密輸船&問題船(密入国)

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題 ◆AIS:船舶自動識別装置
◆ISMコード ◆ISPS(国際保安)コード


★HOME
◆海運関連業界
◆座礁船 ◆放置船 ◆自治体の嘆き
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆PSCとは? ◆PSCはもっと勉強を!
◆PSCによる検査の現状
◆日本(海保)のチェックは甘い!
◆船舶油濁損害賠償保障法

UNDER-PERFORMING SHIPS (1年間に3回以上出港停止を受けた船舶) TOKYO MOUのHP

Flag of convenience (便宜置籍船)(Wikipedia)
★中国から違法船続々! ★問題船は週末や夜に入港する ★無国籍船&幽霊船情報 ★元日本籍内航船サブスタンダード船 ★船員免状の偽造及び問題
◆海難情報! ◆海難2 ◆海難3 ◆海難4 ◆海難5 ◆ソーラー1(Solar 1)沈没 ◆カンボジア籍船の海難 ◆韓国客船 Sewol沈没 ★船舶保険
★モンゴル籍船 ★カンボジア籍船 ★シエラレオネ籍船 ★ツバル籍船 ★グルジア籍船 ★キリバス籍船 ★トーゴ籍船 ★パラオ籍船 ★ベリーズ籍船
★悪質な造船所 ★神○造船の虚偽報告 ★常石造船からの報告? ★不適切な検査:パナマ ビューロー ★欠陥船根絶で監査制度試行 ★企業の社会的責任
★タグボート沈没 ★欠陥船根絶で監査制度試行 ★ 日本は甘ちゃん!違法天国! ◆韓国客船 Sewol沈没
★ ロシア漁師の密入国が不問? ★ 密入国、不法残留、不法就労 ★ 最近の福岡県内における密航事件 ★ 最近の集団密航事件の特徴
◆ 平成19年における密輸及び密航取締り状況について ◆ 最近の集団密航事件の特徴(山口県警察のHP)
相次ぐ大量覚せい剤及びけん銃密輸入事犯の摘発(11年10月~12年4月)(海上保安のHP)
★ 平成19年における密輸及び密航取締り状況について ★ 平成20年における密輸及び密航取締り状況について(海上保安のHP)
平成23年における密輸及び密航取締り状況について (海上保安庁 警備救難部 国際刑事課) ★アクセスできない場合はこちら
平成25年における密輸及び密航取締り状況について (海上保安庁 警備救難部 国際刑事課) ★アクセスできない場合はこちら
密輸:朝鮮半島 本日モ波高シ
第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議の結果について (国土交通省のHP) (サブスタンダード船の排除に向けた我が国の決意を表明)
海上災害の予防対策(総務省のHPより) PSCの検査について批判的な事実を書いている。

新しい旗国: モンゴルツバル籍船 が密輸や違法行為に使われているらしい。

オーストラリアで摘発された北朝鮮船「ポン・ス」(PONG SU)は ツバル籍に登録されていた。 モンゴル籍船カンボジア籍船 も違法行為に使われているらしい。

「テロの危機回避などで各国が外国船の船籍を厳しくチェックする動きが強まっており、 検査をかいくぐるために「モンゴル船籍」を取得する船が増えてきたという。」

「昨年4、5月の2カ月間で、日本の港湾に寄港したモンゴル船は24隻しかなかったが、 今年4、5月の2カ月間では約5倍の115隻も寄港している。」

詳細については「拉致問題関連」のHPを参考にしてください。

★尾道糸崎税関職員に問題あり の場合もあるし、日本への密輸は簡単かもしれない。

上記の写真は密航者がいたのかと思わせるような痕跡です。

漁網にヘロイン小袋200個…末端価格21億円 07/18/17(読売新聞)

 第10管区海上保安本部(鹿児島市)は18日、鹿児島県・屋久島の安房港(屋久島町)沖合で6月に見つかった白い粉末入りの小袋200個(約70キロ)の中身は全てヘロインで、国内で一度に押収された量としては過去最高だったと発表した。

 10管によると、末端価格は約21億円。10管などは、違法薬物の密輸入が行われようとしていたとみて、関税法違反の疑いで捜査を進める。

 白い粉末入りの小袋が見つかったのは6月26日。トビウオ漁をしていた男性が、網に引っ掛かっていた五つの土のうを引き揚げ、種子島海上保安署に届け出たところ、土のうに入った箱の中に袋が詰められていた。

貨物船から北朝鮮製ロケット弾3万発 スエズ運河で拿捕 03/04/17(朝日新聞)

 朝日新聞が入手した国連安全保障理事会の最新報告書で、エジプト政府が昨年拿捕(だほ)した貨物船から、北朝鮮製のロケット弾3万発が見つかっていたことがわかった。北朝鮮製の武器の押収としては過去最多。北朝鮮は安保理制裁で武器輸出を禁じられている。

 北朝鮮制裁の履行状況を調べる安保理の専門家パネルが最新の年次報告書に盛り込んだ。報告書によると、貨物船に積まれていた鉄鉱石の下に79の木箱が隠され、ロケット推進式の擲弾(てきだん)が計約3万発入っていた。中国・南京で荷積みされた「水中ポンプの組み立て部品」と虚偽の説明が記されていたという。

 貨物船は昨年7月23日に北朝鮮・海州を出港、マラッカ海峡を通過し、スエズ運河で同8月11日に拿捕された。最終目的地は不明。航海中、位置情報を外部に知らせる船舶自動識別装置(AIS)の電源はほとんど切られていた。旗国はカンボジアで、船長は北朝鮮人だったという。

朝日新聞社

N. Korea continuing arms trade despite sanctions: U.N. report (1/2) <2/2) 02/25/17(NIKKEI)

NEW YORK (Kyodo) -- North Korea is intensifying efforts to evade international sanctions, as exemplified by its attempt last year to export a large number of rocket-propelled grenades, according to a U.N. experts' report obtained by Kyodo News on Friday.

The report, produced by a group of experts under the U.N. Security Council's sanctions committee on North Korea, shed light on the country's continued arms trade activity.

Although its weapons exports are prohibited outright under Security Council sanctions, the regime of leader Kim Jong Un is apparently trying to continue the trade as a means of securing funds for its nuclear and missile development programs.

Pyongyang "is flouting sanctions through trade in prohibited goods, with evasion techniques that are increasing in scale, scope and sophistication," it said.

Egypt last August seized 30,000 PG-7 rocket-propelled grenades and related subcomponents in wooden crates concealed under about 2,300 tons of iron ore in a ship commanded by a North Korean captain.

The case marked "the largest interdicted ammunition consignment in the history of sanctions against the Democratic People's Republic of Korea," the report said, referring to the country by its formal name.

The document also said the shipment of weapons and iron ore "highlights the nexus in trade by the Democratic People's Republic of Korea in a variety of illicit goods," from small arms and light weapons ammunition to minerals banned under a U.N. sanctions resolution adopted last March.

A bill of lading showed the North Korean-made arms were falsely described as "assembly parts" of an underwater pump loaded in Nanjing, China. The transfer of iron ore is also prohibited in principle under the same resolution.

The Cambodian-flagged vessel Jie Shun was intercepted in Egyptian territorial waters when it was en route from North Korea toward the Suez Canal.

The vessel's final destination was not identified as Egypt. The cargo could have been bound for Syria, with which North Korea has pushed for military cooperation, and some African nations.

Since 2006 when North Korea conducted its first underground nuclear test, the isolated country has been subject to six rounds of U.N. sanctions.

On Nov. 30, the Security Council adopted its harshest sanctions yet in response to the country's fifth nuclear test, conducted in September. The measures were aimed at hitting coal, the cash-strapped state's largest export, in an effort to cut off funding sources for its nuclear and missile programs.

China last weekend suspended coal imports from North Korea until the end of the year as part of tightened sanctions against the country in accordance with the latest Security Council resolution.

But China, the main economic and diplomatic benefactor of the North, has been reluctant to pile too much pressure on the country, fearing it could destabilize Kim's regime.

History of crimes, ineptitude for Cambodia’s flag of convenience scheme 16/09/16 (The Cambodia Daily)

By Jack Davies and Daniel Nass


The Cambodian shipping register rescinded hundreds of so-called flags of convenience last month. In doing so, it began to draw the curtains on 22 years of the Kingdom’s banner flying over arms trading, drug smuggling, human trafficking, sanctions violations, embargo busting and unsafe practices.

The Cambodian Shipping Corporation was established by the government in 1994 and, according to a Ministry of Public Works and Transport website, “began immediately flagging ships of other nations”.

Ships from as far afield as Ukraine and the United States adopted the Cambodian flag as their own, and experts say little or no oversight has been applied to ships that fly the ensign of Angkor Wat.

‘Protecting the abusers’

The past two decades have seen the Cambodian flag blacklisted by the world’s largest shipping watchdogs – the Tokyo Memorandum of Understanding (MoU) and the Paris MoU. Trawling through shipping registries, vessel tracking data and corporate ownership documents across multiple continents, the Post has attempted to catalogue what has been an embarrassing era for Cambodia’s ad hoc merchant marine as it comes to an end.

A 745-tonne cargo ship named the Tallas has been floating inert off the coast of Turkey since August 2015 after years of plying a route across the Black Sea from Crimea to Istanbul. It has not been abandoned in the strictest sense: five of its seven crewmen are still aboard.

But its owner – nominally Importica LP, a shadowy partnership registered, along with 300 others, to a detached home in Inverness, Scotland; whose two listed partners are Belize-registered companies, but whose beneficial owner is reportedly Crimea-resident Nuraddin Asadov – has cut off all funds to vessel and crew.

Russian-language media reported that without cash to replenish the ship’s stocks, fresh water, food and fuel soon ran out. Since then, the crew has reportedly resorted to alternately gathering rainwater and begging fresh stocks off passing ships. For food, they are said to be casting out lines to fish.

The same reports claim the crew has not been paid since July 2015 and has been unable to come ashore in Turkey due to expired documents, leaving them stranded.


Problems mounted for the crew after a Turkish fighter jet downed a Russian bomber conducting a sortie over Syria in November 2015, four months after the Tallas was abandoned by its owner.

The ship’s captain, Valery Nalivaiko, told the Russophone Seafarers Journal that until then, Turkish authorities had been providing support to his crew, but that the deterioration in relations between Ankara and Moscow that followed the shooting saw assistance dry up.

The International Transport Workers’ Federation (ITF) visited the Tallas last October, according to ITF’s maritime coordinator Jacqueline Smith.

“We have tried to assist them, with advice and representation on their behalf to port state control, embassies and the Cambodian register. That register has failed to act to assist them in any way,” Smith said in an email. “The owner has washed his hands of this ship and of its crew. Sadly, the Cambodian flag register has done the same thing.”

“Abandoning a crew miles from home is made much easier if the ship is flying a flag of convenience that embodies lax oversight, anonymity, and a desire to pocket the registration fee and ignore the responsibilities that go with it,” Smith continued. “Those are features long associated with the Cambodian flag.”

But the Tallas’ chequered history did not begin there. In July 2015, the Tallas was identified by Ukrainian NGO the Maidan of Foreign Affairs as one of 105 commercial vessels docking at Crimean ports after the peninsula’s annexation by the Russian Federation, having made its last recorded call at its home port of Yevpatoriya on September 12, 2014.

A legal analysis published in August 2014 by London law firm Reed Smith found that under the EU sanctions, “no funds or economic resources may be made available, directly or indirectly, to or for the benefit” of Crimean ports, raising the question of how UK-registered Importica could have paid for the Tallas to dock in Yevpatoriya without violating those sanctions.


Despite his name not appearing on any documents connected to the company that owns the Tallas, the ITF and Russian-language media outlets both identified Nuraddin Asadov as the principle owner of Importica LP. Russian and Ukrainian numbers listed for Importica have been disconnected and the company’s email address has been disabled. As of press time, a message sent to Asadov’s Facebook account had not been read.]

The ITF’s Smith said that anonymity was a core feature of the flags of convenience system, which often makes it easier for seagoing lawbreakers to escape justice. “[It] allows abuses and enshrines secrecy, protecting the abusers,” she said.

2003-2016: Letting your ‘clean’ flag fly

Until the flag of convenience scheme was scuttled, the body responsible for handling registrations was the International Ship Registry of Cambodia (ISROC), established in 2003 as the successor to the Cambodian Shipping Corporation (CSC), which was dissolved in 2002 as a result of international pressure.

In 2002, French commandos exchanged fire with the crew of a Cambodian-flagged vessel discovered to be laden with more than a tonne of cocaine, according to the New York Times. Also reported in the New York Times was the seizure of 15 scud missiles from a Cambodian-flagged ship destined for Yemen.

The incidents were the straws that broke the back of the international community’s patience.

An inquiry was held by the Cambodian government and the CSC was shut down to be replaced with ISROC.

The new firm, run by a South Korean company and boasting several deputy registrars in such far-flung locales as Russia, Dubai and Greece, presented itself as a safe and reputable one-stop shop for Cambodian ship registration. An archived version of ISROC’s now-defunct website touted Cambodia as “the CLEAN flag”.

But if the change of agencies – briefly – cleaned up the Cambodian flag’s image, it did nothing to help its actual performance. Vessels registered to the Kingdom have continued to flout maritime law and draw regulators’ scrutiny. Last month, six of the nine vessels on the Tokyo MoU’s August 2016 “under-performing ships” list were Cambodian flagged.

Jack Davies and Daniel Nass

North Korea’s couriers

The 5,300-tonne cargo ship called the Pu Hae was flying the Cambodian flag when it made its way across the Yellow Sea from the Chinese port of Weihai to the North Korean port of Nampo on April 30.

The ship has made more than a dozen calls to Nampo, North Korea’s busiest port, and its neighbouring port, Kyomip’O, since late 2013, according to maritime tracking site FleetMon.

Over that three-year period, nearly one in 10 of the vessels that called at Nampo were registered in the Kingdom.

GPS tracks examined by the Post revealed dozens of Cambodian-flagged ships crisscrossing the sea between China and other Pacific nations including Japan, the Philippines, and – for a few – North Korea.

Little information is available about the companies that own and manage these ships, though records reveal they are based primarily in Taiwan, Hong Kong and mainland China.

The Pu Hae’s manager, Hong Kong-based Hua Heng Shipping Ltd, made the news last year when it defaulted on debt, leading South Africa to seize and auction off two ships managed by the firm, according to NK News. Both were crewed by North Koreans, an indicator that the company may have ties to the hermetic state.

Daniel Sneider, associate director for research at Stanford University’s Shorenstein Asia-Pacific Research Center, said via email that ships from both North Korea and China could have reason to hide behind flags of convenience.

Chinese firms wishing to do business with North Korea would benefit from foreign flagging, he said, because “United Nations sanctions against North Korea have put added attention on that traffic.”

China is North Korea’s largest trading partner, he added, accounting for as much as 90 percent of total trade. Trade between the two countries reached nearly $7 billion in 2014, according to the Council on Foreign Relations.

Some North Korean shippers are also compelled to avoid the scrutiny that accompanies the flag of their home nation. “The North Koreans have long used foreign flagging to conceal their activity, particularly things like arms shipments,” said Sneider.

But with its ignominious history, the Cambodian flag does not provide ideal cover for ships hoping to stay under the radar.

“The fact that a ship is flying a Cambodian flag has long acted as a signal to port state control authorities that it requires particular oversight,” said the ITF’s Smith.


The Pu Hae was detained in China in May of this year after a routine inspection – conducted under the auspices of the Tokyo MoU, which regulates international maritime conventions among Asia-Pacific states – found 10 deficiencies, including issues with radio communications, fire safety, navigation safety and lifesaving devices.

Because of these shortcomings, the website of the Tokyo MoU classifies Pu Hae as a “high risk ship”. This is far from a rare distinction: of the 4,150 inspections of Cambodian ships conducted under the MoU between 2013 and 2015, 13.5 percent led to detentions, far above the regional average of 4 percent.

And under the Paris MoU, whose purview covers Europe and the North Atlantic, Cambodian ships had a 10.7 percent detention rate, earning the flag a spot on the organisation’s 2015 black list. Of the 19 Cambodian-flagged ships identified by the Post that had been to North Korea, 12 had been detained at least once.

Cambodia-registered ships with ties to North Korea have a long history of maritime mishaps. In 2002, a North Korean freighter was caught carrying 15 Scud missiles to Yemen under the Cambodian flag, according to the New York Times.

And in 2011, Japanese media reported that China had shipped missile-launching vehicles to North Korea aboard the Cambodian-flagged cargo ship Harmony Wish, a claim which China denied.

But as the days of foreign companies doing business – illicit or otherwise – under the Cambodian flag draw to a close, firms must re-register elsewhere.

A representative of Taiwan-based World Merge Shipping Management SA, which manages at least eight ships that have previously flown the Cambodian flag, said she was aware that Cambodia’s flag of convenience program had been terminated at the end of August.

The representative, who did not wish to be identified by name, said the firm had chosen to register in Cambodia because it was convenient “transportation-wise”, but declined to elaborate. She said the company had already taken action to register its ships in another country, which she would not identify.

Online records are gradually beginning to reflect the demise of Cambodia’s flag of convenience policy. In the two weeks since the announcement, re-registrations have been logged for several formerly Cambodian-flagged ships, including the Pu Hae.

As of September 6, the ship had traded the spires of Angkor Wat for the flag of Tanzania.

Circulated to member states

But even as fleets search out new flags, plenty of vessels still roam the oceans bearing Cambodia’s.

The ITF’s Smith cautiously welcomed the rescinding of the Cambodian flag to foreign vessels.

“There will be plenty of Cambodian flag ships at sea . . . Common sense suggests that many, at least for the near future, will be foreign owned,” Smith said. “Potentially this is a very positive step, but it is still way too early to judge its sincerity or effectiveness.”

The Ministry of Public Works and Transport did not respond to a request for comment. However, on August 17, it sent a letter to the International Maritime Organisation (IMO) advising of its decision to close its shipping registry.

“Any ships claimed to be under Cambodian flag after [the end of August], are considered illegal and subjected to applicable international laws and regulations,” the letter signed by Senior Minister Sun Chanthol read, going on to ask the IMO to “convey this information to all concerned member states and authorities”.

The IMO confirmed in an email that it had received the ministry’s letter and had circulated it to all member states.

The International Chamber of Commerce’s Commercial Crime Services (ICCCCS) division welcomed the move, although ICCCCS spokesman Pottengal Mukundan noted in an email that it is “not difficult” for a vessel to hop from one flag of convenience to another.

“Managing a shipping registry properly takes considerable resources and if this is not possible then [closing] it is probably a positive step,” he said.

Additional reporting by Kali Kotoski and Joey Chua Xue Ting

佐賀金塊密輸 船長ら日本人5人と中国人3人を起訴 06/22/17(毎日新聞)

佐賀地検、無許可輸入の関税法違反罪で

 佐賀県唐津市の漁港に金塊約206キロ(約9億3000万円相当)を小型船で密輸したとして、佐賀地検は22日、小型船船長の斎藤靖昭容疑者(49)=長崎県壱岐市=ら日本人5人と中国人3人を関税法違反(無許可輸入)罪で起訴した。地検は8人の認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、8人は同法違反容疑で逮捕された青森県むつ市、会社員、山崎竹助容疑者(66)らと共謀し、5月30日午後4時40分ごろ、東シナ海の公海上で金塊を国籍不明の船から小型船に積み替え、31日午後3時ごろ名護屋漁港に陸揚げしたとされる。

 佐賀県警などは当日漁港には現れず陸揚げ後に福岡空港から韓国経由で中国に出国した中国人の男について同法違反容疑で逮捕状を取っており、国際的な密輸グループが関与していたとみている。【池田美欧】

逮捕された人々は油断していた、又は、注意散漫だったと思う。
例えば、張っているカップルはいちゃいちゃしていない。張っているので長時間、同じ場所や車の中にいるが、いちゃいちゃしていない。演技でも良いから キスとか、抱き合えば良いと思うが、仕事のための変装なのだからそこまでしないのであろう。チャラチャラ系や髪を金髪に染めていても、行動が不自然。 釣り人も釣りに専念しているとは思えなかったりする。まあ、素人から見てもこのようなケースがあった。
あと、何人(国籍)か知らないが、中国人らしい人間と日本人が「あれは税関?警察?」とかなり周囲を気にしていたケースに遭遇した事がある。何か、おかしな 事をしているのではと思ったことがある。
かなり前に情報を伝えると税関職員達に迷惑そうに対応されたことがある。税関職員の中には人を見下したり、権力の乱用と思える事をしている人間達がいるので、税関職員が自分達の実力と努力で捕まえれば良いと思っているので 何も言わない。税関職員の中には態度がでかい職員もいる。本当に悪い奴らを取締らずに、何も悪い事をしていない人間にしょうもない質問をする。 嘘を付く職員や勤務中に合コンの話(予約)をしている職員もいるので、本当に???
まともにやっている職員達もいると思うが、問題のある職員を見ると何割がまともなのかと思ってしまう。
金塊の密輸は氷山の一角だと思う。少なくともセキュリティーが低い、又は、全くない漁港や小さな港は日本にたくさんある。何が起きても不思議ではない。

唐津「金塊」密輸 「なぜここで」イカ釣り装う船、漁港に衝撃 佐賀 06/02/17(佐賀新聞)

 唐津市鎮西町の名護屋漁港で1日、10億円相当の金塊とみられる荷を密輸した疑いで8人が逮捕された事件。犯行に使われた船は、1週間ほど前にも同じ場所に停泊していたことが地元の人たちに目撃されている。「密輸だったなんて」「なぜここが現場に」-。漁港に動揺と衝撃が走った。

 逮捕容疑は、5月31日、金塊とみられる積み荷を積んだ漁船を唐津市の港に入港させ、同日午後3時ごろ陸揚げした疑い。

 31日午後3時ごろ、玄海漁協鎮西町統括支所のすぐそばの岸壁に漁船が接岸した。荷降ろしのさなか、静けさを打ち破るように何台もの車が一斉に詰め寄り、沖合からは海上保安庁の船が猛スピードで滑り込んできた。支所の職員の女性は緊迫した状況を振り返る。「保安官が船に乗り込み、『動くな』と叫びながら男を取り押さえていた」

青森船籍、1週間前にも

 名護屋漁港は、観光地で有名な呼子港と向かい合う小さな港で、普段は地元の漁船や瀬渡し船、離島定期便しか利用しない。

 時折、隣県の漁船が立ち寄ることはある。犯行に使われた船は青森県の船籍を表す「AM」の文字が記されていたため珍しく、1週間前にも停泊していたのを複数の人が覚えていた。

 現場近くの路上で、釣り客を相手に野菜を販売している女性(65)は「船から降りてきた男の人3人が『たばこ屋どこですか?』と聞いてきた。『野菜いらんですか?』と言ったら、『青森に帰るからいらない』と言われて。1人はどう見ても漁師じゃない雰囲気だった」と話す。

 船は照明を縦に連ねてイカ釣り漁船の外観をしているが、仕掛けを巻き上げる機械を積んでいなかった。身柄確保で騒然となった現場に駆け寄った地元の人は一目で船体の不自然さに気づき、「ただごとじゃない」と感じたという。

 名護屋漁港では2015年、日本から国外追放処分になっていた韓国人を漁船で日本に密航させたとして、韓国人の男3人が逮捕される事件も起きている。

 輸送ルートの解明はこれからだが、福岡県などで金塊を巡る事件が相次ぎ、当局の警戒が厳しくなる中、中国や韓国に近く、人けの少ない漁港が格好の陸揚げ地として狙われた可能性もありそうだ。

金塊密輸 「動くなーっ」漁港緊迫 変装の捜査員一網打尽 06/01/17(毎日新聞)

 各地で航空機を使った金塊密輸事件が相次ぐ中、船舶を使った新たな手口で地方の小さな漁港が狙われた。佐賀県唐津市の漁港で5月31日、金塊とみられる積み荷206キロが陸揚げされて8人が関税法違反(無許可輸入)の容疑で逮捕された事件。捜査当局は事前に情報をキャッチして現場を確認し、一気に容疑者の身柄を押さえる“大捕物”を演じた。

 「動くなーっ」。31日午後3時ごろ、静かな漁港の日常が、船に詰め寄る捜査員らの怒号で一変した。それまでTシャツにズボンなどの普段着姿で釣り人やカップルに扮(ふん)していた捜査員らが、一斉に男らを取り押さえる。男らが金塊とみられるものを陸揚げした直後だった。10台以上の捜査車両も猛スピードで船を取り囲み、上空にヘリコプターが旋回する。船から降ろされた男らは岸壁に膝を抱えた格好で座らせられ、うなだれていた。

 一部始終を目撃した漁港近くに住むアルバイトの女性(65)は、船が1週間ほど前にも来ていたのを覚えていた。たばこ屋を探す男らに「野菜買って」と話しかけると「青森に帰るからいらない」と断られたという。「こんな事件が起こるなんて」と女性は驚きを隠せない様子だった。

 これまでの金塊密輸事件は、航空機で持ち込む事例が大半だ。財務省関税局によると、昨年6月までの1年間で摘発された金塊密輸事件は294件。うち約98%の287件は航空機を使った手口だった。薬物の密輸で船が使われるケースはあったが、金塊が海路で大量輸送された例は「聞いたことがない」(同局)という。

