通関は地方税関が狙い目!

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題 ◆AIS:船舶自動識別装置
◆ISMコード ◆ISPS(国際保安)コード


★HOME
◆海運関連業界
◆座礁船 ◆放置船 ◆自治体の嘆き
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆PSCとは?
◆PSCによる検査の現状
◆日本(海保)のチェックは甘い!
◆船舶油濁損害賠償保障法

UNDER-PERFORMING SHIPS (1年間に3回以上出港停止を受けた船舶) TOKYO MOUのHP

◆元日本籍内航船サブスタンダード船 悪質な造船所 船舶保険 ★パナマ籍船 ◆海難情報! ◆海難2 ◆海難3 ◆海難4 ◆海難5 ★自治体の嘆き
★中国から違法船続々! 問題船は週末や夜に入港する ★無国籍船&幽霊船情報 ★ISMコード ★ISPS(国際保安)コード ★欠陥船根絶で監査制度試行
★カンボジア籍船 ★モンゴル籍船 ★シエラレオネ籍船 ★ツバル船籍船 ★グルジア籍船 ★キリバス籍船 ★トーゴ籍船 ★パラオ籍船 ★ベリーズ籍船

★厚生労働省の問題・不正 ★ 「公務員不祥事」特集 ★ 教員のせまーい世界 ★ 公務員の不祥事
◆ 広島労働局裏金 ◆ 兵庫労働局カラ出張で裏金 ★もう社保庁職員はいらない! ◆ルールなんてくそ食らえ!学校側なりふり構わず 教育委員会問題・いじめ
大分 教員採用汚職(毎日新聞) ◆呉市消防局不正採用!! ◆文部科学省&教育の問題 ◆ミンチ偽装問題 ◆ウナギ偽装:農水省は甘い!
★ 社会福祉法人の問題/不正 ★ 警察の問題/不正 ★公務員・自治体の裏金 ★ 公務員の怠慢 ★ 兵庫労働局カラ出張で裏金 ★ 岐阜県庁の裏金問題

「通関は地方が狙い目!」と聞いて何を思うだろうか。ブランド品のスパーコピーや虚偽の 輸入書類が地方税関に持ち込まれるようになっているとテレビで見たことがある。船の世界も おなじなのだろうかと思う人もいるかもしれない。都会の税関よりも地方税関のほうが審査が 甘いのかもしれない。しかし、それだけではない。税関の中には、無国籍船と知りつつも、 知らないふりを組織的にした税関もあるのである。もちろん、道警のように裏金作り(不正流用):朝日新聞 の事実はないと言われれば、誰も調べない事である。 このような体質 があるので、それを利用する 船舶代理店や業者がおかしなことをするのであろう。悪いことをするほうも悪いが、それを 許す体質にも問題があると思う。

船舶代理店代表取締役等を虚偽通報により検挙(名古屋海上保安部) 2008(海上保安庁)

 名古屋海上保安部は、船舶代理店取締役が通報する国際航海・港湾保安法に基づく船舶保安情 報(事前通報)について、通報時点における船舶の位置が不正確であることが多かったことから 、同取締役に対し適正な通報を実施するよう、その都度指導していたにもかかわらず、平成20年1 0月に韓国から名古屋港に入港したツバル籍貨物船(1,845トン)の入港に際し通報時点における 船舶の位置、本邦の港に入港する直前の寄港に関する事項等、事実と異なる船舶保安情報を名古 屋海上保安部に通報したことから、同取締役及び当該船舶代理店を同法違反で検挙しました。

The Cambodian Way to Say Thank You, China. 06/15/12 (The Cambodia Daily)(LIVING IN PHNOM PENH)

10Security experts suspect that Cambodian-registered ships operated mainly by Chinese crews have been used to provide underground support to such nations as North Korea, Myanmar and Laos.

