勉強を!
◆PSCによる検査の現状
◆日本(海保)のチェックは甘い!
◆船舶油濁損害賠償保障法

UNDER-PERFORMING SHIPS (1年間に3回以上出港停止を受けた船舶) TOKYO MOUのHPより


★PSCの活動 ◆PSCによる検査の現状 ◆PSCはもっと勉強を! ◆密輸船&問題船
★カンボジア船籍船 ★モンゴル籍船 ★シエラレオネ籍船 ★自治体の嘆き

北朝鮮にもPSCが存在するようだ。しかしながら、TOKYO MOUに属していないようだ。 聞くところによると北朝鮮のPSCが検査を行った後、検査レポートを船に渡すそうだ。 たぶん、日本のPSCは多くの外国船舶を検査しているから北朝鮮にもPSCと 呼ばれる人達がいることを知っているだろう。つまり、国土交通省も知っていると 言うことになるだろう。

北朝鮮のPSCの存在は、北朝鮮も国際条約を理解していると言うことになる。 それでは、北朝鮮籍船舶に対する今までの日本のPSCの対応は何だったのだろうか? もっと適切に検査をおこなっても正当性は理解されたはず???

次の更新まで続く。

関連記事のリンク集

下記のサイトで紹介されている3隻の船舶の内、2隻は中古の輸出船です。 このように中古の輸出船が問題であることはわかっていると思われますが???? 何も改善されていません。北朝鮮の貨物船座礁問題で、保険の義務付けになるようですが。 中古の輸出船に対しては、何もしないのでしょうか。行政には困ったものです。 地方自治体は、このような問題の背景を理解しているのでしょうか。

七管内における放置外国船

これだから恐ろしい、世界のオンボロ船

不正はいろいろな組織で存在する!

リンク集

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題

★HOME
◆海運関連業界
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆座礁船及び放置船
◆PSCによる検査の現状
◆船舶油濁損害賠償保障法

リンク先の情報については一切責任を負いかねますことを申し添えます。
リンク先の中には繋がらないものもあると思いますが、ご容赦ください。