 一方、空路による金塊密輸事件はここ数年で急増。日本国内に密輸して転売すれば消費税分の8%が丸もうけとなるためだ。持ち込み量の大口化も進み、各空港が取り締まりを強化してきた経緯がある。同局は「摘発増加を受け、密輸組織が新たな方法を考えたのかもしれない」と話す。

 現場となった名護屋漁港近くの自営業の男性(52)は、青森県所属の船舶番号で、イカ釣り用のランプは設置されているものの船内に漁具はなく「明らかにおかしい船だった」と話す。近くの無職、太田ヒデ子さん(87)も「東北の船や外国人なんて地元で見たことがない。今までこんなことなかったから、ただ驚いている」と興奮した様子で話した。【石井尚、吉川雄策、宗岡敬介】

入港漁船から密輸金塊か、206キロ分…船長や中国人ら8人逮捕 佐賀・唐津 06/01/17(産経新聞)

 第7管区海上保安本部(北九州市)は1日、漁船を使って佐賀県唐津市の港に金塊とみられる積み荷約206キロを密輸したとして、関税法違反(無許可輸入)の疑いで長崎県壱岐市勝本町、船長斎藤靖昭容疑者(49)や中国人の男ら8人を逮捕したと明らかにした。

 逮捕容疑は、5月31日、金塊とみられる積み荷を積んだ漁船を唐津市の港に入港させ、同日午後3時ごろ陸揚げした疑い。

 7管は、沖合などで金塊を取引した可能性もあるとみて調べている。

「バイト感覚で」…「普通の主婦」が衣服に隠し「金」の運び屋に 06/01/17(産経新聞)

 金塊約30キロを密輸したとして、愛知県警が1日に関税法違反などの疑いで逮捕した同県の女5人は「普通の主婦」(捜査関係者)だった。摘発される金塊の密輸事件は近年増加しており、県警は「氷山の一角。同種の事案はたくさんある」と指摘する。

 県警によると、5人のうち、韓国籍の李芳子容疑者と金愛子容疑者は親子で、残り3人は李容疑者の知人。李容疑者は事件後、韓国に戻ったリーダー格とされる50代の女と連絡を取り合い、他の4人に持ち掛けていた。

 この女は5人から金塊を受け取り、売却して得た金で報酬を支払っていたとみられる。

 財務省によると、金の密輸による処分件数と脱税額は増加傾向にある。昨年6月までの1年間で294件、約6億1千万円に上り、統計を始めた平成17年7月以降で最多。香港や韓国と直接行き来できる大きな国際空港がある場所で件数が多いという。

 摘発件数の半数以上は、今回の5人と同様、体に巻き付けたり衣服に隠したりする手口という。

 5人は「アルバイト感覚で過去に複数回、金塊を密輸した」と供述。税関の担当者は「薬物の密輸と違い、金塊自体に違法性はないため一般の人が罪の意識を持たず、犯罪に手を染めてしまっている」と話す。

福岡金塊密輸 大阪市職員「1回の報酬14万円」初公判で 05/23/17(毎日新聞)

福岡地裁 「過去にも3回」「小遣いにと軽い気持ちで」

 韓国から福岡空港に金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反(無許可輸入未遂)などに問われた堺市堺区の大阪市営地下鉄職員、大成牧生被告(54)は23日、福岡地裁(森喜史裁判官)であった初公判で、過去にも3回金塊を密輸していたことを明らかにした。1回当たりの報酬は14万円で、「小遣いになればと軽い気持ちでやった」と述べた。

 検察側の冒頭陳述などによると、2016年9月下旬ごろ、パチンコ仲間の男から神戸市の飲食店で密輸を持ちかけられ、昨年11月以降3回密輸した。いずれも韓国・仁川(インチョン)国際空港のフードコートで氏名不詳の人物から金塊を受け取り、トイレで股間や足の裏に隠して飛行機に搭乗。福岡空港に到着後にパチンコ仲間の男に金塊を渡し、報酬を受け取っていた。

 渡航費や宿泊費は自己負担だったため、実質的利益は1回6万円程度だった。同じ男の指示で運び屋をしていたのは被告の他にも4、5人いたという。

 起訴状によると、パチンコ仲間の男らと共謀して3月21日、韓国から福岡空港に金の延べ板3個(1300万円相当)を無許可で輸入し、消費税など約108万円を免れようとしたとされる。【平川昌範】

覚醒剤230キロ 横浜港で押収 02/23/17 (カナロコ by 神奈川新聞)

 メキシコから横浜港に陸揚げされたコンテナから昨年、覚醒剤約230キロが見つかり、県警が麻薬特例法違反の疑いで、ともにメキシコ国籍で職業不詳の男(32)と女(34)の2人と、日系ブラジル人の男4人の計6容疑者を逮捕していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。末端価格は約161億円に上り、県警が一度に押収した量としては過去3番目、全国の警察が昨年押収した量としては2番目の多さだという。

 県警は国内で販売する目的で密輸されたとみて、3月上旬にも覚せい剤取締法違反の疑いで、このうち起訴されたメキシコ人の男女2人と日系ブラジル人の男(49)の3人を再逮捕する方針で、密輸組織の関与など全容解明を進めている。

 捜査関係者によると、昨年7月下旬、メキシコから横浜市中区の南本牧ふ頭に陸揚げされたコンテナの中に覚醒剤があるのを、横浜税関の職員がエックス線検査で発見。中をくりぬいた金属製パイプ(高さ約80センチ、直径約20センチ)46本に隠されており、中身を入れ替えて行方を追跡したところ、埼玉県内の資材置き場に運ばれた。

 パイプの大部分はその後、さらに相模原市緑区の倉庫に運ばれ、県警は同年12月4日、現場にいたメキシコ人の男女2人を逮捕。

 県警の調べに対し、2人は当初「中身は知らなかった」と容疑を否認していたが、その後は「違法な薬物かもしれないと思っていた」と供述している。その後同月12日までに、残る4人も逮捕した。

■密輸量が大口化 高価格の日本が「最終目的地」に

 警察庁のまとめなどによると、全国の警察が昨年1年間に摘発した覚醒剤密輸事件の押収量は1トンを超え、2002年以降で最多だった13年の816・1キロを大幅に上回る見通しとなっている。

 13年を除き、11年以降は300~400キロ台で推移。昨年の急増は、神奈川県警の230キロ以外にも、沖縄県警が5月、密輸しようとした台湾人が乗ったヨットから一度の押収量として過去最多の597キロを発見、警視庁も150キロ超を2度押収するなど、全国で大型の摘発が相次いだためだ。1件当たりの密輸量の大口化について、ある捜査員は「日本は覚醒剤の価格が高く、需要も多いため『最終目的地』として目指してくる。一発勝負。成功すれば大もうけ」とその背景を明かす。

 県警が昨年1年間に摘発した覚醒剤の密輸事件は6件。台湾から横浜港に来た船の貨物コンテナの中から50キロが見つかったほか、国際郵便としては過去最多の36キロが押収された。

 捜査関係者によると、体に巻き付けたまま航空機に乗るといった「運び屋」が減る一方、国際郵便を利用するなど手口が巧妙化。「運び屋は捕まりやすい。逮捕されにくいように、一度郵便局留めにし、様子を見て受け取りに行ったり、別の場所に転送させたりする手口もある」(捜査関係者)。今回も発見から逮捕までに4カ月以上を要したが、「警戒心が強く、なかなか姿を現さなかった」(同)という。

 また1グラム当たりの末端価格は09年は9万円だったが、最近は7万円に“値崩れ”。捜査関係者は「摘発されているのは一部。供給過多となっており、安い値段が維持されているのでは」と分析している。

以前、ある場所についた客船の保安対策がかなり甘いと感じたことがある。何か悪い事をしようと思えば可能だと思えた。 日本はあるところでは、ばかとかあほとか思うほど厳しくセキュリティーを行うが、別の場所ではとてつもなく甘い、又は、ほとんどノーチェックの 状態である。
クルーズ船だとか、外国人観光客誘致だとか目先の利益を優先してセキュリティーや犯罪のリスクに目を瞑るのはどうかと思う。 ISPS(国際保安)コードが外国船には適用されているが、ISPS(国際保安)コード に問題がある状態で日本に入港している船はたくさん存在する。問題として認識されていない、又は、問題を発見できていないだけ。チェックする権限を 持っているところが問題を発見できず、問題はないと言えば、専門性がない人達は問題があるとは思わないだろう。

押収した覚醒剤を公表 計12億円相当、一部国内流通か 01/15/17 (沖縄タイムス)

 沖縄県警暴力団対策課と那覇署は14日、覚醒剤密輸の「受取人」で、県外へ逃走後に逮捕された台湾人3人を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで再逮捕した。クルーズ船で来沖した台湾人による一連の密輸事件で押収した覚醒剤は計17・2キロ(末端価格12億400万円相当)に上り、一部は国内で流通した可能性があるという。

 クルーズ船を利用した覚醒剤の営利目的密輸の摘発は県内初。県警と沖縄地区税関は同日、押収した覚醒剤を報道陣に公開した。

 県警などによると那覇地検は11日、昨年12月20日の台湾発クルーズ船で体に覚醒剤を巻き付けて入国したとして、台湾人の男3人を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の罪で起訴した。

 うち1人は税関の検査をすり抜け、船に戻ったところを共犯容疑で逮捕され、「覚醒剤を人に渡した」と述べた。3人の捜査から「受取人」の別の台湾人3人が浮上。県警が追跡したが県外に逃走しており、一緒に行動していた2人を東京都内で逮捕し、1人のスーツケースから約10キロの覚醒剤を押収した。

 逃走したもう1人は関西国際空港で逮捕したが、覚醒剤を所持していなかったため、すでに他の人に譲渡した可能性があるという。

 暴力団対策課によると、覚醒剤密輸の摘発人数は2015年はゼロだったが、16年は14人に激増。捜査関係者は「何十万人が利用するクルーズ船を密輸グループが悪用している可能性がある」と警戒している。

横浜で船の積み荷からコカイン 過去2番目の押収量か 10/20/16 (NHK)

横浜港に先月入港した船の積み荷からコカインとみられるおよそ100キロの粉末が見つかり、横浜税関に押収されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。粉末の一部を鑑定した結果コカインとわかり、すべてがコカインと判明すれば国内での1度の押収量では過去2番目に多いということです。

捜査関係者によりますと、横浜港の南本牧ふ頭に入港した船の中から、先月6日、コカインとみられる大量の粉末が見つかり、横浜税関が押収したということです。 粉末は、船の積み荷のコンテナの中で見つかり、総重量はおよそ100キロで、一部を鑑定したところコカインだったということです。すべてがコカインと判明すれば、財務省などによりますと、国内での1度の押収量では過去2番目に多くなり、末端の密売価格ではおよそ60億円分になるということです。 コカインが見つかった船は、南米の国や中米のパナマなどを経由して横浜港に到着していました。税関などは、生産地である南米から積み荷に紛れ込ませて密輸しようと企て失敗したものと見て、調べています。

コカインは大量使用で死亡も

コカインは、コカという植物の葉からとれる成分を原料にした麻薬で、違法に流通するコカインの多くは白い粉状です。覚醒剤と同じように神経を興奮させ幻覚症状が現れるほか、一度に大量に使用すると死亡するケースもあるということです。 UNODC=国連薬物犯罪事務所の報告によりますと、原料となるコカは南米で主に生産され、アメリカやヨーロッパの国々などに密輸されているということです。 財務省によりますと、国内でのコカインの押収量は覚醒剤と比べて少ないものの、1度に大量に見つかるケースもあります。1度の押収量としてこれまでで最も多いのは、平成25年11月に神奈川県横須賀市と隣の葉山町にかけての海岸で見つかった合わせて118キロだということです。

覚醒剤50キロ密輸疑い 台湾籍の男2人再逮捕 神奈川 10/08/16 (産経新聞)

 コンテナ船に覚醒剤約50キロ(末端価格約35億2千万円相当)を隠して密輸したとして、県警薬物銃器対策課と横浜税関などは7日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、茨城県古河市大和田の会社役員、林境鴻容疑者(40)=麻薬特例法違反容疑で逮捕後、処分保留=ら、いずれも台湾籍の男2人を再逮捕した。

 同課によると、「スクラップを輸入しようとしただけで、覚醒剤が入っているとは知らなかった」などと容疑を否認している。

 再逮捕容疑は、8月24日、横浜市中区南本牧の埠頭(ふとう)で、船に積んでいた覚醒剤約50キロを陸揚げして輸入したとしている。

 同課などによると、横浜税関が船のコンテナをX線検査するなどして事件が発覚。真ん中が空洞になった状態の鉄製の円柱計25個の中に覚醒剤が詰められていた。

 スクラップを装ったとみられ、空洞部分は外から見えないよう、蓋がされていたという。

「県警の担当者は『審査の簡素化に加え、旅行代金が安くなり、富裕層以外も利用するようになった』と背景を分析する。」

常識が考えればわかること。それが出来ないのは県警の能力に問題がある。分析と言う言葉を使うほどでもない。
どのクルーズ船が格安ツアーの割合が高いのか、インターネットとか旅行業者に問い合わせればターゲットを絞り、効率よくチェックできる。
それが出来なかったのであれば、能力か、やる気がなかったと言う事。日本のセキュリティーのレベルは非常に低い。

クルーズ船訪日客17人失踪 08/29/16 (長崎新聞)

 外国クルーズ船の入港が相次ぐ長崎、佐世保両港で、出港時までに船に戻らず、失踪する訪日客が2015、16年に計17人確認されていることが県警の調べで分かった。不法入国の新たな手口とみて県警は警戒を強めている。

 県警外事課によると、15年に長崎港で11人、16年は長崎、佐世保両港で6人が失踪。国籍別では中国人14人、ネパール人2人、フィリピン人1人。このうち10人が入管難民法違反容疑(不法残留)で逮捕されたり、自ら入管に出頭するなどして強制退去させられた。

 身柄を保護された場所はほぼ関東地方。失踪者は「就労目的だった」「もっと観光がしたかった」などと動機を話したという。いまだに行方不明の7人も、捜査の網をかいくぐって首都圏などで不法残留していると県警はみている。

 国土交通省によると、15年のクルーズ船の寄港回数は博多が259回で全国最多。長崎は131回で2位、佐世保は36回で8位。中国をはじめ東アジアからの訪日客の急増で、地理的に近い九州・沖縄への寄港が目立つ。福岡県警によると、博多港でも15、16年に計17人が失踪している。

 クルーズ船の寄港増に対応するため、国は12年以降、特定の船の乗客に対し、顔写真撮影の省略など入国審査の簡素化を図っている。県警の担当者は「審査の簡素化に加え、旅行代金が安くなり、富裕層以外も利用するようになった」と背景を分析する。

 法務省入国管理局は「空港経由で入国する不法残留者に比べ、クルーズ船による不法残留者は微々たるものだが、引き続き厳格に対処する」としている。

覚醒剤48億円分を密輸か 中国人留学生ら逮捕 09/28/16 (朝日新聞)

 大阪府警は28日、覚醒剤とみられる薬物計約60キロ(末端価格約48億円)を営利目的で密輸したとして、共に中国籍で、留学生の曹鋭(32)=京都市右京区=と会社員曹春輝(35)=同市下京区=の両容疑者を麻薬特例法違反(業としての不法輸入)の疑いで大阪地検に送検し、発表した。容疑を認めているという。

 薬物対策課によると薬物は1~6月、10回にわたって香港発関西空港行きの国際貨物郵便で密輸された疑いがある。円柱形の鉄製容器(直径14センチ、長さ51センチ)に1・5キロずつ分け、木箱に詰められていたという。

 府警や大阪税関関西空港税関支署が、税関検査や2人の京都市内のアパートで見つけた95個の鉄製容器のうち、四つの容器に入った覚醒剤約6キロを押収。ほかに空の容器36個で覚醒剤反応が検出されたため、それぞれに1・5キロずつ入っていたとして薬物は約60キロと計算した。2人は香港から覚醒剤約12キロを密輸したとして覚醒剤取締法違反容疑で逮捕・起訴されていた。

ヨット「LA GAETA」をAIS:船舶自動識別装置でチェックしてみると台湾の高雄(Kaohsiung)でロストしています。最後は台湾の高雄で3月20日にロスト。ここから隠密行動でしょうか?

船長は本当に何も知らなかったのでしょうか??


LA GAETA Pleasure Craft (Aarine Traffic)

甘い保安規則を作るから人員が足りないとか騒ぐのだ!自業自得!

セキュリティーに関して甘い国内規則にするからこうなるのだ。まあ、人員が足りないのは何割程度かは知らないが、言い訳だと思う。外航クルーズ船を誘致しているのは 国交省と地方自治体。税関や海保は問題を予測していたはずだ。何も対応をしなかったのか?規則の改正は打診したのか?

まあ、言い訳なのだから、事前に対応する意思もないのだろうからいろいろな事に疑問を持つ事は意味のない事かもしれない。
職員の数に制限があるのであればなおさらセキュリティーに関する甘い国内規則を改正する提案をするべであろう。まあ、やる気のない言い訳だからそのような提案などしないのであろう。
自業自得なので無理をしてでも仕事はするべきだと思う。

<沖縄で覚醒剤600キロ>水際対策の危機、外国船急増で人員足りず 06/26/16 (沖縄タイムス )

 那覇市の海の玄関口・那覇ふ頭に停泊した外国籍のヨットから、覚醒剤の国内最大押収量となる約600キロが見つかった密輸入未遂事件。台湾人の男女6人(うち船長ら4人を覚せい剤取締法違反の罪などで起訴)が乗ったヨットは当初、石垣港へ入国したが、現地で税関や海保による密輸監視の目をくぐり抜け、書類審査で3日間停泊した。外航クルーズ船の急増などで離島の監視体制は人員不足が深刻。捜査関係者は「密輸摘発は氷山の一角。水際対策は不十分」と危機感をあらわにする。(社会部・山城響)

 ヨットは石垣港から那覇港に入港した際、船内検査で麻薬のケタミンが見つかり、その後の捜査で覚醒剤も押収された。石垣を「通過」したことについて、沖縄地区税関の担当者は24日の記者説明会で、石垣では入港尋問にとどまり、船内検査は実施しなかったと認め「那覇に向かうことも把握し監視の範囲内だった。石垣で取り逃がしたという意味ではない」。船内捜索実施の判断については、「どこで取り締まり、検査するかは人員配置も含めたこちらの事情もある」と説明した。検査の実施基準は「取り締まりの手法に関わる」と回答を避けた。

 違法薬物の密輸取り締まりや通関業務を担う沖縄地区税関の職員は約220人。対象は、空港や港の旅客旅具に国際郵便物など多岐にわたる上、近年、海外観光客が急増する離島も抱える。同税関は密輸取り締まりに従事する監視艇「しまかぜ」で薬物の洋上取引にも目を光らせているが「限界がある」(税関幹部)と認める。

 県は観光客数1千万人を目標に掲げる。県内に入港する外航クルーズ船は2011年に年間82隻だったが、昨年は202隻。ことしは400隻超と倍増するとみられる。平良港は昨年の13隻から100隻超へ激増する見込みだ。

 同地区税関の安井猛税関長は「ここ1~2年で明らかに変化した」と強調。先島地域のクルーズ船増加には、本島から職員を派遣し「どうにかやりくりしている」(税関幹部)のが現状だ。他地区の税関から出向などで10人を緊急増員するも、捜査関係者は「当然、手薄になる状況も出てくる」と明かした。

<薬物密輸で検挙>近年まれに見るハイペース

 沖縄県警暴力団対策課のまとめでは5月末現在、薬物密輸の検挙数は8人で、昨年の7人を上回り、「近年まれに見るハイペース」(捜査幹部)という。薬物事犯の発覚するケースの大半が税関検査で、国際郵便物を含む密輸対策も課題となる。税関関係者の中には、国境を接する台湾での「覚醒剤製造拠点」を指摘する声もある。

 個人や組織で増加する薬物密輸にどう立ち向かうのか。捜査関係者は「水際対策の人員を増強しないと、物理的に追いつかない。捜査機関全体に言える」と警戒感を強めている。

日本はセキュリティーが甘いから盲点を突けば、いろいろな事が可能。日本周遊の旅を装って全国で覚醒剤の配達と販売を試みたのでは??

運が良ければ不可能ではないと思う。

ヨットから覚醒剤約600キロ 国内最大の摘発量か 05/20/16 (NHK)

那覇市の港に停泊し、台湾から来たとみられるヨットの中から、覚醒剤およそ600キロ、末端の密売価格でおよそ420億円分が押収されました。国内で摘発された覚醒剤としては最大の量とみられ、警察などは、売りさばく目的で密輸されたとみて捜査を進めています。


捜査関係者によりますと、今月上旬、那覇市の港に停泊していたヨットの中から麻薬の一種が見つかり、乗っていた台湾から来たとみられる外国人6人が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されました。
船内でさらに詳しい捜索が行われた結果、今月17日、およそ600キロの覚醒剤が見つかり、末端の密売価格でおよそ420億円に上るということです。正確な量は今後捜査するということですが、国内で1度に摘発された覚醒剤の量としては、平成11年10月に鹿児島県の海岸で押収された564キロを超えて、過去最大となる可能性があるということです。
捜査関係者によりますと、逮捕されたヨットの船長は調べに対し、およそ600キロの覚醒剤について、「知らない」と話しているということです。
警察と海上保安本部、それに税関は、6人が売りさばく目的で密輸しようとしたとみて、捜査を進めています。

ヨットから覚醒剤600キロ・・・沖縄で海保が押収 05/20/16 (沖縄タイムス)

第11管区海上保安本部と沖縄地区税関が、那覇港那覇ふ頭に停泊中のマレーシア船籍のヨットから、覚醒剤約600キロを押収していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。押収された覚醒剤の末端価格は400億円以上とみられ、一度に押収される量では国内最大級。乗組員らは別事件で逮捕されており、県警含め関係機関が全容解明を進めている。

 捜査関係者によると、ヨットに乗船していた台湾人乗組員6人は、台湾から石垣島経由で那覇ふ頭に入港。税関の検査で麻薬のケタミンを所持していたとして11日、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されていた。

 関係者によると、6人中3人は容疑を認めており、ほかは否認している。11管は、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの容疑を視野に再逮捕する方針。台湾人船長は容疑については否認しているという。

ヨットに覚醒剤600キロ 県内最大、末端420億円 05/19/16 (沖縄タイムス)

 第11管区海上保安本部と沖縄地区税関が、那覇市通堂町の那覇港那覇ふ頭に停泊中のマレーシア船籍のヨットから、覚醒剤約600キロを押収していたことが18日までに分かった。末端価格約420億円に相当する。捜査関係者によると一度に600キロの覚醒剤が摘発されるのは県内で過去最大とみられる。11管などは県内外で覚醒剤を販売しようとしていた可能性もあるとみて捜査している。

 ヨットの台湾人乗組員6人は11日、麻薬ケタミンを共同所持していたとして麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されていた。11管は覚醒剤の鑑定などを終え次第、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで再逮捕する方針。

 捜査関係者によると、台湾人船長は覚せい剤取締法違反の容疑について「知らない」と否認している。  乗組員は11日午後、台湾から石垣島経由で那覇ふ頭に入港したところ、沖縄地区税関の検査で麻薬のケタミンを隠し持っていたとして逮捕されていた。6人のうち3人は容疑を認めているが、他の3人は否認しているという。

 17日午前、11管と税関で行われた合同家宅捜索で船内に隠されていた覚醒剤約600キロが発見された。  ヨットがマレーシア船籍でランカウイ島のものであることから、東南アジアで生産された覚醒剤を台湾経由で運び、日本国内に密輸しようとした可能性がある。

 捜査関係者は押収量が大量であることから「県内ではさばき切れない。県外で転売しようとしていた可能性がある」とし、背後に暴力団や海外マフィアなどがいないかなどを県警とも連携しながら捜査を進める方針だ。

日本はセキュリティーが甘いから盲点を突けば、いろいろな事が可能。今回も氷山の一角なのでは??