税関について言えば規模が小さいほど担当の裁量次第なので、担当に問題がある場合、 担当が代わるまで問題は改善されない。誰も権限のある担当者をチェックしない。 公務員について性善説を唱える人もいるようであるが、「そうあるべき」との理想や期待だけで 一般の人達と変らない。 警察の不祥事 や不適切な捜査対応は良い例だ。法と秩序を守るために警察で あっても、不祥事を起こしたり、隠ぺいしたりする。 公務員の意識改革も必要だ。

パフォーマンスはもういい。国際船舶及び港湾施設保安コードを満足しているか、 日ごろからのチェックが必要。国土交通省から承認を貰ったから問題ないと思っている ようでは不十分。

船舶代理店(船が接岸する近くに事務所がある場合が多く、船のために税関の手続きから雑務までする) の中には仕事のため(お金儲けのため)なら少しぐらいのことから不適切なことまでやる会社や人間も いる。税関や保安職員は事実を把握して動かなければならない。時には、 公務員も不正を行なう 世の中なのだから、注意しなければならない。税関職員が業者と癒着しているかもしれないと 思うようなケースを見たこともある。

尾道海上保安部、尾道署、福山税関支署がなど110人が参加したテロ対策合同訓練を おこなっても、偽装書類のチェック、国際船舶及び港湾施設保安コードを満足しているか、 チェックで出来る程度の理解力などが備わっていなければ、単なるパフォーマンス。

金が掛かるんだから効率や結果を考えた訓練を考え、日ごろから何が出来るか考えてほしい。

やはり、これが現実なのか!

集団密航の検挙率(鹿児島県警察のHPより)

密航事犯の現況と罰則の強化について(海洋政策研究財団のHPより) で「関係機関(海保、警察、入管、税関)の協力体制の充実も一層望まれることになる。」と 書かれているが、基本的に無理だと言いたい。現場はたくさんの問題を抱えている。

朝日新聞(2005年10月22日)より

不審船阻止!テロ対策訓練 尾道で110人

このHPを見れば、「偽造旅券で外登証入手 地方役場狙い」は予想できる。 他の組織だから、広島県警のように私文書偽造(外国政府が発行した書類をそのように言った) だからとか言っていては、警察の怠慢を狙って犯罪組織は計画を立てる。

公務員はもっと適切な判断ができる人材を育てるべきである。自分の利益や天下りのことを 考えていてはいけない。

「広島入管の担当者は『審査を強化しても手口が巧妙になる。いたちごっこの繰り返しだ』 と打ち明ける」

言い訳だ。ある程度のレベルまで審査を強化すれば、手口が巧妙になることは推測されるが、 簡単に入国はできない事実はかわりない。セキュリティーの問題はあるが、データベース化し、 問題の傾向を共有できるようにするべきである。公務員の中には悪いことをする人間も いるのでデータが漏れる危険もあるが、厳しい処分で対応していくしかない。

中国新聞(04/08/04)より

相次ぐ不正入国 ビサロ容疑者 犯歴隠す偽名か

朝日新聞(2005年11月2日)より

偽造旅券で外登証入手 警察庁・入管調べ 地方役場狙い

「尾道海事事務所、尾道海上保安部、神戸税関尾道糸崎税関支所が十日、特別警戒を始めた。・・・ 尾道古浜町の尾道地方合同庁舎であった出動式には、三機関の職員四十六人が参加。同事務所の 松村孝夫所長が「油断、手抜きはないか、しっかりチェックしてほしい。」とあいさつ。」と 書いてあるが、何をどのようにチェックするのだろうか。偽善をよそおっているとしか、思えない。

下のFAXのコピーを見れば、神戸税関尾道糸崎税関支所の職員が、確認を怠ったことがわかる。 これに加えて、窓口の税関職員も間違っているにもかかわらず、間違いを確認しなかった。

「日本の岩崎忠夫大臣政務官が代表として第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議に 参加し、サブスタンダード船の排除についてのステートメントを表明した。」 ことに関連している問題について説明したが、税関職員は「違反をして」とは言わなかったが、 「お金を儲けたら規則を守ればよい。」と言った。また、同じ職員であるが、「偽造の国籍証書を 提示されても税関はチェックする必要がない。」と言い切った。

偽造の国籍証書で輸出許可が出された船舶は航行途中に事故で国籍証書が偽造であることが発覚し、 日本のある場所に係船され、係船場所近くの住民がお金を出し合って、撤去されたそうである。 このような問題を放置し、協力もしない神戸税関尾道糸崎税関支所はどのような組織なのか。