覚醒剤600キロ、那覇港のヨットから押収 05/19/16 (読売新聞)

 第11管区海上保安本部(那覇市)などが今月、那覇市の那覇港に停泊中のヨットから覚醒剤約600キロを押収していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 末端価格は約420億円に上るとみられるという。ヨットに乗っていた台湾の男ら数人は別の事件で逮捕されており、海保や沖縄県警などは大規模な覚醒剤密輸事件とみて、密輸ルートなど全容の解明を進める。

 警察庁の統計によると、覚醒剤の年間押収量は2015年が約430キロだった。今回は1回の摘発で昨年1年間の押収量を上回ったことになる。

 捜査関係者によると、男らは今月に入り、海外から同県の離島を経て那覇港に入港した際、麻薬のケタミンを所持していた疑いで逮捕された。その後、海保などが17日に男らが乗っていたヨットを捜索したところ、大量の覚醒剤を発見したという。海保などは今後、覚醒剤取締法違反容疑で男らを調べる方針。

取締る側が、見逃すつもりがあればいろいろな事が可能。

北、露重油を密輸 中国企業介し制裁逃れ 03/16/16 (産経新聞)

 北朝鮮が、ロシア産重油を中国企業を介して経済特区の港に運び、積み荷を放棄させる手続きで密輸していたことが15日、中朝関係者らへの取材で分かった。代金は中国企業を装って中国国内で決済。この重油からは、国連安全保障理事会の対北制裁で禁輸となった航空燃料も精製できるという。軍事転用可能な物資の北朝鮮への流出が懸念される中、制裁を骨抜きにするルートの存在が新たに浮き彫りになった。

 中国税関総署によると、北朝鮮への原油輸出は、統計上2014、15年連続でゼロを記録した。にもかかわらず、北朝鮮国内でガソリンなどの価格が高騰せず、平壌市内を多くのタクシーが平然と走るという奇妙な現象が起きていた。

 この謎を解く鍵の一つがロシア産重油マズートM100だ。原油の約3分の1という安値で手に入り、中国の中小企業がこの重油からガソリンなどを再精製し、転売してきた。

 北朝鮮はこれに着目。中朝貿易関係者によると、書類上、ロシア企業からシンガポールなど東南アジアの企業を経て中国企業が購入したM100を、ロシア極東のウラジオストク港から北朝鮮北東部の経済特区羅先(ラソン)の羅津(ラジン)港に船で運び出す。

 M100についてはあらかじめ、積み荷の所有権を放棄する「サレンダー」と呼ばれる手続きが取られ、荷揚げ後は北朝鮮側が自由に持ち出せる。

 中国企業にとって表面上ただで手放すことになるが、別の中国企業を装った北朝鮮のダミー会社から中国内の取引として裏で代金が支払われるという。

 中国漁船が北朝鮮領海での漁業権と引き換えに朝鮮人民軍に石油を譲り渡したり、北朝鮮に進出した中国企業用と称して運び出したりする手法もあるとされる。こうして統計上ゼロのまま、北朝鮮に石油が供給され続けることになる。

 日本や中国の専門家によると、M100からは装置さえあれば、ガソリン以外にも、軍事転用の恐れがあるとして安保理の制裁対象となった航空燃料も精製できるという。

 北朝鮮の核実験などを受け、中国は主要銀行による対北取引を原則停止する厳しい措置に出た。しかし、中朝関係者によると、北朝鮮傘下の企業の多くは、中国籍を持つ関係者名義で登記し、中国国内で商取引の大半を完結。本国へ送金する必要はなく、打撃は少ないとみられている。

 国連安保理の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは、北朝鮮が日本製レーダーや米国製衛星利用測位システム(GPS)機器を軍事転用していた実態を報告している。こうした物資も中国内の取引を装い、「民生品」に紛れ込ませて密輸していた可能性が高い。

■覚醒剤6キロ密輸容疑=外国人船員4人逮捕、岡山県警  01/12/16(山陽新聞デジタル)

倉敷市・水島港で覚せい剤約6キロ(末端価格約4億2千万円相当)を密輸していたとして、岡山県警組織犯罪対策1課と 水島署は12日までに覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いでナイジェリア国籍のオークワン・ゴズタイム・チディマ 容疑者(30)ら外国人船員の男4人を逮捕した。県警や神戸税関水島税関支署によると、同県内での覚せい剤押収量としては 過去最多。

 他の3容疑者はナイジェリア、ロシア、フィリピン国籍。

オークワン容疑者のリュックサックに覚せい剤を持っていたが、4人とも「なぜリュックに入っていたか分からない」と容疑を否認 しているという。「下船後は岡山空港から東京に行き、飛行機で母国に帰るつもりだった」と供述しており、県警は4人が国際的な 密売組織の「運び屋」とみて、日本側の受取人など背後関係を調べる。

 4人の逮捕容疑は、昨年12月22日午前11時20分ごろ、バミューダ船籍のタンカーで水島港に寄港し、覚せい剤を密輸 した疑い。水島税関支署の職員が港内の手荷物検査場(倉敷市水島福崎町)で、リュックから不審なビニール袋2個を 発見し、県警に通報した。

 県警によると、タンカーは液化天然ガス6万200トンを積載して昨年11月24日、ナイジェリアを出発。12月21日、水島港に 到着した。4人は荷降ろしが終わった翌22日、休暇を取り下船した。

 水島税関支署は12日、関税法違反(禁制品輸入未遂)容疑でオークワン容疑者を岡山地検に告発した。 約6キロ(末端価格約4億2000万円)を持ち込んだ疑い。

<山陽新聞デジタル 2016年1月12日配信記事より転載>

億円相当の覚せい剤密輸容疑 「運び屋」外国人船員4人逮捕  01/12/16(山陽新聞)

 昨年12月下旬、倉敷市の水島港に入港した外国貨物船の船員4人が覚せい剤約6キロ(末端価格約4億2千万円相当)を密輸したとして、岡山県警組織犯罪対策1課と水島署などは12日までに、ナイジェリア国籍の船員オークワン・ゴズタイム・チディマ容疑者(30)ら外国人の男4人を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で逮捕した。県警や神戸税関水島税関支署によると、県内での覚せい剤押収量としては過去最多。

 4人は他にロシア、フィリピン国籍で、リュックサックに隠して運び込もうとしたとみられ、「なぜ覚せい剤がリュックに入っていたか分からない」などと容疑を否認しているという。4人は「岡山空港から飛行機で東京まで行き、母国に帰る予定だった」とも話しているといい、県警は4人が密売組織の「運び屋」で、日本側に受取人がいたとみて、背後関係や流通ルートの解明を進める。

 4人の逮捕容疑は、昨年12月22日午前11時20分ごろ、バミューダ船籍のタンカーで寄港し、同市水島福崎町の水島税関支署の手荷物検査場から覚せい剤を密輸した疑い。逮捕は同日付。

 同支署職員がオークワン容疑者のリュックの中に、ビニール袋などで何重にも巻かれた覚せい剤の袋2個を発見、県警に通報した。

 県警によると、タンカーは液化天然ガス6万2千トンを積載して昨年11月24日、ナイジェリアの港を出港、同12月21日水島港に到着した。4人は荷降ろしが終わった同22日、下船した。

 水島税関支署は12日、関税法違反(禁制品輸入未遂)容疑でオークワン容疑者を岡山地検に告発した。

 県内の覚せい剤密輸事件では、岡山空港で2010年と12年に1回ずつ計約5キロを摘発。新岡山港では11年11月、貨物船の中国人船員が仲間に約3キロを手渡す事件が起きている。

覚醒剤6キロ密輸入で逮捕  01/12/16(NHK)

 倉敷市の水島港で入国しようとしたナイジェリア人の船員のリュックサックから覚醒剤およそ6キロが見つかりこの船員ら4人が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。

 押収された覚醒剤の量は末端の密売価格で4億円あまりと県内では過去最多で、4人はいずれも容疑を否認しているということです。

 逮捕されたのはナイジェリア人のオークワン・ゴズタイム・チディマ容疑者(30)らナイジェリア人とロシア人、それにフィリピン人の船員4人です。

 警察によりますと、12月22日、オークワン容疑者ら4人はバミューダ船籍の貿易船から降りて日本に入国しようとした際、覚醒剤およそ6キロ、末端の密売価格でおよそ4億2000万円分を密輸した覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

 入国する際の税関の手荷物検査でオークワン容疑者のリュックサックの中からポリ袋などで何重にもくるまれた覚醒剤が見つかり通報を受けた警察などが逮捕したということです。

 4人の乗った船は去年11月にナイジェリアを出発し水島港まで液化天然ガスを運んできたということで、船長など29人の乗組員がいましたが4人だけが水島港で入国しようとしたということです。

 警察の調べに対し、オークワン容疑者は「なぜ覚醒剤が自分のかばんの中に入っているのかわからない」などと供述し、ほかの3人も「知らない」などと容疑を否認していて、岡山空港などを経由してそれぞれ帰国する予定だったと話しているということです。

 警察では入手ルートや覚醒剤の販売先などについても調べを進めることにしています。

 岡山県警察本部によりますと、押収された覚醒剤の量は統計が残っている昭和54年以降で県内では過去最多だということです。

ナイジェリアから岡山県倉敷市の水島港に覚醒剤6キロを密輸したナイジェリア人とロシア人とフィリピン人の船員 01/14/16(山陽新聞デジタル)

ナイジェリアから岡山県倉敷市の水島港に、液化天然ガスを運んだバミューダ船籍のタンカーの外国人船員4人が覚醒剤約6キロ(末端価格約4億2000万円)を密輸。

押収された覚醒剤の量は統計が残っている昭和54年以降で、岡山県内では過去最多。

昨年の2015年12月22日の午前11時20分ごろ、ナイジェリアから岡山県倉敷市の水島港に入港していたバミューダ国籍のタンカーから降りて、共謀して結晶状の覚醒剤約6キロ(末端価格約4億2000万円)を密輸したナイジェリア国籍とロシア国籍とフィリピン国籍の船員の男4人。

入国する際の手荷物検査で、水島税関支署の職員が港内の手荷物検査場(倉敷市水島福崎町)でナイジェリ国籍の船員(30)のリュックサックから不審なビニール袋2個を発見。

ポリ袋などで何重にもくるまれた覚醒剤を発見し、通報。

昨年の2015年11月24日、ナイジェリア国籍らの船員4人を乗せたバミューダ船籍のタンカーは液化天然ガス6万200トンを積載してナイジェリアを出発。

2015年12月21日、岡山県倉敷市の水島港に到着。

荷降しが終わった翌、12月22日、ナイジェリア国籍ら船員4人は休暇を取り下船。

船長など29人の乗組員がいたが、ナイジェリア国籍ら船員4人だけが水島港で入国しようとした。

ナイジェリア国籍らの船員4人が国際的な密売組織の「運び屋」とみて、日本側の受取人など背後関係を調べる。

逮捕されたのは ナイジェリア国籍の船員、オークワン・ゴズタイム・チディマ容疑者(30)。

他にナイジェリア国籍、ロシア国籍、フィリピン国籍の船員の男3人。

合わせて船員の男4人。

ナイジェリア国籍のオークワン・ゴズタイム・チディマ容疑者(30)は「なぜ覚醒剤が自分のリュックの中に入っているのかわからない」と容疑を否認。

他のナイジェリア国籍、ロシア国籍、フィリピン国籍の船員の男3人も「知らない」などと容疑を否認。

「下船後は岡山空港から東京に行き、飛行機で母国に帰るつもりだった」と供述。

ナイジェリア国籍、ロシア国籍、フィリピン国籍の船員は岡山空港から東京へ行き、飛行機でそれぞれの国へ帰国するつもりだったらしい。

これまでもナイジェリア人、ロシア人の覚醒剤密輸が発覚してる。

日本国内に仲間がいて、大量の覚醒剤を「運び屋」として密輸。

東京に密売組織の仲間がいたのだろうか。

日本向けマグロがわかっていると言うことは輸入業者又は輸入者もわかっているはず。しかし、現行犯でないから逮捕はできないのでは?

冷凍マグロの中に覚醒剤140キロ仕込む、日本向け末端価格14億円相当 台湾高雄港で押収 07/22/14 (産経新聞)

 台湾で重大犯罪を捜査する法務部(法務省に相当)調査局などは21日夜、南部・高雄港で、日本向け冷凍キハダマグロ約50匹の内部から覚醒剤約140キロを押収した。台湾メディアが22日、報じた。日本での末端価格は約14億円。

 マグロは縦に2つに割って覚醒剤を詰めた後、元の形に戻して再冷凍されていた。冷凍コンテナ内の約300匹のうち、覚醒剤入りの約50匹には、青いシールのようなものが付いていたという。(台北 田中靖人)

キューバ行き船から大量の火薬…中国人船長逮捕 03/07/15 (読売新聞)

 【リオデジャネイロ=吉田健一】南米コロンビアの検察当局は3日、中国の国旗を掲げてキューバに向かっていた船から、爆発物の材料となる火薬が大量に見つかったことを明らかにした。

 中国人の船長は逮捕された。検察は、軍事物資を違法に輸送した容疑で船長を訴追する方針だ。

 検察当局などによると、船長が示した書類では貨物は穀物類と記されていたが、船内から火薬100トンなどが見つかった。納入者として中国の大手武器製造企業の名前が記され、受け取り主にはキューバ企業の名前があったという。

中古トラクターなどの密輸図る 容疑でロシア国籍男を告発 10/20/14 (西日本新聞)

門司税関博多税関支署は20日、ロシア国籍で、福岡県嘉穂郡桂川町、会社役員男(32)容疑者を、関税法違反容疑で佐賀地検に告発した。

 同支署の調べによると、ロシア国籍の同容疑者は、今年5月22日、輸出の際に必要な税関長への申告に基づく輸出許可を受けずに、中古トラクター1台をカンボジア王国国籍の船に積み込ませ、ロシアに向けて輸出しようとした疑いで、貨物確認にあたった同支署の税関職員に発見され、摘発された。

 その後の調べで、同容疑者は昨年4月14日から8月24日まで、9回にわたり、同様の手口で、船外機46機をロシアに輸出した疑い。

 この事件では、同支署が佐賀県、熊本県、宮崎県の各県警と共同捜査を続けていた。

=2014/10/20 西日本新聞=

個人的な意見だがやはり九州はセキュリティーが甘いと思う。ISPSコードの要求を満足していない外国船舶が接岸するバースも存在するので狙われるのだろう。

警戒緩い地方狙う?覚醒剤、博多港で摘発増加 06/10/14 (読売新聞)

 韓国・釜山(プサン)港との定期旅客航路などを持つ博多港(福岡市)で、大量の覚醒剤を密輸する事件の摘発が相次いでいる。

 同港で10年ぶりに密輸事件が起きた2012年7月以降、計4件を摘発し約263キロ・グラム(末端価格約184億円)を押収した。警戒が緩いとみて地方の港を選ぶ密輸者が増える傾向にあるのが理由とみられ、税関側はトラックごと調べられる大型X線装置の導入や職員の訓練などで摘発態勢を強化している。

 覚醒剤の摘発を巡っては、北海道・室蘭港で10年11月に約5キロ、岡山県・宇野港で11年11月に約3キロが発見されるなど、ほとんど摘発のなかった地方港での密輸事件が目立つようになった。

 博多港でも02年1月に中国籍漁船から約151キロを押収して以降は摘発がなかったが、12年7月、釜山から高速船で博多港に来た韓国籍の男が覚醒剤約1キロを所持しているのを職員が発見。男が「3日間の観光旅行」と説明したのに、持ち物がバッグのみだったのを、職員が不審に思い調べたところ、インスタントコーヒーのスティック状の袋などに覚醒剤が隠されていた。

 博多港で旅客船で持ち込まれた覚醒剤の摘発は初めてで、同年12月には高速船で入国したドイツ国籍の女のバッグから約2キロを職員が見つけた。

 門司税関博多税関支署では、旅客や貨物が少ない時間帯に少なくとも月に数回、職員に対して実践的な訓練を実施。客に扮(ふん)したベテラン検査員が、覚醒剤に見立てた白い粉をバッグや靴、体に隠しているのを、職員が発見できるかどうかをチェックする。見つけられない場合は、改善策を話し合うという。

 貨物船を使用し、押収量が100キロを超える密輸事件も同港で続いた。同月、オランダで積み込まれ、博多港に陸揚げされた重機の中から約110キロ、今年1月にもメキシコから来た加工石の中から約150キロが見つかった。

 同支署では03年4月、大型のX線装置を導入している。装置にはコンテナを運んできたトラックごと入れることができ、この2件はいずれも同装置で密輸を見破った。ただ、X線で貨物内部から覚醒剤を見つけるには、一定期間、専門的な訓練を受けることが必要で、職員らは技術向上に励んでいる。

 同支署の小手川祥悟総務課長は「以前から地道にやってきた訓練の成果が実を結んできている。今後も、水際で阻止できるよう努力を続けたい」としている。(今泉遼)

Singapore firm charged with smuggling weapons to N Korea (1/2) (2/2) 06/11/14 (Today)

SINGAPORE - Criminal charges were filed against a Singapore-registered shipping company yesterday for helping to smuggle missiles and fighter jets from Cuba to North Korea.

Chinpo Shipping Company allegedly transferred US$72,000 (S$90,000) to C B Fenton and Co, a Panama shipping agent, on July 8 last year, knowing that the money could be used to contribute to the "uclear-related, ballistic missile-related, or other weapons of mass destruction-related programmes or activities" of North Korea. This was in breach of United Nations sanctions restricting arms trading with North Korea because of its nuclear weapons programme.

The charge carries a fine not exceeding S$1 million.

The shipment of weapons was seized near the Panama Canal, hidden under a cargo of sugar on Chong Chon Gang, a North Korean container ship. Two Cuban fighter jets in perfect condition, missiles and live munitions were found.

In March this year, the UN Security Council's sanctions committee named Chinpo as one of two firms trying to smuggle arms to North Korea ? the other was Pyongyang-based Ocean Maritime Management.

A UN report also alleged that North Korea's embassies, including in Singapore and Cuba, were used to shift arms to Pyongyang via complex financial methods that were "pioneered by drug-trafficking organisations". "The panel has found that North Korea makes increasing use of multiple and tiered circumvention techniques," a summary of the 127-page report said.

Chinpo was also said to share a Beach Road office address with the North Korean embassy here. The report added that Chinpo acted as the agent for Ocean Maritime Management, which operated the Chong Chon Gang.

In a joint statement yesterday, the Ministry of Foreign Affairs and Ministry of Home Affairs said it received information about Chinpo in January and immediately launched an investigation.

"Singapore takes a serious view of our international obligations to prevent the proliferation of weapons of mass destruction, their means of delivery and related materials," the ministries said. "As a responsible member of the international community, Singapore has given full effect in our domestic legislation to the measures prescribed by UN Security Council resolutions and will take action against any individuals and/or companies that flout these.?

Chinpo was charged with a separate offence of carrying on a remittance business without a licence between Apr 2, 2009 and July 3 last year.

Tan Hui Tin, 50, was also charged with helping her father and Chinpo director Tan Cheng Hoe, 80, withhold electronic evidence from the Commercial Affairs Department in February this year. She is understood to have been an accounts executive in the firm at that time. If she is convicted, she could be jailed for up to one month and/or fined up to S$1,500.

Chinpo and Tan are represented by Mr Edmond Pereira, who requested for time to make representations and take instructions yesterday.

The case will be heard on Aug 1.

Shipping Company Charged For Cuba-To-North-Korea Weapons Intercepted By Panama 06/10/14 (Fox News Latino)


A Panamanian policeman guards a Russian fighter jet engine in one of the hidden containers discovered on a cargo ship bound from Cuba to North Korea via Panama. (ap)



Singapore (AP) - Singapore filed criminal charges Tuesday against a shipping company implicated in a shipment of weapons to North Korea that was seized by Panamanian authorities last year.

Locally registered Chinpo Shipping Company Ltd. was charged with transferring $72,000 to a Panama shipping agent knowing that the funds could be used to contribute to the "nuclear-related, ballistic missile-related, or other weapons of mass destruction-related programs or activities" of North Korea. A Chinpo executive, Tan Hui Tin, was also charged for withholding potential electronic evidence.

The charges stem from an incident that unfolded during the second half of 2013. In July, Panama seized a ship, the Chong Chon Gang, in the Panama Canal which was headed from Cuba to North Korea. Panamanian authorities suspected that it was transporting drugs, but when they searched the vessel they found two Cuban fighter jets, missiles and live munitions hidden in a cargo of sugar.

After the seizure, Cuba said the cargo included "obsolete defensive weapons" including two MiG-21 fighter jets and 15 motors, nine missiles in parts, and two anti-aircraft systems that were being shipped to North Korea "to be repaired and returned."

However, in October, Belsio Gonzlez, director of Panama's National Aeronautics and Ocean Administration, said that the fighter jets "are in operational condition and their engines are in excellent shape." The Central American nation said that the weapons violated U.N. sanctions that restrict arms trading with North Korea because of its nuclear weapons program.

In February, Panama released all but three members of the ship's crew after Chinpo paid a fine of nearly $700,000.

In March, the United Nations Security Council's sanctions committee named Chinpo as one of two companies involved in trying to ship arms to North Korea. The other was Ocean Maritime Management, a Pyongyang-based company.

Singapore's foreign ministry said authorities received information about Chinpo in January this year.

A panel of experts advising the Security Council said in its annual report on North Korea that the country's embassies, including in Singapore and Cuba, were suspected of helping to organize arms shipments to Pyongyang via complex financial methods that were "pioneered by drug-trafficking organizations."

The report said Chinpo Shipping Company was "co-located" with the North Korean Embassy in Singapore and that the shipping firm acted as the agent for Ocean Maritime Management, which operated the Chong Chon Gang.

A woman who answered the phone at Chinpo declined to comment.

S'pore firm charged with offences possibly linked to North Korea's WMD programme 06/10/14 (The Strit Times)

By Elena Chong

SINGAPORE - A Singapore-registered shipping company was charged on Tuesday with transferring financial assets or resources that may reasonably be used to contribute to North Korea's nuclear- and ballistic missile-related or other weapons of mass destruction (WMD) related programme. Chinpo Shipping Company's accounts executive Tan Hui Tin, 50, was also brought to court for intentionally aiding her father, Mr Tan Cheng Hoe, 80, the chairman of the company, in not handing over electronic records required by the police. The company allegedly transferred US$72,017 from its Bank of China account to one C.B. Fenton and Co., a shipping agent at Panama Canal, on July 8 last year, having reason to believe that the sum may be used to contribute to the nuclear and other WMD activities of North Korea. The company also faces a second charge of having carried on a remittance business without a valid licence between April 2009 and last July.

「絹代被告らが税関当局に提出した書類では、中国山東省の石島港にある水産会社に輸出することになっていた。李被告は船長を脅したり、なだめすかしたりして従わせた。」

船の用船者や管理会社の了解なしで、中国山東省の石島港ではなく北朝鮮の興南港に入港できないと思う。???