その後、 比貨物船転覆 奄美沖で漂流の1人救助、7人不明−元実習船、広島からフィリピンへ回航中 の事故も起こった。

ドン・キホーテの火災 で死者が出て騒ぎになっているが、日本人が死ななければ問題ないのであろう。 そうであれば、なぜ、人道支援とかかっこつけて自衛隊を派遣し、莫大なお金を 使っているのだろうか。日本は金欠状態だと言うのに。

特別警戒の期間にならないと、まともなチェックを行わないのであろうか。そうであれば、 新聞にいかにも安全に配慮しているような紛らわしい事を書かない方が良い。現状を知らない人が 勘違いする。

付け加えるが、国籍証書の偽造に関して、広島県警は逮捕できないと言っていた。これでは、偽造の 書類を作成、行使する者にとっては天国だ。警察の能力不足なのか、法の改正が必要なのであろう。 まあ、不正を知りつつも、確認しない税関職員は問題であることは違いない。 尾道海事事務所、尾道海上保安部、神戸税関尾道糸崎税関支所は、特別警戒でどのような協力をする のであろうか。形だけのものであれば、協力など表向きだけのものであろう。尾道海事事務所は、 「日本の岩崎忠夫大臣政務官が代表として第2回パリMOU・東京MOU合同閣僚級会議で 表明したサブスタンダード船の排除について」 の協力を求めたのだろうか、神戸税関尾道糸崎税関支所には説明することをお願いしたい。本当は、 説明と協力は当然、するべきのことなので、既にお願いしていると思う。

中国新聞(2004年12月11日)より

年末の海 特別警戒

実例を使って税関の問題を指摘したいと思う。このHPを見た当人は覚えているのだろうか。

これは尾道糸崎税関に書類が提出された外国籍船舶に関する書類である。船舶○○2の 国籍は、2000年5月29日で無効となっている。なぜ、2000年8月14日以後も尾道税関は 国籍が抹消されている船舶をベリーズ籍船として扱ったのか。問題はこれだけでない。 尾道糸崎税関から通関を受けたある船舶は、偽造の国籍証書で通関を通っていたのである。 広島県警に問い合わせたところ、犯罪にならないとのことでした。広島県警も良く調べた 後での回答でしょうから、法の抜け道があるのでしょう。 有印私文書偽造・同行にならないのでしょう。 牛肉偽装問題では、立件されるようですが!! 座礁してもおかしくない 状態の船舶が日本から出港して、座礁するのは不思議なことではない。現状なこんな状態 です。警察や税関は自分達には関係ないと縦割り行政の問題を主張すれば良い。 だから、今後も何も変わらないでしょう。

この中国人は、どの国籍の貨物船に乗ってどこの港で降りたのでしょう。 これを解明すると密航のパターンがわかるかもしれません。

中国新聞(2004年8月11日)より

これでは野放し状態である。尾道税関のD氏は、上記の事を知っているにもかかわらず、 知らないふりをした。その後、偽造の国籍証書で船舶の通関がおこなれたこともあった。 これでは、いろんな問題が税関で起きたのも納得できるような気がします。この問題は氷山の 一角かもしれません。現在でも同じ状態なのでしょうか?

おもしろい記事を見つけました。警察や税関が上記のような事件を無視しつづけるので下記の ような事に利用されるのでしょう。北朝鮮問題に利用されたから問題なのでしょうか。 このような問題を放置し、無視を続けた税関やこのような問題に取組まない警察の責任でも あると思われます。ある事件で大きく取り上げられるまで無視する体質は、公務員病かもしれません。 ある船舶の国籍が無国籍であった事実が判明した後も、適切な対処をしなかった尾道糸崎税関、 国籍証書が偽装であったことが発覚した事件を調査しなかった広島県警。そして、山口で 無国籍貨物船が見つかった。これは氷山の一角かも知れません。警察は、少なくとも 裏金作りを やめてほしいですね。また、警察は、警察官としてでなく、モラルとインテグリティーある人間として 裏金作りの否認するのをやめてほしいですね。 三菱自動車と同じ体質かもしれません。