北朝鮮に大量のタラを送った姉弟 金総書記死後の特別配給に使用か 共犯?の兄はいまどこに…  (1/4) (2/4) (3/4) 4/4) 12/23/13 (産経新聞)

 日本政府が経済制裁を科している北朝鮮に、日本から秘かに大量の魚が輸出されていた-。平成23年8月、北朝鮮に大量の冷凍タラを不正輸出したとして、東京地検は20日、外為法違反罪で東京都中央区の貿易会社「東アジアサービス」社長、松本絹代容疑者(47)=江東区=ら3人を起訴した。不正輸出の4カ月後には金正日総書記が死亡し、タラやニシンが特別配給されており、捜査当局は不正輸出されたタラが配給に充てられたとの疑いを強める。絹代被告の実兄も北朝鮮への不正輸出事件で摘発された過去があり、絹代被告らと北朝鮮をつなぐパイプの解明が急がれる。

中国→北朝鮮に行き先変更 積み込みの写真をメールで送信

 「北朝鮮東部にある興南港に行ってくれ」

 独特の北東からの冷たい風「やませ」が吹き付ける青森県八戸市の八戸港。昨年8月18日、中国籍で無職の李宏海被告(35)=埼玉県戸田市=から、当初教えられていた場所とは異なる港を告げられた中国人船長は戸惑い、拒絶した。

 「聞いていない」

 カンボジア船籍の貨物船には、冷凍タラ約410トン(約2050万円相当)が積み込まれていた。絹代被告らが税関当局に提出した書類では、中国山東省の石島港にある水産会社に輸出することになっていた。李被告は船長を脅したり、なだめすかしたりして従わせた。

 船が八戸港を出るのを見届けた李被告は、タラを積み込む様子などを撮影した複数の写真を東アジアサービス国際貿易部マネジャーで絹代被告の実弟、昇被告(40)=東京都足立区=にメールで送った。

 警視庁公安部と青森、鹿児島両県警などの合同捜査本部は今年1月、東アジアサービスなどを家宅捜索し、この写真を押収するなど強制捜査に着手。資格外活動をしたとする入管難民法違反容疑で李被告、失業手当を不正受給したとする詐欺容疑で昇被告を11月8日にそれぞれ逮捕した。

 さらに、八戸港を出た貨物船が中国には立ち寄らず、北朝鮮の興南港に入ったことが確認されるなどしたことから、同29日に外為法違反(無承認輸出)容疑で、李、昇両被告を再逮捕、新たに絹代被告を逮捕した。

 李被告は「絹代被告に頼まれ、タラの積み出しに立ち会い、写真を送った」と供述している。

共犯者?の実兄、行方知れず 過去にも不正輸出で摘発

 北朝鮮では2011年12月17日、金総書記が死去。生前に特別配給することが指示されていたといい、後を継いだ金正恩第1書記の命令で平壌市民にタラやニシンが配られたという。

 捜査幹部は「タイミング的に、不正輸出されたタラが配給に充てられた可能性が高い。金総書記の生前の意向が、何らかの形で絹代被告らに伝わったのは間違いない」と指摘する。

 東京地検は今月20日、絹代被告ら3人を外為法違反罪で起訴。起訴状によると、共犯者として、絹代、昇両被告の50代の実兄を名指ししている。

 実兄は中古自転車を大量に盗むなどしたとして、平成15年に広島県警に窃盗容疑で逮捕された。当時、鳥取県境港市で海産物の輸出入業を行っており、境港を訪れた北朝鮮の船員らに自転車や乗用車、家電製品などを組織的に売り渡していたとされる。

 さらに、18年には大量破壊兵器の運搬などに使われる恐れのある20トントラックを北朝鮮に輸出するため、虚偽の申請書類を作成するなどしたとして、鳥取県警などに電磁的公正証書原本不実記録・同供用の容疑で逮捕されている。

 捜査関係者によると、実兄はその後、行方をくらましているという。

 絹代被告は警視庁公安部に逮捕された当初、否認していたが、「兄に言われ、税関などの手続きは自分がやった。北朝鮮に送られるものだとうすうす気付いていた」と容疑を認める供述をしている。ただ、兄の行方については「知らない」と口を閉ざしているという。

 公安関係者は「北朝鮮のどの組織から発注があったのか。兄がいまだに北朝鮮本国とのパイプを持っていて、絹代被告らに指示を出していたと考えるのがわかりやすいのだが…」と首をかしげる。

輸出入全面禁止、4月に再延長 北への「圧力」、政府の思惑と一致

 北朝鮮との輸出入をめぐっては、北朝鮮が18年10月9日に核実験を行ったのを受け、日本政府が同13日に人道目的以外の輸入を全面的に禁止。同年11月14日にぜいたく品や大量破壊兵器関連物資の輸出を禁止する経済制裁を発動している。

 その後もミサイルや核実験などの度に制裁を強化し、21年6月には北朝鮮向けの輸出入を全面禁止。北朝鮮が今年2月に3回目の核実験を強行したのを踏まえ、4月には延長期間を従来の1年から2年に延ばす厳しい姿勢を示した。

 捜査当局がタラの不正輸出を立件した背景には、経済制裁を無視する形で、北朝鮮側と水面下で結びつく民間企業の動きを牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。輸出入が全面禁止された21年6月以降、日本から直接、北朝鮮に物資が送られた事件を立件するのは初めてという。

 警視庁公安部が東アジアサービスの家宅捜索に着手したのは、昨年12月に自民党が政権を奪還し、安倍晋三首相が拉致問題の解決に向け、北朝鮮への圧力を強める姿勢を打ち出した時期と重なる。支援ルートを断ち切り、経済的な孤立を深めさせる政府の思惑とも合致する。

 公安関係者は「会社の業績を優先していることもあるだろうが、経済制裁の重みを理解していない企業が少なくない。今後も水面下の動きは徹底的に取り締まっていく」としている。

覚醒剤10キロ密輸容疑で男逮捕 愛知、7億円相当 11/11/13 (朝日新聞)

 第4管区海上保安本部と名古屋海上保安部は10日、覚醒剤約10キロ(末端価格7億円相当)を密輸しようとしたとして、住所不定、職業不詳の寺山秀朋容疑者(60)を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕したと発表した。「知らない」と容疑を否認しているという。

 保安本部によると、寺山容疑者は今年7月18日、名古屋港弥富ふ頭(愛知県弥富市)で、停泊中のカンボジア船籍の貿易船から覚醒剤が入った袋を受け取るため、近くに止めた乗用車で待機した。実際には同容疑者でなく、共犯のほかの仲間が覚醒剤を受け取ったという。

 この事件では、韓国籍と中国籍の男3人が現行犯逮捕、起訴されている。寺山容疑者は事件後、逃亡していた。

ベトナム人乗組員6人逮捕 仙台港沖、漁船から不法上陸容疑 07/29/12 (産経新聞)

 29日午前5時45分ごろ、仙台港沖防波堤(仙台市)で釣りをしていた男性から「男2人が消波ブロックの隙間に隠れている」と緊急通報電話の118番があった。宮城海上保安部の巡視艇が出動、入管難民法違反(不法上陸)容疑で2人を現行犯逮捕した。

 同保安部によると、2人は、仙台港沖に停泊中の台湾漁船「北裕6号」(926トン)のベトナム人乗組員。

 同船では他にも4人のベトナム人乗組員の行方が分からなくなっていたことから同保安部が巡視船や航空機で捜索したところ、仙台港沖で救命胴衣を着け、板のようなものに乗っていた4人を発見。29日午前9時半ごろいずれも入管難民法違反(旅券不携帯)の疑いで現行犯逮捕した。

 「北裕6号」は26日にエンジントラブルのため仙台港沖に緊急避難、修理をしていた。乗組員はベトナム人やインドネシア人ら49人だった。

国際船舶・港湾保安法に基づく埠頭保安規程等の承認 (国土交通省) を受けても適切に満足していない埠頭もあるし、外国船が1年に12隻以上接岸しても 国際船舶・港湾保安法を満足しない埠頭もある。違法のやり放題と言ったところか!国土交通省がしっかりすれば、 サブ・スタンダード船やこのような違法に関与する船舶が 日本に入港する回数は減ると思う。まあ、警察にしても、税関にしても張っているのがわかるところに いたらだめだ!素人から見てもわかる。服装や使用する車ももっと自然な感じにするほうが良い。あと、 同じ場所にいるのも不自然。違和感があると、もしかして警察か税関と素人でも思うから。せっかく、海の近くなのだから、 釣り人とか港湾作業員の服装のほうが見分けにくいと思うよ。常識で考えればわかると思うけど! 公務員パフォーマンス(仕事)のレベル、個人的な意見だが、低い。

北朝鮮船からミサイル機器押収 パナマ当局、船員ら拘束 (1/2) (2/2) 07/16/13 (産経新聞)

 【ニューヨーク=黒沢潤】パナマのマルティネリ大統領は15日、パナマ運河近くを航行中の北朝鮮籍の船舶から、高性能のミサイル関連機器とみられる積み荷を押収したと発表した。

 フランス通信(AFP)によれば、同船はキューバを出航後、北朝鮮に向かうため、パナマ運河にさしかかる直前のカリブ海上を航行していたという。

 パナマ当局が麻薬の密輸を疑い、停船させ臨検したところ、積み荷の砂糖で隠すようにミサイル関連とみられる機器が収納されているのが見つかった。

 当局は機器名を明らかにしていないが、調達を禁じた国連安全保障理事会決議などに違反している物資とみられる。

 マルティネリ大統領は「武器を未申告のまま、パナマ運河経由で搬送するのは不可能だということを世界の人々は知るべきだ」と強調した。

 報道によると、乗組員は約35人で、北朝鮮人とみられる。機器が押収された際、船長が自殺を試みたほか船員も抵抗し、全員が拘束されたという。違法行為の発覚を恐れての行動との見方が強まっている。

 社会主義国のキューバは北朝鮮と関係が深く、先月下旬から今月初めにかけて、北朝鮮の金格植・朝鮮人民軍総参謀長がキューバを訪れ、ラウル・カストロ国家評議会議長やシントラ国防相と会談した。

 北朝鮮をめぐっては、国連安保理が2006年、09年、13年3月の各決議でミサイル物資の調達や輸出を禁止するなどし、国際的な包囲網を形成している。

 韓国当局は実際、12年5月に釜山港で、シリアに向かう船からミサイルへの転用が可能な黒鉛シリンダーを押収し、北朝鮮に圧力をかけた。

メキシコから覚せい剤135億円相当摘発 神戸税関 06/26/13 (北の国から猫と二人で想う事)

神戸港に輸入されたコンテナから覚せい剤(合成麻薬)約200キロが押収された事件で、兵庫県警薬物銃器対策課と近畿厚生局麻薬取締部、神戸税関は2013年6月25日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕したメキシコ国籍の無職サンチェス・コルデーロ・フロレンティーノ容疑者(36)=神戸市灘区船寺通4=ら男3人を送検した、と発表した。ほかに逮捕されたのは、同国籍の自称農業手伝いメサ・ガラス・ファン・マヌエル容疑者(25)=住所不定▽船舶代理店社員、谷水豪容疑者(27)=同市中央区南本町通4。3人の送検容疑は5月4日、鉄鉱石に見立てた材質不明の塊に覚せい剤193キロ(末端価格約135億円)を隠し、コンテナ3個に収納してメキシコから貨物船で神戸港に密輸した疑い。3人は「鉄鉱石と思っていた」などと、容疑を否認している。船に積まれた三つのコンテナの荷物は鉄鉱石約70トンと申告されていたが、実際は覚醒剤が入った石材の塊(15~35キロ)193個が交ざっていた。

捜査関係者によると、覚醒剤を約1キロずつ入れたポリ袋を鉄鉱石に偽装したコンクリート製ブロックの内部に隠し、50センチ四方大の鉄鉱石に見せかけて持ち込もうとしていた。神戸税関がX線検査で見抜いた。鉄鉱石に偽装した覚醒剤密輸の摘発は全国で初めてで、荷揚げの段階で、鉄鉱石の中に不審なブロックが交じっているのが分かり、エックス線検査などで覚醒剤と判明したことから、県警は税関などと合同で捜査を開始。鉄鉱石の荷受け人となっていた日本人やメキシコ人ら男3人を6月5日に逮捕した。覚醒剤の大量密輸をめぐっては、今年2013年3月にもメキシコから横浜港に荷揚げされた大型製粉機内に覚醒剤約240キロ(末端価格約168億円)が隠されているのが見つかり、4月、覚せい剤取締法違反(密輸など)の疑いで、中国人男女8人と日本人男女2人の計10人を逮捕している。

量の多さから、組織的なのは確かで、メキシコと日本の組織が直接取引を活発に行っていると想像でき、長くメキシコの麻薬組織を追っているが、心配していたことが現実になり、すでに他国のことではなくなってきたようだ。図で見れば、摘発件数は150件未満と減少しているが、押収量は年間500キロに届く勢いで増加している。メキシコからの密輸量は全体の14%まで急増し, 2007年のメキシコからの密輸摘発1件が、2012年は24件になっている。メキシコを中心とした中南米ルートが急増しており、捜査関係者らは「今後も中南米ルートの警戒が必要」と指摘する。

薬物193キロ密輸の疑い、メキシコ人ら逮捕 兵庫県警など 06/25/13 (日本経済新聞)

 覚醒剤とみられる薬物約193キロ(末端価格約135億円相当)を密輸したとして、兵庫県警と近畿厚生局麻薬取締部、神戸税関は25日までに、メキシコ国籍で神戸市灘区の無職、サンチェス・コルデーロ・フロレンティーノ容疑者(36)ら3人を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で逮捕した。

 県警などによると、3人とも容疑を否認している。県警などは組織的な密輸グループが関与したとみて調べている。

 ほかに逮捕したのは、メキシコ国籍で住所不定の自称農業手伝い、メサ・ガラス・ファン・マヌエル容疑者(25)と、神戸市中央区の会社員、谷水豪容疑者(27)。

 3人の逮捕容疑は5月4日、鉄鉱石に見せかけた石の中に覚醒剤を隠し、メキシコから神戸市中央区の神戸港へ密輸した疑い。

 県警などによると、神戸港に陸揚げされた鉄鉱石のコンテナを神戸税関がエックス線検査したところ覚醒剤が隠されていることが判明。中を調べたところ、鉄鉱石に見せかけた石の中に、約1キロずつに小分けされた覚醒剤とみられる薬物が埋め込まれていた。コンテナは最終的に神戸市西区の空き地に運び込まれていたという。

 県警などは押収した薬物の成分の分析を進めており、これまでに鑑定を終えた約61キロはすべて覚醒剤だった。全量が覚醒剤と判明すれば神戸港での押収量としては過去最大となる。

覚醒剤200キロ、中国経由で神戸港へ メキシコ人ら3人追送検 06/25/13 (産経新聞)

 鉄鉱石を偽装したブロック内に覚醒(かくせい)剤約200キロを隠して密輸したとしてメキシコ人ら3人が逮捕された事件で、覚醒剤はメキシコを出発後、中国経由で神戸港に到着していたことが25日、兵庫県警への取材で分かった。県警などは、中国を経由させ、メキシコからの密輸の発覚を逃れようとしたとみて調べている。

 県警や神戸税関などは同日、覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)の疑いで、神戸市灘区船寺通の無職、サンチェス・コルデーロ・フロレンティーノ容疑者(36)らメキシコ人2人と、神戸市中央区南本町通の会社員、谷水豪容疑者(27)を神戸地検に追送検した。

 県警などによると、覚醒剤とみられる粉末は、重さ15~35キロのブロック193個に1キロずつ袋詰めされており、合わせて193キロ(末端価格135億円相当)。このうち61キロは鑑定で覚醒剤と確認し、残りについても鑑定を進めている。

 ブロックは鉄鉱石68トンとともにコンテナ3個に分けて貨物船に積まれ、メキシコを3月下旬に出発。4月下旬に中国で別の船に積み替え後、5月4日に神戸港に到着したという。

ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン 海外送金問題で不起訴決定 03/29/13 (日刊CARGO)

 ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン(飯垣隆三社長)は29日、海外送金に関する同社への捜査に関連して声明を出し、「最終的な捜査の結果、容疑が晴れ、3月28日に正式な不起訴決定がなされた」と発表した。職員1人が海外送金処理...

イラン不正送金、社員を略式起訴 役員らは処分保留 02/14/13 (日本経済新聞)

 国の許可を得ずにイランの企業に送金したとして、東京地検は14日までに、海運代理店、アトラス・シッピング(東京・品川)の送金業務を担っていた関連会社の三宅由紀社員(41)と法人としてのアトラス社を外為法違反(支払い等の制限)の罪で略式起訴した。東京簡裁は同日までに、三宅社員に罰金50万円、同社に罰金100万円の略式命令を出した。

 アトラス社を設立した海運代理店の男性役員(64)と男性の経理統括部長(58)も同法違反容疑で逮捕されたが、いずれも処分保留で釈放した。

 これまでの調べによると、三宅社員は2011年11月~12年2月、国の許可を得ずに、イランの船会社向けにアトラス社名義の口座から総額約1400万円を送金したとされる。

【イラン制裁決議違反】代理店の女性社員を略式起訴 男性役員らは処分保留で釈放 02/13/13 (産経新聞)

イランの制裁安保理決議をめぐる不正送金事件で、東京地検は13日、制裁対象になっているイランの船舶会社に無許可で貨物運賃を支払ったとして、外為法違反(無許可支払い)罪で、海運代理店「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」(東京都港区)の女性社員(41)を略式起訴、男性役員ら2人を処分保留で釈放した。 東京簡裁は女性社員に罰金50万円の略式命令を出した。
捜査関係者によると、女性社員は「制裁対象になっていることは知っていた」などと容疑を認めているという。

イラン不正送金事件 イラン包囲網に危機感? ダミー会社で資金の流れ複雑化 01/28/13 (SankeiBiz)

 イラン制裁安保理決議に基づく経済制裁に違反し、核関連物資を運搬しているとされるイラン国営の船舶会社IRISLは世界中に点在するダミー会社を隠れみのに、制裁逃れを続けてきた。国際社会がイランに厳しい姿勢を示す中で、公安部は日本でも水面下で行われていたイランの資金獲得工作の全容解明を進めている。

 IRISLはイラン商務省の傘下で、同国防軍需省が扱う軍事物資を輸送している疑惑が持たれており、米国が平成20年9月に初めて経済制裁の対象に加え、国連安保理が22年6月、EUが同7月、日本も同9月に追随した。

 捜査関係者によると、IRISLは、イラン以外にも欧米、東南アジアなどにダミー会社を設立。経済制裁で禁じられた金融取引を続けているほか、貨物船の塗装を塗り替え、船名を変更するなどして、輸送活動を継続してきたとされる。

 公安部が摘発した海運代理店「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」が不正送金していたIRISLの関連会社「ハーフィゼ・ダルヤー・シッピング・ラインズ(HDSL)」も、IRISLのコンテナ部門を独立させる形で設立されたダミー会社だ。

 公安部幹部は「制裁逃れが目的なのに、ダミー会社の住所がIRISLと同じであるなど、手口はずさん。IRISLとの関係が確認されれば制裁が強化される。いたちごっこが続いている」と語る。

 23年6月には、米金融機関を通じて偽造書類で約6千万ドルの取引をしていたとして、米司法当局がIRISLとダミー会社を摘発。ベン社は国際社会がイラン包囲網を狭める中で、焦燥感を募らせたとみられる。

 制裁後、金融機関からベン社経理統括部長、野武俊明容疑者(58)にIRISL側との取引禁止が伝えられたが、ベン社がIRISL側に支払わなければならない貨物運賃は数億円も残されていたという。

 ベン社は日本でのIRISLの業務を独占的に請け負っており、「両社の関係は周知の事実。制裁後も取引を続ければ、ベン社自身も制裁対象になりかねないとの焦りが生じたのではないか」(捜査関係者)。これが、複雑な送金の流れを構築した動機とみられる。

 ベン社は23年1月、「アトラス・シッピング」を設立。HDSLと代理店契約を結ぶ一方、IRISLとの契約を解除した。だが、水面下では、ベン社がアトラス社の経理業務を請け負う形で、IRISL側への不正送金を続けていた。

 捜査関係者は「ベン社社員がアトラス社にまとめて移るなど、両社は一体」と指摘。HDSLからの送金指示は、ベン社社員に直接メールされ、アトラス社の資本金1千万円もベン社側が出していたという。

 一連の偽装工作はベン社役員、水島邦明容疑者(64)の指示とみられる。捜査幹部は「会社の利益を優先し、結果的にイランの核開発を支えていることへの罪の意識が希薄だ。テロ支援国家に対する経済支援は厳しく取り締まっていく」と強調している。(伊藤真呂武)

ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン 01/24/13 (匿名党)

イラン不正送金を摘発…経済制裁の核関連企業へ

 経済制裁を受けているイランの企業に無許可で送金していたとして、警視庁公安部は23日、東京都港区の海運代理店業「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」役員、水嶋邦明容疑者(64)(神奈川県鎌倉市)ら同社社員3人を外為法違反(無許可支払い)容疑で逮捕した。

 送金先は、核・弾道ミサイル関連物資の輸送を手がけるイラン国営海運会社の関連会社で、同国への送金が規制された2007年以降、不正送金の摘発は初めて。

 発表によると、水嶋容疑者らは11年11月と12年2月の2回、品川区の海運会社を通じてイランの船舶会社「ハーフィゼ・ダルヤー・シッピング・ラインズ」(HDSL)のシンガポールの関連会社名義の口座に計1400万円を不正に支払った疑い。3人は容疑を否認している。
(2013年1月23日18時17分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130123-OYT1T00768.htm?from=ylist

「イラン以外と貿易」と口座開設=ダミー会社設立し隠蔽-不正送金事件で・警視庁

 イランに対する経済制裁措置に絡む不正送金事件で、外為法違反容疑で逮捕された海運会社「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」役員水嶋邦明容疑者(64)らが、「イラン以外の国との中東貿易に使う」などと偽り、送金用の口座を開設していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。
 口座はベン社が制裁実施後に設立した関連会社の名義で、警視庁公安部は、違反を把握しながら、会社ぐるみで偽装工作をしていたとみている。  水嶋容疑者らは、イラン国営の海運会社「イランイスラム共和国シッピングラインズ」(IRISL)の関連会社で、2010年9月に制裁の対象になった同国の海運会社「ハーフィゼ・ダルヤー・シッピング・ラインズ(HDSL)」に運賃名目で不正送金した疑いで逮捕された。
 捜査関係者によると、水嶋容疑者らは制裁実施後の11年1月に関連会社「アトラス・シッピング」(東京都品川区)を設立。運賃はアトラス社の口座からHDSL側に送られていた。アトラス社の口座を開く際には、「取引先に制裁対象の会社は含まれていない」などと、銀行側に虚偽申告をしていたという。
 アトラス社にはベン社の元社員などが在籍。HDSLが送金を依頼するメールやファクスは直接ベン社に届いており、公安部はアトラス社はイラン側との取引を隠蔽(いんぺい)するためのダミー会社とみている。
 ベン社は04年ごろから、日本企業がIRISL側に貨物を依頼する際、代理店として手続きを独占。年間1億円以上の手数料を得ていたという。(2013/01/23-22:12)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013012301051

不正送金はイラン側主導か 指示のメール届く 01/23/13 (山形新聞)

 イラン企業への不正送金事件で、警視庁に外為法違反容疑で逮捕された海運代理会社社員に、イラン企業から送金を指示するメールが届いていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は、イラン側が不正を主導していたとみている。

 捜査関係者によると、メールは「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」(東京都港区)の社員三宅由紀容疑者(40)の社用パソコンに保存されており、指示に応じて送金したとみられる。

 送金先のイラン国営海運会社「イラン・シッピング・ラインズ(IRISL)」の関連企業は、IRISLが不正取引を分かりにくくするために立ち上げたダミー会社の疑いがある。

パナマ籍貨物船「MAO FENG8」集団密航事件(第1報) 01/23/13 (第四管区海上保安本部 海上保安庁)

1 事案の概要
平成25年1月23日午前10時30分頃、名古屋港検疫錨地に停泊中の中国からの直航船パナマ船籍 MAO FENG(マオ フェン) 8号(5376トン)の 煙突(ファンネル)内に潜伏していた3名を船内捜索中の海上保安官が発見した。身分を証明する書類(船員手帳、パスポート)等を所持していなかったため 事情聴取を実施したところ、平成25年1月14日、中華人民共和国遼寧省営口市BAYUQUAN(バーユーチェン)港において、本邦に密入国する目的で同船に潜入、 船内に潜んでいたことを認めたことから、現場において緊急逮捕したもの。

2 被疑者国籍等(すべて自称)
(1)中華人民共和国福建省44歳(自称) 男
(2)中華人民共和国福建省26歳(自称) 男
(3)中華人民共和国福建省35歳(自称) 男

3 罪名罰条
出入国管理及び難民認定法違反
第70条第1項第1号
第3条第1項第1号

4 同船の要目等
船種・船名貨物船 MAO FENG 8
総トン数5376トン
乗組員船長 49歳 以下16名(全員中国人)
動静平成25年1月14日

ロシアに漁船不正輸出、容疑の2人逮捕 北海道警 11/17/12 (日本経済新聞)

 北海道警函館中央署は7日までに、中古漁船をロシアに不正輸出したとして、水産貿易会社「大和船商」の社長、大西善範容疑者(60)=札幌市西区山の手3条9=と従業員、宮下省吾容疑者(55)=同市西区発寒7条7=を船舶法違反などの疑いで逮捕し、同社を家宅捜索した。

 逮捕容疑は2010年12月から昨年4月、船舶法で定められた国の許可を得ずに中古マグロはえ縄漁船をロシアの漁業会社に譲渡し、所有者を大和船商と偽った書類を経済産業省に提出してロシアに不正輸出した疑い。

 函館中央署によると、漁船は宮城県石巻市の漁業会社から買い付け、約1億円で譲渡した。

 函館中央署は、08年から昨年までロシアの同じ漁業会社に逮捕容疑を含め漁船8隻を不正輸出し、少なくとも約1億2千万円の利益を得たとみている。〔共同〕

<不正輸出>中古漁船をロシアに 容疑の会社社長を逮捕/北海道 11/06/12 (毎日新聞)

 中古漁船をロシアに不正輸出したとして、北海道警は6日午前、札幌市西区の水産貿易会社「大和船商」社長、大西善範容疑者(60)と社員1人を外為法違反(虚偽申請)などの容疑で逮捕し、同社を家宅捜索した。大西容疑者は過去に暴力団関係者と付き合いがあり、漁船は最終的にロシアマフィア傘下の企業に渡ったとみられ、不透明な取引の全容解明を目指す。

 同社は昨年1月、宮城県の水産会社から400トン級のマグロ漁船を約1億円で購入後、ロシア・ウラジオストクの水産会社に転売する一方で、国土交通省東北運輸局で同社所有と偽って登録。約2カ月後に虚偽の輸出申請をし、経済産業相から輸出承認を受けた疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、漁船購入費用はあらかじめロシアの会社から支払われ、宮城県から北海道・函館港までの運搬費用もロシア側が負担。函館港で改造工事し、輸出承認後にロシアへ航行した。

 日本の漁船は性能が高く海外需要が高いが、漁場が競合するロシアなどへの輸出は複数の省庁から審査を受ける必要があり、手続きも複雑だという。道警は、同社がロシアに輸出しやすくするための工作と見ている。

中古漁船を露に不正輸出容疑、社長ら2人逮捕  11/06/12 (読売新聞)

 北海道警は6日、中古漁船をロシアに不正輸出したとして、札幌市西区の貿易会社「大和船商」社長の大西善範容疑者(60)と従業員の宮下省吾容疑者(55)を外為法違反(不正承認輸出)などの疑いで逮捕するとともに、同社を捜索した

 道警幹部によると、2人は昨年1月、宮城県石巻市の漁業会社から中古のマグロ漁船を約1億円で購入した国の許可を得ずにロシアの漁業会社に売却したほか、同4月になって船の所有者名義を大和船商と偽って輸出に必要な書類を経済産業省に提出した疑い

 水産庁によると、日本の漁船は網の巻き上げなど中古船でも性能が高いことから、外為法は漁場が競合する隣国などへの漁船の輸出について漁業資源の管理を理由に制限しており、認められない場合が多いただ、漁具などを取り外し「運搬船」とすれば輸出できる

 船は売却後、函館市で運搬船に改造されており、2人は輸出申請の際、経産省に「水産物冷凍運搬船」として輸出に必要な書類を提出し、船は昨年4月にロシアへ輸出された

 しかし、輸出の許可を受ける前の同3月、ロシアの会社は自国内で「漁船」として登録していたこのため、道警は、大和船商はロシアの会社が当初から漁船として使うことを知りながら、輸出の手続きをしたとみて調べる 

中古漁船:ロシアにも不正輸出の疑い 資金の流れを追及 03/01/2006 (毎日新聞)

韓国への中古漁船の不正輸出事件で、外国為替及び外国貿易法違反容疑で逮捕された宮城県多賀城市、「松島海運」代表、岸本洋二容疑者(64)が、ロシアへも不正輸出した疑いのあることが、門司海上保安部(北九州市)の調べで分かった。門司海保は、同容疑者が価格を実際より低く申告し審査を逃れる手口で不正輸出を繰り返していた可能性が強いとみて、ほかにも関与した人物がいないかどうか、資金の流れなどを追っている。  調べでは、同容疑者は03年、ロシアへ中古の底引き網漁船を輸出。この際、兵庫県内の船主に代金として数百万円支払ったにもかかわらず、税関へは船体価格を経済産業相の承認の不要な100万円以下の船だとして申告し、審査を逃れた疑いが持たれている。  漁船の輸出は、水産庁の事前審査後に経産相の承認を得るのが条件だが、船体価格が100万円以下なら税関への申告だけで輸出できる。  今回の「第2大和丸」の場合も、実際は約300万円の船体価格を90万円と偽り、経産相の承認を得なかった。その一方、輸出のために韓国側へ提出した書類には「300万円」と記載してあったことも門司海保の調べで判明した。  同容疑者は01年6月、北朝鮮へ中古漁船を不正輸出したとして警視庁に逮捕された。このときは、書類には輸出先を「インドネシア」と虚偽記載。船は日本から南下中に「故障した」と言って韓国に寄り、その後、北朝鮮の港へ入った。  ただ、水産庁や経産省には書類を提出し形式的な手続きは踏んでおり、門司海保は同容疑者が手口を変えた経緯にも関心を寄せている。

ロシア向け中古漁船不正輸出事件 2004 (海上保安庁)

 平成15年5月、根室海上保安部(北海道根室市)は、中古漁船をロシアへ不正に輸出したとして、船舶ブローカー等4人を外国為替及び外国貿易法違反(無承認輸出)、関税法違反(輸出許可の虚偽申告)及び偽造私文書行使罪で検挙しました。

 この事件は、平成14年4月、根室市花咲港に活カニ陸揚げのため入港したロシア籍鮮魚運搬船を立入検査したところ、今までに見受けられなかった北朝鮮のポートクリアランス(出港証明書)を持参していたこと、過去に花咲港からフィリピン向けに輸出された元日本漁船にも類似しているという不審な状況があったことに端を発します。

 この鮮魚運搬船の輸出経緯を調べたところ、輸出申請書類の一部に偽造の疑いがあることを認めました。

 そこで、警察及び税関とともに更なる捜査を進めたところ、この鮮魚運搬船は本来の輸出先であるフィリピンではなく、ロシアへ不正に輸出されていた船舶であるという事実が判明し、検挙に至りました。

 この事件は粘り強い内偵捜査が実を結んだものであり、今後も捜査能力の向上に努めていきます。

戦前の偽米国債?大量押収 鹿児島、貨物船内から発見 05/16/12 (朝日新聞)

 鹿児島市の谷山(たにやま)港で4月、フィリピン・マニラから入港した貨物船から、偽造されたとみられる大量の古い米国債が見つかり、押収されていたことが、関係者への取材で分かった。税関当局が米国に偽造かどうかを照会し、関税法違反などに当たらないか、調べている。

 関係者によると、船はベリーズ船籍で、4月14日に谷山港に着いた。乗組員は中国人で、金属の塊約50トンを積んでいたが、積載能力に比べてかなり少ない量だったという。

 税関職員が船内を調べたところ、鉄板を溶接した箱のようなものが見つかった。海保や県警も立ち会って数日後に切断して中身を確認すると、新聞紙やタオルでくるまれた箱が十数個あり、偽物とみられる額面10億ドル(800億円)の古い米国債が大量に入っていた。印刷に使う原版のようなものも、船内から発見されたという。国債の発行日は戦前とみられ、一部マニアの間では高値で取引されることもあるらしい。

「迅速・正確・100%安全」 巧妙化する密航ビジネス (1/2ページ) (2/2ページ) 03/25/12 (SankeiBiz(サンケイビズ))

 船を使って日本を不法に出入国する密航ビジネスが様変わりしつつあるようだ。かつては食うや食わずで100人単位が命懸けで密航してきたが、最近は少人数が船室に保護され、食事付きも。“統計に表れない入国者”は1000人単位で存在するとみられるが、警察や海上保安庁が摘発する密航者数は激減。水際で防ぐ決め手がない。

最近の摘発者数は激減

 海保によると、1990年代は船を1隻丸ごと密航用に仕立てたり、コンテナに詰め込んだりして、大人数が劣悪な環境で渡航。98年の真夏、東京港に到着した貨物船のコンテナで中国人16人が見つかったが、うち8人は衰弱死していた。

 そうした密航はこの数年、ほとんど摘発されなくなった。

 昨年8月、中国人の男がカンボジア船籍貨物船に潜み、福岡県の博多港に不法上陸し逮捕された。同じく昨年11月には横浜・大黒ふ頭に着岸したコンテナ船から密航者5人が逃走。海保は密航を手助けしたとして船長や甲板員ら3人を逮捕した。

数人単位で食事付き

 逮捕者らの供述から浮かび上がった手口は-。密航ブローカーから依頼を受けた一部の外国人船員らが窓口になり、自分が乗務する貨物船などに乗せ、居住区の部屋に数人単位で潜伏させる。

 密航者のことは船内でも限られた人しか知らず、定時に食事も与える。スーツ姿で夜の闇に紛れ下船する密航者もいた。

 報酬の“相場”は1人100万~250万円。ブローカーが最大8割、残りが船員らの取り分に。高額なほど密航中の待遇は良くなるらしい。

フリーペーパーで募集

 東京・大久保のコリアンタウン。路上に並ぶハングルのフリーペーパーにはこう書いてあった。

 「出入国で悩んでおられる方、解決可能。迅速、正確、安全100%。24時間対応…」。携帯電話番号まである。

 在留期限を超え出国できない外国人や、不法入国後に出国を希望する外国人、正当な手段では入国できない仲間を日本へ呼び寄せたい人向けのビジネスだ。

 「この携帯の持ち主はブローカーというより、その手先。暗躍するやつは人目に付かない奥にいる」と捜査担当者。

 貨物船を使う手口のほかに、捜査当局は韓国からの「高速型密航」も警戒する。時速約70キロで疾走する小型高速船で朝鮮半島から九州北部へ。下見を重ねた日本の沿岸で数人を別の船に移したり上陸させたりする。この間、わずか数時間。捜査担当者は「端緒情報もつかみにくい」と漏らす。

 〈集団密航船と摘発〉海上保安庁によると、1990年代は中国から日本へ船による集団密航が相次いだ。97年は2人以上の摘発を指す集団密航事件だけでも、中国人ら1337人を摘発した。しかし2000年代に入り摘発件数も人数も激減。統計上は10年に日本から強制退去させられた不法入国者のうち、約千人が「船で日本に密入国した」と供述している。これに対し同年、日本の捜査当局が摘発した集団密航事件の外国人は22人にすぎない。

SCrew of m/v Jake Vincent Tres fined for illegal cell phone trading, Solomon Islands 01/01/12 (Maritime Bulletin)

3 crew members of general cargo vessel Jake Vincent Tres were fined by Solomon Islands Court for illegal trading of undeclared cell phones, some 32 empty boxes of phones were found in vessel’s garbage. Jake Vincent Tres in Honiara port on Dec 19 for loading copra, crew members in question were found suspicious in behaviour by police, suspicion lead to detention and search. Shipping agent Tradco Co paid a fine of $23,247 to Customs, after payment vessel was cleared by the authorities. All crew members are Philippine. No data found on Jake Vincent Tres except pic of the vessel in Honiara port, and data on other vessels run by the same owner, Villa Shipping Lines. Jake Vincent Dos IMO 7700972, dwt 1600, built 1977. Jake Vincent IMO 8622555, dwt 869, built 1977. Both vessel are general cargo type, both are Philippine flagged, owner is Villa Shipping Lines, Cebu.

Ship carrying illegal migrants sinks off Indonesia, hundreds missing 12/18/11 (National Post)

Reuters

JAKARTA – A boat carrying illegal immigrants heading for Australia sank off the coast of east Java in Indonesia and over 300 people were missing with many feared dead, a senior emergency official said.

Only 76 people of 380 people on board had been rescued, said Sahrul Arifin, the head of emergency and logistics at the East Java Disaster Mitigation Centre.

He said strong waves wrecked the wooden boat about 90 km (56 miles) out to sea late on Saturday night. “Our search and rescue team have begun sweeping the water around where the accident took place but we are now sending body bags to that area,” Arifin said.

He said the passengers were mainly believed to be illegal migrants from countries including Iran and Afghanistan. Many boat people from the Middle East and Asia use Indonesia as a transit point en route to Australia.

Local TV showed images of more than a dozen shocked-looking survivors huddled in a clinic in Trenggalek, a town on Java island’s southern coast.

Many economic migrants from the Middle East attempt to cross the Indian Ocean in boats in search of a better life in Australia.

Australia-based refugee advocate Jack Smit told Reuters first reports indicated the boat was overloaded. He suggested it might involve a new and inexperienced people-smuggling operator trying to make money quickly, as the boat reportedly left from the same port in Java as another that sank recently.

“It all points to new operators, and also the population of the boats is changing,” Smit, of Project SafeCom Inc, told Reuters. “It seems to me it’s a new operator that took a risk that was too big.”

Smit said there appeared to be an increasing number of Iranians taking to the boats and fewer Afghans than previously. He estimated that 2% to 5% of thousands of asylum-seekers taking to boats in this way each year died en route, with many deaths not reported.

Asylum-seekers often pay thousands of dollars to board the boats, whose journeys are organized by people-smuggling networks based in Indonesia using ramshackle vessels often poorly equipped for the perilous journey to Australian waters. This sinking is the latest of several such disasters in recent years.

タイ船籍船も要注意かもしれない。下記の事件は信じられないことだ。最近、日本の港にもタイ船籍船が見られるようになってきたが 大丈夫なのか??日本のPSC海上保安職員 も抜けている所があるからどうかな??


Source: http://www.nationalpost.com/news/ottawa+warned+months+tamil+influx/3516948/story.html


Source: http://www.nationalpost.com/news/Tamil+ship+arrives+base/3394129/story.html


Source: http://www.shipspotting.com/gallery/photo.php?lid=663875#

Sun Sea Crew played a crucial role in Smuggling Tamils to Canada by Grace 04/08/11 (Canada Updates)

The key role played by the crew members of Sun Sea ship has been brought forward.

According to the Immigration and Refugee Board Canada, among 492 Tamil immigrants, who entered Canada through MV Sun Sea in Around August 2011, were helped by the 12 crew members of the ship, who played prominent role in the major human smuggling that took place.

As by the Kenny Nicolaou, a representative of Canada Border Services Agency told that Sun Sea operation was involved in about by 45 smuggling agents from different countries including Srilanka, Thailand and Malaysia.

They provided people to be smuggled with the passports, tickets to the Bangkok, they spent around 0ne to five months there in hotels or apartments and finally transported through taxi, buses to the Sun Sea. The people were asked to $5000 before boarding the ship and an additional payment of ranging from $5000 to $30, 000 after reaching the Canada. They Sun Sea played key role to smuggle Tamils to Canada.

The charges were further confirmed on hearing from one of the crew members, who served for various purposes as cooking, manning the diesel engine room etc, said by the Canada board.

When inquired further from the member, he tried to limit his role by telling that he oftenly turn up only for his three or four hours shift and rarely helped in other ways. His lawyer defended him, by saying that on base just being a crew member he can be linked with criminal work or human smuggling people.

The board adjudicator is looking for more proofs to find out the involvement of the crew member. If the fellow is found guilty of being one of the criminal organizations, the migrant could even be deported.

After questioning in presence of his lawyer, the migrant said he turned up to Canada for seeking refugee status and don’t know anything about the ship and smuggling activities going in there.

The Canada Border Services Agency is also looking for the man, whose brother was reported to be on the ship and was the key organizer of the crime and smuggling that has taken place. The work done by him and his other helpers and have generated large sums of money through this illegal activity, further added by Nicolaou.

They are also going for the deportation of 40 migrants who they doubt were the members of banned Liberton Tigers of Tamil Eelam terrorist organization, that is active in smuggling. They also believe without the contributions of the crew members Sun Sea would not have been able to make their way to Canada.

Sun Sea in Canada - refugees or human-smuggling? 04/14/10 (Maritime Bulletin)

Public Safety Minister Vic Toews described the ship as part of a larger human-smuggling operation.
Border officials expect to spend much of the weekend identifying the 490 asylum-seekers, most of them men from Sri Lanka, who arrived in Esquimalt Harbour yesterday after a three-month journey by cargo ship.
Most were much healthier than originally feared -- eight were taken to Victoria General Hospital, including a six-month-old baby and two pregnant women, but none was seriously ill.
The ship arrived in Esquimalt Harbour about 6 a.m. amid tight security.
Dean Purdy, spokesman for correctional and sheriff services with the B.C. Government and Service Employees' Union, said he was told about 400 adult men, 60 women and 30 children were aboard the 59-metre MV Sun Sea.
The men are expected to be held at Wilkinson Road jail for processing before being moved to the Lower Mainland, likely Fraser Regional Correctional Centre in Maple Ridge.
The women are reportedly being taken to Alouette Correctional Centre for Women, also in Maple Ridge.
Once the mothers and children have been processed by the federal government, they will be released into the care of B.C.'s Ministry of Children and Family Development and kept at a "secure and safe facility," the ministry said yesterday. They will be kept together while going through the federal refugee review process, and receive access to language interpreters and other support services.
Initial efforts to determine the identities of the asylum seekers, as well as any criminal connections or security threats they might pose, are expected to take 48 to 72 hours, said Rob Johnston, regional director for Canada Border Services Agency.
Public Safety Minister Vic Toews told a press conference the ship is part of a larger human-smuggling operation and Canada needs to improve its laws to ensure the country's refugee system "is not hijacked by criminals and terrorists." "I don't view this as an isolated, independent act," he said, responding to a question about whether more migrant ships are coming.
"We believe that there are others who are watching this particular situation to determine the reaction of Canadian authorities," Toews said.
"As I have said before, human smuggling is a despicable crime and any attempted abuses of our nation's generosity for financial gain are utterly unacceptable." Toews refused to provide details, however, saying he did not want to prejudice investigations into individuals who travelled on the Sun Sea.
Observing the Sun Sea's arrival across Esquimalt Lagoon yesterday, Gary Anandasangaree -- legal counsel for the Canadian Tamil Congress -- warned against painting the new arrivals with too broad a brush.
"I don't disagree with the majority of his comments," Anandasangaree said.
"But there is a difference between people smugglers and the people who are seeking refugee status. We can't lump them in together." Human smuggling was one way the Liberation Tigers of Tamil Eelam, or Tamil Tigers, financed their 25-year war with the Sri Lankan government.
The Sun Sea, which was spotted in the Gulf of Thailand in May, had been tracked for weeks by Canadian authorities because of suspicions that it was carrying illegal migrants to Canada.
HMCS Winnipeg and RCMP patrol boats intercepted Sun Sea on Thursday off the west coast of Vancouver Island. The RCMP and the navy boarded the vessel, and naval personnel piloted the vessel through Juan de Fuca Strait during the night. HMCS Whitehorse was also part of the escort.
Tugboats guided the Thai-registered Sun Sea past Fisgard Lighthouse shortly after 6 a.m. yesterday. The pocket freighter docked a half hour later at a Colwood-side wharf, where a crowd of uniformed personnel and a pair of buses waited.
By Ian Shelton, Judith Lavoie and Kim Westad, timescolonist.com August 14, 2010

Thai freighter with 200 migrants on board heading for B.C.
Friday, July 16, 2010 Canadian Press
The Thai Cargo Ship MV Sun Sea is reportedly headed for the West Coast of Canada with 200 migrants on board. Canada is watching out for a ship reported to be carrying illegal Tamil migrants after a Sri Lankan newspaper warned the vessel could be headed for British Columbia.
The Colombo Sunday Observer reported a Thai Cargo ship — the MV Sun Sea — is sailing for Canada with 200 migrants on board, including members of the Tamil Tigers, the military arm of the Tamil separatist movement.
Foreign affairs spokesman Alain Cacchione said the government is aware of reports suggesting the ship has left South East Asian waters and may be headed for Canada.
The Observer said the ship, previously known as the Harin Panich 19, was originally headed for Australia.
The paper said the vessel was last spotted in May in the Gulf of Thailand where its captain, a Tiger leader named Vinod, warned that several illegal migrants would "throw themselves overboard if anyone tried to board his ship."
Last October, a ship carrying 76 Sri Lankan migrants was intercepted in Canadian waters after crossing the Pacific from Sri Lanka.
The group on board the Ocean Lady claimed to be fleeing persecution after the country's bloody 26-year civil war.
But there are concerns that some of the migrants may have links to the Tamil Tigers, which Canada has banned as a terrorist organization.
The Sri Lankan army crushed the Tamil rebellion last May and the Canadian Tamil Congress said the migrants may have embarked on their risky ocean journey because Tamils are still persecuted and it's nearly impossible for them to come to Canada legally.
http://www.leaderpost.com/news/Canada+watching+Thai+ship+suspected+people+smuggling/3286162/story.html
Harin Panich 19 - IMO 8017748, gt 767, built 1980, flag Thailand, owner Harinpanich Co. Ltd Bangkok.

The real story of the Sun Sea and Tamil refugees in Canada Written by Gisele Gauthier 04/19/10 (Oye Times)

In my heart I wish we could wrap our arms around every single person whose world has crumbled and shelter them from care and share with them the peace and safety we are blessed with here in Canada.

While noble in spirit, I realize my fantasy is not possible in life. The sheer number of the world’s 43 million displaced and struggling innocents is overwhelming. Governments everywhere pool foreign-aid resources, and humanitarian groups feverishly scramble to follow in the wake of natural disasters, wars, and tyrants.

As citizens of Canada, many of us have deep personal ties to people who live outside our country, and our concerns and anxieties can’t help but extend beyond our borders. As compassionate human beings, it’s only natural that we care about what happens to immigrants and refugees when they do come here.

We also want our national security forces to protect unfailingly the peace and freedom we all so highly value. In addition to overseeing this huge country from within, we expect our officials to protect us from foreign criminals and extremists.

It’s a tall order, and a controversial one. Not everyone in Canada embraces immigration, and some even go so far as to say we should close our borders altogether. We pretty much all agree on preventing crime and terrorism, but how it’s done, and how criminals and terrorists are identified as such, also remains controversial.

All these complicated issues came together with the arrival of a small Thai cargo ship called the MV Sun Sea. Crammed in its hold were 490 Tamil men, women and children who had endured a three-and-a-half-month journey across the Pacific Ocean in order to escape persecution in Sri Lanka.

The plight of the Sun Sea illustrates the difficulties faced by those who seek refuge in this manner. It was last April when the small thirty-year-old ship left Sri Lanka. As a suspected people-smuggling vessel, she was spotted by the Philippine Coast Guard as she left the Gulf of Thailand in May. Loaded with her freight of Tamil families, she was approaching Australia when she was turned back by their navy. According to reports, the Sun Sea then changed her course and headed for Canada.

On August 13th, long before daybreak, in a large and varied flotilla, the RCMP and the Navy waited 200 miles from shore to intercept the Sun Sea as she entered Canadian waters. When she was within our jurisdiction, orders were called over to her which were calmly and readily complied with. The Sun Sea was then boarded and secured. Two navy tugs attached to each end of the ship proceeded to guide her towards Vancouver’s harbour.

How anxious the people aboard the vessel must have felt as they waited below deck! After almost four gruelling months at sea, they had finally reached dry land. In the next few hours the strangers they would be meeting would hold the key to their lives and to their children’s lives. Imagine the hopes and fears they all shared that momentous last night together!

Aside from the large police and navy flotilla which filled the harbour, on shore a wide array of people awaited the passengers. Government, military and federal officials, border protection officers, doctors, translators, advocates, the press, - they all stood fixated, staring at the infamous boat as it finally appeared in the early morning light.

Seeing the distinctive blue and red striped cargo ship for the first time, they gasped in dismay. The two tug boats almost equaled the length of the Sun Sea’s. Reporters marvelled that a ship so small, only 59 metres long, and 10 wide, could hold 490 people at high sea for over three months. On deck Canadian officials wore surgical masks for protection against potential health risks. Although most of the Tamil people were still below in the hold, a few curious faces could be seen peeking out from under a tarp, one young man giving people a shy wave.

It was still dawn and the little cargo ship’s blue and red stripes reflected in the placid waters of the natural harbour. Above, the blue sky was bathed in a rosy glow. Towering cliffs covered with lush greenery provided a gorgeous backdrop for the gleaming cluster of white tents installed to process the new arrivals. Ambulances stood by to take those who needed medical attention to a nearby hospital. Police buses were on hand to transport all the others to several local prisons where they would remain while being investigated by the Canadian Border Services Agency. Social workers had arrived to take the children into foster care. Members of the Tamil community from across Canada were flying in to volunteer professional services and material aid.

Slowly, slowly, one at a time, officials gently guided the people off the ship and over the gangplank, holding black umbrellas over them, presumably to shield them from the press. From a distance one could see a woman in a flowing white skirt, and a man carrying belongings in large clear plastic bags; slow moving elderly people and young children clinging to their parents’ hands; a little boy frightened to walk on the gangplank being kindly encouraged by the officer who was leading him. As they crossed that walkway and stepped onto that green shore, one can only imagine their wildly racing thoughts and the pounding of their hearts. Slowly, one by one, they were escorted beyond the trees and beyond the public’s sight.

The Story Behind The Story

I’ve got to stop reading those appalling comments, the ones written in response to articles about the Tamil asylum seekers from Sri Lanka. The dehumanizing insults and fear mongering one can find in these crude and mean-spirited ‘have your say’ forums is shameful. If only they were merely representative of a small group of nasty, uninformed ranters. Sadly, I also read blatantly prejudiced and unsubstantiated statements coming from officials within the Canadian government itself, and to me, that is by far more worrisome.

I’ve always felt tremendous pride in Canada for being a decent law-abiding country. The majority, I believe, still values fairness and compassion and, contrary to what I read in these low-brow forums, it does not take delight in ridiculing other people’s misfortunes. It would be good if we could all resist reducing these desperate souls to mere stereotypes and instead allow due process to take place before passing judgment.

Sri Lanka, from which these families are fleeing, is very vocal in charging that these yet-to-be-identified people are all hardcore terrorists. They had claimed the same about 76 other Tamil refugees who arrived last fall on the Ocean Lady, but none of their accusations stood. Now these same alarmists are again ringing the same bell. In the face of the United Nations, Amnesty International and many other Human Rights organizations, Sri Lanka refuses an independent enquiry into war crimes committed while implementing the gruesome final strategies which brought its 26-year-long civil war to an end.

Their Defence Secretary, the President’s brother, has on Canadian television threatened to hang Sri Lanka’s imprisoned Army Commander for treason should he attempt to testify against the Rajapaksa government. It is their usual procedure to discredit anyone whose testimonies could reflect badly on them, and their diplomatic representatives are the personification of political interference. In Sri Lanka reporters, aid workers, ordinary citizens - those who could cause embarrassment or trouble - have been tortured and ‘disappeared’.

They continue to hound Tamils in their adopted countries everywhere and shamelessly attack anyone they feel has sympathy for them, including international politicians and the heads of humanitarian agencies. Toronto’s Sri Lankan consulate has organized several anti-Tamil events over the last two years alone.

Just what is more threatening: the influence of an aggressive foreign government accused of genocide and a full menu of human rights violations in its civil administration, or a boatful of unfortunates who, along with their precious children, have taken a shot at being accepted as refugees in the only way open to them? Let them get visas the normal way, you say? The trouble with that is that Canada’s visa officers have no access to the North in Sri Lanka and the Tamil people of the shattered North are under tight military control with no freedom of movement.

Last fall when the Ocean Lady arrived off the coast of British Columbia carrying 76 Tamil men, the Canadian government took on an ‘expert witness’, Rohan Gunaratna, to bolster their case against the asylum seekers. Gunaratna bluntly stated that all the claimants were terrorists. This so-called unbiased expert failed to disclose that since 1984 he has worked closely with the Sri Lankan government as an advisor and continues to promote their interests passionately. The 1980s were notorious for Sri Lanka’s horrific state-supported violence against Tamil civilians. In the long run, none of Gunaratna’s unsupported claims against the 76 asylum seekers held up.

Many of Gunaratna’s resume credentials have been disproved. Yet inexplicably he is still advising our government, and for weeks politicians have been promoting his biased point of view in anticipation of this new boat’s landing. Gunaratna still doesn’t name his sources nor offer any evidence to back up his dangerous allegations. Without our knowing who’s on board, these asylum seekers have already been stigmatized as terrorists on the grounds of their ethnicity. Oh, Canada!