北に軍需物資“密輸”か 下関港に無国籍船が無銭停泊

 山口・下関港で、国土交通省所管の船体検査で欠陥がみつかった無国籍貨物船が、約四カ月間も“無銭停泊”を続け、軍需やハイテク産業への再利用可能な貨物を北朝鮮に運びだそうとしていた可能性が高いことが四日、分かった。日朝間を結ぶ貨物船で、福岡県の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部経営の会社が事実上所有。この船は以前にも、同様の貨物を北朝鮮に積み出しており、公安当局などでは、船籍を偽装登録する方法での北朝鮮への“密輸”を警戒している。

 貨物船は「第38コスモスター」(二九七トン)。昨年十月三十日、北朝鮮の興南港から天草などの海産物約二十トンを積んで下関に入港。九州運輸局下関海事事務所による船体安全検査(ポートステートコントロール、PSC)で三十数カ所の欠陥が見つかり、技術基準適合命令が出された。

 貨物船は当初、船籍をホンジュラスと申告。だが船内に北朝鮮で発行された「トン数証書」や「満載喫水線証書」があり、ホンジュラスに確認したところ、船舶登録料滞納で約二年前に登録抹消され、無国籍状態だった。

 コスモスター号が下関を出港するには、国籍を確定したうえで欠陥の是正が必要。しかし、PSCの適合命令の対象となる船長(インドネシア人)が二月中旬に帰国し、PSCが中断。入港時から昨年十二月末までの岸壁使用料約二十五万円が支払われていない。

 港を管理する下関市港湾局は船の自主的出港は困難と判断。所有者側に撤去を求める方針だが、「法的な問題で(強制撤去できるか)分からず、判断しかねている」と困惑している。

 現在の法律では、こうした船舶の入港を制限することは困難だが、今国会で「特定船舶入港禁止法案」が可決・成立し、北朝鮮に発動されれば、北朝鮮に寄港した船舶の日本入港は阻止できる。

 コスモスター号は昨年五月二十四日に下関に入港後、博多港に回り、冷蔵庫約百六十台や自転車約五百台、古タイヤ約九十本、洗濯機二十三台を積み込み、北朝鮮に向かったことが分かっている。荷物は、北朝鮮国内で軍需やハイテク開発に転用できる「中古戦略リサイクル物資」だった。

 その後、この船が盗難自動車の輸出に使われていたことも発覚。福岡県警は昨年十一月、盗品等有償譲り受けの容疑で、実質上の同船所有者である福岡県の貿易会社の社長を逮捕、船内を捜索した。社長は福岡県の朝鮮総連幹部でもある。

 公安当局などでは、北朝鮮への中古戦略リサイクル物資の運搬を隠すために船籍をホンジュラスにするなど、偽装工作が恒常化している可能性もあるとみている。

                  ◇

 ≪中古品の戦略リサイクル≫日本から北朝鮮に輸出される自転車や家電製品などには、燃料への転用や兵器の部品、製造、ハイテク製品の開発にリサイクルできる物資が多く含まれる。中古自転車からは、回転構造をもつ兵器部品に転用できるベアリングが得られるほか、古タイヤは燃料、石油化学素材として活用。冷蔵庫は冷却剤のフロンガスがICチップの洗浄に利用されているとみられる。北朝鮮のハイテク産業を支え、外貨獲得や兵器転用に利する懸念があるが、法的規制はない。

「公安当局などでは、船籍を偽装登録する方法での北朝鮮への“密輸”を警戒している。 」と書いて ありますが、国籍によっては二重国籍も可能です。違法でも何でもありません。何が問題なのか分かりません。 国籍が偽造である事や船舶が無国籍であることが問題なのであるならば、尾道の事件はどうなるのでしょうか。 尾道の税関では、偽造された船舶の国籍証書を提出しても、輸出許可に関して問題はないし、 偽造であるかの確認をする義務もないとのことでした。こうしていろいろと考えると日本の制度は ざる状態であることに気が付きます。牛肉偽装問題も同じレベルだと思います。

今年から 国際船舶及び港湾施設保安コード(ISPSコード) が適用されます。ISPSコードに頼るしかないのかもしれません。

名古屋港のHPを参考にしてください。 港湾施設保安対策(ナゴヤ・ポート・ニュース12月号)

ISPSは、「国際航海に従事する旅客船と総トン数500トン以上の貨物船が使用する港湾施設には、 平成16年7月1日までに、@国による港湾施設保安評価A施設管理者による港湾施設の 保安計画の策定と保安職員の配置を義務づけました。」

名古屋港でテロ対策訓練 危機管理官の設置後初 02/12/04(共同通信)

 国際クルーズフェリーの爆破情報があったとの想定で、名古屋海上保安部や愛知県警、名古屋入国管理局などが12日、名古屋港に停泊したフェリー「いしかり」を使って合同のテロ対策訓練を行った。

 合同訓練は、政府が主要港にテロ対策のための港湾危機管理官を設置後、全国で初めて。

 訓練では、海上保安庁の潜水士が船体外部の不審物を海中で捜すとともに、防弾チョッキを着用して強化プラスチックの盾を持った特別警備隊員らが船内を捜索。ロッカーに隠れていた不審者を見つけると、拳銃を突きつけて5人がかりで制圧し、逮捕するなど緊迫感があふれた。

 また入国管理局と名古屋税関が爆発物を持った下船者を発見、県警機動隊の爆発物処理班が処理した。(共同通信)

上記でお分かりのように国土交通省が真剣に取組めば、名古屋港のように港湾危機管理官 (ISPSでは港湾施設保安職員:PFSOと呼ばれます)を設置して、セキュリティーの質を上げること できるのです。密航も簡単に出来なくなるでしょう???

こんなことを書くと、どこかの税関の広報の人間ように電話で脅しをかけて来るのだろうか。 あの時ほど税関には信用できる人と出来ない人間がいることを実感したことはない。 嘘で脅したと感じたのは、他の税関職員の助言でわかった。皮肉な事である。悪い奴ほど、 いい思いをするんだろう。

門司税関苅田出張所のHPの「情報ください」で、このような場面に遭遇したら・・・の ページがある。簡単にわかりやすく、絵を使ってあやしい行動と犯罪の関係を説明している。

おもしろい。税関や保安庁のために問題のある船舶代理店のバージョン作るとすれば、下のようになるだろう。

1.問題のある船を扱う代理店はだいたい決まっている。
2.問題船を扱う代理店はポートステートコントロールに引っかかる船ばかりを扱う。
3.問題のある代理店は、嘘を平気で税関や保安庁に言う。
4.問題のある代理店は、紳士的でない。礼儀がなっていない。教育されていない。
5.問題のある代理店を放置する税関や保安庁では、問題船が入出港する確率が高い。
6.5に関連するが、問題を放置するので、問題船が集まってくる。

2002年2月9日の中国新聞より

次の更新まで続く。

覚せい剤:51.4キロ所持の中国人男女5人逮捕 警視庁 05/11/06(毎日新聞)

 警視庁組織犯罪対策5課などは11日、香港在住の自称土木作業員、趙善源容疑者(23)ら中国人男女5人を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕し、覚せい剤計51.4キロ(末端価格30億8400万円)を押収したと発表した。50キロ以上の押収は全国でも05年2月以来。

 調べでは、同容疑者らは今年4月24日と28日、東京都新宿区のマンションやホテルの一室で、計51.4キロの覚せい剤を販売する目的で所持した疑い。香港警察から「大量の覚せい剤を日本に持ち込み、新宿周辺で取引相手を探している中国人がいる」との情報が寄せられ、警視庁が内偵。保管場所のマンションなどを突き止めた。観光目的で来日したという。

北朝鮮貨物船 サリン原料、不正輸出に関与 厳戒あす船橋入港 03/06/06(産経新聞)

関係機関が包囲網

 千葉・船橋港に近く入港を予定している北朝鮮貨物船が、平成八年に化学兵器原料の北朝鮮向け不正輸出事件に関与していたことが分かり、税関や入管、国土交通省、海上保安庁などは五日、同船で再び違法行為が行われることを警戒、厳重な検査、調査で対処する方針を固めた。大量破壊兵器(WMD)関連物資の北朝鮮流出に国際的包囲網が狭まるなか政府は日本に入港する北朝鮮向け貨物船の積み荷に対する監視を強めるよう関係機関に指示した。 