Canada’s top security official and the lead minister in the current situation, Public Safety Minister Vic Toews, has been adamant that there are terrorists and human smugglers on board the Sun Sea. He says the Government’s position is that we have to make Canada a less appealing place for smugglers and that we have to send the signal that we don’t tolerate terrorists and criminals.

When people present themselves without having the proper documentation and visas, or have arrived in an ‘irregular’ way, the procedure is for the claimants to be held in custody until cleared of criminal or terrorist association. Two local prisons east of Vancouver were readied for this purpose, the Fraser Regional Correctional Centre and the Alouette Correctional Centre for Women.

The staff at the nearby Victoria General Hospital was prepared to quarantine and treat those suspected of having any communicable diseases. These people had been at sea for over three months in a cramped cargo ship and rumours of raging tuberculosis and deaths were being reported. However, the day after their arrival, when officials had had the opportunity to examine the conditions on the Sun Sea, things appeared to be much better than first feared.

The people, they said, were in remarkably good shape and in good spirits. Only twenty seven of the 490 were sent to the hospital, and all, or almost all of them were soon discharged. One person had died at sea, but no communicable disease was found. Two of the women are pregnant.

The ship itself was mechanically sound, and alterations had been made to accommodate its human cargo. It had been kept clean and organized, and they had a system to deal with waste and garbage. There were a couple of washrooms. Although closely rationed, there had been enough water and food such as rice and dried fish. Tarps had been added to the upper deck to extend living space. Hammocks were hung to provide sleeping space.

The Tamil people were seen smiling and engaged with the officials in a willing cooperative manner. Some women and approximately fifty young children have been placed in the care of British Columbia’s Ministry of Children and Family Development.

From here we can only hope that in spite of the apparent predisposition of our government and its agencies to presume guilt, the rights of these people to due process will be respected. According to international law, those seeking asylum in Canada have the right to a fair hearing on the merits of their individual cases.

The Minister of Immigration, Jason Kenney has issued this statement via his spokeswoman, prior to the ship’s landing: “This could end up being a prime example of individuals trying to take advantage of our generous immigration system. Our government is committed to cracking down on bogus refugees while providing protection to those that truly need our help.” The Harper government holds the position that Canada is being exploited and being turned into a haven for criminals and terrorists. Amongst many others, opposition politicians Michael Ignatieff and Olivia Chow are asking people to resist prejudging and they are emphasizing in interviews that due process must take place and Canadian and humanitarian laws adhered to.

Last May, loaded with her freight of Tamil families, the Sun Sea was approaching Australia when she was turned back towards Christmas Island, a practice which leaves asylum seekers without protection and which the UN High Commission for Refugees regards as jeopardizing fundamental human rights.

Like Canada, Australia has signed on to the Refugee Convention which outlines the rights of refugees and how receiving nations are to treat them. However, Australia pays Indonesia to cut off and hold refugees who attempt to reach her shores and thereby avoids living up to her responsibilities. Last year Australia processed only 120 of the refugees detained by using this unethical loophole. Australia has suspended asylum claims from Afghanistan and Sri Lanka since early April, 2010 by designating these countries as being ‘safe’. Even if they had been unwillingly towed to shore by the Indonesian navy, asylum seekers usually languish in locked refugee camps for decades waiting for a third country to accept them. As a Canadian, I am mortified to hear that there are people here who applaud the ‘Australian solution’ in spite of the disastrous consequences that befall the people who are seeking protection. The phrase ‘terrorist sympathizer’ is too often used carelessly – or even worse, in a calculated way - by those who, rather than being genuinely concerned with national security, have other motives best served by fear mongering. In anticipation of the arrival of the Sun Sea, some of our officials shamelessly fed the media with inflammatory statements. Is it appropriate to hang the accused before a trial in Canada? That’s not a good trend. Scaring the public, then running to their rescue is an old political trick. Lives are on the line. Politics ought not to be played at the expense of people undoubtedly already traumatized by recent events.

As to what happens now that the asylum seekers are here, immigration lawyer, Lorne Waldman explains that there are definite procedures and steps which will be taken. As mentioned earlier, health issues were immediately addressed. In anticipation of severe health problems, the order had been given to the Victoria General Hospital to prepare as if for a pandemic. They had opened an unused emergency wing and readied it for the possibility of hundreds of horribly sick people. As it turned out, the migrants had been able to take reasonably good care of themselves and had arrived in surprisingly good health.

The Canada Border Services Agency and the Royal Canadian Mounted Police are conducting their investigation looking for the people smugglers responsible for this ship-load of hopeful souls. People smuggling is a very serious offense worldwide, and these individuals, if identified, will face vigorous prosecution.

Each passenger has been photographed, fingerprinted and processed for detention. Their fates will depend on the background checks that the government authorities are conducting. Immigration law requires a Detention Review within 48 hours of apprehension and then a second Review after seven days.

Tracking down missing documents is perhaps the single most helpful thing families and representatives of the asylum seekers can do to help them. Canada Border Services Agency will need to confirm the identities of the passengers to determine whether they pose a security threat. Migrants are under obligation to produce proper identification documents and until they do, they will be held in detention. If the documents cannot be found, procedures for deportation will commence. The Government has the broad rights to hold individuals for four or five months while continuing their investigation. Eventually they must conclude whether or not the person is a security threat. Individuals cannot be held indefinitely.

When Canada Border Services Agency’s investigation is finalized, they must produce evidence if they wish to lay a charge. In this case they are looking for proof of criminal behaviour or of connections to the Liberation Tigers of Tamil Eelam. The LTTE, who fought the Sri Lankan government in a civil war for the better part of the last quarter century were, until last May, in control of the northern part of Sri Lanka, from where the asylum seekers are most likely to originate. Because the LTTE formed the government of Tamil Eelam, does it follow that all Tamil civilians living in their traditional homeland are terrorists?

Provided that individuals have their documentation, and are cleared of any security-related charges, they are then referred to immigration officials who will start to process their refugee claim. If it is determined that a person will not be a flight risk, he or she may be released into the general population, usually with conditions attached.

It may take years to determine whether a claim is accepted, and the possibility of deportation hangs over the applicant’s head all that time. It is unclear when the recent reforms designed to accelerate the processing time of claims will come into effect.

The Expertness Of Experts

On August 6, a few days before the Sun Sea’s arrival, the Canadian Tamil Congress organized a forum at beautiful Hart House in downtown Toronto to address concerns about this group of people and about Canada’s role in offering protection to refugees in general.

The first up to speak was John Argue, the Sri Lanka Coordinator for Amnesty International Canada. Amnesty, he said, continues to express concern about those aboard the Sun Sea. Asylum seekers who reach Canada using any form of transportation have the right to a case-by-case hearing, and Amnesty International Canada and the Canadian Council for Refugees had sent a joint letter to Prime Minister Stephen Harper. At the time, a rumour that the ship would be prevented from reaching Canada by our navy not only involved breaking international law but also the condemning of its passengers to a tragic fate. In their letter, hope was expressed to the Prime Minister that the rumours were untrue and that Canada intends to follow due process and provide for fair refugee hearings.

‘Expert witness’ opinions aside, the continuing lack of safety for Tamils in Sri Lanka is a far more compelling argument than the unsubstantiated warnings of their constituting a national threat to Canada. Last May Amnesty International, amongst others, requested an independent inquiry into war crime allegations to examine the activities of both sides of the conflict. The Tamils supported the inquiry; the Sri Lankan government refused.

United Nations Secretary-General, Ban Ki-moon has appointed advisors to continue to brief him about the ongoing situation. As it stands, Mr. Argue continued, Tamils don’t have a chance to be citizens in their own land. In Sri Lanka human rights activists, journalists, opposition politicians, anyone, really, can’t express frank opinions under threat of torture and death.

Sri Lanka’s Defence Secretary, Gotabaya Rajapaksa says that asylum seekers are involved with human smuggling and that their claim of being refugees allows terrorists to disguise themselves as civilians. This idea tries to take away credibility from all Tamil people as a group.

Victor Wong, the Executive Director of the Chinese Canadian National Council, which is a member of the Canadian Council for Refugees, warned about the attitudes which lead to criminalizing and stigmatizing people and detaining them for prolonged periods of time. This is a process which in turn prejudices their refugee claim, leading to deportation back to the very danger they risked their lives to escape. If the people on board the Sun Sea are maltreated as a group, it is conceivable that more groups of people will be marked by decisions driven by political objectives.

The current government’s recent changes to refugee law call for countries to be divided into two categories: countries that are safe and those that are not. The determination of who falls on which side of the fence appears to be a political decision, rather than one guided by the experience of human rights groups. Those who come from ‘safe’ countries, as Sri Lanka is asserting itself to be, will not be given the same opportunities to defend their case as those who come from countries on the ‘unsafe’ list.

Mr. Wong explained that those agencies which focus on helping refugees need to anticipate media buzz and its dramatic need for a ‘bad guy’ and to try to counter the negative profiling by insisting on rational investigation and due process. When the Ocean Lady’s passengers were detained in British Columbia last year, they were provided with legal council, interpreters, and for those without Canadian relatives, host families by the Canadian Tamil community and by non-governmental organizations. It would be advisable to be prepared to repeat these forms of help to the new arrivals. Mr. Wong spoke of past situations where people were turned away with tragic consequences, and urged everyone to work towards the proper and fair treatment of all immigrant groups.

John Cartwright, President of the Toronto & York Region Labour Council, and Chairperson of the coalition of human rights groups forming ‘Canadians Concerned About Sri Lanka’, urged that we get involved with building the kind of Canada we want to share together. Canada has a mixed history in dealing with immigrants and we need to hold it to high standards. Allowing Sri Lanka to whip up hysteria about the asylum seekers is unacceptable, and a fair hearing is critical for a just society. In order to overcome the shame of past injustices, certain standards must be met, and no asylum seeker can be branded as a terrorist in lieu of a just hearing.

Liberal Member of Parliament Rob Oliphant hoped that the information shared at the forum would better equip everyone in reaching the desired goal: that the proper process of refugee determination be extended to everyone. To spontaneous applause Mr. Oliphant said our Government should exercise discretion in accepting the ‘expertness of experts’. It is unseemly that Canada should advance the propaganda of a state almost universally accused of crimes against humanity.

Michael Ignatieff, the leader of the federal Liberal party, has said that he frankly wished there be a moratorium on the ‘T’ word as it’s so often used to bias Canadians purposely. Mr. Oliphant reiterated the need for the Canadian public to rally against propaganda. He encouraged lawyers and human rights groups to continue to educate the media and the public by presenting factual information rather than rhetoric. The refugee determination process, he said, is definitely worth the money and effort.

Hadyat Nazami is a Human Rights lawyer currently representing several of the refugees who arrived last October on the Ocean Lady. He thanked the hosting organization of the forum, the Canadian Tamil Congress, for the support the community provided for the asylum seekers. They had provided advice, legal council, therapy, translators and phone cards. Mr. Nazami went on to say that the recent statements made by the Harper Government made the support of the Opposition parties essential to maintain a balanced handling of the situation.

Our government’s ‘unbiased’ expert witness is sworn to advance Sri Lanka’s interests, not Canada’s. Rohan Gunaratna and his fellow agents publicly pressured our government to confront the ship before it reached our waters. That’s internationally illegal. In the past when Canada turned ships filled with refugees around, the people died. Recently Prime Minister Harper extended formal apologies for several such occurrences.

Mr. Nazami deplored the use of the terms ‘bogus refugees’ and ‘queue-jumping’, saying they painted false impressions of how immigration law works. There’s nothing unusual about refugees coming to Canada. There’s nothing unusual about having to check people for security reasons. But political interference can be hurtful and illegal. Although legal caution is understandable, during the Ocean Lady case, laws were broken and people were stigmatized.

Compassion was sadly absent in a haunting memory he shared of a traumatized Tamil man from the Ocean Lady, found crying in his solitary cell as he waited to hear of his fate. The charges against him and others like him were based on the opinions of Rohan Gunaratna and the Sri Lankan Army. Months later, when Canada Border Services Agency was pressed by Immigration Canada to produce evidence, all of the charges were dropped - in spite of earlier claims that they were in possession of ‘secret evidence’.

Gunaratna has been allowed to enter Sri Lankan prisons – a highly unusual ‘privilege’– to interrogate prisoners about the Tamil Tigers. He needed the use of translators as this ‘expert on Tamils’ cannot speak their language. Although he claims they answered his questions readily, it has been revealed that prior to his interrogation these forlorn people had been subjected to torture. This is a common practice, resulting in approximately 80% of Sri Lankan prisoners being tortured. The ‘Canadian Centre for Victims of Torture’ has observed that because of fear or trauma, such victims, in interviews often hide the fact long after they have left the offending country - which in turn jeopardizes their claim. Mr. Nazami emphasized that the Canadian government must take care to avoid becoming complicit in torture.

A second Human Rights lawyer, Robert Blanshay, was next to speak. His opening comments were about his colleague, Nadyat Nazami, who had just addressed the room. Mr. Nazami, he said, is representing several asylum seekers from the Ocean Lady, which arrived last fall. He was given ten minutes of preparation time to cross-examine Rohan Gunaratna, the ‘expert witness of choice’ of the Canadian Government. In this short period of time, Mr. Nazami was able to uncover substantial misrepresentation on Gunaratna’s part. He had failed to disclose that he had been closely linked with the government of Sri Lanka since the 1980s, and still is.

Responding to the discovery, Gunaratna claimed that this revelation was just a simple oversight, that he’d simply forgotten to mention it!! Our government did not react to this incredible conflict of interest. Did anyone think that such forbearance would be extended to any Tamil person, Mr. Blanshay asked. With further investigation, many of the credentials on Gunaratna’s resume turned out to be completely fabricated and he has been discredited internationally. But he’s still our ‘expert witness’!

As people are arriving all the time to seek asylum in Canada, the question of how we treat refugees should be focused not only on the Tamil arrivals. In fact, Canada has reduced the number of refugees over the last few years at a time when the world is full of people needing help. Third world countries take in far more refugees than do Western nations. The game amongst Western countries seems to be how to avoid living up to international standards and conventions by making it increasingly difficult for would-be refugees to qualify.

Far from being an exercise in charity, immigration has always been necessary to Canada and is closely linked to employment needs and foreign trade and policy. Most refugees, the majority being women and children, though having gone through great upheaval and personal loss, never do leave their countries, and are known as Internally Displaced Persons. IDPs as such are not counted as Refugees. The world’s Refugee statistics do not show these people in their tally. The comparative few that do arrive in Canada represent a tiny proportion of the quarter million immigrants we process each year.

Mr. Blanshay spoke of ‘Risk Assessments’ which examine what the country of origin is like in regards to the safety of the would-be refugees should they be sent back. For many reasons, including monetary ones involving major international loans and grants, Sri Lanka cannot afford to be seen as a state which does not live up to its Human Rights requirements. It will do anything it can to discredit any allegations against its record.

To this day President Rajapaksa maintains that there are no minorities in Sri Lanka and that no civilians were killed in the final months of the civil war, that his army was on a rescue mission. The remnants of these ‘rescued’ Tamil people were locked up in appallingly inadequate prison camps. From babies to elders, the survivors were starving and severely wounded from Sri Lankan scatter bombing and heavy weaponry being fired into civilian ‘safety zones’ and hospitals. Minimal medical help was permitted, and international aid and journalistic communities were banished. In spite of their efforts, Sri Lanka could not block the harrowing stories from leaking out of the camps, and these stories subsequently were heard around the world.

It comes down to this: people must educate themselves in order to avoid falling prey to biased political strategies and to hold our elected officials accountable for how they manage situations such as this. Mr. Blanshay expressed grave concern that the Canadian government was still receiving advice from Gunaratna.

Mr. Wong added that what happened last year with the Ocean Lady is actually a good case study on how the process works. The government had put security certificates on about 25 of the 76 migrants. Since the evidence presented by Rohan Gunaratna was unusable, they had to withdraw these certificates. Rule of law resulted in all 76 people being cleared of terrorist charges and allowed them to live amongst the general public while their claims were being processed.

Mr. Wong expressed gratitude to those who didn’t just ignore the Ocean Lady case. “What will happen to the next group of migrants if what happens to this group is ignored?”, he asked. If false assumptions and rhetoric are not challenged, it becomes progressively more difficult for those who follow.

Absolutely no one is suggesting that national security be compromised - quite the contrary. The integrity of our security and emergency alertness is crucial. Last year alone, Canada processed 34,000 refugee claims, and our government needs to prevent violent individuals and organizations from exploiting Canada. The concern here involves the ethical application of existing laws, the quality of the intelligence being used by our government, and the perception that decision-makers are being unduly influenced by foreign entities whose agendas are anathema to the kind of nation we pride ourselves on being.

None of us knows what the future will bring. We all do our best to comprehend this confusing world of ours, and sometimes it seems we are worlds apart in our views and conclusions. We just have to keep trying to be decent people and to mix compassion with caution. I think of those Tamil hopefuls, far away from their families and friends, waiting to see what their future will be. I pray it will be a good and secure one – for all of us.

地方の港と同じ。適切に教育された職員がいない。上司が知識や実地の経験に乏しく部下を指導できない。犯罪が少ない地方にいた職員は 形だけのチェックだけなので本当に該当者を見つけようとする意識が少ない。平和ボケで高齢の職員の意識改革が難しい。摘発されたケースは 氷山の一角だと思える。

覚醒剤密輸、狙われる地方空港 国際線増加・職員少なめ(1/2ページ) (2/2ページ) 12/12/10 (朝日新聞)

 覚醒剤密輸ルートが地方の空港に及んでいる。昨年から今年にかけ、五つの空港で初の摘発が相次いだ。捜査関係者らは密輸組織が警備が厳重な国際空港を避け、国際線の乗り入れが増えた地方の空港に目をつけたとみて、警戒を強めている。

 4月24日午前、富山空港の税関検査場で、税関職員はある男性乗客の不審な行動にピンと来た。持っているのは小さな荷物だけ。他にないのかと確認すると、ターンテーブルに別の荷物を取りに戻った。職員にパスポートを渡すと、受け取らずに立ち去ろうとした。一刻も早く検査を終えたいように見えた。

 職員が別室へ案内すると、男性は「何も持っていない」とアピールするようにズボンを脱いだ。職員が「上着も」と促すと、二つの白いポリ袋が粘着テープで腹に巻き付けられていた。中身は約490グラムの覚醒剤だった。

 台湾からのツアー客を乗せたチャーター便で到着した無職の台湾人の男(66)。大阪税関伏木税関支署は身柄を拘束し、富山県警が一緒にいた女性とともに覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕した。富山空港での初の覚醒剤密輸事件摘発となった。

 大阪税関によると、男は「団体の中でカップルを装っていれば大丈夫と組織に言われた」と供述したという。男の弁護側は「単なる運び屋で密輸組織の末端に過ぎない」と主張したが、判決は「2度来日して下見するなど、密輸を成功させるため積極的に行動している」と指摘。女性は不起訴処分となったが、男は懲役7年罰金300万円の判決を受け、確定した。

 富山空港には中国や韓国と結ぶ国際線が週20回程度発着している。同税関支署から職員数人が常駐している。

 財務省関税局によると、成田、中部、関西、福岡の4空港をのぞき、国際線が乗り入れている空港での覚醒剤密輸事件は、統計を取り始めた1991年以降、2000年に那覇空港で初摘発された。04、05、07、08年に新千歳空港などで1件ずつだったが、09年は計5件に。このうち小松(石川県)、福島の2空港では初の摘発だった。

 今年は岡山空港で7月、末端価格約2億7千万円相当の約2.9キロの覚醒剤を密輸したとして、米国人の男(32)が逮捕された。起訴状によると、男はガーナの空港から覚醒剤を隠したスーツケースを持ち込み、アラブ首長国連邦のドバイ、韓国・仁川空港経由で入国したとされる。

 9月には広島空港で約2.2キロの覚醒剤を密輸したとしてドイツ人の男(48)が逮捕された。この2件と富山を合わせ、今年は地方の空港で計5件が摘発されている。

 大阪税関調査部によると、地方の空港で昨年から今年に摘発されたのは計10件。いずれも旅行客を装う手口で、うち4件はツアー客に紛れ込んでいたという。

    ◇

 地方で摘発が増えた背景には、地方に乗り入れる国際線の増加がある。国土交通省国際航空課によると、地方にある全国24空港の国際線の定期便の「冬ダイヤ」(10月下旬~3月下旬)の発着回数は2005年度の週684回から、10年度は週952回へと4割近く増える予定だ。

 数字を押し上げているのは仁川空港や中国・北京空港などアジアの拠点空港からの増便。特に07年以降、韓国など10の国・地域と日本との間で結ばれた「オープンスカイ協定」により、航空会社が路線の新設や増便を自由に決められるようになった。

 一方、税関の職員数には差がある。例年摘発件数が全国最多の成田空港では、500人以上の税関職員が常駐。しかし地方の場合、常駐は4~5人という空港もある。

 税関関係者は「取り締まりの厳しい大空港を避けて、摘発件数と税関職員が少ない地方を手薄と考えたのではないか」と分析する。とはいえ、地方は便数が少ないため、時間をかけて検査できるともいえる。「ベテランを配置して取り締まることもある」

 覚醒剤密輸の摘発件数全体も増えている。財務省関税局によると、空路と海路を合わせた摘発は05年は33件(押収量約88キロ)だったが、09年は過去最多の164件(同約330キロ)と約5倍に。このうち約7割が空路だった。同局は「大量の覚醒剤を船などで密輸するのはリスクがあり、旅行客を装った『運び屋』を使って空路で密輸するケースが増えているのではないか」とみて、警戒を強めている。(滝沢卓)

あるロシア人と話した事があるが「知らない」と言うかもしれないがほぼ黒らしい。

法廷通訳の取材(准教授 富山栄子) 03/03/10 (事業創造大学院大学)

法廷通訳についてBSN新潟放送の記者の方が事業創造大学院大学へ取材に来られました。新潟日報、テレビ新潟、UX新潟テレビ21に次いで取材は4回目です。

公訴事実は被告人のロシア人船員が3人で共謀し、営利目的で覚せい剤を輸入しようと企て、ウラジオストック港から、カンボジア船籍の貨物船に覚せい剤を携帯して乗船し、新潟県聖籠町東港中央埠頭で上陸して陸揚げし、覚せい剤を輸入したということで、覚せい剤取締法違反、関税法違反による裁判です。 争点は「塊が覚せい剤を含む違法薬物であると被告人が知っていたか否か」とのことです。

私は10年ほど前に、5年間ほど法廷通訳をやっていたことがあります。 そこで一番問題だなあと感じていたことは、取調べ段階の調書です。

調書は日本語で作成され、それを取り調べ段階の通訳人が読み上げて、被告人はそれを聞いて署名します。これが、ロシア語に翻訳されて、被告人がそれを読んで署名する分には問題ないと思いますが、ただ通訳人が読み上げるだけでは、微妙なニュアンスの違いや、被告人の聞き落としなど十分にありえることです。また、基本的に、判決は調書に依拠して出されますので、取調べ段階の調書への署名はとても大きな意味があります。

たとえば、アジアなど知らない外国へ行ったときに、自分の気づかないうちに、覚せい剤を荷物に入れられて、警察に拘束されたとします。通訳人を介して取調べを受け、理解できない言葉で調書が作成されます。それを読み上げられて、署名をさせられます。微妙なニュアンスの違いで、実際は本当に何の関わりもなかったのに、裁判では、調書に署名しただろうということで、有罪になって、本国に帰国できないことがありえるわけです。そういう意味では怖いです。

一方、日本国政府にしてみれば、調書を全部、外国語に翻訳していたのでは、経費がかかって大変です。

さて、裁判員裁判になってからは調書に基づいて判決が出されるのではなく、あくまでも法廷での証言に基づいて判決が出されるようですが、何がどう変わっていくのでしょうか?
法廷通訳人はものすごく緊張しますし、精神的なプレッシャーも加わり、3時間でも大変なのに、3月18日の初公判は丸一日やるようですので、負担が増すことは間違いないと思います。

BSN新潟放送のオンエアーは3月3日夕方のニュースとのことです。

個人的な経験だが東北の方は、チェックが甘いときがある。こんな事があっても不思議でない。

盗難トラック不正輸出:ロシア人被告に有罪判決--地裁 /新潟 05/29/09 (読売新聞)

 盗難トラックを不正に輸出したとして、関税法違反の罪に問われたロシア国籍の新発田市上館、中古車買い付け業、ブルラーカ・ビークトル被告(54)の判決公判が28日、新潟地裁であり、宮部良奈裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 ブルラーカ被告は「税関から輸出許可をもらっていないとは知らなかった」と起訴内容を否認し、無許可輸出を認識していたかどうかが争点となっていた。宮部裁判官は「被告は以前日本に滞在し、買い付けた中古車をロシアに輸出した経験があり、輸出手続きを理解していたと推測できる」として、被告の主張を退けた。

 判決などによると、ブルラーカ被告は09年3月、輸出許可車両とすり替えた盗難トラック2台を新潟西港の保税蔵置場に運び、ロシアに輸出した。【川畑さおり】

覚せい剤5キロ所持容疑、新潟でロシア人2人逮捕 08/03/09 (読売新聞)