 この貨物船は「フォアン・クム・サン」(全長約百メートル)。同船が日本側に伝えた寄港計画では、六日に千葉沖に投錨(とうびょう)、七日に船橋港に接岸して一週間程度、停泊する。日本への積み荷はなく、船橋港で中古車とタイヤチップを積み込む予定。

 警察当局によると、フォアン−号は八年一月から二月にかけ、大阪、神戸両港からサリンなど化学兵器の原料として輸出が厳しく規制されているフッ化ナトリウムとフッ化水素酸それぞれ五十キロが北朝鮮に不正輸出された事件に関与した二隻のうちの一隻という。サリン原料は輸出審査が簡単な「船長託送品」として審査をすり抜けており、日本の通関制度のスキをついていた。

 このとき、フォアン−号は北朝鮮への支援米輸送船として入港しており、国際協力活動がWMD関連物資の不正輸出に悪用された事件として大きな衝撃を呼んだ。

 フォアン−号の運航を管理する北朝鮮の船会社が別に保有する貨物船「デボサン」は、神奈川県警が昨年摘発した中古家電品の不正輸出事件に関与しており、軍関連企業向けの貨物輸送を取り扱っている。

 こうした背景から、税関、入管と国交省、海保などは今回の入港にあたり「不正行為が行われる可能性がある」として、厳重な輸出貨物検査を行うほか、船体検査や船体周囲の昼夜監視などを行う方針だ。

 北朝鮮へのWMD関連物資流出をめぐっては先月、生物兵器製造に転用可能な凍結乾燥機を輸出したとして、東京都内の貿易会社が警察当局の強制捜査を受けている。

外国籍貨物船乗組員による大麻不法所持 05/21/04

5月21日午前10時頃、広島県福山市鋼管町に接岸した外国籍貨物船のベトナム籍乗組員の居室から大麻草約2.3グラムが発見され、大麻取締法違反容疑で同乗組員を逮捕した。

韓国船で韓国人ら11人が集団密航 -手引きしていた韓国人船長と乗組員ら逮捕

23日、富山港に停泊中の韓国籍の貨物船「ジャンウオン1(2628トン)」=金永天(キムヨンジュン)船長 ら10人乗り組み を伏木海上保安部が立ち入り検査したところ、倉庫から9人、二等航海士の船室から 1人、あとから船内浴室にいた韓国人1人の男女計11人の密航者を発見、入管難民法違反容疑で、 韓国人の「田奉元(47歳)」容疑者ら全員を24日までに逮捕した。

密航者の国籍は韓国人4人、タイ4人、バングラデシュ1人、中国1人、ナウル1人。

また、密航の手助けをして密航者に金(日本円で200万円から400万円)要求していた韓国人船長の 「金永天(キムヨンジュン、46歳)」容疑者ら韓国人5人、ミャンマー人4人の乗組員計9人を26日、出入 国管理法違反容疑で逮捕。

事件後行方をくらました、密航事件の中心人物とみられる韓国人コック長「金永敏(47歳)」容疑者を同 容疑で逮捕状を取り行方を追っている。

なお、日本への密入国は組織的に行なわれているとみて、伏木海保と富山北署は韓国内にある密航 のあっせん組織の解明を進めている。

密航手助けした在日韓国人ら逮捕、韓国人船長の逮捕状を請求

20日の午後零時過ぎ、愛知県弥富町の名古屋港に接岸中のパナマ船籍の貨物船「オクラ」(995トン) から、密航者集団が保冷車とワゴン車に乗り込んで走り去るのを名古屋税関の職員が発見し、警察に 通報。通報を受けた愛知県警が緊急配備して、岸壁から約15キロ離れた名古屋市中川区島井町の国 道302号で2台を発見し、中にいた中国人の38人を入管難民法違反(旅券不携帯)の現行犯で逮捕、 受け入れ役の在日韓国人の土木会社社長、「魏聖治(40歳)」容疑者と在日朝鮮人1人、日本人1人を 入管難民法違反(収受、運搬)の疑いで逮捕した。

名古屋海上保安部は貨物船の韓国人船長と乗組員のインドネシア人7人にも密航を手助けした入管難 民法違反の疑いで逮捕状を請求し、船内を捜索した。

(2003年6月21日)

[虚偽結婚] 東京入管職員を逮捕 不法滞在の比女性と同居 02/26/04(毎日新聞)

 不法滞在のフィリピン人女性と結婚するために虚偽の婚姻届を提出したとして、東京地検公安部は25日、東京入国管理局企画管理部門の入国警備官、岩城崇史(27)▽元飲食店従業員、デ・ヘスス・アブドゥリア・カルピオ(40)の両容疑者を公正証書原本不実記載などの疑いで逮捕した。

 調べによると、岩城容疑者はデ・ヘスス容疑者と結婚しようとしたが、本国に夫がいたため、別のフィリピン人女性と結婚したように装い、昨年8月28日に虚偽の婚姻届を埼玉県蕨市役所に提出した疑い。デ・ヘスス容疑者は当時在留資格が切れていた。

 東京入国管理局によると、岩城容疑者は東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で勤務していた00年9月ごろ、土浦市内の飲食店で働いていたデ・ヘスス容疑者と知り合い、02年1月ごろから同居を始めた。岩城容疑者が今年1月、上司に「不法滞在の女性と結婚した、どうしたらいいか」と打ち明けて発覚。東京入国管理局が東京地検に告発した。

 会見した同管理局の石田茂次長は「不法滞在を取り締まるべき入国警備官が、不法残留を承知の上で婚姻・同居していたことは、不法滞在者をかくまっていたと言わざるを得ず、誠に遺憾」と陳謝した。【佐藤敬一】

規制逃れ、巧みに使い分け ロシア船、「漁船」「貨物船」に−−根室沖で(毎日新聞)

座礁、放置外国船対策 保険加入義務付け法案 揺れる地元、実効性疑問
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20030825/mng_____kakushin000.shtml
 東京新聞より

集団密航・不法入国・密輸 (Yellow Hiro の 独り言より)

集団密航防止にご協力を!(鹿児島県警察HP)

「警察では,密航を防止するため,海上保安部等の関係機関との連携を強化し, 沿岸線のパトロールを徹底するなど,全力をあげて取り組んでおります。」 広島でHPに書かれているような不審な○を見たことがあります。もちろん、広島の警察は 偽造の書類行使には関心を持たない組織なのでこのような人達がいるのかもしれません。

不正はいろいろな組織で存在する!

技術倫理について書かれたHPがあります。少なくとも虚偽の内容を書くような造船所は このような技術倫理などないのでしょう。また、これに関与したと推測される検査会社にも 技術倫理など関係ないのでしょう。国立大学を卒業しても、卒業の事実と倫理やモラルが あるかは関係のないことです。日本の不祥事を起こしている企業を見ればわかると思います。 トヨタでさえ、業績(合格者を増やす)のためには試験問題の漏えいが正当化される思う 従業員が存在するのですから。行政が厳しく対応しなければならないでしょう。行政自体にも 問題が存在するのが問題の解決を困難にしているようにも思えます。

リンク集

公安庁でも調活費不正流用−仙台(時事通信)

仙台高検調活費開示訴訟、判決で「不正流用推認される」(朝日新聞)

仙台高検調活費開示訴訟、判決で「不正流用推認される」(朝日新聞)

補償費”疑惑”を否定〜道警本部長 テレポート2000

旭川中央署の報償費疑惑 花岡議員が広げた会計文書に目そむける本部長 北海道

道警察の補償費疑惑 怒りの声に知事動く−−本部長に不快感示す(毎日新聞)

◆サブスタンダード船
◆サブ・スタンダード船と旗国の関係
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆サブスタンダード船の見つけ方
◆サブスタンダード船の写真
◆検査会社の問題

★HOME
◆海運関連業界
◆なぜ、サブ・スタンダード船?
◆BLUE OCEAN(ブルーオーシャン)の事故
◆座礁船及び放置船
◆PSCによる検査の現状
◆船舶油濁損害賠償保障法

リンク先の情報については一切責任を負いかねますことを申し添えます。
リンク先の中には繋がらないものもあると思いますが、ご容赦ください。