 新潟県の新潟東港近くの路上で覚せい剤約5キロ(末端価格約3億円相当)を所持していたとして、新潟海上保安部などがロシア人の男2人を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕していたことが3日、捜査関係者の話で分かった。

 同保安部などは所持していた量から、2人が営利目的で密輸した可能性があるとみて、同法違反の営利目的輸入での立件に向け最終調整している。営利目的輸入で起訴されれば、県内で初めての裁判員裁判対象事件となる可能性が高い。

 捜査関係者によると、ロシア人の男2人は7月中旬、新潟東港近くの路上で段ボールに入った覚せい剤約5キロを所持していた疑い。2人は張り込んでいた同保安部の捜査員に職務質問され、現行犯逮捕された。密輸された覚せい剤を受け渡す途中だった可能性もあるが、2人は「その場にいただけだ」「覚せい剤とは知らなかった」などと容疑を否認しているという。

 2人のうち、「渡し役」とみられる男は、ロシアを出港して新潟東港に着いた貨物船の乗組員として日本に上陸し、もう一人の「受け取り役」とみられる男は国内で中古車業者として働いているという。ロシアからの貨物船が覚せい剤密輸に利用された可能性が浮上している。

 今回の事件で押収された覚せい剤5キロは、県内での押収量としては過去最多とみられる。

北朝鮮にタンクローリー不正輸出、貿易会社社長を逮捕 15/19/09 (読売新聞)

 弾道ミサイルの発射台などに転用できる大型タンクローリーを北朝鮮に輸出しようとしていたとして、兵庫県警は19日、京都府舞鶴市内の貿易会社社長で、韓国籍の鄭麟(チョンリン)チェ容疑者(50)を外国為替及び外国貿易法違反(無許可輸出)容疑で逮捕した。(チェは「爪」の下に「木」)

 輸出先になっていた北朝鮮の貿易会社は、経済産業省に「核兵器などの開発に関与している恐れがある外国企業」と認定されている。

 発表によると、鄭容疑者は2008年1月28日、大量破壊兵器などに転用可能な製品の輸出を禁じる「キャッチオール規制」対象の大型タンクローリー(最大積載量約12トン)2台を、経産相の許可を受けないまま、韓国経由で北朝鮮の貿易会社に輸出しようとした疑い。調べに対し、鄭容疑者は「納得いかない」などと否認しているという。

参考までに 香港籍船の登録についてのHPを参考にしてください。(英語)

中国人3人 覚せい剤受領役か 02/09/09 (NHK)

今月7日、高知県室戸市の漁港で大量の覚せい剤が見つかった事件で、逮捕された中国人の男3人は「去年の暮れに来日し、今月6日に高知に来た」と供述していることがわかりました。警察は、男たちが船で密輸した覚せい剤を港で受け取る役目だったとみて、背後関係などについて捜査を進めることにしています。

この事件は、今月7日夜、高知県室戸市の椎名漁港の堤防に置かれていたバッグから、覚せい剤のようなものおよそ120キロが見つかり、このうち30キロについては覚せい剤と確認されたもので、警察は漁港から立ち去るのを目撃された中国人の男3人を、8日、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕しました。警察のこれまでの調べによりますと、3人は去年の暮れに来日しており、「大阪でレンタカーを借りて今月6日に高知に来た」と供述していることがわかりました。また3人は、室戸市内の地図を持っていたということで、警察は男たちが船で密輸した大量の覚せい剤を港で受け取る役目だったとみて、背後関係などについて捜査を進めることにしています。一方、高知海上保安部は、7日、室戸岬沖を航行していた香港船籍の漁船が覚せい剤を港の近くまで運んだ疑いがあるとみて、9日、この船を高知港にえい航し、停船命令に従わなかったとして逮捕した中国人の乗組員6人を詳しく調べることにしています。

さようなら、覚せい剤運搬船!

2010年8月23日の早朝、覚せい剤運搬船として使われたシエラレオネ船籍の貨物船UNIVERSAL(1195トン)が2隻にタグボートに引っ張られ どこかへ移動していた。8月2日には門司港のある岸壁で船名が「CHIWAN 8」と書き換えられていた。


二隻のタグボートにエスコートされて関門航路西方面に移動していく「CHIWAN 8」(元「UNIVERSAL」IMO: 8988399)。

1年9カ月放置されていた覚醒剤密輸船が門司出港 転売スクラップへ 08/23/10 (読売新聞)


約1年9カ月ぶりに門司港を出発する貨物船の旧「ユニバーサル」=23日午前、北九州市

 平成20年11月に約299キロの覚醒(かくせい)剤を密輸したとして乗組員らが逮捕された後、北九州市の門司港に放置されていたシエラレオネ籍の貨物船が熊本県上天草市でスクラップにされることが決まり、23日、事件から約1年9カ月ぶりに同港を出発した。

 港を管理する北九州市によると、貨物船は旧「ユニバーサル」(859トン)。インドネシア人乗組員らが福岡県警などの合同捜査本部に逮捕され、港に係留されたままになっていた。

 市は船舶代理店を通じて中国の船主側に早期の出港を要請。今年4月に神戸市の貿易会社が同船を購入し、中国での売却を計画したが、修理に予想以上の費用がかかることが判明。最終的に広島市の船舶会社に転売されスクラップが決まった。

 北九州市によると、元の中国の船主側は約580万円の岸壁使用料を滞納しているが、一部は支払われる見通し。

全ての港ではないが、岡山の港、博多港、そして苅田港の特定の岸壁は港湾局が保安の規則により承認しているがチェックや警備が甘い。 姫路港、神戸港、福山港や尾道港の特定の岸壁のチェックや警備が甘い。そう言えば、鹿児島のある港も甘かった。日本は比較的に、 チェックが甘いと言うことだろう。

博多港で覚せい剤密輸があったのならスクラップを積みにくる船が一番怪しそうだ!まあ、スクラップを頻繁に積む船にターゲットを絞れば 結構、通報なしでも覚せい剤を見つけられるかも??

「博多港でも300キロ」覚せい剤密輸で検察 12/24/08 (読売新聞)

 昨年11月に北九州市の門司港で貨物船から覚せい剤約300キロが押収された事件で、受け取り役を務めたとして覚せい剤取締法違反(営利目的密輸入)などに問われた中国在住の会社役員嶋田徳龍被告(41)の初公判が24日、福岡地裁であった。

 嶋田被告は起訴事実をほぼ認めた。検察側は冒頭陳述で国際的な密輸組織の存在を指摘し、嶋田被告が2005年にも福岡市の博多港で、密輸された覚せい剤約300キロを受け取ったなどと主張した。

 起訴状によると、嶋田被告はインドネシア人乗組員12人と共謀し、昨年10月、香港沖で覚せい剤約300キロを貨物船に積み込み、同11月に門司港から陸揚げしたとされる。また、07年12月には、乗組員のうち3人と共謀して覚せい剤約500キロを福岡県苅田町の苅田港に密輸したとして、麻薬特例法違反(規制薬物としての輸入)にも問われている。

 検察側は冒頭陳述で、密輸入について「香港を拠点とする国際的組織の犯行」と指摘。組織の幹部は国籍不明の外国人とシンガポール人、インドネシア人の3人で、配下に東南アジアでの密造役、日本への運搬役、受け取り役などがいたとした。日本国籍を取得した嶋田被告は、中国と日本を行き来しながら受け取り役を務めたと主張。密輸1件当たりの報酬は、数百万円と述べた。

 検察側は、組織は04年以降、少なくとも4回以上、1回当たり200~500キロの覚せい剤の密輸に成功したと説明。嶋田被告は05年10月に博多港で300キロを受け取ったほか、07年にも貨物船の入港にあわせて岡山や千葉の港に姿を見せていたという。

この「UNIVERSAL」を検査した検査会社と連絡を取ったのか?もう遅いが、ISMコード及びISPSコードで要求される証書を発給する 過程で、担当者や24時間連絡が取れる電話番号を記入しているはずだ。中国の警察に連絡を取れば、関係者が逃亡したとしても誰が携帯電話を 契約したのか、支払い者や口座番号などを調べてもらえるのではないか??

PSC(外国船舶監督官) と海上保安庁は今回の事件を教訓にもっと訪船した時に、責任者等の連絡者の情報は最新の情報になっている等チェックするべきだ。 日本の規則で外国船が入港する場合、24時間前に報告する時にDPやCSOの名前と連絡先を英語訳も付けて報告するようの改正するべきだ。

日本は少し甘すぎる。一年間に外国船が12隻以上接岸しない岸壁はISPSコードを満足する事を要求していない。税関は開港か不開港だけしか 重要視しない。しかし、このような岸壁に外国船が接岸するときに外国人達がまわりにいると、「もしかして」と思ってしまう。 考えすぎかもしれない。しかし、ISPSコードを満足していない岸壁に外国船が接岸している時は、他の岸壁とは違うのだ。様子を伺っている のか、機会を狙っている感じがするのだ。まあ、税関、海上保安庁と警察の仕事だから、何とも言えないけど???

覚せい剤密輸船、港に1年以上放置 船主は所在不明 (1/2ページ) (2/2ページ)11/21/08 (読売新聞)

 昨年11月、北九州市の門司港で覚せい剤約300キロが押収された事件で密輸に使われた大型の貨物船「UNIVERSAL」(シエラレオネ船籍、1195トン)が、同港の岸壁に1年以上放置されたままになっている。覚せい剤の取引に関与した疑いがあるとみられている船主は所在不明で、港を管理する市港湾空港局は「前例のない事態」と困惑している。

 同船は中国を出発して08年11月10日、門司港の田野浦岸壁に入港した。翌11日に福岡県警と第7管区海上保安本部などの合同捜査本部が船内を捜索。覚せい剤を押収するとともに、インドネシア人船員全12人と受け取り側の日本人2人を逮捕した。

 船員らの供述から、中国・香港にいた船主にも密輸に関与した疑いが浮上。合同捜査本部は事情聴取も検討したが、行方がつかめなかった。このため船主に対する捜査は行き詰まり、貨物船は岸壁に係留されたままになっている。

 市によると、岸壁使用料は1日1万1500円。昨年11月18日分から未払いが続いており、滞納額は420万円を超えた。市は船の入港手続きを取り扱った海運代理店に請求しようとしたが、代理店には法的な支払い義務がないため断念した。差し押さえて転売しても、船としての価値はゼロに近く、全額回収の見込みはないという。

 市港湾空港局は「係留ロープが朽ちて切れそうだったので、危険を避けるため市費で替えた。本来、そんなことする義務もない」と話す。

 同局によると、今年9月には船主の関係者とみられる人物から「船を船主から買い取ってスクラップとして転売したい」と申し出があった。「その売買を機に滞納金の一部でも穴埋めできれば」とも考えているが、その人物と船主の関係も正確に把握できない上、「採算が合わない場合は引き取りをやめたい」という条件もついているという。

 風雨にさらされた船体はさび始めており、このままでは自力航行はできないとみられる。船として出航するには海上人命安全(SOLAS)条約に基づく検査が必要で、修理費などが必要になる可能性がある。「鉄くず」とみなして引航していく場合も相当の費用がかかる。日本国内で鉄くずとして処理する場合は「輸入」となり、関税がかかる可能性があるという。

 市港湾空港局は「岸壁使用料の滞納よりも、岸壁が占拠されて使えないことの方が問題だ。法的な面を関係機関と協議中で、今年度中に解決策を示したい」と話している。(大畑滋生)

外交が得意な日本の外務省または国土交通省に問題を解決できるように依頼すればよいだろう。 まあ、逃げるのが好きな外務省職員もいるから、北九州市港湾空港局のために情報を提供しよう。 シエラレオネ船籍の貨物船UNIVERSALは下記の会社で登録されているはずだ。 Sierra Leone International Ship Registry

本部、中国及び韓国の連絡先は下記のとおりだ。

国土交通省と福岡県警は上記に連絡を取るべきだろう。「船舶の登録は適切に登録をされたのか? 船主の連絡先等などはどのようになっているのか?今回の件で登録した旗国としてどのように対応するのか?」 等の質問をするべきだろう。そして対応次第では国連やIMOの会議で問題点として議題にあげるべきだ。 このHPを見ればわかると思うが、問題が起きる前から問題を認識し適切な対応を行っていないからこのようになるのだ。 日本はISPSコードのチェックが甘い! 外国船舶がISSCを持っているかチェックするだけで、船舶がISPSコードを満足しているのか、 日本の港湾がISPSコードを満足しているのか等のチェックが甘い。今回の事件から多くを学ぶべきだ。

覚せい剤密輸船、門司港のお荷物 船主も逃げちゃった 11/09/08 (読売新聞)

扱いの決まっていない密輸船。奥に小さく見える船が、新たに着いた貨物船=9日、北九州市門司区

 北九州市の門司港に覚せい剤約300キロが密輸された事件から1カ月。岸壁に残された密輸船の扱いが宙に浮いている。福岡県警や第7管区海上保安本部など合同捜査本部の調べでは、船を引き取るべき船主らが中国マフィアの関係者とみられることが判明。船主は行方をくらまして連絡が取れない状態が続いており、関係者は苦り切っている。

 問題の船は、シエラレオネ船籍の貨物船UNIVERSAL(1195トン)。11月10日、肥料に使うリン鉱石を積んで中国から門司港の田野浦6号岸壁に入港。翌11日に捜査当局が船内を捜索し、大量の覚せい剤を押収。インドネシア人船員全12人と、受け取り側とみられる日本人2人を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕した。その後、船員12人と日本人1人が起訴された。

 積み荷のリン鉱石は11月下旬、付近の化学工場に引き渡された。しかし、船自体はそのまま放置され、岸壁を長期間占拠していた。

 同じ岸壁に次の船が来る今月9日を前に、北九州市港湾空港局や海運代理店などが協議。8日午前、代理店側がタグボートなどを用意し、約200メートル離れた8号岸壁に船を移動させた。代理店の担当者は「岸壁の使用料は1日約1万円。移動にかかる費用なども本来はうちの負担ではないのに」と困惑気味。港湾空港局によると、11月分の岸壁使用料は、12月下旬に代理店側に請求する予定という。

 今のところ、8号岸壁が利用できるのは来年1月5日まで。港湾空港局の担当者は「責任のある船主がいない以上、誰かに負担を押しつけるわけにも行かず、妙案は浮かんでこない」と話す。(大畑滋生)

貨物船に覚せい剤300キロ、インドネシア人ら12人逮捕 11/12/08(読売新聞)

 北九州市の門司港に入港したアフリカ・シエラレオネ船籍の貨物船から約300キロ(末端価格約200億~300億円)の覚せい剤が見つかり、第7管区海上保安本部(北九州市)や福岡県警などが11日までに覚せい剤を押収するとともに、乗組員のインドネシア人ら12人を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕していたことがわかった。

 県警などは、暴力団が組織的に大量の覚せい剤を密輸しようとしたとみて、密売ルートの解明を進める。

 捜査関係者によると、貨物船は「UNIVERSAL(ユニバーサル)」(859トン)。10日朝に中国から門司港に入港した。県警などが船内を調べたところ、エンジンルームのタンクに10個以上の段ボール箱が隠されており、中から計約300キロの覚せい剤が見つかった。貨物船は15日に中国に戻る予定だったという。

 これまでの国内最大の覚せい剤の押収量は、1999年10月に鹿児島県南さつま市(旧笠沙(かささ)町)の黒瀬海岸で密輸入された564キロ。この事件で福岡県警や警視庁などは台湾人グループ9人を逮捕している。

【中国人船員による、大量の偽造クレジットカード原板密輸入事件を告発(平成20年6月26日発表)】 (名古屋税関)

 豊橋税関支署は、第四管区海上保安本部及び蒲郡海上保安署との共同捜査により、三河港において偽造クレジットカード原板を中華人民共和国から密輸入したシエラレオネ共和国籍外国貿易船乗組員2名を平成20年6月27日(金)、関税法違反嫌疑により名古屋地方検察庁に告発した。

高速密航船 11/07/08(朝日新聞) 上陸許可借りて密航 09/14/08(朝日新聞)

密航者を運んでいた貨物船「エバーマサン号」=5月23日、宇部市沖宇部

  韓国籍の貨物船を利用した組織的な密航事件が、宇部署と宇部海上保安署の捜査で摘発された。密航者が船員の上陸許可証を借りて船に乗り降りするという手口。捜査の過程や裁判では、生活のために違法な渡航を試みる韓国人がなお少なくないことが明らかになった。

  「密航費用にいくら支払ったのか」

  「1千万ウォン」

  韓国籍貨物船「エバーマサン号」(617トン)で韓国から渡り、不法入国したとして山口地裁宇部支部で入管難民法違反罪で有罪判決を受けた孫大鎬被告(49)は、7月に行われた公判で密航請負のブローカーに渡した金額を明らかにした。日本円で約100万円に相当する。

  3年前から経営していたスーパーが借財を抱えて閉店。生活費や子どもの進学費用を稼ぐために日本で働こうとした。しかし、過去に2度、日本を強制退去になっており、正規の来日は不可能と考えて密航を決意したという。仕事はかつて日本で覚えたかばん製造。ブローカーに払った金は兄から借りたという。

  摘発のきっかけは5月18日未明、宇部署の交通検問で止められた車に乗っていて旅券不携帯容疑で逮捕されたことだった。調べに対し、宇部港に前日寄港していた同船から上陸していたことを認めた。

  同船は17日中に宇部港を出たが、愛媛県沖で座礁した。宇部署から通報を受けた宇部海上保安署が乗り込んだところ、船員手帳などを持っていない黄永運被告(51)=不法出国企図などで有罪判決=が潜んでいるのが見つかった。

  黄被告は96年に観光ビザで来日。以来12年間、不法残留していた。東京都内のかばん工場で働き、茨城県利根町に自分の製造工場を持つまでになったが、「いつ捕まるかと心の休まる日がなかった」という。大手を振って経営を続けるため、投資経営ビザを正式にとって日本に戻ろうと考えての密出国だった。

     ◇

  孫被告はエバーマサン号の船員から上陸許可証を借りて上陸し、日本を出ようとした黄被告と入れ替わった。

  2人を引き合わせたのは、車を運転していた韓国人の金致栄被告(35)=営利目的不法入国隠避などで起訴、公判中=だった。港近くのパチンコ店でおちあい、上陸許可証を引き継がせた。その後、孫被告を東京まで運んで謝礼を受け取る約束だったという。

  金被告は昨年9月に佐賀県呼子港から10人が不法出国した事件にも関与していたことが判明。密航に4度関与したことを認めた。密入国や密出国のブローカーに連なり、成功報酬は1人につき11万円だったという。

  エバーマサン号の船長や一等航海士を含む船員7人も、不法入国や不法出国を助けた疑いで逮捕され、一連の事件で逮捕された容疑者は12人に上る。金被告は密航を請け負う組織については口をつぐんでいるが、捜査当局は1人を割り出して国際手配した。

  ◆不法入国の摘発 韓国人増加傾向

  法務省の入国管理局によると、不法入国の摘発数はこの10年ほど年間1万人前後で推移してきたが、07年は前年より約3千人減の7454人にとどまった。政府は不法な出入国の母体となる不法滞在者対策に03年以降、本腰を入れており、その結果が表れたのではないかと分析している。

  だが、韓国人の摘発は増加傾向にある。98年には285人だったのが07年は619人と2倍以上になった。今回の事件のように船舶を使うケースが目立ち、03年の113人から07年は301人に増加。広島入国管理局は「空港での取り締まりが厳しくなり、船舶に流れたという見方ができる」と話す。

  外国人労働者が日本経済を支えているのも事実だ。全国の外国人労働者数は不法就労も含めて約85万人と推計されている。経済協力開発機構(OECD)は、日本が労働力人口を維持するには年間50万人の外国人を受け入れる必要があると指摘した。

  日本経団連や経済産業省も研修・技能実習生の在留期間延長や、在留資格の緩和を要望している。

カンボジア籍貨物船「SARGAN」イラン人不法入国事件を摘発(稚内海上保安部) 2008(海上保安庁)

平成20年6月、稚内海上保安部は、稚内港に入港したカンボジア籍貨物船「SARGAN」に対し関 係機関と合同で立入検査を実施したところ、船内居室において乗組員名簿に記載のない2名のイラ ン人を発見、警察が同2名を不法入国容疑で逮捕し、稚内海上保安部が乗組員5名を集団密航助長 容疑で逮捕しました。

中国の密航船が韓国の海洋博物館に—韓国(レコードチャイナ) 2008年7月9日、韓国に密航しようとして取り押さえられた中国の漁船が、「学術的な価値が高い」として、韓国の海洋博物館で展示されていることがわかった。環球時報が伝えた。

この漁船は今月1日、11人の中国人を乗せて韓国に密航しようとしたが、韓国・全羅南道の黒山島(フクサンド)付近の海域で、韓国の海上警察に拿捕された。現地の木浦海上警察によると、11人は費用などの問題から船の所有権を放棄したため、そのまま韓国の海洋博物館である「国立海洋遺物展示館」に引き取られた。

同展示館によると、この漁船は全長12m、幅3.2mのジャンク船で、韓国、中国、日本の木造船を研究する上で貴重な資料とある。同館学芸研究官の李[吉吉]煥氏は、「これは、20年以上前に江蘇省で製造されたもの。韓国のジャンク船よりさらに船底が平たく、昔ながらの構造が保たれている」と話す。現在、同展示館の海辺広場で展示されているという。(翻訳・編集/NN)

日立港偽造カード持ち込み 外国船員の密輸増える 09-19-2007 茨城新聞 (47News)

全国最多の5000枚押収  日立港で先ごろ、偽造クレジットカード作成用のカード原板を国内に持ち込もうとした貨物船の船長、船員ら中国人六人が税関職員らによって取り押さえられた。六人が持ち込もうとしたカード原板は約五千枚分。同様の偽造カードの密輸入事件は各地の空港・港湾で摘発されているが、一回の押収枚数としては全国でも過去最多になる。県警は、背後に外国人を巻き込んだ大掛かりなカード偽造団があるとみて調べている。  ■急増のカード被害  八月六日午後、日立港第二ふ頭。接岸した貨物船から上陸してきた中国人船員の不審な様子に、税関職員が気付き職務質問。ズボンのポケットにカード原板を隠し持っているのを見つけた。  原板は磁気データの入力用。スキミングで盗み出した他人のデータを書き込み、偽造カードとなる。  偽造カードによる国内の被害は年間、数十億円規模に上る。日本クレジット産業協会(東京)によると、十年前の九七年当時は約六億円だったのに対し、〇六年は約三十一億六千万円。  ■外国船員ら関与  こうした偽造カードの原板は主に海外から持ち込まれている、とみられている。鹿島税関日立出張所によると、中国やマレーシアからの持ち込みが目立つ。  原板は、かつては旅行客を装った運び屋が千枚単位で空路で持ち込むケースが大半だったが、近年は外国船員らによって大量密輸されるケースが目立つ。〇五年には、宮城県の塩釜港で原板四千枚を持ち込もうとした中国貨物船が摘発されている。  税関当局は偽造カードの横行を踏まえ、国外から流入するカード原板の水際での阻止へ本腰を入れている。その一環で、改正関税法も昨年から施行され、原板を新たに「輸入禁制品」と位置付け、持ち込みの罰則を強化した。従来は摘発されても、一般的な無許可輸入品として処理されていた。  ■水際阻止へ全力  水際で流入を阻止されたカード原板は急増している。鹿島税関支署日立出張所によると、全国の税関で摘発された原板枚数は二〇〇〇年に約三千枚だったが、〇五年には約一万七千枚に増えた。しかし、実際の摘発は「氷山の一角」(捜査関係者)とみられ、税関当局などはさらに警戒を強めている。  日立港で捕まった中国人六人は県警のこれまでの調べに対し、原板の受け渡し先について「『外に来ている車の人に渡せ』と指示された」「会社の指示に従って仕事した」などとあいまい

姫路港で中国船から覚せい剤6キロ押収 3人逮捕 10/19/06 (神戸新聞)

 兵庫県警薬物銃器対策課と神戸税関、神戸海上保安部などが九月末、姫路港に入港した 中国籍の貨物船などから覚せい剤計六キロ(末端価格3億6千万円相当)を押収していた ことが19日、分かった。同課などは、覚せい剤取締法違反(営利目的の譲渡・譲受)の 現行犯で、中国船の船員と受け取り役とみられる男女の計3人を逮捕しており、 背後に大がかりな密輸組織があるとみて売買ルートなどを厳しく追及している。

 逮捕されたのは、中国籍の貨物船員(50)▽受け取り役で住所不詳、無職の女(22) ▽同、男(35)の3容疑者。

 調べでは、9月28日午前6時20分ごろ、姫路市飾磨区細江の姫路港船場川公共波止場に、 中国籍貨物船「福峰山」(2,311トン、中国人19人乗り組み)が着岸した。

 翌29日午前8時45分ごろ、船員の容疑者が、近くの岸壁に止まっていた乗用車に乗り込み、 車内の2人の両容疑者と接触したところを、捜査員らが職務質問し、覚せい剤3キロの所持を確認。 3人を現行犯逮捕した。

 船員は、覚せい剤を茶袋6袋に分けて入れていた。さらに捜査員らが船内を捜索したところ、 別に3キロの覚せい剤を見つけて押収した。

 同課などは、密輸情報を入手して合同捜査していた。福峰山は9月17日に中国の青島を出港し、 鉄鋼素材3000トンを搬送してきた。これまでも不定期航路でたびたび日本に来航していたという。 船は県警などの捜査が終わり、今月11日、姫路港を出港している。

偽造カード原板4000枚密輸 宮城、中国人2人を逮捕 11-08-2005 (産経新聞)

  宮城県警塩釜署と塩釜税関支署などは8日までに、偽造クレジットカードの原板約4000枚を密輸したとして、   支払い用カード電磁的記録不正作出準備などの疑いで、いずれも中国籍で船員、馬工東容疑者(33)と   飲食店従業員、夏●容疑者(33)=埼玉県川口市=の2人を逮捕した。

  調べでは、2人は7月11日午後2時ごろ、中国から貨物船で宮城県塩釜市の塩釜港に入港し、   偽造カードに利用する原板約4000枚を密輸入した疑い。

  税関支署を無申告で通ろうとした馬容疑者を支署職員が調べたところ、持っていたバッグからカードが見つかった。   夏容疑者は受け取り役で、港から逃走したが9月に埼玉県内で逮捕した。

  カードにデータは入っておらず、馬容疑者は「中国・福建省で日本への持ち込みを頼まれた」と供述している。   塩釜署などは背後に偽造カードグループがあるとみて調べている。(共同)

  ●=風の右に炎

高知県警察は、HPで密航者(船)について書いている。

日本の大手海運会社がパナマ籍船を多く所有しているが、 (多くはIACSのメンバーである検査会社が検査している) パナマ籍船もチェックは甘い。 だから、違法や違反をしたければ ツバル籍、 モンゴル籍船、カンボジア籍船 のようにマークされていないので、 ある意味では抜け穴だ。 でたらめな検査も可能。 検査のずさんさは上記の国籍に負けない。 不正な検査を行う検査官も多数存在する。 外国船舶監督官(PSC)もこのことについて認識しているのか知らないが、 知らなければ、 海上保安庁税関 も知らないだろう。尾道糸崎税関や尾道海上保安部のように、船舶国籍証書の 偽造について問題解決に動かないところもある。付け加えて言うのであれば、統括監視官や 彼の部下などは問題の隠蔽に動いたと思われる発言や行動を取った。これでは、密輸や 密入国など止められない。真剣に問題解決に取組んでいる保安職員や税関職員には申し訳ないが、 こいつらは使えないばかりでなく、税金泥棒である。問題を教えてやる時間も無駄である。 外国船舶監督官(PSC)、海上保安職員や税関職員の中には、やっているだけで問題点を 見つけようと努力していないように思われる職員も存在する。一部のがんばっている職員の記事を見て、 皆、がんばっていると思い込むのは危険である。

「中国は国内法で、外国との二重船籍を禁じている。 海保は船籍情報などを中国に送り、中国国内での取り締まり強化を求める方針だ。」 そうだ。ある日など、海上保安庁職員が船を外国船に横付けして調べていた。この船は 上記の記事が正しいのであれば、二重国籍なので指摘されなければならない。しかし、そのまま、 保安職員達は帰っていった。二重国籍であることを発見できなかったのか、調べなかったのか、 見つけたが知らないふりをしていたのか、本人達のみが知ることである。しかし、これは事実である。 これでは税金を使って効果的な取締りを行っているのか、疑問である。

外国の国内法まで知っている外国船舶監督官(PSC)、海上保安職員や税関職員は少ないと思うが、 多くの良い旗国は、船員がいつ、乗船してきたか、下船したのか、記録簿を持つことを要求し、 記入することを要求している。また、旗国の船員手帳にはいつ、乗船したのか、下船の理由(契約の 終了や船の売船)等を記入することを要求している国もある。パナマ籍船を例とするなら、 船員がいつ、乗船してきたか、下船したのか、記録簿を持つことを要求しているし、パナマの船員手帳 にもいつどの船に乗船し、いつ下船したかを記入するページもある。このことを知った上で、 チェックすれば、より効率な摘発が出来る。もし、記入が抜けていれば、外国船舶監督官(PSC)は ISMの不備として指摘し、記録簿の記入や船員手帳の記入をすることを要求できる。なぜなら、 ISMで国際条約及び国内法を満足することが要求されているからだ。 ITFの協力を受けて、船員との雇用契約が交わされた書類のコピーがあるのか等についてもチェック できる。本当にチェックすれば簡単にごまかすことが出来ない。実際、外国船舶監督官(PSC)、海上保安職員 や税関職員がどの程度までチェックしているのか、どのようなチェック基準を採用しているのか不明である。

密入国やその他の問題が北九州の保安部により指摘されているが、九州の保安部に精鋭が配置されているのか、 偶然に優秀な保安職員が集まったのか、不思議である。他の保安部で問題がないとは思えない。

外国船が入港する港は、2004年7月1日以降、 ISPSコード(国際船舶及び港湾施設保安コード) の要求を満足することになっている。結果として、 国土交通省から国際船舶・港湾保安法に基づく埠頭保安規程等の承認 を受けた埠頭だけ外国船が入港できる。この保安法によりセキュリティーの確保のため警備員や フェンス等が設置された。しかし、警備員について言うと、知識が不十分だったり、国際船舶・ 港湾保安法の知識が乏しく、上から言われたことだけを守っているところもある。中には、時折、 警備員がいなかったり、警備員の対応がずさんだったり、国際船舶・港湾保安法が要求しているセキュリティー の確保の点から言えば、国土交通省の対応に甘さがあると言えるだろう。一旦承認しても、 抜き打ちでチェックし、あまりにもひどい対応の港湾に対しては警告又は改善が見られない場合は、 承認の取消し等を含め対応するべきであると思う。

中国新聞(2007年4月29日)より

韓国人が集団密航

福岡の漁港

検察についても外国の政府が発行する書類が 本物であるかの確認能力、外国の政府の許可なしに発行した行為が犯罪になりえない判断等、疑問がある。 個人的に言えば、外国船舶監督官(PSC)、 海上保安職員や税関職員の中には問題のある職員も存在するので、公務員の改革が必要と考える。

下記の記事について言えば、中国員船員は他の国の船員を比べれば、船が接岸してから いろいろと歩き回っている。一時上陸許可証がないと上陸できないが、オレンジ色の紙で、 写真は貼られていない。保安庁の判断次第であるが、 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律で定められた船舶保安情報の通報 が入港の24時間前までに要求される。この時に、船員のリストを添付させればよい。また、 日本もセキュリティーと騒いでいるのだから、オレンジ色の一時上陸許可証を写真付きに変更し、 費用が掛かるのであれば、費用を上げればよい。最近はデジカメが普及している。代理店に 写真がないのであれば、入港した時に手続きにために乗船するのであるから、デジカメで写真を 取ることを要求すればよい。さらに不安であれば、船員手帳の写真をデジカメで取るように要求 すれば良い。代理店には不正に関与すれば、処分があることを誓約書に書かせ、会社だけでなく 対応する個人にも誓約書を書かせれば良い。代理店の中には不法であるにも関わらず、関与する 人間が存在する。この現実を踏まえて、処罰を含め対応するべきである。 データベース化すれば、密入国を摘発し易くなる。一時船陸交通の番号を警備員に記入させ、 偽造の疑いがあればエクセルやアクセスで検索できるようにすればよい。 これぐらいが出来なければ、本当に海上からの不審者等のセキュリティーの確保などできない。 保安庁の船や税関の船を減らしてでも、このようなシステムを導入するべきだ。 全ては保安庁や税関次第。

福岡で集団密航の韓国人11人逮捕、数人逃走か 04/28/07(読売新聞)

 福岡県警西署と福岡海上保安部は28日、韓国から漁船で集団密航したとして、27~59歳の韓国人11人(男5人、女6人)を入管難民法違反(不法入国、旅券不携帯)容疑で逮捕、手引き役とみられる東京都足立区西新井本町2、職業不詳吉原伸博容疑者(59)を同法違反(密航収受)で現行犯逮捕した。

 ほかにも数人が逃走したとの情報もあり、同署などで行方を追っている。

 調べによると、韓国人11人は28日午前3時すぎ、福岡市西区西浦の西ノ浦港で、小型漁船から上陸しているところを、近くにいた男性(60)が見つけ、110番通報した。

 同署員が、約7キロ離れたコンビニエンスストア近くに止めたワンボックスカーに乗っていた吉原容疑者と、韓国人6人を発見し、同法違反で現行犯逮捕。残る5人はその後、港近くで隠れているところを見つけた。

 11人のうち8人は韓国のパスポートを所持していた。日本円数万円と韓国の紙幣などを持っており、「韓国南部の港から密航した」などと容疑を認めている。

 吉原容疑者は「東京から車で来て、関東方面に連れて行くつもりだった」と供述しているという。同署は密航あっせん組織が関与した可能性があるとみて追及している。

 西ノ浦港では、18日未明にも不審な漁船が接岸し、10人前後の人影が動いていたのを釣り人が見ている。同署は今回の事件との関連も捜査する。

集団密航:韓国人11人が漁船で 福岡・西区の漁港 04/28/07(毎日新聞)

 28日午前3時17分ごろ、福岡市西区西浦の西ノ浦漁港で、漁船から上陸する不審な人影を、近くにいた男性(60)が見つけて110番した。福岡県警が周辺を捜索したところ、韓国人とみられる11人(男5人、女6人)と、運転手役の日本人の男を発見して身柄を確保。日本人の男を含む男女8人を出入国管理法違反容疑で逮捕した。集団密航事件とみて調べている。

 福岡・西署によると、11人は20~50代。このうち6人は同区横浜の路上で、ワンボックスカーに乗っているところを取り押さえた。日本人の男は車内におり、出迎えにきたと見られる。残り5人は漁港周辺に潜んでいるところを発見した。いずれも軽装で、韓国のパスポートは偽造ではないとみられ、韓国の紙幣を所持している者もいるという。

 西ノ浦漁港では、18日未明にも密航者らしい十数人が上陸したのが目撃されており、連続密航事件の可能性もあるとみて関連を調べている。【木下武】

ベトナム人ら4人、清水港で停泊漁船から海へ…入国目的か 04/26/07(読売新聞)

 26日午前4時45分ごろ、静岡市清水区の清水港沖合約900メートルに停泊中の韓国船籍のまぐろ漁船「シンユエン」(384トン、金東台船長)から、「船員4人がいなくなった」と清水海上保安部に通報があった。

 清水海保や清水署によると、同日午前1~2時ごろ、清水港から東へ約900メートル沖合の外防波堤付近で、男性船員4人が海に飛び込んだ。中国籍の41歳と、ベトナム籍の32、28、22歳の計4人で、荷物は船内に残されたままだった。

 波も穏やかで、「泳いでいた」との他船員の目撃情報もあることから、清水署は4人が入国目的で海に飛び込んだとみている。海保はヘリ1機と巡視船1隻を出し、清水署は海岸線を中心に4人を捜索している。船は、同日午前7時に清水港日の出ふ頭に着岸し、27日午後2時に韓国・釜山港に向け出発予定だった。

これが現状か! 海上保安部や税関はしっかりとしないといけない。

海事保安コンサルタント IMOS アイモス には海上保安庁出身者が多いようだ。なぜ、コンサルタントをできるほどの 人材が保安庁にはいるのに、海上保安庁/部による現状の保安のチェックは甘いのか?? 海事保安コンサルタント IMOS アイモス のHPに書かれている基本的な項目を、海上保安庁/部がチェックすれば、多くのサブスタンダード 船の保安に不備があることが明らかになる。問題にならないのは、実行していないことを意味している と思う。 外国船に乗船しアクセスコントロールが実行されているのか、訪船者リストを常時、記録簿に記入している のかなどをチェックしているのか疑問である。船舶が国際船舶保安証書を保持していても、発給した検査 会社によっては保安に関して問題がある船舶が多く存在する。 保安、保安と言っても、実際にチェックが甘ければ、意味がないと思う。 反論があるならば、 なぜ、このような状態を見る機会に遭遇するのか 誰が教えてほしい。海上保安庁/部の対応に問題があると思う。

中国人密入国、8県13港で100人 22回入港 08/24/06(朝日新聞)

 正規の船員手帳を使った中国人密入国事件で、若松海上保安部(北九州市)が2月に摘発した貨物船フェンリャン号(パナマ船籍)と、船主が同じ別の貨物船(中国船籍)の2隻が04~05年、少なくとも8県の13港に計22回入り、中国人100人近くを密入国させていた疑いのあることがわかった。密入国させた後、手帳を中国に持ち帰り、次の密入国者の写真に張り替える手口を繰り返していたという。

 第7管区海上保安本部などが、フェンリャン号に乗っていた密入国者8人と船員7人=いずれも入管法違反の罪で有罪判決=の供述などをもとに調べたところ、同船は04年11月~05年11月、中国山東省などから徳島、山口、富山県などに計11回入港。別の貨物船は05年1~11月、兵庫、大分、千葉県などに計11回入っていたことが確認された。

 船内に残されていた乗員名簿や航海日誌から、1回の入港につき数人ずつ、計100人近くの中国人を密入国させていたらしいことがわかった。

 密入国を目指す中国人は、自分の写真が張られた船員手帳など複数の書類を密航組織の関係者から渡され、そこに書かれた名前や生年月日を覚え、見知らぬ人物になりすましていた。

 日本の港に入ると、パスポートを持っていなくても船員手帳があれば、書類審査のみで一時上陸許可証が得られる。港湾内の人や車の出入りをチェックする警備員も、手帳を入念に調べることはないという。

 密入国に成功すると、一時上陸許可証と手帳は船員に返し、中国で「日本へ着いたらここへ連絡しろ」と指示されていた先に電話を入れて、日本国内の引受人と接触することになっていた。

 密入国を手助けした船員は手帳を受け取って再び船に戻る。入港時には入国管理局に船員数を申請するが、出港時に実際は何人乗っているかを調べられることはないという。中国に持ち帰った手帳は、写真を別の中国人のものに張り替え、再び密入国に使っていた。

 7管は、中国にある密航組織が2隻を使って繰り返し密入国を企てていたとみている。海保幹部は「04年以前にもフェンリャン号が国内へ入港した記録があり、実際の密入国者数はさらに多数にのぼるのではないか」と話している。

密航事件で横浜など捜索 門司海保と福岡県警 08/24/06(朝日新聞)

 正規の船員手帳を使った中国人による密入国事件で、門司海上保安部(北九州市)と福岡県警は24日、神奈川県警などの協力を得て横浜市や神戸市のマンションなど7カ所を入管法違反容疑で家宅捜索した。神奈川県警が横浜市内で、殺人未遂容疑と窃盗容疑でそれぞれ指名手配されていた中国人男性2人を逮捕した。窃盗容疑で逮捕された男(35)は、船員を装った密航者4人の引受人と見られるという。

 門司海保は6月、グルジア船籍の貨物船ペンシャン号に乗り、正規の船員手帳の写真を張り替えて船員になりすまして密入国したとして、中国人4人を入管法違反容疑(不法入国)で逮捕、密入国を手助けしたとして、船長ら8人を同法違反(密航助長)容疑で逮捕している。

船ぐるみ密入国手助け容疑、中国人12人逮捕 門司海保 08/24/06(朝日新聞)

 正規の船員手帳で密入国したり、船員として密入国を手助けしたりしたとして、門司海上保安部(北九州市)が中国人12人を入管法違反の疑いで逮捕していたことがわかった。正規の船員手帳を持った密入国者を摘発したのは全国で3例目。今回は船員全員が密入国に加担した悪質なケースで、同海保と県警は新たな密航の手口として警戒を強める一方、背後に大がかりな密航組織があるとみて、23日までに同容疑で兵庫県と神奈川県の関係個所の捜索令状をとり、近く強制捜査に乗り出す方針だ。

 門司海保などによると、グルジア船籍の貨物船ペンシャン号で、12人のうち8人は正規の船員で、密入国者4人を手助けしていた。4人は実在する人物の船員手帳の写真を張り替えて船員になりすましていた。

 船は6月9日に中国山東省を出港。同13日、日本の領海内に入る際に義務化されている24時間前通報をしていたにもかかわらず、通報時間より早く領海内に入ってきたことから立ち入り検査を実施した。

 船員手帳の写真が張り替えられた疑いがあることから、海上保安試験研究センターに鑑定を依頼し、写真が張り替えられていたことが判明。「一見しただけでは見破るのが困難なほど精巧だった」(海保幹部)という。

 12人は入管法違反(不法入国と密航者助長)容疑で逮捕、起訴され、9月に福岡地裁小倉支部で初公判が開かれる。

 同様のケースとしては2月に若松海保が北九州市八幡西区に入港したパナマ船籍の貨物船で、正規の船員手帳を所持していた7人と船員7人ら中国人計15人を入管法違反容疑で逮捕した。

 このケースでは、船員手帳を持っていた中国人は「家族に裕福な暮らしをさせるために密航した」「2、3年で200万円ほど稼いで帰国するつもりだった」などと供述。密航費用は「中国の組織に密航が成功した後で、家族などに頼んで15万~18万元(約225万~270万円)を支払う約束だった」などと話しているという。

 船員7人は密航を手助けした見返りに報酬を受け取る予定だったといい、「密航を貿易船のサイドビジネスにしていた可能性が高い」(海保幹部)としている。

自称韓国人の女2人逮捕 コンテナ船機関室に潜み密出国計画 01/18/06(産経新聞)

 18日午後3時15分ごろ、北九州市門司区の太刀浦第2コンテナターミナルに接岸していた韓国籍のコンテナ船「SSブサン」

(1,512トン)を門司海上保安部などが立ち入り検査、機関室に潜んでいた韓国人女性2人を見つけた。

 事情を聴いたところ2人とも以前から日本に滞在し不正に出国しようとしていたことが判明、同海保は入管難民法違反(密出国企 図)の現行犯で、いずれも自称韓国籍の白美仙(ペク・ミセン)(33)、奇貞淑(キ・ジョンスク)(35)両容疑者を逮捕した。

 調べによると、同船は17日に韓国の釜山を出発。18日に下関と太刀浦を経由して釜山に戻る予定だった。同保安部が船長らか ら事情を聴くなどして密出国の背後関係などを調べている。

「人民網日本語版」2004年6月4日の記事によると 天津税関、韓国へのコークス密輸船を調査
したそうである。

天津税関輯私局がこのほど国内沿海で行った輸送船舶の検査で、天津新港でコークス1500トン(400万元相当)を積載したある貨物船が、港湾監督部門に目的地を上海と申請しながら、実際には韓国に向かっていたのが見つかった。同船は許可証を受けておらず、密輸の疑いがもたれている。

これまでの調査によると、同船のもつ船舶営業運輸証の営業範囲は「国内沿海および長江中下流域の各港間の普通貨物船による運輸」に限られている。同船は、国内関連機関の検査に対応するため、国内港湾監督部門のスタンプと偽造印を使用し、虚偽の航海日誌と運行日誌を作成していた。また、海外からニセの外国船舶証明書を購入したほか、中国の積出港海事局が発行する「国際航行船舶出口岸許可証」も偽造しており、課税対象の輸出貨物を国内から無許可で海外に運び出したあと、外国の港湾ではモンゴル籍の船舶と偽って申請を行い、税関の監督や管理を逃れて密輸を行った。(編集KS)

天津税関輯私局の調査はすばらしい。尾道糸崎税関は「ニセの外国船舶証明書」の件では 協力もしなかった。広島県警は、私文書偽造だと言って、何もしなかった。 これが日本の公務員の現状である。問題解決をしようとする姿勢が見られない。

ニセの外国船舶証明書を購入し、日本の港湾ではモンゴル籍の船舶と偽って申請を行れば、 見つかる可能性はないであろう。保安庁もほとんどチェックしていなかった。船舶代理店任せであった。 今も何も変わっていないと思う。

ライブドアの堀江社長逮捕以来、法令順守、企業倫理、違法はだめとか、テレビを通して言われている。 尾道糸崎税関の監視官は、 法令順守はお金を儲けてからで良いと言っていた。この監視官のような公務員がいるから、 違法な輸出、違法や輸入、密入国、ライブドア事件、 耐震偽造公認会計士の粉飾決算関与 が可能なのだと思う。

法令順守は公務員の常識であるのなら、彼は非常識な公務員となる。実際は、どうなのだろうか。

人の命も日本人でなければ、軽いと思わされる出来事に遭遇する。これが日本の現実。 ライブドアの堀江社長は運が悪かっただけであろう。本当に法令順守と言うのであれば、 法の改正や制度の改正がさまざまな分野で必要となる。やる気はあるのか?多分、無い!! 正直者がばかを見る!

★ポート・ステート・コントロール(PSC)(外国船舶監督官)カンボジア籍船モンゴル籍船 が密輸に使われているだけでなく、国際条約を満足していないことが ある現実を理解し、検査を行うべきである。ツバル籍船もあやしいかもしれない。 PSC(外国船舶監督官)の検査 はまだまだ甘い。

モンゴル籍船舶が出港停止命令を日本で頻繁に受けている。英語がわかる人は 上記の記事と現実との隔たりがあるとがわかるだろう。日本はカンボジア籍 の時と同じように野放しにするのだろうか。徹底的に検査を行い、国際条約を 満足しない状態で入出港を許可しないか、見守っていくしかないだろう。

欠陥船根絶で監査制度試行 日本の提唱受けIMO (共同通信)の記事を 読むと「国際条約の専門家や船舶検査官らを各国が派遣して監査チームを 結成し、海上人命安全条約や海洋汚染防止条約などに適合した国内法を 整備し、人員や設備などの十分な体制を取っているかを調べる。」と書かれて いる。人員や設備などの体制をチェックするよりも、問題のあるフラッグ (旗国)に登録されている船舶をどのように検査しているのか、検査報告書 と船舶の現状の違いについてどのような対応をしているのか。問題のある 検査会社に対する処分や制裁等を行っているかを確認するほうが良いであろう。 一般的に問題がある旗国でも規則等はあるのである。問題は、規則の厳守を 怠っているから問題なのである。また、問題を知っていながら放置している 旗国もある。また、PSCの能力のばらつきにより、 サブ・スタンダード船 が問題を放置したまま入港を繰り返している場合もあるのである。

故意に問題を見逃している検査会社もあり、実際にこのような検査会社を 取締まらなければならない。現状は、野放し状態である。

また、日本周辺を航行する多くの サブ・スタンダード船 の多くが、元日本国籍で日本から輸出された事実にも注目しなければならないだろう。監査制度 を提唱するぐらいだから、これらの問題にも取組むと推測する。今後の活動 に注目したい。モンゴル籍の例のように、言っていることとやっている事が 全く違う場合もあるのである。効果を上げるにはどのようにすべきか考えて ほしい。今後の日本のPSCの活動に反映されることを祈るのみである。 多くの カンボジア籍船モンゴル籍船 は問題を抱えたまま日本に入港している。 PSCは検査を行う時は、気まぐれで検査せずに、徹底的に検査してほしい。 船主、荷主、港湾関係者の圧力に負けずに、PSCの誇りを持ってUSコーストガード のように日本のPSCは他のアジアのPSCとは違うと知られるようになってもらいたい。

第5章 組織犯罪対策の推進(警察庁)

外国に本拠を置く国際犯罪組織

 国際的な密航請負組織である「蛇頭(じゃとう)」は、中国での密航の勧誘、引率、搬送、船舶や偽造旅券の調達、日本での密航者の受け入れ、隠匿を行うなど、国境を越えて暗躍している。
 また、ロシア人犯罪組織による盗難車の密輸出事件やロシア人女性の売春事件、韓国人グループによるすり事件等、外国に本拠を置く国際犯罪組織が我が国で活動する例も多くみられる。

ロシアに輸出される中古自動車

事例1
平成15年10月、京都市内で開催されていた時代祭の見物人のショルダーバッグから現金入りの財布を抜き取った3人グループのうち、2人の韓国人の男を窃盗罪で逮捕した。事件当時、両名は頻繁に来日しており、うち1人は犯行時にナイフを所持していた(京都)。

事例2
15年10月、八戸港に入港した中国船籍貨物船に対し、函館税関八戸支署とともに船内検索中の八戸海上保安部から「機関室内から覚せい剤約2キログラムを発見した。その際に中国人船員1人が逃走した」旨の通報を受け緊急配備を実施し、逃走した船員を発見、確保するとともに、海上保安部・税関と合同で同船舶の船内を検索した結果、船員居室の天井裏に潜んでいた中国人密航者7人を発見し、入管法違反(不法入国)で逮捕した。
 また、海上保安部、税関との合同捜査の結果、密航者を輸送した中国人船員20人、日本での出迎え役の中国人3人を同法違反(輸送等)で、船員1人を覚せい剤取締法違反で逮捕した(青森)。

不正はいろいろな組織で存在する!

リンク集

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題

★HOME
◆海運関連業界
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆座礁船及び放置船
◆PSCによる検査の現状
◆船舶油濁損害賠償保障法

リンク先の情報については一切責任を負いかねますことを申し添えます。
リンク先の中には繋がらないものもあると思いますが、ご容赦ください。